NFT

5KMとは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
5KMというゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?5KMの概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 5KMの概要
  • 5KMの特徴
  • 5KMの始め方
  • 5KMの稼ぎ方
  • 5KMの将来性

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月170万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「5KM」です。

5KMはSTEPNと同様に歩くことでKMTトークンを獲得できるブロックチェーンゲームです。

今回は日頃からブロックチェーンゲームで仮想通貨を獲得している僕が、5KMの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことで5KMの始め方をしっかりと理解することができます。

なお、5KMを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

5KMを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

5KMの概要

ゲーム名 5KM
対応言語 日本語
対応機種 iPhone・android
トークン KMT・RUN
ブロックチェーン イーサリアム・BNB
公式サイト https://5km.today/

 

5KMは歩いて仮想通貨KMTが獲得できるMove to earnゲームです。

イーサリアムチェーン・BNBチェーンを利用して開発されており、NFTスニーカーにエナジーやステータスが設定されているなど、仕組みはSTEPNとほぼ同じです。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

スニーカーのレベルや能力値が高いほど、より多くのトークンを獲得できます。

STEPNと同様にMINT機能もあるため、自分の所有するスニーカーを増やすことで長い時間歩くことができるようになり、より効率的に稼げるようになります。

スニーカーは以下のサイトで購入可能であり、レアリティによって価格が異なります。

購入に必要な費用はノーマルで1万円、ジェネシスで8万円ほどとなっています。

上記はジェネシスの例ですが、STEPNよりは比較的始めやすい価格と言えるでしょう。

 

5KMの特徴

 

5KMの特徴は以下のとおり。

  1. 歩いて稼ぐことができる
  2. スニーカーの種類が豊富
  3. 他のアプリと併用可
  4. 無料でも始められる

順番に説明します。

 

①歩いて稼ぐことができる

5KMはSTEPNと同様に歩いたり走ったりすることでKMT・RUNが獲得できるのが特徴です。

日々の散歩や通勤時間などを利用することで、歩いた時間をお金に換えることができます。

人気のMetakeeperやTitan huntersなどのPlay to earnゲームだとキャラクターを操作して敵を倒すなど、ある程度のゲームスキルが必要になります。

>>MetaKeeper(メタキーパー)とは?始め方・稼ぎ方を初心者向けに徹底解説

>>TITAN HUNTERS(タイタンハンターズ)とは?始め方や稼ぎ方、攻略法を徹底解説

一方、5KMは歩くだけでトークンを獲得できるため、ゲームスキルに自信がない人でも気軽に始めることができます。

 

②スニーカーの種類が豊富

5KMはNFTスニーカーの種類が豊富です。

以下のようにそれぞれ対応速度の違う4種類のスニーカーが用意されています。

  • Walker:1-6km
  • Jogger:4-10km
  • Runner:8-20km
  • Trainer:1-20km

スニーカーによって対応速度が異なるため、自分の歩くスピードに対応していないスニーカーだとKMTが獲得できないので注意が必要です。

この点はSTEPNと同様なので、スニーカーを購入する前に自分の歩くスピードを確認しておきましょう。

 

ステータス

スニーカーにはそれぞれ以下の4つのステータスが設定されています。

  • Reward Coefficient:KMTの獲得量に関係
  • Luck (Blind Box):Blind Boxの取得率に関係
  • Wear Rate:靴の耐久性
  • Level:上がると様々な特典あり

基本的にはReward Coefficientを優先的に上げることで、効率的にKMTを獲得できるようになります。

 

レアリティ

スニーカーには以下のとおり5種類のレアリティが設定されています。

  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Hero
  • Legendary

Commonが最低でLegendaryが最高のレア度です。

レア度が高くなるほど全てのステータスの値が優れているため、より多くのKMTを獲得でき、さらにスニーカー自体の耐久性も高くなっていきます。

 

レベル

スニーカーのレベルはレアリティに応じて設定されており、総走行距離やタスク、イベントなどの参加状況を元に算出されます。

また、スニーカーをレベル20、50にアップグレードする際には一定数のRUNが消費されます。

レベル 特典
5以下 なし
5
  • 特定のオンラインアクティビティに参加する
  • バッジを受け取る

10

  • MINT可能
  • エアドロップ取得
20
  • スニーカーのレンタル
50
  • レベルに応じて特定のRUNを獲得

追加でKMTまたはRUNを使うことでレベルアップの時間を短縮することが可能です。具体的なコストは、現在のレベルやレアリティ、そしてスニーカーのステータスなどによって異なります。

レベルアップ後は次のレベルアップまでに48時間待つ必要があります。

 

ミント

親となる2足のスニーカーを掛け合わせて、新しいスニーカーをミントすることができます。

ミントの際は、ミント回数やスニーカーのステータスなどによって一定量のKMTまたはRUNトークンが消費されます。

各ミントの後は48時間経過するまでは次のミントができません。

なお、ミントされたスニーカーの属性は親のレアリティの属性に応じてランダムに生成されます。

このあたりはSTEPNのミント機能と同じなので、詳しく知りたい方はSTEPN(ステップン)のMint(ミント)とは?費用と仕組み、やり方まとめをご参照ください。

 

③他のアプリと併用可

5KMは他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoin、Agletなど同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

>>【無料】Aglet(アグレット)とは?始め方・稼ぎ方を画像付きで解説

このように系統が似ているMove to Earnゲームを複数同時プレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

④無料でも始められる

5KMは無料でも始めることができます。

通常のMove to Earnゲームは最初にNFTスニーカーを購入しないとプレイできないものが多く、STEPNなどでは初期費用がネックとなり始めることができないユーザーも数多くいました。

>>STEPNの初期費用はいくら?原資回収までの日数も紹介

その点、5KMでは「Experience Mode」という無料で始められるゲームモードが用意されています。

Experience ModeであればNFTスニーカーを持っていなくても、5KMアプリを使って歩くことで1日で最大10KMTトークンがランダムにプレゼントされます。

 

5KMの始め方

 

5KMの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. Metamaskをインストールする
  3. Metamaskに入金する
  4. NFTスニーカーを購入する
  5. アクティベーションコードを取得する
  6. アプリをインストールする
  7. 公式サイトとメタマスクを接続

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設してイーサリアムを購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

③Metamaskに入金する

無料でプレイできるゲームであれば必要ありませんが、ゲームをするためにNFTアイテムを購入する必要がある場合、仮想通貨ウォレットに必要な仮想通貨を送る必要があります。

コインチェックで購入したイーサリアムをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

④NFTスニーカーを購入する

続いて、NFTスニーカーを購入しましょう。

NFTスニーカーは以下のマーケットプレイスで購入可能です。

Openseaの使い方については、OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!を参考にしてください。

 

⑤アクティベーションコードを取得する

続いて、ゲームに必要なアクティベーションコードを取得します。

アクティベーションコードは、5KMのディスコード内で取得可能です。

ディスコードのメニューにある「english」をクリックすると、ユーザーが英語で会話しています。

ここで「Please give me an activation code.」と入力し、誰かが提供してくれるのを待ちましょう。

その他、Twitterでもアクティベーションコードを配布しています。

こんな感じで有志がアクティベーションコードを提供してくれているので、こまめにチェックしておきましょう。

 

⑥アプリをインストールする

次に、5KMのアプリをインストールします。

Andoroidはこちらからどうぞ。iOSの場合はAppstoreではダウンロードできないので、「Test Flight」というアプリをインストールして5KM公式サイトからダウンロードすることになります。

Test Flightがインストールできたら、公式サイトの「iOS」からダウンロードしてインストールしておきましょう。

 

⑦公式サイトとメタマスクを接続

続いて、公式サイトとメタマスクを接続します。

公式サイト右上の「APPコネクト」をクリック。

 

「Metamask」をクリックして承認すれば接続完了です。

 

その後、アクティベーションコードを求められるので入力します。

QRコードが表示されるので、スマホのアプリで読み取ったあと「User Terms」を選択し、「Login」をタップでプレイ準備完了です。

 

5KMの稼ぎ方

 

5KMの稼ぎ方は以下の5つです。

  1. 歩いて稼ぐ
  2. NFTスニーカーを売って稼ぐ
  3. NFTスニーカーを貸して稼ぐ

順番に解説します。

 

①歩いて稼ぐ

まずは基本となる歩いて稼ぐ方法です。歩いて稼ぐ場合のゲームモードは以下の4つが用意されています。

  1. ソロモード
  2. イベントモード
  3. バックグラウンドモード
  4. エクスペリエンスモード

 

ソロモード

ソロモードは最もオーソドックスな稼ぎ方です。

スニーカーを保有して歩くことによってKMTトークンとRUNトークンを獲得することができます。STEPNと同様にスニーカーのレベルやレア度が高いほど獲得できるトークンの量が増えていきます。

ソロモードでは1日の走行距離の上限と1日の報酬の上限が設定されており、上限はスニーカーの種類や走行距離などに応じて異なります。

初回報酬の上限は200KMTであり、1日の最大報酬は5,000KMT、200RUNに設定されておりスニーカーをアップグレードすることで増やすことができます。

 

イベントモード

イベとモードはマラソンなどのオンラインランニングイベントを随時開催しており、参加することで報酬が得られるものです。

イベント参加には前日までに登録が必要で、イベントごとに一定の登録保証金が課金されます。

参加者には保証金が返金され、参加できなかった人の保証金は、当選者に報酬として分配されます。

 

バックグラウンドモード

バックグラウンドモードはHealthデータと連動させて稼ぐモードです。

スニーカーを持っていても5KMアプリを頻繁に使用しないユーザーは、スマホのHealthデータで記録された歩数に応じて報酬を受け取ることができます。

1日の報酬の上限は、3,000歩までで25KMTです。

 

エクスペリエンスモード

エクスペリエンスモードは初期費用をかけずに稼ぐモードです。

スニーカーを持っていなくても5KMアプリを使って歩くことで、1日最大で10KMTトークンをランダムで受け取ることができます。

 

②NFTスニーカーを売って稼ぐ

保有するNFTスニーカーはアプリのマーケットプレイスで自由に売買することができます。

例えばスニーカーのレベルを上げてから売却することで利益を得ることができます。

実際にOpenseaでは以下のように1万円~8万円程度の価格でNFTスニーカーが売買されています。

さらにSTEPNと同様にMINT機能もあるため、MINTで生まれたスニーカーを売ることで安定的な収入を得ることができます。

>>STEPN(ステップン)のMint(ミント)とは?費用と仕組み、やり方まとめ

 

⑤NFTスニーカーを貸して稼ぐ

NFTスニーカーを他のユーザーに貸して稼ぐことも可能です。

ユーザーは自分のスニーカーを他人に貸すことで、70%のレンタル料を得ることができ、レンタルした人がランニングに使用すればスニーカーもアップグレードされる仕組みになっています。

 

5KMの将来性

 

5KMの将来性についても見ていきましょう。

  1. トークノミクスが理想的
  2. ロードマップが明確
  3. Move to Earnの普及

順番に解説します。

 

①トークノミクスが理想的

5KMはトークノミクスが理想的であると言えます。5KMのトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

コアチームの保有割合が15%であり、エコシステムへの配分が30%となっています。

さらにMove2earnにも30%もの割合を分配しており、ユーザーの利益も考慮されていることがわかります。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますが15%なので理想的な割合と言えるでしょう。

 

②ロードマップが明確

5KMはロードマップを明確に示しています。

2022年度末までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022年4月

  • APP内部テスト
  • パブリックベータ版 APP リリース

 

2022年5月

  • イベントシステム
  • タスクシステム
  • レギュラースニーカーミント
  • IN-APPマーケット
  • IEO/IDO

 

2022年6月

  • レンタル開始
  • マルチチェーン/L2対応
  • スニーカー属性のアップグレード

 

2022年8月

  • ステーキングシステム
  • ソーシャル提携

 

2022年10月

  • その他NFT

 

レンタル機能やステーキングなども可能になり、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③Move to Earnの普及

今後Move to earnゲームはゲーマーのみならず、一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことで、「歩いて稼ぐ」ことが可能と証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

実際にcalo runやRunBlox、そしてこの5KMなど多数の類似ゲームがリリースされ、実際に多くのユーザーが報酬を獲得しています。

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

>>RunBlox(ランブロックス/仮想通貨RUX)とは?特徴や始め方、将来性を徹底解説

このようなMove to earnゲーム人気に後押しされ5KMも多くのユーザーを獲得する可能性が高いでしょう。

 

まとめ:5KMは将来性に期待できる

 

今回は5KMの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

5KMはMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

5KMはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、5KMを始めるためにはNFTスニーカーを購入するためのイーサリアムなどが必要になります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設してイーサリアムの購入を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5