MONEY

バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

BinanceTOP

 

悩んでいる人
バイナンススマートチェーン(BSC)ってよく聞くけど何のことなんだろう?バイナンススマートチェーン(BSC)の概要や特徴、始め方などをわかりやすく教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • バイナンススマートチェーン(BSC)とは

  • バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴

  • バイナンススマートチェーン(BSC)を使ったプロジェクト

  • バイナンススマートチェーン(BSC)の始め方

 

本記事の信頼性

筆者は実際にバイナンススマートチェーン(BSC)を利用して資産運用しており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)って何のことだろう?

 

こんな風に考えて悩んでいませんか?

 

バイナンススマートチェーン(BSC)は海外大手仮想通貨取引所のBINANCEが提供するブロックチェーンのことです。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)もイーサリアムベースのブロックチェーンと同様にDapps(分散型アプリ)の開発が可能です。

 

イーサリアム(ETH)の詳細については、【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説で詳しく解説していますので参考にしてください。

 

今回はこのバイナンススマートチェーン(BSC)の概要や特徴、始め方などを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)とは

バイナンススマートチェーン(BSC)①

 

バイナンススマートチェーン(BSC)は仮想通貨取引所のBINANCEが開発したブロックチェーンです。

 

当初は既存のバイナンスチェーンの補助的な位置づけでしたが、現在ではBINANCEのメインのブロックチェーンとなっています。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)とバイナンスチェーンは互換性があるため、2つのチェーンの間で仮想通貨を制約なく移動させることができます。

 

その結果、バイナンスチェーンの特性である高速取引とバイナンススマートチェーン(BSC)の特性である分散取引の両方を実現できます。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴

暗号資産(仮想通貨)

 

バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴は以下の3つです。

 

  1. 手数料が安い
  2. コンセンサスアルゴリズムにPoSAを採用
  3. Defi分野での活用

 

①手数料が安い

 

現在イーサリアム(ETH)のガス代(手数料)は高騰しており、資金が少ないユーザーにとっては利便性が低い状況になっています。

 

一方、バイナンススマートチェーン(BSC)のガス代はイーサリアム(ETH)と比較した場合、かなり安いので人気を集めています。

 

②コンセンサスアルゴリズムにPoSAを採用

 

バイナンススマートチェーン(BSC)では、コンセンサスアルゴリズムにProof of Staked Authority(PoSA)を採用しています。

 

PoSAは、BNB保有者の中からバリデーター(トランザクションとブロック承認者)を選出します。

 

バリデーターはブロックを承認すると、報酬として手数料が付与されます。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)はPoSAの採用により、3秒に1ブロック生成という高速処理を実現しています。

 

③Defi分野での活用

 

バイナンススマートチェーン(BSC)はDefiにおいても活用されています。Defiについては、【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】で詳しく解説しています。

 

たとえば、大手DEXであるPancakeswapもバイナンススマートチェーン(BSC)を利用して開発されています。

 

Defiの特徴であるステーキングやファーミングなどの超高利率な仮想通貨運用が可能である上に、数十円程度という安い手数料のため資金が少ないユーザーに人気となっています。

 

スマホでお金
仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

続きを見る

 

バイナンススマートチェーン(BSC)を使ったプロジェクト

バイナンススマートチェーン(BSC)②

 

続いて、バイナンススマートチェーン(BSC)を使ったプロジェクトについて紹介します。

 

  1. Pancakeswap
  2. Pancake bunny
  3. Venus

 

上記が代表的なBSCを使ったプロジェクトです。順番に説明します。

 

①Pancakeswap

PancakeswapTOP

 

1つめはPancakeswapです。

 

DEXのユニスワップをベースにしており、AMM(自動マーケットメーカー)を採用しています。

 

AMMにより資金を預ける「ステーキング」をすることで、報酬であるCAKE(仮想通貨)を得ることができます。

 

Pancakeswapについては、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説で詳しく解説しています。

 

②Pancake bunny

Pancake bunny

 

Pancake bunnyはイールドアグリゲーターのひとつです。

 

イールドアグリゲーターとは、仮想通貨やLPトークンを預けるのに最も良い条件を探して自動運用してくれるプロダクトです。

 

Pancakeswapで得られたcakeをPancake bunnyで運用することで、自動で最も効率的な運用先を探して運用してくれます。

 

Pancake bunnyについては、【自動複利運用】PancakeBunny(パンケーキバニー)とは?概要と使い方を解説で詳しく解説しています。

 

③Venus

VenusTOP

 

Venus Protocol(ヴィーナス・プロトコル):略してVenusとは、海外大手取引所のバイナンスが開発・提供している、ユーザー同士で仮想通貨の貸し借りを可能にするプラットフォームのことです。Venusで使われる独自トークンのこともVenus(XVS)と呼んでいます。

 

Venusを使って自分の保有している暗号資産(仮想通貨)を貸し出すことで、金利収入を得ることができるため、投資家達の注目を集めています。

 

実際にVenus(XVS)はこの1年で価格が約30倍に上昇しています。

 

Venus(XVS)については、仮想通貨Venus(XVS)とは?概要・特徴、将来性について解説で詳しく解説しています。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)の始め方

飛翔

 

それでは、バイナンススマートチェーン(BSC)の始め方について解説します。BINANCEに口座を開設して、実際にPancakeswap接続するところまでを解説します。

 

それでは、説明していきます。

 

step
1
BINANCEに登録する

 

まずはこちらから公式サイトに行きましょう。

 

BINANCE公式サイト

 

step
2
メールアドレスを入力

 

BINANCE1

 

メールアドレスとパスワードを入力し、利用規約にチェックし、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

 

step
3
セキュリティ認証

 

BINANCE3

 

ロボットではなく人間であることを証明するために、パーツをスライドさせてパズルを完成させましょう。

 

step
4
メール認証

 

BINANCE4

 

登録したメールアドレスに「確認コード」が届きます。30分以内にコードを入力して認証を完了させましょう。

 

step
5
登録完了

 

BINANCE5

 

「バイナンスへようこそ!」という画面が出たら登録完了です!お疲れ様でした。

 

step
6
Metamaskをインストール

 

まずChromeにMetamaskの拡張機能をインストールしアカウントを作成します。

 

こちらでインストールできます。

 

step
7
MetamaskをBSCネットワークに接続する

 

Metamaskをインストールしたら、MetamaskにBSCネットワークを追加して接続します。

 

Chrome右上にあるmetamaskのきつねアイコンをクリック。

 

Pancakeswap①

 

Metamaskの上部のプルダウンをクリックし「カスタムRPC」をクリック。

 

Pancakeswap②

 

入力欄に以下の内容を入力します。

 

Pancakeswap③

 

Network Name:BSC Mainnet

New RPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/

Chain ID:56

Symbol (optional):BNB

Block Explorer URL (optional):https://bscscan.com/

 

上記を入力し保存をすると、MetamaskをBSCネットワークに接続できるようになります。

 

step
8
国内の取引所からBinanceにイーサリアムを送金する

 

国内の取引所からBinanceにイーサリアムを送金します。イーサリアムを持っていない場合は事前にコインチェックで購入しておいてください。

 

Binanceのウォレット画面の入金からイーサリアム(ETH)を選んで、ERC20アドレスをコピーします。

 

Pancakeswap④

 

次に国内の仮想通貨取引所から、イーサリアムを出金します。

 

今回はコインチェックを使った画面で説明します。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

 

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

 

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

step
9
BinanceでBNBを購入する

 

BNBはバイナンスの独自通貨です。

 

BSCネットワーク上で手数料の支払いはこのBNBで行うことになるため、パンケーキスワップを利用する際にはBNBが必須です。

 

そのため事前にバイナンスでBNBを必ず購入しておきましょう。

 

step
10
BinanceからMetamaskにイーサリアムとBNBを送金する

 

続いて、BinanceからMetamaskにイーサリアムとBNBを送金します。

 

まずMetamaskの画像赤枠部分をクリックし、自分のMetamaskのアドレスをコピーします。

 

Pancakeswap⑥

 

次に、BinanceからMetamaskのアドレスに送金します。

 

Pancakeswap⑦

 

ETHを選択し、受け取り人のETHアドレスに先程コピーしたmetamaskのアドレスを張り付けます。

 

ネットワークは「Binance Smart Chain (BSC)」にチェックを入れてください。

 

送金額を入力したら、「提出」ボタンをクリックすれば送金手続き完了です。

 

だいたい3分~15分ほどで送金されます。

 

イーサリアムの送金が完了したら、同じ手順でBNBもMetamaskに送金しておきましょう。

 

step
11
MetamaskをPancakeswapに接続する

 

PancakeSwap」のサイトにアクセスします。

 

画面右上の「Connect」をクリックすると、ウォレットを選べる画面が出るので、MetamaskをクリックするとPancakeSwapに接続できます。

 

Pancakeswap⑧

 

step
12
イーサリアムとBNBの通貨ペアを作りLPトークンを入手する

 

PancakeSwapに接続したら、イーサリアムとBNBのペアを作って流動性プールに預けます。

 

流動性プールに通貨ペアを預けると報酬としてLPトークンを得ることができます。

 

まずは、画面左のメニューから「Liquidity」を選択します。

 

Pancakeswap⑨

 

Liquidityのページに移動したら「Add Liquidity」をクリックしてください。

 

すると、以下のような2つの通貨を選ぶ画面になるので、下段をETHに変更します。
(画像は都合上CAKEという通貨になってます。)

 

Pancakeswap⑩

 

変更したら、左側に預けたいETHの額を入力し、Approve ETH ボタンをクリックします。

 

metamaskの承認画面になるのでそれも承認してください。

 

承認が完了すると、その下のSupplyボタンが有効になるのでクリックします。

 

これで、イーサリアムとBNBの通貨ペアをPancakeSwapの流動性プールに預ける作業は完了です。

 

通貨ペアを預けると、預けた金額に応じてLPトークンが付与されるので、metamaskで確認してみてください。

 

「0 cake-LP」というのがLPトークンです。

 

Pancakeswap⑪

 

step
13
LPトークンをfarmに預ける

 

続いて、入手したLPトークンを農場(farm)に預けます。

 

メニューの「Farms」をクリックして、預けるLPトークンを選ぶページに移動します。

 

Pancakeswap⑫

 

Farmsのページを下にスクロールすると「ETH-BNB LP」と書かれたプールがあるので、クリックします。「EnableをクリックしMetamaskで承認してください。

 

Pancakeswap⑮

 

「Stake LP」 ボタンが表示されるのでクリックします。

 

Pancakeswap⑬

 

預けたいLPトークンの量の入力画面になるのでMAXボタンを押すか、LPトークンの額を直接入力し「Confirm」ボタンをクリックしてmetamaskで承認します。

 

Pancakeswap⑭

 

以上で、通貨ペアをPancakeSwapの農場(farm)に預けることができました。定期的に報酬としてCAKEトークンが付与されます。

 

step
14
トークンを収穫する

 

LPトークンをFarmsのプールに預けると、時間の経過とともにCAKEトークンが報酬として貯まっていきます。

 

Pancakeswap⑰

 

溜まったCAKEは「Harvest」で回収することができます。

 

Pancakeswap⑱

 

なお、回収には数円~数十円の手数料がかかるのでBNBトークンをウォレット内に少し残しておくようにしてください。BNBが無いと回収できません。

 

回収したCAKEトークンは「Exchange」ページで他のトークンに交換することもできますし、このCAKEトークンを「Pools」に預けてさらに増やすこともできます。

 

以上がバイナンススマートチェーン(BSC)を利用してPancakeswapを使うところまでの流れとなります。

 

まとめ:バイナンススマートチェーン(BSC)で仮想通貨の運用を効率化させよう

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

今回はバイナンススマートチェーン(BSC)の概要や特徴、始め方などについて解説しました。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)は手数料が安く、高速処理が可能であるなどユーザーにとってメリットが多いチェーンです。

 

今後のDefiの注目により、バイナンススマートチェーン(BSC)を利用したプロジェクトが次々と誕生しています。

 

新しいテクノロジーに触れてみたい方は、この機会にBINANCEに口座を開設するところから始めてみましょう。

 

\ 仮想通貨取引数No.1/

BINANCEで口座開設する

 

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5