MONEY

coinbase(コインベース)とは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説

coinbaselogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)取引所のcoinbase(コインベース)を使ってみたいけど安心して使えるのかな。coinbase(コインベース)の特徴とかメリット・デメリット、登録方法などを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • coinbase(コインベース)の概要
  • coinbase(コインベース)のメリット
  • coinbase(コインベース)のデメリット
  • coinbase(コインベース)の評判・口コミ
  • coinbase(コインベース)の口座開設のやり方

 

本記事の信頼性

筆者は実際にコインベースを使って暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

coinbase(コインベース)は2012年にサンフランシスコで設立された世界最大の仮想通貨取引所です。

 

仮想通貨を普及させることで透明性が高く公平な「自由な経済」を実現することを目指しています。

 

coinbase(コインベース)は2021年8月19日、日本国内市場に参入し、取引を開始したと発表したことで大きな注目を集めています。

 

 

今回は実際に仮想通貨を運用中の僕が、coinbase(コインベース)の概要やメリット・デメリット、口座開設方法などを解説していきます。

 

この記事を読むとcoinbase(コインベース)について理解が深まるので、安心してcoinbase(コインベース)を使うことができるはずです。

 

コインベースで口座開設する

 

coinbase(コインベース)の概要

coinbase①

 

サービス名 Coinbase(コインベース)
サービス開始時期 2012年6月
取引所/販売所 取引所&販売所
取引仮想通貨数 30種類
日本語対応
スマートフォン対応
取引方法 現物取引
最低取引単位 現地通貨2単位分
セキュリティ コールドウォレット・二段階認証
サポート お問い合わせフォーム
法人口座

 

Coinbase(コインベース)はアメリカのサンフランシスコを拠点とする世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

Coinbase(コインベース)のユーザー数は全世界で1000万人を超えると言われており、多くのユーザーに支持されていることが特徴です。

 

さらに21年4月14日にNASDAQ(ナスダック)へ仮想通貨取引所として初めて上場したことで大きな話題となりました。

 

 

21年8月時点でのcoinbase(コインベース)の時価総額は約5兆円となっています。

 

また、coinbase(コインベース)は2021年8月19日に日本でも取引を開始し、多くの注目を集めています。

 

 

日本向けのサイトやアプリも公開されているため、初心者でも簡単にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨を購入することができます。

>>仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?概要・特徴や将来性を徹底解説

>>【2021年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

 

coinbase(コインベース)のメリット

ステップアップ

 

coinbase(コインベース)のメリットは以下の3つ。

 

  1. 多くの利用者に支持されている
  2. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が出資
  3. eスポーツ企業との提携

 

順番に説明します。

 

①多くの利用者に支持されている

 

coinbase(コインベース)は、2021年4月の時点で利用者が610万人を超えています。

 

 

国内最大手取引所のbitFlyerのユーザー数が250万人(2020年3月時点)であることを考えると、coinbase(コインベース)いかに多くのユーザーに利用されているかがわかります。

 

世界中の多くのユーザーに支持されているため、暗号資産(仮想通貨)初心者の方でも悩むことなく利用できます。

 

②三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が出資

 

Coinbase(コインベース)は2016年に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)から約10億円の出資を受けています。

 

 

こうした背景もあり、今回のcoinbase(コインベース)の日本市場参入においても三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が提携先になっています。

 

 

このように知名度の高いメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が決済パートナーなので安心して利用でき、入出金も簡単に行うことができます。

 

③eスポーツ企業との提携

 

coinbase(コインベース)は、eスポーツ関係企業との提携も進めています。

 

2021年7月に世界最大級のeスポーツ団体ESLとパートナーシップを締結しました。coinbase(コインベース)は仮想通貨に関してゲームのファンやプレイヤーらが学べるようにするための支援を行う予定です。

 

 

このようにcoinbase(コインベース)は「自由な経済」を実現するという理念を実現するため、様々な業界との提携を通じて仮想通貨の経済圏の拡大を図っています。

 

coinbase(コインベース)のデメリット

デメリット

 

つづいて、coinbase(コインベース)のデメリットについても見ていきましょう。

 

  1. 売買手数料がかかる
  2. サポートの評判が悪い

 

①手数料が割高

 

coinbase(コインベース)は、暗号資産の購入と暗号資産の売却の際に、約1.99%の手数料がかかります。

 

20,000円以下の取引の場合の手数料は以下のとおり。

 

1,000円以下の取引 99円
1,000円を超える、2,500円以下の取引 149円
2,500円を超える、5,000円以下の取引 199円
5,000円を超える、20,000円以下の取引 299円

 

手数料コストを安く抑えたい!という方は売買手数料が無料のコインチェックなどを利用するといいでしょう。コインチェックの口座開設方法は以下の記事で詳しく解説しています。

>>コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

 

②サポートの評判が悪い

 

coinbase(コインベース)は、サポート対応の評判がイマイチです。

 

Coinbase(コインベース)は問題を抱えている。Bitcoin(ビットコイン)への関心が価格とともに急上昇する中、引っ張りだこになったこの仮想通貨取引所は、気がつくとカスタマーサービスにアクセスできない顧客からの増え続ける怒りの的になっていたのだ。

Twitter(ツイッター)をざっと見れば、すぐに話が伝わってくる。同社サービスの動揺したユーザーのひとりは、米国時間1月15日朝にこうわめき散らしていた。「ここ1カ月に複数の問題で$$$(大金)損した、いくつも未解決のケースがあるのに応答は0%って??いつ助けてくれるんだ、それとも知らないふりして忘れる方が簡単ってことか。上場して、そう簡単にはいかないぞ。もうすぐ[米証券取引委員会(SEC)に]連絡するつもりだ」。

引用元:techcrunch

 

このように急増したユーザーからの問い合わせに対応しきれていない様子がうかがえます。

 

ただしこの点については、日本進出に伴ってカスタマーサポート体制を見直しているはずなので、今後は改善されるはずです。

 

coinbase(コインベース)の評判・口コミ

コインチェックの評判・口コミ

 

ここからはcoinbase(コインベース)の評判を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

こんな感じでチャートやアプリが使いやすいという声が多く、多くのトレーダーに支持されていることがわかります。

 

coinbase(コインベース)の口座開設のやり方

仮想通貨を購入

 

ここからはcoinbase(コインベース)の口座開設の手順を説明します。

 

手順自体はとても簡単なので5分くらいでサクッと開設できます。

 

それでは、説明していきます。

 

step
1
coinbase(コインベース)にアクセスする

 

まずはcoinbaseへアクセスします。

 

step
2
メールアドレスを登録する

 

トップページの「口座登録」をクリック。

 

coinbase口座開設①

 

step
3
メールアドレス・パスワード設定

 

メールアドレスとパスワードを設定し、「口座を開設する」をクリックします。

 

coinbase口座開設②

 

step
4
メール確認

 

登録したメールアドレスに認証メールが届くので、「メールアドレスの認証」をクリックします。

 

coinbase口座開設③

 

step
5
確認事項を確認

 

各種確認事項にチェックを入れ、「送信」をクリックします。

 

coinbase口座開設④

 

step
6
個人情報の入力

 

氏名・住所等の情報を入力し、「送信」をクリックします。

 

coinbase口座開設⑤

 

step
7
質問事項に回答

 

各種質問事項に回答し、「次へ」をクリックします。

 

coinbase口座開設⑥

 

画面が切り替わるので、「続ける」をクリックします。

 

coinbase口座開設⑦

 

step
8
本人確認

 

本人確認画面になるので、QRコードをスマホでスキャンするとカメラアプリが起動します。

 

その後は画面の指示に従って本人確認書類などの撮影を進めていけばOKです。

 

coinbase口座開設⑧

 

申請が完了すると、以下の画面になるのであとは審査が終わるのを待ちましょう。

 

coinbase口座開設⑨

 

このように口座開設は非常に簡単です。僕の場合は5分ほどで完了しました。

 

coinbase(コインベース)の概要・評判まとめ

投資

 

以上、coinbase(コインベース)の概要やメリット・デメリット、口座開設方法について説明しました。

 

coinbase(コインベース)は650万人以上もの圧倒的な利用者数を誇り、三菱東京UFJ銀行を提携し日本でも取り扱いを開始したため初心者でも安心して利用できる取引所です。

 

これからも需要の増加が見込まれる仮想通貨。もし興味があるようでしたら口座開設が簡単なcoinbase(コインベース)を使って、仮想通貨の世界を体験してみてください。

 

コインベースで口座開設する

 

その他取引所についての記事はこちら。

bybit
Bybit(バイビット)とは?特徴やメリット・デメリット、口座開設方法を解説

続きを見る

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , , , , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5