MONEY

【2021年】仮想通貨のエアドロップとは?今後行われるエアドロップや、受け取り方を解説!

エアドロップ

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のエアドロップについて詳しく知りたい。今後のエアドロップの情報や受け取り方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨エアドロップとは
  • 過去にエアドロップを行っていた仮想通貨一覧
  • 今後の仮想通貨エアドロップ情報
  • その他の仮想通貨配布キャンペーン
  • 仮想通貨エアドロップを行う前の準備
  • 仮想通貨エアドロップの受け取り方
  • 仮想通貨エアドロップを行う際の注意点と対策

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

皆さんは、仮想通貨のエアドロップについてご存知でしょうか?

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に説明すると、無料で仮想通貨やトークンを獲得できるイベントです。

 

仮想通貨やトークンは大きな値上がりが期待できるので、それが無料でもらえるとしたらかなりお得ですよね。

 

今回は、仮想通貨のエアドロップについて、今後行われるイベントや、受け取り方を解説いたします。

 

この記事を読むと仮想通貨のエアドロップのことが理解できるようになります。

 

なお、エアドロップのためにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

もくじ

コインチェックがBOBAトークンのエアドロップを実施

コインチェック

 

2021年11月4日、国内大手取引所のコインチェックOMG保有者に対するBOBAトークンのエアドロップを実施すると発表しました。

 

 

BOBAトークンは、2021年11月12日9時時点のスナップショットにおけるOMGの保有数量に応じて1対1の割合で付与される予定です。

 

OMGのエアドロップに参加してBOBAトークンをもらいたいという方は、この機会にコインチェックでの口座開設をおすすめします。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨エアドロップとは

仮想通貨エアドロップとは

 

仮想通貨のエアドロップとは、主に仮想通貨取引所で開催されているイベントで、様々な条件を満たすことでユーザーは仮想通貨やトークンを無料で受け取ることができます。

 

そんなお得なイベントを、なぜ行っているのでしょうか。

 

主な目的は通貨の宣伝のためです。

 

①通貨の宣伝を目的としている

 

仮想通貨の取引所がエアドロップを行う最大の目的は、特定の仮想通貨やトークンの宣伝を行い、自身のプロジェクトの知名度の向上を図るためです。

 

そのため、配布される仮想通貨は市場価値の低いマイナーコインで行われることが多く、受け取れる金額もそこまで多くありません。

 

しかし、エアドロップが行われることでその仮想通貨に注目が集まり、エアドロップが行われた仮想通貨の価格が高騰し、高い利益を得るチャンスがあります。

 

受け取った時はほんのわずかな金額ではありますが、将来的に100倍近くの価格に跳ね上がる可能性もあるのです。

 

②エアドロップに参加するには

 

仮想通貨エアドロップに参加方法はエアドロップを開催するプロジェクトが決めるため、様々な条件がありますが、主に以下の2つが代表的でしょう。

 

  1. 特定の通貨を保有する
  2. SNSで決められた投稿をする

 

このように、エアドロップへの参加条件はそれほど難しいものではありません。

 

しかし、国内の取引所で実施されることはほとんどなくなっていますので、海外の取引所に登録する必要があります。

 

暗号資産(仮想通貨)
【初心者向け】仮想通貨の買い方とおすすめ銘柄、取引所を解説

続きを見る

 

エアドロップを受け取る準備などは後で詳しく解説します。

 

過去にエアドロップを行っていた仮想通貨一覧

仮想通貨

 

それではここで、過去にエアドロップを行っていた仮想通貨を紹介します。

 

①Byteball(バイトボール)

 

Byteball(バイトボール)とは、ブロックチェーンとは異なる DAGという技術を使用した仮想通貨で、2016年12月から月に一度、公式のウォレットに所有しているGBYTEの10%が配布されていました。

 

2016年に配布された時の価格は20円ほどの価値でしたが、2017年のアルトコインバブルで一時期900円まで高騰するなど、約45倍もの成長を見せたため、この時にエアドロップに参加されていた方は相当ラッキーな方だったでしょう。

 

②Ontology(ONT)

 

Ontology(ONT)はNEOのプラットフォームを利用したトークンです。

 

ontTOP
仮想通貨Ontology(ONT/オントロジー)とは?概要や特徴・将来性を解説

続きを見る

NEOロゴ
暗号資産(仮想通貨)ネオ(NEO)とは?特徴や展望を解説

続きを見る

 

エアドロップが行われたのは2018年3月。NEO保有者に対して1NEOあたり0.2ONTがエアドロップされました。

 

配布当時の1ONTの価格は約150円。しかし、2ヶ月後、1,100円まで価格が上昇し急成長を遂げました。

 

③ビットコインキャッシュ(BCH)

 

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年の8月1日にビットコインのハードフォークにより誕生した仮想通貨です。

 

ビットコインキャッシュ
【2021年】ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の見通し・上がる要因を解説

続きを見る

 

ハードフォークを簡単に説明すると、既存の仮想通貨に何らかの変更が加わって、新規の仮想通貨が誕生することです。

 

このビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した際に、ビットコインを所有していたユーザーに、同量のビットコインキャッシュ(BCH)が配布されました。

 

ビットコインキャッシュは一時期約15万円まで価格が上昇したので、当時ビットコインを所有していた人はかなりの利益を得たのでは無いでしょうか。

 

④IOST

 

IOSTは韓国拠点「Donnie Finance」のプロジェクトです。

 

IOST
仮想通貨IOSTとは?今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

 

前回のエアドロップは、2021年9月30日に行われました。

 

参加条件は9月30日時点でIOSTを保有していることが条件で、保有者にはIOSTのガバナンストークンであるDONが配布されました。

 

 

今後、再度エアドロップが行われるかは不明ですが、チェックしておく価値はありそうです。

 

⑤イオス(EOS)

 

イオス(EOS)はイーサリアムと似た機能を持ち、取引の処理速度や取引手数料が無料などイーサリアムよりも優れた点が多く、2018年は時価総額ランキングトップ5以内にランクインするほどの注目を浴びている仮想通貨です。

 

EOSロゴ
仮想通貨EOS(イオス) とは?概要や特徴、今後の展望を紹介

続きを見る

 

2020年12月31日まで行われていたエアドロップの参加条件は、必要なタスクをこなすことで、50ドル相当のEOSコインが受け取れるというものでした。

 

今後の仮想通貨エアドロップ情報

今後の仮想通貨エアドロップ情報

 

2021年10月以降のエアドロップ情報を紹介します。

 

①トロン(TRX)

 

仮想通貨プロジェクトのAPENFTが、トロン(TRX)保有者に対してAPENFT(NFT)トークンのエアドロップを実施しています。

 

トロンロゴ
暗号資産(仮想通貨)トロン(TRON/TRX)とは?特徴や展望を解説

続きを見る

 

毎月10日にエアドロップが行われ、総供給量の4%が配布されます。

 

無料配布される条件としては、毎月10日の時点で、100TRX以上保有している必要があります。

 

2021年10月現在で100TRXは約1,134円です。

 

十分購入できる価格だと思いますので、今のうちに購入しておいた方が良いでしょう。

 

国内取引所でのエアドロップも行われるようですが、金融庁の判断により変更がある可能性がありますので、対応を表明している海外の仮想通貨取引所Binanceで所持しておいた方が良さそうです。

 

②KingMoney(KIM)

 

KingMoneyはビットコインのソースを利用して作られた仮想通貨で、処理速度やセキュリティの改善が行われています。

 

KingMoneyのエアドロップは抽選式で、60KIMが1000名に配られます。

 

参加方法は、KingMoneyのアカウントをフォローしたり、ツイッターをリツイートすることで抽選権が得られます。

 

当たれば0.06KIMが配布され、1KIMは2021年10月の価格だと約1,034円なので、抽選参加する価値は十分にあるでしょう。

 

次回は10月30日に行われますので、ぜひ参加してみてください。

 

③ベーシックアテンショントークン(BAT)

 

ベーシックアテンショントークン(BAT)は2017年5月に誕生した仮想通貨で、「Brave」というWebブラウザ上で利用されます。

 

BAT
仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?概要・特徴を解説

続きを見る

 

Braveで広告を見ると報酬としてBATを受け取ることができます。

 

公式HPによると、Braveを日常的にブラウザとして使用した場合、1ヶ月あたりおよそ$5相当のBATを受け取ることができるとされています。

 

受け取ったBATは、YouTubeの生配信やeスポーツの投げ銭に利用することができます。

 

④ビットコイン(BTC)

 

仮想通貨といえばビットコインと言われ、2021年10月現在、再び価格が700万円を超えたことでさらに注目を浴びています。

 

ビットコイン
ビットコイン(BTC)の今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

 

そんなビットコインも無料で手に入れることができるのです。

 

Free Bitcoinというサイトでエアドロップに参加することができます。

 

Free Bitcoinのサイトに登録し、1時間に1回サイコロゲームに参加することができ、でたサイコロの数字によって受け取ることのできるビットコインの量が決まります。

 

今後もまだまだ価格の上昇が期待できるビットコインですので、ぜひ参加しておきましょう。

 

また、今後エアドロップが行われるのは以上の仮想通貨だけではありません。

 

以下のサイトから今後行われるエアドロップの一覧が確認できますので、出来るだけチェックして、エアドロップの機会を逃さないようにしましょう。

 

 

その他の仮想通貨配布キャンペーン

暗号資産(仮想通貨)

 

その他、エアドロップだけではなく、国内での仮想通貨配布キャンペーンもあるので、そちらも紹介します。

 

①【BITPOINT】エイダコイン(ADA)の配布キャンペーン

 

国内の仮想通貨取引所であるBITPOINTは現在8種類の仮想通貨を取り扱っています。

 

10月29日までにBITPOINTの口座開設をすると、もれなく1000円相当のエイダコイン(ADA)を受け取ることができます。

 

カルダノロゴ
【仮想通貨】カルダノ(ADA)とは?特徴や今後の見通しを解説

続きを見る

 

ぜひ、この機会に口座を開設しましょう。

 

②【Huobi Japan】フォビトークン(HT)の配布キャンペーン

 

こちらも国内の仮想通貨取引所のHuobi Japanが行っているキャンペーンです。

 

新規口座を開設すると、抽選で500円〜1万円相当のフォビトークン(HT)を受け取ることができます。

 

こちらも合わせて口座を開設しておきましょう。

 

仮想通貨エアドロップを行う前の準備

仮想通貨を購入

 

エアドロップを行う前に、準備しておくことがありますので解説します。

 

主に以下のような準備をする必要があります。

 

  1. 新しいメールアドレスを作成する
  2. MyEtherWallet​でイーサリアムアカウントを作成する
  3. Telegramアカウントを作成する
  4. Twitterアカウントを作成する
  5. 国内の仮想通貨取引所に登録する
  6. 海外の仮想通貨取引所に登録する

 

①新しいメールアドレスを作成する

 

メールアドレスの悪用を避けるために、エアドロップに参加する際は毎回違うメールアドレスを用意しましょう。

 

捨てても良いフリーアドレスを取得すると良いでしょう。

 

②MyEtherWallet​でイーサリアムアカウントを作成する

 

MyEtherWalletとは、パソコン上で使えるウォレットであるデスクトップウォレットのうちのひとつです。

 

MyEtherWalletでは、イーサリアムだけではなく、イーサリアム規格で作られたトークンも保管できます。

 

エアドロップでもらえる仮想通貨はイーサリアムトークンであることがほとんどなので、MyEtherWalletがあると便利です。

 

③Telegramアカウントを作成する

 

Telegramは日本ではあまり認知度はありませんが、LINEのような無料メッセージアプリです。

 

Telegramは匿名性が高く、セキュリティ機能が充実しており、指紋認証や二段階認証にも対応しているのが特徴です。

 

エアドロップに参加する条件として、Telegramに作成されたグループに参加する必要がある場合があります。

 

そのため、Telegramアカウントをあらかじめ作成しておくと良いでしょう。

 

④Twitterアカウントを作成する

 

エアドロップに参加する条件に、エアドロップを主催しているプロジェクトのアカウントをフォローし、友人を数名タグ付けする必要がある、というものが多数存在します。

 

まだTwitterアカウントを持っていないという人は、先にTwitterアカウントを作成しておくと良いでしょう。

 

⑤国内の仮想通貨取引所に登録する

 

エアドロップをもらう条件のうちのひとつに、エアドロップを行う仮想通貨やトークンを所持している、というものがあります。

 

その多くの仮想通貨やトークンはほぼ海外の仮想通貨取引所のものがほとんどなので、国内の仮想通貨取引所から海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送る必要があります。

 

国内の仮想通貨取引所はコインチェックがおすすめです。

 

取り扱う暗号資産(仮想通貨)数が国内No.1でアプリや取引画面も使いやすいので初心者にもおすすめです。口座開設はもちろん無料!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

⑥海外の仮想通貨取引所に登録する

 

エアドロップが行われる仮想通貨やトークンを購入するためにも、海外の仮想通貨取引所に登録しましょう。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

\ 世界最大級の仮想通貨取引所/

BINANCEで口座開設する

 

仮想通貨エアドロップの受け取り方

仮想通貨

 

ここで、仮想通貨エアドロップの受け取り方を解説します。

 

エアドロップはプロジェクトによって参加方法が異なりますので、今回は、KingMoneyが行っている抽選式のエアドロップの参加方法について見てみましょう。

 

  1. KingMoneyをCoinMarketCapのサイトでウォッチリストに追加
  2. TwitterでKingMoneyをフォロー
  3. KingMoneyのTwitterでエアドロップとピン留めされたツイートを「いいね!」とリツイートする。
  4. ハッシュタグ「#KingMoney #WKIM」をつけて3人以上の友人をタグ付けする
  5. King MoneyのTelegramチャンネルに参加する
  6. イベント開始時に公開されるリンクからフォームに記入し、ETHアドレスを記入する
  7. 当選者はツイッターで公開される

 

以上の流れでエアドロップに参加すると、登録しているウォレットに仮想通貨が振り込まれることになります。

 

複雑そうに見えますが、慣れれば他のプロフジェクトもほぼ同じような方法をとっていることが多いので、一度やってみるとあとはどんどん登録していくことができると思います。

 

ちなみに前回配布された仮想通貨の量は60KIMで、当選者は1000人。ひとりあたり0.06KIM配布されたことになります。

 

0.06KIMは2021年10月の価格だと約1,034円です。KingMoneyは現在も大きく値動きを繰り返しているので、もらえた人はかなりラッキーだったのでは無いでしょうか。

 

この時の参加者数は739,070人で当選倍率は約739倍とかなり人気のイベントであったことがわかります。

 

仮想通貨エアドロップを行う際の注意点

仮想通貨

 

エアドロップは、仮想通貨やトークンが無料でもらえるお得なイベントではあるのですが、気軽に参加できる分、注意すべき事柄があります。

 

注意するべき点は以下の3つです。

 

  1. 個人情報を悪用される可能性がある
  2. 詐欺を目的としている場合がある
  3. 課税対象となる可能性がある

 

①個人情報を悪用される可能性がある

 

エアドロップに参加する際に、個人のメールアドレスを入力する必要があるのですが、運営側がそのメールアドレスを使って悪用するという危険性があります。

 

メールアドレスを悪用されると、大量の広告を送るスパムメールを送るために使われたり、ウィルスを撒き散らすために使用されたりしてしまいます。

 

全ての取引所がそのようなことをするわけではありませんが、いつも使用しているメールアドレスを登録するのは避けた方が良さそうです。

 

②詐欺を目的としている場合がある

 

エアドロップの参加時に、メールアドレスやパスワードを入力することになるのですが、登録後に運営から、「パスワードを教えてください」と言われることがあります。

 

その際にパスワードを教えてしまうと、自身が所有する仮想通貨を全て奪い取られてしまう可能性があります。

 

パスワードを要求するということは、クレジットカードの暗証番号を教えてくださいと言っているようなものです。

 

まともなプロジェクトでは、登録後にパスワードを要求するようなことはいっさいありません。

 

もしも、運営からパスワードを要求するメッセージが送られてきたら、間違いなく詐欺(ポンジスキーム)だと思うようにしてください。

 

お金が減る
仮想通貨のポンジスキームとは?騙されないための3つのコツ

続きを見る

 

③課税対象となる可能性がある

 

エアドロップに参加してもらえる仮想通貨やトークンは最初はほとんど価格の低いものが多いのですが、その後価格が上昇し、利益を確定した際には通常の仮想通貨と同様に課税対象となります。

 

また、すでに上場している高額な仮想通貨をエアドロップで受け取った場合には、仮想通貨を法人から贈与された資産とみなされ、「一時所得」にみなされる場合があります。

 

仮想通貨の税金の計算方法は難しいので、心配であれば税理士さんに相談してみるのも良いでしょう。

 

仮想通貨エアドロップを行う際の対策

仮想通貨エアドロップを行う際の対策

 

続いて、仮想通貨エアドロップを行う際の対策について説明していきます。

 

対策としては以下2つを守りましょう。

 

  • 秘密鍵は絶対に使用しない
  • 毎回違うメールアドレスを使用する

 

①秘密鍵は絶対に使用しない

 

仮想通貨を管理するために、公開鍵と、秘密鍵の2つがあります。

 

公開鍵は個人ウォレットの口座番号なので他人に知られても問題ありませんが、秘密鍵だけは他人に知られてはいけません。

 

秘密鍵とは、仮想通貨の所有者であることを証明するもので、プライペートキーとも言われています。

 

この秘密鍵は仮想通貨を持っている本人だけが知る情報で、MyEtherWalletやMetaMaskなどのウォレット内で保管します。

 

もしこの秘密鍵を要求してくるプロジェクトがあれば、間違いなく詐欺なので、絶対に秘密鍵を公開してはいけません。

 

②毎回違うメールアドレスを使用する

 

先ほども一度述べましたが、エアドロップに参加する際には必ず捨てても良いメールアドレスで登録しましょう。

 

繰り返しになりますが、メールアドレスの悪用を防ぐためです。

 

できればパスワードも使い回しをすることなく、毎回違うものを使った方が良いです。

 

さらに、エアドロップに参加すると大量の情報が送られてくるので、その情報が混じることが無いので情報の整理がしやすくなるという利点もあります。

 

仮想通貨エアドロップのまとめ

仮想通貨エアドロップのまとめ

 

以上、今回は仮想通貨のエアドロップについて解説いたしました。

 

セキュリティーをしっかりと守り、安全にエアドロップに参加すれば無料で仮想通貨がもらえるお得なイベントなので、この機会にぜひ参加しておきましょう。

 

過去に行われたエアドロップでは実際に価格が高騰している例も多数存在します。

 

今後行われるエアドロップでも、同じように高い利益を獲得できる可能性は十分にあります。

 

常に情報をチェックして、お得なエアドロップにどんどん参加していきましょう。

 

エアドロップ参加のためには、対象となる仮想通貨を保有している必要があり、購入のための仮想通貨が必要になります。

 

なので、エアドロップに参加したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5