CRYPTO

クリプトモールは怪しい?特徴や始め方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
クリプトモールって怪しいのかな?クリプトモールの特徴や始め方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • クリプトモールの概要
  • クリプトモールの特徴
  • クリプトモールの始め方
  • クリプトモールの将来性
  • クリプトモールの注意点
  • クリプトモールに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から仮想通貨投資で資産運用をしています。さらに仮想通貨ブログによる情報発信で月330万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

クリプトモールを使ってみたいけどなんか怪しい…」とお悩みですね?

結論としては、クリプトモールは仮想通貨が使用できるショッピングモールであり、全く怪しくありません。

今回は仮想通貨の情報発信で月330万円稼ぐプロブロガーの僕が、クリプトモールの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでクリプトモールが怪しくないことがわかるので、安心して利用できます。

なお、クリプトモールで仮想通貨を使うためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

クリプトモールを利用する事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、少額のイーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

クリプトモールの概要

出典:クリプトモール

 

クリプトモールは「デジタルNFT」と「アナログNFT」を融合させた世界初のハイブリッドNFTマーケットプレイスです。

>>【徹底比較】おすすめNFTマーケットプレイス5選!選び方のコツも紹介

「鑑定証明システム」を利用しており、本物の商品しか販売していないので安心して利用できます。

また、売上の「1%」はブロックチェーン技術を使って自動的に社会貢献活動へ寄付されます。

このように、ブロックチェーンを活用しているため透明性が担保されているため、通常のショッピングサイトと同じ感覚で利用できます。

 

クリプトモールの特徴

クリプトモールの特徴は以下のとおり。

  1. 鑑定証明システムを導入
  2. 仮想通貨で決済可能
  3. 日本語に対応
  4. 運営の信頼性が高い

順番に説明します。

 

①鑑定証明システムを導入

出典:クリプトモール

クリプトモールは世界初の「鑑定証明システム」を導入しています。

鑑定証明システムは「鑑定証明チップ」と「鑑定証明プラットフォーム」で構成されています。

このシステムにより商品の真贋と流通経路の透明性を担保しています。

鑑定証明システムを導入した商品については、二次流通の際にも本物であることを証明可能です。

 

②仮想通貨で決済可能

出典:クリプトモール

クリプトモールは仮想通貨のJPYCで決済可能です。

そのため、既にJPYC保有している場合は安い手数料で迅速に支払いができます。

その他の決済方法は銀行振込ですが、今後様々な決済方法が導入されるとのこと。

 

③日本語に対応

クリプトモールは日本語に対応しています。

以下のように、サイト自体が完全に日本語に対応しているため、日本人でも安心して利用できます。

出典:クリプトモール

海外サイトは英語が主流なので利用する際に不安を感じることがありますが、クリプトモールはそういった心配は不要です。

普段のネットショッピングと同じ感覚で利用できるため、初めての仮想通貨を利用したショッピングにも最適かと。

 

④運営の信頼性が高い

クリプトモールの運営元はエストニアの「cryptomall oü」です。

cryptomall oüは元大相撲大関の把瑠都が役員を務めており、信頼がおける企業です。

出典:公式サイト

さらに一般社団法人 日本エストニア商工協会とも提携しているため、実用性・将来性が期待できます。

 

クリプトモールの始め方

クリプトモールの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. Metamaskをインストールする
  4. Metamaskに入金する
  5. JPYCサイトでJPYCを購入
  6. 買い物をする

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

クリプトモールを使う前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

JPYC購入用の暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

クリプトモールでの決済に必要となるJPYC購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したマーケットプレイスに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

④Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットに買い物をするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、コインチェックで購入したイーサリアムをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑤JPYCサイトでJPYCを購入

次に、JPYCサイトでイーサリアムをJPYCに交換します。

手順は以下のとおり。

  1. JPYCサイトにアクセス
  2. 「ウォレットに接続」でMetamaskを選択
  3. 購入金額を入力して購入する

JPYCサイトは日本語対応しているので、迷うことなくJPYCを購入できます。

 

⑥買い物をする

JPYCを用意できたら、クリプトモール内で好きな商品を購入可能です。

出典:クリプトモール

洋服やバッグ、時計などのファッションアイテムの他、NFTアートなども購入できます。

 

クリプトモールの将来性

クリプトモールの将来性についても見ていきましょう。

  1. 仮想通貨決済の普及
  2. NFT需要の増加

順番に解説します。

 

①仮想通貨決済の普及

仮想通貨を利用した決済が今後さらに普及すると見られています。

手数料が安く、高速処理が可能という特徴があるため、ショッピングや取引などの決済に適しているからです。

実際に小売店やオンラインショップ等で仮想通貨で決済可能なお店が増えています。

>>暗号資産(仮想通貨)は買い物で使える?ビットコインなどの使い方を解説

こうした仮想通貨決済の拡大に後押しされ、クリプトモールの利用者が増加する可能性が高いかと。

 

②NFT需要の増加

NFTの需要増加による人気の後押しが期待できます。

ここ最近、アートのみならずスポーツやエンタメ業界などでもNFTの導入が進んでいます。

そのため、一般人へのNFTの普及が急速に進んでおり、NFTの需要が増している状況です。

クリプトモールはNFT技術を活用したショッピングモールであり、今後のNFT需要増加が後押しとなり活発な取引がされると見込まれています。

なお、NFTの始め方については以下の記事で詳しく解説しています。

>>NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

 

クリプトモールの注意点

注意点

クリプトモール利用時の注意点は以下のとおり。

  1. 商品到着までに時間がかかる
  2. 関税がかかる場合がある
  3. 入金後のキャンセル不可

順番に説明します。

 

①商品到着までに時間がかかる

商品到着までにある程度の時間がかかります。

公式サイトによると、日本の場合はおよそ 5日程度で到着するとのこと。

注文完了後、商品発送の準備に3~4日程度かかるためであり、商品お届けまでにかかる日数はあくまでも目安のようです。

支払い手続きに関する問題や通関手続きの遅延が発生した場合、商品到着が予定よりも遅れる場合があります。

 

②関税がかかる場合がある

住んでいる国によっては関税がかかる場合があります。

以下の国や地域以外に商品を届ける場合は輸入関税は未払いで発送されます。

  • 日本
  • EU圏内
  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • スイス
  • ノルウェー
  • クウェート
  • カタール
  • プエルトリコ
  • サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦
  • インド
  • 中国
  • 台湾
  • 韓国
  • タイ
  • シンガポール
  • メキシコ
  • ブラジル
  • ガーンジー島
  • マン島
  • ジャージー島
  • サン・マリノ

そのため、決済時に支払った料金以外に諸税・関税が請求される場合があります。

その場合は商品受け取り時もしくは後日に関税を支払う必要があります。

 

③入金後のキャンセル不可

入金後のキャンセルは一切できません。

ただし、万が一購入した商品が偽物だった場合は「全額返金保証」および「1,000ユーロの慰謝料」を支払ってもらえます。

 

クリプトモールのよくある質問

最後にクリプトモールに関するよくある質問に答えます。

  1. クリプトモールはビットコインが使える?
  2. クリプトモールのデメリットやリスクはあるの?
  3. クリプトモールは無料で利用できる?

順番に回答します。

 

①クリプトモールはビットコインが使える?

いいえ、ビットコインでは購入できません。

2022年8月10日現在、対応している決済手段は以下の2つです。

  • JPYC
  • 銀行振込

JPY購入用の仮想通貨が必要になるため、500円から購入できるコインチェックで口座を無料開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②クリプトモールのデメリットやリスクはあるの?

はい、デメリットやリスクがあります。

クリプトモールは以下のようなデメリット・リスクが考えられます。

  1. 商品到着までに時間がかかる
  2. 関税がかかる場合がある
  3. 入金後のキャンセル不可

ただ、万が一偽物だった場合は全額返金などの補償制度があるので、安心して使えるかと。

 

③クリプトモールは無料で利用できる?

はい、無料で利用できます。

通常のネットショッピングと同じ感覚で使えます。

 

まとめ:クリプトモールは今後に期待できる次世代のショッピングモール

今回はクリプトモールの特徴や始め方などについて解説しました。

クリプトモールは既に多くのユーザーが利用しており、仮想通貨決済の普及に伴って今後さらに人気を集めることが予想されます。

なお、クリプトモールを使えるJPYCを入手するには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、クリプトモールをスムーズに使うためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5