CRYPTO Defi

仮想通貨のDEX(分散型取引所)とは?メリット・デメリットやおすすめ取引所を紹介

仮想通貨

 

悩んでいる人
仮想通貨のDEX(分散型取引所)について詳しく知りたい。メリット・デメリットやおすすめのDEXを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)とは
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)の仕組み
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)の特徴
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)の種類は2つ
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)のメリット
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)のデメリット
  • 仮想通貨のおすすめDEX(分散型取引所)5選
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)の使い方
  • 仮想通貨のDEX(分散型取引所)を使う際の注意点

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から仮想通貨マイニングで利益を得ています。さらに、仮想通貨ブログで月300万ほどの収益を得ています。

 

仮想通貨について調べると「DEX(分散型取引所)」という言葉をよく目にします。

しかしDEXとは一体なんなのか、わからない方も多いはず。

そこで今回は2017年から仮想通貨取引で利益を得ている僕がDEXについて具体的に解説します。

この記事を読むとDEXの概要が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、DEXを使うためには仮想通貨を保有している必要があり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

国内の仮想通貨取引所はコインチェックがおすすめです。

仮想通貨を500円から購入することができ、アプリは初心者でも直感的に使いやすいため安心です。

口座開設は無料なのでこの機会に登録しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

もくじ

仮想通貨のDEX(分散型取引所)とは

仮想通貨

DEXとは、「Decentralized Exchange」の略で、Defiで使われる分散型取引所のことを指します。

>>【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の取引に特化した、伝統的な中央集権型の取引所とは異なり、DEXはユーザーが自分のプライベートキーを持って、直接取引を行うことができる取引所です。

そのため、通常の取引所と違い、取引所が管理するカスタマーの口座や資金を標的とするハッキングや不正アクセスの危険性が低くなります。

また、取引所が管理する手数料やスプレッドもなく、ユーザー間の取引がよりスムーズに行えるとされています。

しかしながら、DEXはまだまだ発展途上のシステムであり、取引量や速度などにおいて、伝統的な取引所には劣ります。

また、ユーザーが直接取引を行うため、トラブルや問題が発生した場合には、取引所が介入することができないという欠点もあります。

したがって、DEXを利用する場合は、自己責任での取引が求められます。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の仕組み

仮想通貨

DEXの仕組みは、大きく分けて、以下のようなものになります。

  1. ブロックチェーン上に構築
  2. スマートコントラクトを利用
  3. マッチングエンジンを活用

それぞれ解説します。

 

①ブロックチェーン上に構築

DEXは、ブロックチェーンを利用しています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?仕組みやメリットを解説

ブロックチェーンとは、分散型のデータベース技術のことで、取引データを透明かつ安全に保存することができます。

DEXでの取引データも、ブロックチェーン上に保存されます。

 

②スマートコントラクトを利用

DEXでは、取引を自動化するために、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを利用します。

スマートコントラクトは、特定の条件が満たされたときに、自動的に契約内容が履行されるプログラムです。

DEXでは、取引相手が指定した条件を満たした時点で、自動的に取引が実行されるようになっています。

 

③マッチングエンジンを活用

DEXでは、マッチングエンジンと呼ばれるシステムが取引の相手を探し出します。

マッチングエンジンは、ユーザーが出品した取引条件と、他のユーザーが指定した取引条件を比較し、一致するものを見つけ出します。

そして、一致した取引条件のユーザー同士をマッチングさせ、取引を実行します。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の特徴

仮想通貨

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の特徴は以下のとおり。

  1. ユーザーが自分のプライベートキーを持っているため、セキュリティーが高い
  2. 取引所が管理する手数料やスプレッドがないため、取引がスムーズに行える
  3. ブロックチェーンを利用しているため、取引データが透明かつ安全に保存される
  4. スマートコントラクトを利用しているため、取引が自動化される
  5. マッチングエンジンを利用しているため、取引の相手をスムーズに見つけることができる

それぞれ、解説していきます。

 

①ユーザーが自分のプライベートキーを持っているため、セキュリティーが高い

DEXは、ユーザーが自分のプライベートキーを持っているため、通常の取引所に比べて、セキュリティーが高いとされています。

ユーザーが自分の資産を管理し、取引を行うことができるため、取引所が管理するカスタマーの口座や資金を標的とするハッキングや不正アクセスの危険性が低くなります。

また、ユーザーが自分のプライベートキーを管理しているため、個人情報の漏洩の心配もありません。

 

②取引所が管理する手数料やスプレッドがないため、取引がスムーズに行える

DEXでは、取引所が管理する手数料やスプレッドがないため、取引がよりスムーズに行えます。

>>【初心者向け】仮想通貨/ビットコインのスプレッドとは?スプレッドが狭い取引所3選

通常の取引所では、取引所が管理する手数料やスプレッドがあるため、取引にかかるコストが高くなります。

しかしながら、DEXでは、取引所が管理する手数料やスプレッドがないため、取引コストを抑えることができます。

また、取引所による取引の制限や停止がないため、ユーザーが自由に取引を行うことができます。

 

③ブロックチェーンを利用しているため、取引データが透明かつ安全に保存される

DEXは、ブロックチェーンを利用しています。

ブロックチェーンとは、分散型のデータベース技術のことで、取引データを透明かつ安全に保存することができます。

ブロックチェーンは、分散型データベース技術のため、データが複数のノード(参加者)に分散されて保存されます。

そのため、どのノードが改ざんされても、他のノードから修正されることにより、信頼性が高くなります。

また、ブロックチェーンは、暗号技術を利用して、データの改ざんや漏洩を防ぐことができます。そのため、DEXでは、取引データが透明かつ安全に保存されることが期待されます。

 

④スマートコントラクトを利用しているため、取引が自動化される

DEXでは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを利用しています。

スマートコントラクトは、特定の条件が満たされたときに、自動的に契約内容が履行されるプログラムです。

DEXでは、ユーザーが出品した取引条件と、他のユーザーが指定した取引条件をスマートコントラクトに登録します。

そして、取引条件が満たされると、自動的に取引が実行されます。

 

⑤マッチングエンジンを利用しているため、取引の相手をスムーズに見つけることができる

DEXでは、マッチングエンジンと呼ばれるシステムが取引の相手を探し出します。

マッチングエンジンは、ユーザーが出品した取引条件と、他のユーザーが指定した取引条件を比較し、一致するものを見つけ出します。

そして、一致した取引条件のユーザー同士をマッチングさせ、取引を実行します。

これにより、ユーザーが取引の相手をスムーズに見つけることができます。

また、マッチングエンジンは、取引条件を満たす相手をリアルタイムで探し出すことができるため、取引が迅速に行えるようになっています。

通常の取引所では、取引条件を満たす相手を探すのに時間がかかるため、取引が遅くなることがあります。

しかしながら、DEXでは、マッチングエンジンにより、取引が迅速に行えるようになっています。

また、DEXでは、マッチングエンジンの機能を拡張することができます。

例えば、取引条件を満たす相手が見つからなかった場合、自動的に新しい取引条件を提示して、取引を促進することができます。

このような機能を搭載したマッチングエンジンを採用することで、DEXでの取引がよりスムーズに行えるようになります。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の種類は2つ

仮想通貨

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の種類は大きく分けて以下の2つです。

  1. オーダーブック形式
  2. AMM形式

それぞれの特徴を解説します。

 

①オーダーブック形式

オーダーブック形式とは、取引所に登録された取引条件を、登録された順番に表示したものです。

オーダーブック形式は、取引所にて、特定の取引条件を満たす相手を探し出すために用いられます。

オーダーブック形式では取引条件の種類に応じて、通貨ペア、価格、数量などを表示します。通貨ペアには、売買する通貨の種類が表示されます。価格には、通貨を売買するときの値段が表示されます。数量には、通貨を売買するときの量が表示されます。

取引条件が満たされると、取引が自動的に実行されます。例えば、売り条件と買い条件が一致すると、取引が実行されます。このように、オーダーブック形式を採用することで、取引がスムーズに行えるようになります。

また、オーダーブック形式は、取引所における流動性を確保するために用いられます。

流動性とは、通貨を売買することが容易であることを指します。オーダーブック形式では、売買条件が登録されると、取引所上に表示されます。これにより、他のユーザーが登録された売買条件と一致するものを見つけることができるため、流動性が高くなります。

さらに、市場の様子を把握するのに役立ちます。オーダーブック形式では、登録された売買条件を一覧で表示するため、ユーザーが現在の市場の様子を把握することができます。

例えば、売り条件が多いときは、市場が売り越しの様子を示し、買い条件が多いときは、市場が買い越しの様子を示すことができます。また、売買条件が多い通貨ペアほど、流動性が高いことも分かります。

 

②AMM形式

AMM形式とは、自動市場メーカー(Automated Market Maker)の形式のことです。

AMM形式は、仮想通貨の取引所で用いられる取引方式の一つです。

AMM形式では、売買条件を登録することができません。その代わりに、AMM形式では、登録された取引条件に基づいて、自動的に取引が行われます。例えば、ユーザーが購入しようとすると、AMM形式では、自動的に売り条件と一致するものが探し出され、取引が行われます。

AMM形式では、取引条件が登録されることはありませんが、取引所には、取引条件が登録されたままであることが担保されます。例えば、AMM形式では、取引所にて、常に売り買いの条件が登録された状態を保持することが保証されます。このように、AMM形式は、流動性が高く、取引がスムーズに行えるようになっています。

また、AMM形式では、取引手数料が定額であることが特徴です。AMM形式では、取引手数料が定額であるため、ユーザーが売買条件を登録したとしても、手数料が変動することはありません。これにより、ユーザーが取引手数料を予測しやすくなります。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)のメリット

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)のメリットは以下のとおり。

  1. 取引データの透明性
  2. 自己管理可能
  3. 取引手数料の安さ

それぞれ解説します。

 

①取引データの透明性

DEXは、ブロックチェーンを用いて、取引データを透明かつ安全に保存することができます。

ブロックチェーンは、分散型のデータベース技術であり、情報を透明に公開することができます。

そのため、DEXでは、取引されたデータが公開されるため、ユーザーは、取引履歴を確認することができます。

また、取引データは改ざんすることができないため、安全性が高く、信頼性が高い取引が行えます。

 

②自己管理可能

DEXは、ユーザーが自らの資産を管理することができます。

一般的な仮想通貨取引所では、ユーザーの資産は、取引所が管理します。

しかし、DEXでは、ユーザーが自己管理することができます。そのため、ユーザーが管理することで、資産をより安全に保つことができます。

また、ユーザーが自己管理することで、取引所からの盗難を防ぐことができます。

 

③取引手数料の安さ

DEXでは、取引手数料が安く設定されていることが特徴です。

一般的な仮想通貨取引所では、取引手数料が高額であることが多く、多くのユーザーから批判されています。

しかし、DEXでは、取引手数料が安いため、多くのユーザーから好評されています。

DEXでは、取引手数料が安い理由はいくつかあります。まず、DEXでは、中央型の取引所で行われるような、資産の管理や取引の監督を行わないため、取引手数料が安く設定されています。

また、DEXでは、取引手数料を支払うのは、売買を行うユーザーだけであり、取引所が取引手数料を受け取ることはありません。

そのため、中央型の取引所と比べて、取引手数料が安いことが特徴です。

さらに、DEXでは取引が直接、売り手と買い手の間で行われるため、取引手数料が安く設定されています。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)のデメリット

仮想通貨のDEX(分散型取引所)のデメリットは以下のとおり。

  1. 技術的な難しさ
  2. サポートが不十分
  3. 取引高が低い

それぞれ解説します。

 

①技術的な難しさ

DEXは、ブロックチェーンを用いて運営されています。

しかし、ブロックチェーンは、技術的に難しい技術であり、一般のユーザーが理解しやすいものではありません。

そのため、DEXを利用するためには、専門的な知識が必要です。

また、DEXでは、取引が直接、売り手と買い手の間で行われるため、ユーザーが取引を行うためには、専門的な知識が必要です。

そのため、DEXの利用には、技術的なハードルが高いといえます。

 

②サポートが不十分

DEXは、中央型の取引所と比べて、サポートが不十分です。

中央型の取引所では、カスタマーサポートが充実しています。

しかし、DEXでは、カスタマーサポートが不十分であることが多く、多くのユーザーから批判されています。

そのため、DEXを利用する際には、トラブルが発生した場合に、サポートが充実していないことが心配されます。

 

③取引高が低い

DEXは、中央型の取引所と比べて、取引高が低いといえます。

一般的な仮想通貨取引所では、取引高が高く、流動性の高い取引が行えます。

しかし、DEXでは、取引高が低く、流動性が低い取引が行われることが多いです。

そのため、DEXを利用する場合には、取引高が低いため、希望する取引が行えない場合があるといえます。

また、DEXでは、取引条件を登録せずとも、取引が行えるようになっています。

しかし、その結果市場の様子を把握することが困難になるという欠点があります。

以上のように、DEXには、技術的な難しさ、サポートが不十分、取引高が低いといったデメリットがあります。

そのため、DEXを利用する際には、それらのデメリットを十分に理解し、注意する必要があります。

 

仮想通貨のおすすめDEX(分散型取引所)5選

仮想通貨のおすすめDEX(分散型取引所)を5つ紹介します。

  1. Uniswap
  2. Curve Finance 
  3. PancakeSwap
  4. SushiSwap
  5. QuickSwap

それぞれ解説します。

 

①Uniswap

Uniswapは、2018年に、Ethereumブロックチェーン上でリリースされました。

Uniswapは、AMM(自動市場メーカー)形式を採用しており、ユーザーが登録したスマートコントラクトを介して、仮想通貨の取引が行われます。

Uniswapは、仮想通貨取引所の中でも、最も利用されているDEXの一つです。

 

②Curve Finance 

Curve Financeは、2019年に、Ethereumブロックチェーン上でリリースされました。

Curve FinanceはAMM(自動市場メーカー)形式を採用しており、ユーザーが登録したスマートコントラクトを介して、仮想通貨の取引が行われます。

Curve Financeは、Uniswapと同様に仮想通貨取引所の中でも、利用されているDEXの一つです。

特徴として利用者が多く、取引高が高いことが挙げられます。

また、Curve Financeは投資家としての信頼性が高いことで知られており、多くのユーザーから支持されています。

 

③PancakeSwap

PancakeSwapは最も人気のあるDEXの一つです。

>>スマホアプリでのPancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・やり方

PancakeSwapはもAMM(自動市場メーカー)形式のDEXです。

PancakeSwapの特徴として利用者が多く、取引高が高いことが挙げられます。

また、PancakeSwapは、Binance Smart Chain上で運営されるため、取引が高速で行えることが特徴です。

また、PancakeSwapでは、独自のトークンであるCAKEを用いた取引が行われます。

CAKEトークンは、PancakeSwapでの取引手数料の支払いや、新しいスマートコントラクトを開発するための資金調達に使用されます。

CAKEトークンは、PancakeSwapの新しいスマートコントラクトを開発するための、投票システムが設定されています。

 

④SushiSwap

SushiSwapとはUniswapの改良版のDEXです。

SushiSwapでは通貨を交換する際に、スマートコントラクトによって自動的に手数料が支払われるため、ユーザーが手動で手数料を支払う必要がありません。

さらに、SushiSwapでは、ユーザーが通貨を交換する際に、自動的に新しいトークンが生成され、他のユーザーがこれを購入することができるようになっています。

SushiSwapは、Uniswapと比べてよりスムーズで使いやすいプラットフォームとして人気が高まっています。

 

⑤QuickSwap

QuickSwapはPolygon(Matic)ネットワーク上に構築されたDEXです。

手数料としてPolygon(Matic)を使う必要があります。

>>仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

Polygon(Matic)とはイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されており、高速処理・低コストが特徴です。

そのため、非常に低い手数料で通貨を交換することができます。

また、Polygonネットワークには、各種のプロトコルが実装されており、さまざまな仮想通貨が取引可能になっています。

こうした利点からQuickSwapはユーザーが多様なトークンを交換するための場所として、ますます人気が高まっています。

QuickSwapはPolygonネットワーク上でのみ使用できるため、Polygon(Matic)を使用したウォレットや、Polygon(Matic)のブロックチェーンに接続することができる仮想通貨取引所からアクセスすることができます。

また、QuickSwapでは取引手数料に応じて、MATICトークンを回収することができる仕組みがあります。

これにより、MATICトークンを持っているユーザーは、QuickSwapを使用することで、追加の利益を得ることができます。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の使い方

仮想通貨のDEX(分散型取引所)の使い方は以下のとおり。

  1. 国内取引所でイーサリアムなどを購入
  2. ウォレットをインストールする
  3. DEXとウォレットを接続する

それぞれ解説します。

 

①国内取引所でイーサリアムなどを購入

DEXは日本円は使えないので、売買に必要となる仮想通貨を国内取引所で準備しておく必要があります。

さらに、DEXでは取引の際に手数料を仮想通貨で支払う必要があります。

DEXはイーサリアムチェーンで構築されている場合が多いので、ネットワーク手数料の支払い用にイーサリアムを国内の仮想通貨取引所で購入しておきましょう。

イーサリアムはメジャーな通貨なので基本的にどこでも購入できますが、中でもおすすめなのはコインチェックです。

取扱い通貨が国内最大級であり、仮想通貨を500円から購入することができます。

口座開設は無料なので、ぜひこの機会にサクッとコインチェックの口座を作っておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

②ウォレットをインストールする

DEXを利用するには仮想通貨のウォレットが必要になります。

そのため、使うDEXに適したウォレットをインストールしておきましょう。

代表的なウォレットは以下の3つ。

  1. MetaMask
  2. MyEtherWallet
  3. Phantom Wallet

この中でもMetaMaskが特にユーザーが多いウォレットです。

MetaMaskはイーサリアム以外のブロックチェーンに対応しているため利便性が高いことが特徴。

なので、まずはMetaMaskをインストールしておくのが無難かと。

MetaMaskをインストールするやり方は、MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

ウォレットをインストールしたら、そのウォレットへイーサリアムなどを送金しておきましょう。

 

③DEXとウォレットを接続する

最後にDEXとウォレットを接続すれば取引可能になります。

具体的な手順は以下のとおり。

  1. DEXにアクセスし、アカウントを作成します。アカウント作成には、通常、電子メールアドレスとパスワードの登録が必要です。
  2. ウォレットを開きます。ウォレットには、通常、仮想通貨を保存するためのアドレスが含まれており、このアドレスを使用して、DEXとウォレットを接続することができます。
  3. DEXの設定ページに進み、ウォレット接続の設定を行います。DEXでは、通常、ウォレット接続の設定を行うことができるため、ウォレットのアドレスを入力するだけで、DEXとウォレットを接続することができます。
  4. ウォレット接続の設定が完了すると、DEXとウォレットが接続されます。この状態では、DEX上で通貨を取引する際に、ウォレットから通貨を自動的に引き出したり、取引の結果として得られた通貨をウォレットに自動的に送金することができます。

これでDEXの利用が可能になります。

 

仮想通貨のDEX(分散型取引所)を使う際の注意点

仮想通貨のDEX(分散型取引所)を使う際の注意点は以下のとおり。

  1. ウォレットの管理を怠らない
  2. 悪意のあるスマートコントラクトの可能性
  3. ハッキングなどのリスク

それぞれ解説します。

 

①ウォレットの管理を怠らない

ウォレットの管理に注意しましょう。

DEXは、仮想通貨の取引プラットフォームですが、ウォレットの管理はユーザーが自分で行う必要があります。

DEX上で通貨を取引する際には、必ず安全なウォレットを使用し、ウォレットの管理には十分な注意を払いましょう。

また、ウォレットのパスワードやプライベートキーは、安全な場所に保管しておきましょう。

 

②悪意のあるスマートコントラクトの可能性

スマートコントラクトの管理に注意しましょう。DEXでは、通貨を取引する際にスマートコントラクトが使用されます。

スマートコントラクトは、自動的に取引を実行するプログラムですが、悪意のあるスマートコントラクトが流布されることもあります。

そのため、スマートコントラクトを使用する際には、常に確認を行い、安全なスマートコントラクトを使用するようにしましょう。

 

③ハッキングなどのリスク

リスクを理解しましょう。DEXは、分散型取引所として構築されているため、中央集権型の取引所と比べてリスクが異なります。

DEXでは、通貨を取引する際には、仮想通貨の市場の変動や、ハッキングなどのリスクがあります。

そのため、DEXを使用する際には、リスクを理解し、適切なリスク管理を行うよう心がけましょう。

 

まとめ

そもそも仮想通貨とは?

DEXは取引コストが安く、利益を出しやすい分散型取引所です。

リスクはあるものの、ユーザーにとっては利便性が高いサービスと言えるでしょう。

DEXは日本円が使えないので、送金用の仮想通貨を国内取引所で購入する必要があります。

まだ口座をお持ちでない方は、仮想通貨を500円から買えるコインチェックでサクッと口座を無料開設してイーサリアムなどを購入しておきましょう。

この記事を読んだ97%の人が行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら行動することをおすすめします。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO, Defi
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5