CRYPTO

仮想通貨Kadena(カデナ/KDA)とは?特徴・買い方、将来性を徹底解説

kadena top page

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のKadena(KDA)について詳しく知りたい。Kadena(KDA)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Kadena(KDA)の概要
  • Kadena(KDA)の特徴
  • Kadena(KDA)の買い方
  • Kadena(KDA)のチャート・価格推移
  • Kadena(KDA)の将来性
  • Kadena(KDA)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Kadenaは高速処理とマイニングの電力消費削減を実現した仮想通貨です。

今回は実際に暗号資産(仮想通貨)を運用中の僕が、Kadenaの概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでKadenaに関する理解が深まるはずです。

なお、Kadenaは国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して少額のビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Kadena(KDA)の概要

kadena top page

名称 Kadena(カデナ)
時価総額 98位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2022年6月時点) ¥214
時価総額(2022年6月時点) ¥39,724,466,992
公式サイト Kadena公式サイト

Kadena(カデナ)は取引速度が高速であり、マイニングの電力消費を低減することで環境に配慮した仮想通貨です。

JPモルガンや米証券取引委員会(SEC)出身のWill Martinoらによって開発され、ブロックチェーンの課題解決に取り組んでいることから注目を集めています。

具体的には、BTCやETHなどで課題となっている処理遅延・手数料高騰をもたらす「スケーラビリティ問題」の解消を目的としています。

実際にKadena独自のブロックチェーンをローンチするなど順調に開発が進んでおり、うまくいけばETH等にとって代わる可能性を秘めた通貨と言えます。

Kadena(KDA)は2022年6月時点で時価総額ランキングは98位であり、大手取引所のBINANCE(バイナンス)やKucoinに上場済。

取引処理も高速なので、今後さまざまなプロジェクト等に利用される可能性が高く、価格上昇が期待できます。

 

Kadenaの特徴

Kadena(KDA)の特徴は以下のとおり。

  1. コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用
  2. Chainwebによる高速処理
  3. ガス代が安い
  4. Kadena Kuroをローンチ
  5. 創設チームが優秀

順番に解説します。

 

①コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用

Kadena(KDA)はコンセンサスアルゴリズムに「PoW(Proof of Work)」を採用しています。

PoWはビットコインなどで採用されており、仕組みとしては取引を承認量に応じて報酬を支払うというもの。

>>仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?概要・特徴や将来性を徹底解説

PoWは電力消費が激しいことが問題視されていますが、Kadena(KDA)は処理速度を維持しつつ電力消費を抑えることに成功しています。

既存のコンセンサスアルゴリズムPoWを採用しつつ、課題を解消しさらに実用性を高めている点が特徴です。

 

②Chainwebによる高速処理

Chainwebという機能により、高速処理が可能です。

Chainwebは複数の処理を同時に行い、セキュリティを維持しながら高速に取引処理ができる仕組みです。

Chainwebでは秒速1万トランザクションまで処理することが可能になります。

そのため、タイムラグなくほぼリアルタイムで処理することができ、スムーズな取引を行うことができます。

 

③ガス代が安い

Kadena(KDA)は利用に際してガス代が非常に安いことも特徴です。

イーサリアム等は手数料の高騰が課題となっており、NFTマーケットプレイスのOpenseaなどでもこの手数料がネックになっています。

>>【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

しかし、Kadena(KDA)はガス代が格安なので、プラットフォームを気軽に利用できます。

そのためアプリ開発などの参入ハードルが下げるため、開発プラットフォームとしてKadena(KDA)を選択する開発者が増えています。

 

④Kadena Kuroをローンチ

Kadena(KDA)はプライベートブロックチェーン「Kadena Kuro」をローンチしています。

Kadena Kuroは無料で利用することができ、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)やマイクロソフトのAzureでも利用可能です。

Kadena(KDA)が提供するスマートコントラクト言語「Pact」の需要が高く、多くの企業がKadena Kuroを利用しています。

Pactは、開発者でなくても読めるように設計されており、2年以上にわたって本番アプリケーションで実戦テストされています。

Kadena Kuro自体も開発者が自由にカスタマイズ可能なので、今後さらに利用者が増えそうです。

 

⑤創設チームが優秀

Kadena(KDA)は創設チームが優秀である点も大きな特徴です。

創設者はJPモルガン出身者が多く、上場前からその経歴に注目が集まっていました。

  • スチュアート・ポープジョイ:元JPモルガンのEmerging Blockchainグループを率いた
  • ウィル・マルティーノ:元JPモルガン。SECの暗号資産委員会技術リーダーを務めた
  • スチュワート・ハーバー:ブロックチェーン開発者

このように、暗号資産やブロックチェーンのエキスパートにより創設されています。

そのためプロジェクト自体の将来性や実用性が評価されており、BINANCEやKucoinなどの大手取引所に上場を果たしています。

 

Kadena(KDA)の買い方・購入方法

Kadena(KDA)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

Kadena(KDA)を購入する手順は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設する
  2. BINANCEで口座開設する
  3. BINANCEに仮想通貨を送金する
  4. Kadena(KDA)を購入する

順番に解説します。

 

①コインチェックで仮想通貨を購入

まず、国内取引所の口座を開設しましょう。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設してイーサリアムなど好きな通貨を購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②BINANCEで口座開設する

続いて、Kadena(KDA)を取り扱う海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

③BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

④Kadena(KDA)を購入する

送金が完了したら、Kadena(KDA)が購入できます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

上記手順のとおり、まずは国内取引所の口座開設が必須となるのでサクッとコインチェックで無料で開設しておきましょう。

 

\ 最短5分で開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

Kadena(KDA)のチャート・価格推移

Kadena(KDA)の直近のチャート・価格推移について見ていきましょう。

  1. 2021年10月~12月
  2. 2022年1月~3月
  3. 2022年4月~

それぞれの時期の価格推移を解説します。

 

①2021年10月~12月

2021年中盤のDefi人気からKadena(KDA)も一気に話題となり、3,000近くまで価格が急上昇。

その後は調整で下落を見せたものの、再度1,700前後を推移し底堅さを見せました。

ETHのスケーラビリティ問題などもKadena(KDA)の価格の後押しになったと見られています。

 

②2022年1月~3月

2022年1~3月にかけてビットコインを始めとする仮想通貨全般の下落に連動し、大幅な下落を記録。

一時540円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨全般の上昇トレンドに連動し1,000円前後まで上昇しています。

 

③2022年4月~

2022年4月以降もLunaの下落などに関連した仮想通貨全般の下落トレンドにより、価格低迷中。

現在は200円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので、Kadena(KDA)への期待が高まっています。

 

Kadena(KDA)の将来性

続いて、Kadena(KDA)の将来性について解説します。

  1. 開発チームが優秀
  2. ロードマップが明確
  3. 新規取引所への上場

順番に解説します。

 

①開発チームが優秀

Kadena(KDA)は開発チームが優秀であることが挙げられます。

開発チームは以下のような有名企業やプロジェクト出身者が集結しています。

  • JPモルガン
  • Apple
  • Microsoft
  • Disney
  • Twitter
  • カルダノ

このように各業界のトップ企業で経験を積んだ優秀な人材を多く揃えており、今後の開発に期待が持てるでしょう。

 

②ロードマップが明確

Kadena(KDA)はロードマップが明確です。

プラットフォームとエコシステムに関する今後のロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

プラットフォーム

  • Pactコアv1
  • Ledger社のハードウェアウォレットでKadenaのトランザクションに署名可能
  • 1回のリクエストで複数のトランザクションに署名できるウォレットAPIをサポート
  • ブロックエクスプローラーでのアカウント検索と残高確認
  • Chainweaverトークンのサポート
  • WalletConnectの統合

 

エコシステム

  • Kaddex、DEXのローンチ
  • ネイティブトークン(kBTC, kETH, kUSD)、Kadenaで販売開始
  • Marmalade、NFT標準、スマートコントラクトをメインネットで実現
  • NFT標準のMarmalade、フロントエンドのベータ版
  • エコシステム構想フェーズ2
  • エコシステム成長のための主な提携先
  • Kadenaのエコシステムを推進するためのマーケティング協力
  • グローバル取引所への追加上場
  • 米国取引所上場
  • KadenaEVM分散型ブリッジ基盤テストネット
  • Kadena-Cosmos IBCブリッジ(Terra)テストネット
  • 貸出プラットフォーム基盤
  • Kadenaサステナブルマイニングイニシアチブ開始
  • デベロッパー、アンバサダー、助成金プログラムフェーズ2
  • コミュニティ・ブートキャンプ
  • 助成金プログラム第1期生を発表
  • ビルダーとデベロッパーのためのドキュメンテーションを近日公開予定
  • 開発者向けツールやエクスペリエンスを新しく改善
  • KadenaのNFT標準であるMarmaladeをベースにしたプロジェクトのショーケース

取引所への上場やNFT参入等を予定しており、実用性がさらに高まりそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③新規取引所への上場

Kadena(KDA)は今後新たな取引所に上場する可能性があり、その際は価格上昇が期待できます。

現時点で既に以下の大手海外取引所に上場しています。

  • BINANCE
  • Kucoin

BINANCEなどは上場時の審査が厳しいことで知られていますが、上場を果たしたことでKadena(KDA)の実用性について一定のお墨付きを得た形と言えます。

そのため、今後新たな取引所に上場する可能性が高く、その際は価格上昇が見込めるでしょう。

>>【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

Kadena(KDA)に関するよくある質問

最後にKadena(KDA)に関するよくある質問に答えます。

  1. Kadena(KDA)は国内取引所で買える?
  2. Kadena(KDA)の最新ニュースはどこで入手するの?
  3. Kadena(KDA)はステーキングできるの?

順番に回答します。

 

①Kadena(KDA)は国内取引所で買える?

Kadena(KDA)は国内取引所では購入できません。

Kadena(KDA)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

  • BINANCE
  • Kucoin

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Kadena(KDA)の最新ニュースはどこで入手するの?

各種TwitterやTelegram等で最新ニュースを入手可能です。

こまめに情報を収集し、価格への影響がありそうなニュースをチェックしておきましょう。

 

③Kadena(KDA)はステーキングできるの?

いいえ、ステーキングできません。

BINANCEなどではKadena(KDA)のステーキングが可能なので、そちらを利用するといいでしょう。

 

まとめ:Kadena(KDA)は将来性が期待できる銘柄

今回はKadena(KDA)について解説してきました。

Kadena(KDA)はスケーラビリティを解消した仮想通貨であり、今後の仮想通貨の需要増加による価格上昇が見込めます。

既にBINANCEやKucoinなどの大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Kadena(KDA)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

繰り返しですが、Kadena(KDA)を購入するためには海外取引所を使う必要があり、海外取引所への送金には国内取引所の口座が必須です。

Kadena(KDA)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 最短5分で口座開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5