NFT

Let Me Speakとは?特徴や始め方、稼ぎ方について解説

 

悩んでいる人
Let Me Speak(レットミースピーク)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?Let Me Speak(レットミースピーク)の特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Let Me Speakの概要
  • Let Me Speakの特徴
  • Let Me Speakのゲーム内容
  • Let Me Speakの始め方
  • Let Me Speakの稼ぎ方
  • Let Me Speakの将来性
  • Let Me Speakに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「Let Me Speak」です。

今回は日頃からPlay to earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Let Me Speakの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでLet Me Speakの始め方がわかるので、楽しく遊びながら仮想通貨を稼げるようになるはずです。

なお、Let Me Speakで稼ぐためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Let Me Speakを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Let Me Speak(レットミースピーク)の概要

ゲーム名 Let Me Speak
対応言語 英語
対応機種 iPhone・Android
ブロックチェーン Solana
トークン LSTAR
公式サイト Let Me Speak公式サイト

Let Me Speakは英語を学びながら稼げるPlay to Earnゲームです。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

英語を学ぶことでトークンのLSTARを獲得できます。

従来は英会話スクールなどにお金を払って英語を学ぶ必要がありましたが、英語を学びつつ報酬が貰える点がSNSなどで話題となっています。

英語学習でつまづく主な原因は、苦労して学んでも特にインセンティブが得られないことです。

しかし、Let Me Speakでは報酬が貰えるため、英語学習の一番の障害であるモチベーションの低下を防ぐことができます。

Play to Earnの新たな形である「Learn to Earn」ゲームの先駆けとして、今後さらに注目を集めそうです。

おすすめのPlay to Earnゲームについては、Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

Let Me Speak(レットミースピーク)の特徴

Let Me Speakの特徴は以下のとおり。

  1. 英語を学びながら稼げる
  2. 無料で利用可能
  3. NFTアバターを売買可能
  4. トークンにLSTARを採用

順番に説明します。

 

①英語を学びながら稼げる

英語を学びながら稼げる点が大きな特徴です。

従来のPlay to Earnゲームは敵を倒したり歩くなどの単純作業のゲームが多いため、スキルや知識にはつながらないのが現状でした。

その点、Let Me Speakであれば単にゲームを楽しむだけでなく英語を学べるので、自分の語学スキルの向上につながります。

英語学習をしながら金銭的な報酬が得られるため、モチベーションを維持しやすいため効率的に学ぶことができます。

 

②無料で利用可能

Let Me Speakは無料で利用可能です。

他のPlay to Earnゲームは初期費用が数万円かかるものが多く、初期費用の高さがネックで始められないユーザーも多くいました。

その点、Let Me Speakは無料なので誰でも気軽に始めることができます。

その他の無料で遊べるNFTゲームについては、【初期費用0円】無料で遊べるおすすめNFTゲーム7選で詳しく解説しています。

ただし、トークンのLSTARを稼ぐためにはNFTアバターが必要となるので注意が必要です。

 

③NFTアバターを売買可能

Let Me Speak内で育成したNFTアバターはマーケットプレイスで売買可能です。

ブロックチェーンを活用しているため、ユーザーは閉鎖の心配なく自由にアバターを売買することができます。

NFTにはレアリティやステータスが設定されており、レア度が高いものなどは転売で利益を出すことも可能です。

NFT転売で稼ぐコツについては、NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④トークンにLSTARを採用

Let Me Speakはゲーム内トークンにLSTARを採用しています。

LSTARは英語のミッションクリアなどで獲得することができ、SOLやUSDCなどに交換可能です。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

>>仮想通貨USD Coin(USDC)とは?特徴・将来性・購入方法について解説

LSTARを使ってアバターの外見をカスタマイズしたり、新たなNFTを購入することができます。

 

Let Me Speak(レットミースピーク)のゲーム内容

続いて、Let Me Speakのゲーム内容の詳細について見ていきましょう。

  1. キャラクター
  2. 報酬
  3. マーケットプレイス
  4. その他のNFT
  5. ゲーム内通貨
  6. スカラーシップ
  7. 不正防止

順番に解説します。

 

①キャラクター

Let Me Speakのストーリーはあなたのキャラクターが英語を学ぶためにニューヨークで生活をするというものです。

キャラクターには無料と有料(NFT)の2種類があります。

有料キャラクターには、4種類のレアリティがあります。 アンコモン、レア、エピック、レジェンダリーの4種類です。

無料キャラクターはLet Me Speakの体験版のような感じで、できることが制限されています。

有料のNFTキャラクターの主な違いは、学習で得られる報酬のレベルです。レアリティが高いほど、報酬も高くなります。各キャラクターの1日の学習量はエネルギーによって制限されており、1日の言語学習に最適な時間である30~40分で完全に消費されます。エネルギーが消費された後でもさらに学習することができますが、報酬はありません。

NFTキャラクターは学習しながら稼ぐ、レベルを上げる、新しいキャラクターを作る、スカラーシップで他の人と共有する、マーケットプレイスで販売する、といった使い方が可能です。

 

レアリティとステータス

キャラクターのレアリティとステータスは以下のとおりです。

  • Talent:ポイントが多いほどより多く稼ぐことができる
  • Rewards rate:レアリティが高いほど稼げる報酬が増える
  • Invite slots: 1人のキャラクターにつき6回まで新キャラクターを作成できる
  • Leaning speed:消費するエネルギーに対して得られるXPポイントの数

 

Visa

キャラクターが英語学習で稼ぐには、有効なLMSビザが必要です。

LMSビザはNFTキャラクターが学習できる残りの日数を決めています。ビザが切れると、ビザを延長するか、新しいキャラクターを購入する必要があります。

LMS Visaは各キャラクターに初期設定時に付与されます。LMS Visaは最初の学習時もしくはInviteのどちらか早いほうで自動的に有効になります。

LMS Visaの有効期間は、キャラクターのレアリティによって異なります。アンコモンキャラクターのLMSビザの初期期間は4ヶ月で、レジェンダリーキャラクターは8ヶ月です。ビザは追加料金で延長することができます。ビザの有効期限が切れても語学学習は可能ですが、ビザの延長をしない限りゲーム内通貨の報酬を受け取ることはできません。

LMSビザは3回延長することができ、1回延長するごとに30日間の学習・獲得経験値が追加されます。延長料金はLSTARで表示されます。現在のビザ延長料金は以下の通りです。

 

招待

招待は、既存のNFTキャラクターから新しいNFTキャラクターを作成するプロセスです。

招待はLet Me Speakエコシステムの重要な機能です。ほとんどのNFTキャラクターは、招待を通じてユーザーによって作成されます。

 

アップグレード

キャラクターをアップグレードして報酬を25%増やすことができます。

NFTのキャラクターは5回アップグレードすることで収益性を最大限にまで高めることが可能です。

各キャラクターのアップグレードには2つの効果があります。

  • LSTARの報酬率が基本報酬率に対して5%アップ
  • NFTキャラクターは次のXPレベルに到達し、報酬がさらに増える

アップグレード料金は以下のとおりで、LMSガバナンストークンで支払います。

アップグレード料金はXPレベルごとに料金の1.25%が還元され、最大で100%還元されます。

 

ビジュアルのカスタマイズ

NFTキャラクターはすべて一点ものであり、外見をカスタマイズ可能です。

  • キャラクターのルックスを変更する(ビューティサロン)
  • クールなメガネや帽子、その他アイテムを購入(小売店)

キャラクターの外見を変更することで、学習能力や獲得能力などのステータスが向上します。

  • 特別な帽子をかぶるとLSTARの報酬が増える
  • フェイスマスクをつけると会話スキルが向上する
  • 新しいメガネをつけると学習速度が10%向上する

上記は一例であり、今後新たなファッションアイテムなどが登場するとのこと。

 

②報酬

NFTキャラクターはそれぞれデイリーエナジーを持ち、これを報酬に変換することができます。

ゲーム内通貨であるLSTARは、英語学習のモチベーションを高めるのに役立ちます。学習中に正解するたびに、エネルギーがゲーム内のトークン報酬に変換されます。

LSTARはNFT購入、Invite料金、LMS Visa更新、キャラクターのカスタマイズなどに使用できます。また、LSTARはUSDCなどに変換することができます。

間違った答えを出してもペナルティを受けることはありません。デイリーエナジーは、間違えても失われることはありません。

この仕組みはすでに言語を知っている人と、これから始める人との間の差を減らすのに役立ちます。

誰でも毎日100%のデイリーエナジーを消費して100%の報酬を得ることができます。平均して、100%の報酬を集めるためには、1日に30~40分プレイする必要があります。

 

③マーケットプレイス

Let Me SpeakではNFTを自由に取引できるマーケットプレイスが用意されています。

マーケットプレイスでは以下のようなことが可能です。

  • NFTの売買
  • トークンの請求
  • ゲーム内トークンをUSDCに交換
  • 招待による新規NFTの作成
  • 取引履歴の情報取得

マーケットプレイスは分散型であり、NFTの売買はすべてピアツーピアで行われます。

 

④その他のNFT

Let Me Speakでは今後、土地や不動産などのNFTが追加される予定です。

土地や不動産もマーケットプレイスで売買できるので、ユーザーが収益化する機会が増えるためより稼ぎやすくなりそうです。

>>NFT不動産投資とは?始め方とメリット・デメリットを解説【おすすめメタバースも紹介】

 

⑤ゲーム内通貨

Let Me Speakでは2つのゲーム通貨があります。

  • LSTAR:報酬やNFT売買に使用
  • LMS:LetMeSpeakガバナンストークン(近日公開予定)

LSTARとLMSから利益を得るためのさまざまな方法が、今後追加される予定です。

 

LSTAR

LSTARの用途は以下のとおりです。

  • 新しいNFTキャラクターを作る
  • Visaの延長
  • ゲーム内課金の支払いや消耗品の購入
  • ビジュアルカスタマイズによるNFTの強化

 

LMS

LMSの用途は以下のとおりです。

  • ゲーム内での消費:NFTキャラクターのカスタマイズ
  • ガバナンス(例:トレジャリー、メタバースパラメーター)

 

⑥スカラーシップ

スカラーシップは自分NFTキャラクターを貸与して報酬を得る方法です。

仕組みは以下のとおり。

  • 提供するNFTキャラクターを選択
  • 報酬の割合を選択し、オファーを公開
  • 借り手が申し出を受け入れ、学習を開始

学習から得られる収益は、合意した配分に基づいて、あなたと奨学生の両方のアカウントに振り込まれます。

スカラーシップ報酬の配分率は、キャラクターのレアリティによって異なります。

  • アンコモン:30%
  • レアリティ:25%
  • エピック:20%
  • レジェンダリー:10%

 

⑦不正防止

Let Me Speakは不正に対して厳しい対応をとっています。

不正に関与したNFTとアカウントはLet Me Speakをプレイすることができなくなります。

運営チームがエコシステムを不正行為から守るために監視し、対策をとっています。

 

Let Me Speak(レットミースピーク)の始め方

Let Me Speakの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでSOLを購入する
  6. Phantomwalletをインストールする
  7. PhantomwalleにSOLを入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTマーケットプレイスの利用は全てこうした手順を踏むので、最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでSOLを購入する

続いて、Let Me Speakで必要となるSOLを購入します。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Phantom Walletをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

Let Me Speakを使うにはSOL系のウォレットが必要で、おすすめはPhantom Walletです。

まだ導入していない方はインストールしておきましょう。

 

⑦Phantom WalletにSOLを入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したSOLをPhantom Walletに入金しておきましょう。

  1. 入金を選択
  2. SOLを選択
  3. 表示されたアドレス宛に入金

上記の手順でOKです。

 

⑧NFTを購入する

Let Me Speakのアカウントを作成し、ウォレットを接続しましょう。

あとは、好きなNFTを購入すればゲームを始めることができます。

 

Let Me Speak(レットミースピーク)の遊び方・稼ぎ方

Let Me Speakの稼ぎ方は以下の5つ。

  1. 英語を学んで稼ぐ
  2. NFT売買で稼ぐ
  3. スカラーシップで稼ぐ

順番に解説していきます。

 

①英語を学んで稼ぐ

1つめが英語を学んで稼ぐ方法です。

自分のスキルに応じてミッションが設定されており、穴埋め・並べ替えの問題を解くことで正解率に応じてLSTARが獲得できます。

キャラクターのレア度やステータスが高いほど、より多くのLSTARを稼げるようになります。

 

②NFT売買で稼ぐ

NFTを売買して稼ぐことも可能です。

Let Me SpeakのNFTキャラクターは以下のようにマーケットプレイスで購入することができ、レベルやレアリティによって価格が異なります。

NFTキャラクターにはレアリティが設定されています。

  • Common
  • Uncommon
  • Rare
  • Epic
  • Legendary

Legendaryがレア度が一番高く、LSTARを効率よく稼げるため価値が最も高くなります。

 

③スカラーシップで稼ぐ

スカラーシップで稼ぐことも可能です。

他のユーザーに自分が保有するNFTキャラクターを貸し出してレンタル料を得ることができます。

借り手は初期費用を抑えることができ、貸し手は報酬を得られるため両者にとってメリットがあります。

 

Let Me Speak(レットミースピーク)の将来性

Let Me Speakの将来性についても見ていきましょう。

  1. 開発チームが優秀
  2. 多数の企業と提携
  3. ロードマップが明確

順番に解説します。

 

①開発チームが優秀

Let Me Speakは開発チームが優秀であることが挙げられます。

経営陣ら開発チームの経歴は以下のとおり。

 

Alex Grebnev, CFA (London)

15年間の投資銀行業務(MD Merrill Lynch/Goldman Sachs)、MAPS(登録者数140万人)およびOXY ecosystemsの共同設立者。

 

Dmitrii Basalkin (Dubai)

10年にわたり、3億人以上の人々に愛用されているクラス最高の言語学習アプリ(LinguaLeo、Bright、LetMeSpeak)を作成。

 

40人以上のメンバー

製品開発、デジタルアセット、マーケティングなど40名以上のプロフェッショナルからなるチーム。ロンドン、リスボン、ドバイを拠点に活動。

 

こうした経験豊富な開発チームが携わっているため、今後Let Me Speakが多くのユーザーに支持される可能性が高いと言えます。

 

②多数の企業と提携

Let Me Speakはすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

LearnやSolanaなど有名プロジェクトやスタンフォード大学などが多数名を連ねています。

さらにスタンフォード大学教授や経営者らと提携を結んでいます。

今後新たな企業・プロジェクトと提携する可能性もあるため、Let Me Speakの信頼性や実用性がより評価されそうです。

 

③ロードマップが明確

Let Me Speakはロードマップを明確に示しています。

2023.Q1までのロードマップを示しており、内容としては以下のとおりです。

 

2022.Q2

  • スカラーシップ
  • NFTアップグレード
  • LMS ガバナンストークン
  • 学習用Androidアプリ

 

2022.Q3

  • PvPメカニクス
  • 有料ユーザー獲得
  • 戦略的パートナーシップ

 

2022.Q4

  • 新しいタイプのNFT
  • 助成金基金
  • インフルエンサーとセレブによるキャンペーン

 

2023.Q1

  • 開発者向けAPI
  • 新言語対応

 

このように、ガバナンストークン導入や戦略的パートナーシップなど今後の開発目標が明確なので将来性に期待が持てそうです。

 

Let Me Speakに関するよくある質問

最後にLet Me Speakに関するよくある質問に答えます。

  1. Let Me Speakは無料で使えるの?
  2. Let Me Speakはスマホで使えるの?
  3. Let Me Speakは日本語に対応してるの?

 

①Let Me Speakは無料で使えるの?

はい、無料で使えます

ただし、無料だと使える機能が限られています。

稼ぐ目的の場合には有料のNFTキャラクターを購入することが必要になり、安いものだと500円程度で購入可能です。

 

②Let Me Speakはスマホで使えるの?

はい、使えます。

iOSアプリがリリースされており、iPhoneで問題なく使用できます。

androidは現在未対応のようです。

 

③Let Me Speakは日本語に対応してるの?

いいえ、日本語には対応していません。

今後対応する可能性もありますが、英語学習の一環ということで受け入れると良いかと。

 

まとめ:Let Me Speakは将来性に期待できる

今回はLet Me Speakの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

Let Me SpeakはLearn to earnの先駆けであり、今後人気を集めることが予想されます。

Let Me Speakはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Let Me Speakで効率的に稼ぐためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5