NFT

Magic Eden(マジックエデン)とは?特徴や使い方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
NFTマーケットプレイスのMagic Eden(マジックエデン)について詳しく知りたい。Magic Eden(マジックエデン)の特徴や使い方、将来性などを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Magic Eden(マジックエデン)の概要
  • Magic Eden(マジックエデン)の特徴
  • Magic Eden(マジックエデン)の使い方・買い方
  • Magic Eden(マジックエデン)の将来性
  • Magic Eden(マジックエデン)の注意点
  • Magic Eden(マジックエデン)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTコレクションを運営しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月200万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Magic Eden(マジックエデン)はSolanaチェーンを利用して開発されたNFTマーケットプレイスです。

今回は実際にNFTコレクションを運営している僕が、Magic Eden(マジックエデン)の特徴や使い方などを解説していきます。

なお、Magic Eden(マジックエデン)でNFTを売買するにはSOLが必要になるため、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者にも取引画面が使いやすいコインチェックに無料登録して、10,000円程度の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Magic Eden(マジックエデン)の概要

出典:Magic Eden公式サイト

名称 Magic Eden(マジックエデン)
対応言語 英語
売買手数料 2%
ブロックチェーン Solana
対応ウォレット Phantom、Slope、Solflare等
公式サイト Magic Eden公式サイト

Magic Eden(マジックエデン)はSolanaチェーンを利用して作られたNFTマーケットプレイスです。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

コレクタブルNFTやPlay to EarnゲームのNFTなどを取り扱っています。

Openseaなどのイーサリアム系マーケットプレイスはNFT売買の手数料が高いのがネックですが、Magic EdenはSolanaを利用しているため手数料が格安なのが特徴です。

>>NFTを始める時の初期費用はいくらかかる?手数料・ガス代を徹底解説

一時、取引量がOpenseaを上回ることもあったため、NFT需要に後押しされる形で今後ユーザーがさらに増えることが予想されています。

 

Magic Eden(マジックエデン)の特徴

出典:Magic Eden公式サイト

Magic Edenの特徴は以下のとおり。

  1. Solanaチェーンで最大規模
  2. 安い手数料で高速処理
  3. 取り扱うNFTの種類が豊富
  4. Openseaの取引量を上回る

順番に解説します。

 

①Solanaチェーンで最大規模

Magic EdenはSolanaチェーンを利用したNFTマーケットプレイスでは最大規模の取引量を誇ります。

以下のようにSolanaチェーンのマーケットプレイスでは取引量が1位であり、NFT売買に頻繁に利用されていることがわかります。

イーサリアムを利用したOpenseaなどは手数料高騰がネックであるため、手数料を抑えたいユーザーがMagic Edenに移ってきている状況です。

Solanaを活用したPlay to Earnゲームなども多く登場しているため、同チェーンのMagic Edenが今後も人気を集めそうです。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

 

②安い手数料で高速処理

Solanaチェーンを利用しているため手数料が安く、高速処理が可能です。

Solanaのトランザクション生成速度は毎秒5万件と爆速であり、Defi分野においても重宝されておりSTEPNのようなNFTゲームでも採用されています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

イーサリアムチェーンは手数料が高いことが問題となっており、NFT本体よりも手数料が高いこともあります。

その点、Magic Edenは安い手数料と高速処理でストレスなく取引を行うことができます。

 

③取り扱うNFTの種類が豊富

Magic Edenは取り扱うNFTの種類が豊富です。

7,000以上のNFTコレクションを取り扱っており、コレクタブルNFTの他に各種ブロックチェーンゲームのNFTも売買可能です。

出典:Magic Eden公式サイト

ここ最近ではPlay to Earnゲームが数多くリリースされており、ユーザー数も増えていることからゲーム用のNFTの需要が高まっている状況です。

Magic Edenではそれらのゲーム用NFTも取り扱っているため、多彩なユーザーのニーズを満たすことが可能です。

 

④Openseaの取引量を上回る

Magic Edenは一時的にですが、Openseaの取引量を上回っています。

2022年の5月のある週にOpenSeaの取引件数約5万件に対し、Magic Edenは約27万5000件の取引が行われました。

OpenseaはNFTマーケットプレイスとしての確固たる地位を築いていますが、その牙城をMagic Edenが崩した形です。

現在の出品数はOpenseaが大きく上回っているため、今後Magic Edenの出品数が増えることで再度Openseaの取引量に迫る可能性が高いでしょう。

 

Magic Eden(マジックエデン)の使い方

出典:Magic Eden公式サイト

Magic Edenの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでSOLを購入する
  6. Phantomwalletをインストールする
  7. PhantomwalleにSOLを入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTマーケットプレイスの利用は全てこうした手順を踏むので、最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでSOLを購入する

続いて、Magic Edenで必要となるSOLを購入します。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Phantom Walletをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

Magic Edenを使うにはSOL系のウォレットが必要で、おすすめはPhantom Walletです。

まだ導入していない方はインストールしておきましょう。

 

⑦Phantom WalletにSOLを入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したSOLをPhantom Walletに入金しておきましょう。

  1. 入金を選択
  2. SOLを選択
  3. 表示されたアドレス宛に入金

上記の手順でOKです。

 

⑧NFTを購入する

続いて、「Connect Wallet」をクリックしMagic Edenとウォレットを連携します。

出典:Magic Eden公式サイト

 

あとは好きなNFTを選んで「Buy now」をクリックすれば購入完了です。

出典:Magic Eden公式サイト

 

Magic Eden(マジックエデン)の将来性

出典:Magic Eden公式サイト

続いて、Magic Edenの将来性について解説します。

  1. 数多くの企業と提携
  2. Solanaチェーンの需要増加
  3. ゲームNFT人気の上昇

順番に解説します。

 

①数多くの企業と提携

Magic Edenは既に数多くの企業と提携しています。

出典:Magic Eden公式サイト

SEQUOIAやCinbase Venturesなどの有名VCと提携しており、その実用性が高く評価された形です。

今後も新たな企業やVCと提携をする可能性が高く、Magic Edenの知名度がさらに向上すると考えられます。

 

②Solanaチェーンの需要増加

Solanaチェーンの需要が増加していることも、Magic Edenの人気を後押ししそうです。

ここ最近Magic EdenのようなNFTマーケットプレイスを始め、数多くのブロックチェーンゲームやDefiなどがSolanaチェーンを利用して開発されています。

例えば人気のPlay to Earnゲームでも以下のようにSolanaチェーンを利用したものが多数リリースされています。

さらに、2022年4月にはOpenseaもSolanaチェーンに対応しました。

今後、Solanaの特徴である低コスト・高速処理を活かしたアプリやゲームの開発が進むと見られており、Solanaを利用したMagic Edenも利用者が増えそうです。

 

③ゲームNFT人気の上昇

Play to EarnゲームにおけるNFT人気の上昇も好材料です。

ゲームをプレイして稼げるPlay to EarnゲームではNFTアイテムが必須であり、レアなNFTアイテム等が活発に売買されています。

>>【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

レアなNFTアイテムを保有することで、効率的にゲーム内トークンを稼げることから常に一定のニーズがある状態です。

Magic EdenはこれらのゲームNFTの売買が可能なので、Play to Earnゲームユーザーによる活発な取引が期待できます。

出典:Magic Eden公式サイト

上記のように人気ゲームGenopetsのNFTも取り扱っているため、多くのユーザーがMagic Edenを利用すると見られています。

 

Magic Eden(マジックエデン)の注意点

Magic Edenを使う際は以下の点に注意が必要です。

  1. 出品数が少ない
  2. 手数料が2%かかる
  3. 売買にはSOLが必要

それぞれ解説していきます。

 

①出品数が少ない

Magic Edenはスタートして間もないため、出品数が少ないのが現状です。

Openseaとの出品数の比較は以下のとおり。

  • Opensea:8,000万以上
  • Magic Eden:7,000以上

このように、Openseaと比較するとまだまだ出品数が乏しいと言えます。

BAYCやCryptopunksなどの有名コレクションは全てOpenseaで取り扱っているため、今後Magic Edenがどのようにコレクション数を増やしていくかが注目です。

 

②手数料が2%かかる

Magic Edenは売買手数料が2%かかります。

Openseaと比較すると格安の手数料なのであまり気にならないかもしれませんが、売買を頻繁に繰り返すと手数料だけでも馬鹿にならない金額になります。

そのため、本当に必要なNFTを吟味して購入することが重要です。

 

③売買にはSOLが必要

Magic Edenを利用する際にはSOLが必要になります。

NFTプラットフォームではETHを使うことが多いですが、Magic EdenではETHは使えません。

そのためウォレットなどもイーサリアム系のMetamaskではなくSolana系のPhantom Walletなどを使う必要があります。

 

Magic Eden(マジックエデン)に関するよくある質問

最後にMagic Edenに関するよくある質問に答えます。

  1. Magic Edenは日本語対応してる?
  2. Magic EdenでMetamaskは使える?
  3. Magic Edenはスマホで使える?

順番に回答します。

 

①Magic Edenは日本語対応してる?

いいえ、日本語には対応していません。

ただ、英語でも操作はそこまで難しくはないので、売買で困ることはないはずです。

 

②Magic EdenでMetamaskは使える?

いいえ、使えません。

Magic EdenにはSolanaチェーンに対応したウォレットが必要ですが、MetamaskはSolanaチェーンに対応していないので使えません。

そのため、Phantom Wallet等のSolana用ウォレットを使う必要があります。

 

③Magic Edenはスマホで使える?

はい、使えます。

iOSアプリが用意されているので、スマホでMagic Edenを利用可能です。

 

まとめ:Magic Eden(マジックエデン)は今後利用者が増える見込み

今回はMagic Edenについて解説してきました。

Magic EdenはSolanaチェーンを利用したNFTマーケットプレイスであり、今後のSolanaチェーンの需要増加による利用者増加が見込まれています。

手数料が安いことも特徴なので、NFTを始めてみたい方にとっては最適なマーケットプレイスです。

繰り返しですが、Magic Edenを使うためにはSOLなどの仮想通貨が必要になります。

Magic Edenに興味がある方は、アプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、SOL購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 最短5分で口座開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5