CRYPTO

仮想通貨MMPRO Token(MMPRO)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のMMPRO Token(MMPRO)について詳しく知りたい。MMPRO Token(MMPRO)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • MMPRO Token(MMPRO)の概要
  • MMPRO Token(MMPRO)の特徴
  • MMPRO Token(MMPRO)の将来性
  • MMPRO Token(MMPRO)の買い方
  • MMPRO Token(MMPRO)のチャート・価格推移
  • MMPRO Token(MMPRO)のロードマップ

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

MMPRO Token(MMPRO)ってどんな暗号資産(仮想通貨)なんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

MMPRO Token(MMPRO)は仮想通貨管理のためのソリュー ションサービス「MarketMakingPro」が発行するオリジナルトークンです。

今回は実際に暗号資産(仮想通貨)を運用中の僕が、MMPRO Token(MMPRO)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでMMPRO Token(MMPRO)に関する理解が深まるはずです。

なお、MMPRO Token(MMPRO)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して少額のビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

MMPRO Token(MMPRO)の概要

出典:MMPRO公式サイト

名称 MMPRO Token(MMPRO)
時価総額 3038位
取引所 Gate.io、Pancakeswap
価格(2022年6月時点) ¥24.78
時価総額(2022年6月時点) ¥2,477,759,901
公式サイト MMPRO公式サイト

MMPRO Token(MMPRO)は仮想通貨のマーケットメイクをするサービスおよびそのトークンです。

マーケットメイクとは取引が活発になるように価格や流動性などを調整することを指します。

MMPRO自体は2017年からBlockchain house teamが提供しており、すでにBINANCEやKucoinなどの48以上の大手取引所に導入されています。

B2B向けのサービスであり、企業やプロジェクトが新たなトークンを上場する際や上場後のサポートをすることで、スムーズな取引を可能にし報酬としてMMPROを受け取っています。

 

MMPRO Token(MMPRO)の特徴

出典:MMPRO公式サイト

MMPRO Token(MMPRO)の特徴は以下のとおり。

  1. MMPROで使われる仮想通貨
  2. ローンチパッドに参加可能
  3. ファーミングを利用可能
  4. TENSETのダイヤモンドスポンサー

順番に解説します。

 

①MMPROで使われる仮想通貨

MMPRO Token(MMPRO)はマーケットメイクサービスのMMPROで使われる仮想通貨です。

マーケットメイクとはAIなどを用いて自動取引を行って流動性を提供し、市場価格などを適正に調整する仕組みを指しています。

MMPROは以下のように48以上の海外大手取引所で導入されており、その実用性が高く評価されています。

  • BINANCE
  • KuCoin
  • MEXC
  • BitForex
  • HOTBIT
  • HitBTC
  • CREX24

また、パートナーのivendpay.comが提供する仮想通貨⽀払いサービスと連携すると、仮想通貨での商品やサービスへの⽀払いも可能です。

さらに、MMPROはマーケットメイクに関して以下の2つのサービスを提供しています。

  1. システムトレードBOTの貸し出し
  2. Мarket Makingチームへの完全アウトソーシング

 

システムトレードBOTの貸し出し

自動でトレード可能なBOTの貸し出しサービスです。

サービス登録をし、APIを接続した上で売買条件や売買頻度などを設定しておくことで、BOTがその条件通りに自動的にトレードを行います。

出典:MMPRO公式サイト

人が値動きを見ながらトレードする必要が無いので、感情や人為的ミスを排除した厳格なトレードが可能になります。

 

Мarket Makingチームへの完全アウトソーシング

トレード作業を完全にМarket Makingチームへアウトソーシングできるサービスです。

出典:MMPRO公式サイト

以下のようなタスクをいわば丸投げで依頼可能です。

  • 流動性の創出・維持
  • 板取引のシミュレーション
  • BOTの初期設定とセットアップ
  • テクニカルサポート
  • トレーダーの配置
  • クライアントに応じた戦略設定

このようにトレードに関する業務をプロが代行してくれるため、トレードの知見が無い企業やプロジェクトでも気軽にマーケットメイカーを利用可能です。

 

②ローンチパッドに参加可能

出典:MMPRO公式サイト

MMPRO Token(MMPRO)の保有者はローンチパッドに参加することができます。ローンチパッドとはこれから上場するプロジェクトのトークンが安く買える仕組みのことです。

MMPROは各種プロジェクトのトークン上場のサポートを通じて業務提携しているため、新規上場のトークンを格安で購入するローンチパッドに参加する権利を有しています。

MMPROはそのローンチパッド参加権をMMPRO Token(MMPRO)保有者にも付与しているため、MMPRO Token(MMPRO)を持っていればローンチパッドに参加できるというわけです。

トークンが新規上場した後はその話題性から価格が高騰する傾向にあるため、割安で購入できるローンチパッドを利用することで利益を得やすくなります。

 

③ファーミングを利用可能

出典:MMPRO公式サイト

ファーミングも利用可能です。ファーミングとはDefi(分散型金融)サービスに自分が保有する仮想通貨を預けることで報酬が得られる仕組みです。

>>【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説

MMPROのファーミングプールでは以下のような複数のペアによるファーミングが可能です。

  • MMPRO-BUSD
  • MMPRO-WBNB
  • MMPRO-10SET

ペアによっては年利100%を超える場合もあるため、トレードをすることなく効率的な資産運用が可能になります。

 

MMPRO Token(MMPRO)の将来性

出典:MMPRO公式サイト

 

続いて、MMPRO Token(MMPRO)の将来性について解説します。

  1. 数多くの取引所と提携
  2. Tensetのダイヤモンドスポンサー
  3. バーンを実施
  4. ロードマップが明確
  5. トークノミクスが理想的

順番に解説します。

 

①数多くの取引所と提携

MMPRO Token(MMPRO)は既に数多くの取引所と提携しています。

提携済の取引所は以下のとおり。

出典:MMPRO公式サイト

BINANCEやGate.io、Kucoinなど世界的に有名な大手取引所とパートナーであることがわかります。

トークンの新規上場サポートを通じて今後も新たな取引所と提携すると見られており、マーケットメイクにおける主要ポジションを確立しつつあります。

 

②Tensetのダイヤモンドスポンサー

出典:Tenset公式サイト

MMPRO Token(MMPRO)は仮想通貨Tensetがダイヤモンドスポンサーに指定しています。

ダイヤモンドスポンサーとはTensetが有望と認めた銘柄をサポートするというもの。

TensetはTenset GEMのように将来有望な銘柄をリリースするプロジェクトを立ち上げており、MetaheroやFAME MMAなどを成功に導いています。

>>仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)とは?特徴・将来性、購入方法について解説

>>仮想通貨FAME MMA(FAME)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

MMPRO Token(MMPRO)はそのTensetが認めた銘柄であり、価格上昇が期待できます。

Tensetについては、仮想通貨10set(TENSET/テンセット)とは?概要や特徴、将来性について解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③バーンを実施

MMPRO Token(MMPRO)は定期的にバーンを実施しています。

バーンとは運営がその仮想通貨を使えなくする仕組みのことで、供給量が減るため価格を維持する効果があります。

そのため、MMPRO Token(MMPRO)の暴落を防ぎつつ価格の安定化が期待できます。

 

④ロードマップが明確

出典:MMPRO公式サイト

MMPRO Token(MMPRO)はロードマップを明確に示しています。

2022年第四4半期までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q1

  • NEARネットワーク向けMMボット
  • SaaSシステムの支払いプランの更新
  • 成行注文による取引

 

2022.Q2

  • トレーディングシステム用取引端末の更新
  • SaaSシステム向け統計情報の高度化
  • DEXボットのメジャーアップデート

 

2022.Q3

  • DeFi botsの高度な統計
  • 新しいDEXボットプラットフォームのフロントエンド

 

2022.Q4

  • 先物市場のMM

 

BOTのアップデートや先物市場のMMなどが計画されており、よりユーザーの利便性が高まりそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

⑤トークノミクスが理想的

MMPRO Token(MMPRO)はトークノミクス(配分割合)が理想的であると言えます。

具体的には以下のとおりの割合でトークンを分配しています。

出典:MMPRO公式サイト

コアチームの保有割合が10%であり、パブリックセール等への配分が45%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますが10%なので理想的な割合と言えるでしょう。

 

MMPRO Token(MMPRO)の買い方・購入方法

 

MMPRO Token(MMPRO)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。BINANCEの使い方は【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説で詳しく解説しています。

 

BinanceTOP
【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

続きを見る

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でMMPRO Token(MMPRO)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

  1. コインチェックで仮想通貨を購入
  2. 海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金
  3. MMPRO Token(MMPRO)を購入する

なので、MMPRO Token(MMPRO)を購入したいという方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。

 

\ 最短5分で開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

MMPRO Token(MMPRO)のチャート・価格推移

 

MMPRO Token(MMPRO)の直近のチャート・価格推移は以下のとおり。

最高値1532円を付けた後は、いったん落ち着き2022年6月時点では24円前後を推移しています。

今後のWeb3.0プロジェクトによるMMPRO Token(MMPRO)の活用や、仮想通貨全般の上昇トレンド転換などによりMMPRO Token(MMPRO)の価格上昇が期待できそうです。

 

まとめ:MMPRO Token(MMPRO)は将来性が期待できる銘柄

 

今回はMMPRO Token(MMPRO)について解説してきました。

MMPRO Token(MMPRO)はトークンの新規上場をサポートするプロジェクトであり、今後の需要増加による価格上昇が見込めます。

既にBINANCEやKucoinなどの大手取引所と提携済であるため、新たなトークンを上場する際にMMPRO Token(MMPRO)を利用するプロジェクトが増えそうです。

MMPRO Token(MMPRO)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

繰り返しですが、MMPRO Token(MMPRO)を購入するためには海外取引所を使う必要があり、海外取引所への送金には国内取引所の口座が必須です。

MMPRO Token(MMPRO)に興味がある方は送金がスマホで簡単にできるコインチェックで無料で口座開設し、3,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 最短5分で口座開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5