MONEY

NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

NFTTOP

 

悩んでいる人
NFTが話題になってるけどよくわからない。NFTの特徴や暗号資産との違い、どこで買えるのかなどを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTの概要
  • NFTの特徴
  • NFTと暗号資産との違い
  • NFTの将来性
  • NFTの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数のNFT銘柄を含む暗号資産(仮想通貨)を運用し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

最近「NFT」という言葉をよく耳にするようになりました。

 

2021年に入り、Twitterの創業者であるジャック・ドーシー氏のツイートがNFT作品として数億円で落札されたり、元SMAPの香取慎吾さんがチャリティイベントでNFTアートを作成するなど多くの話題を集めています。

 

 

 

そこで今回は暗号資産を実際に運用する僕がNFTの特徴や、暗号資産との違いなどについて解説します。

 

実際にNFTが買えるプラットフォームについても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むとNFTのことが理解できるので、NFT作品の売買が安心してできるようになります。

 

NFTの概要

仮想通貨

 

NFTとは(Non-Fungible Token)の略で、「複製不能なデジタルデータ」のこと。暗号資産(仮想通貨)と同様にブロックチェーンを使って発行・取引されます。

 

従来のデジタルデータは簡単にコピーができるため、資産価値はほぼありませんでした。

 

しかし、ブロックチェーンの仕組みを活用することでコピーや改ざんが困難となり、デジタルデータそのものに価値を持たせることが可能になりました。

 

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が価格を上げているのはこの仕組みのためです。

 

NFTを活用できる分野は幅広く、デジタルアートはもちろん、スポーツや音楽でもすでに導入の動きが見られています。

 

今後もあらゆる分野でNFTの導入が進むと見られており、チリーズなどの暗号資産(仮想通貨)のNFT銘柄やNFT売買のプラットフォームなどの需要が増える見込みです。

 

チリーズ(CHZ)ロゴ
仮想通貨チリーズ(Chiliz/CHZ)とは?特徴や今後の展望を解説

続きを見る

 

NFTの特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

NFTの特徴は以下のとおり。

 

  1. 世界に一つしかない
  2. 偽造不可能
  3. 相互運用性

 

①世界に一つしかない

 

NFTは世界に一つしかない「一点もの」をブロックチェーン技術により担保しています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

これまで「1点モノの価値」といえば絵画や骨とう品など実際に存在するモノに限られており、この価値を証明できる仕組みがありませんでした。

 

しかしNFTによって形のないデジタルデータにも価値を持たせることが可能になったのです。

 

そのためNFT作品はその希少性から価値が高騰する傾向にあり、将来の売却益を見込んで今からNFTを購入する人が増えています。

 

 

②偽造不可能

 

NFTはデジタルコンテンツと所有者をブロックチェーン技術で一致させるため、偽造することができません。

 

ブロックチェーンに取引履歴が全て記録されているため、どれがオリジナル作品なのか、誰が所有者なのかが一目瞭然だからです。

 

偽造不可能な点もNFTの希少性を高める要因のひとつとなっています。

 

③相互運用性


NFTは作成された時点から、複数のウォレットやマーケットプレイス上で売買など取引が可能になります。

 

これはNFTの仕様に共通の規格が用いられているためです。例えるなら作品を作るためのフォーマットが決められているようなものです。

 

この規格に則って作成されていれば、どのNFTも他サービス内で取り扱うことができます。

 

具体的にはポケモンをドラクエの世界で飼育したり、マインクラフトの世界にマリオを登場させるといったようなことが可能になります。

 

NFTと暗号資産との違い

スカイコイン(SKY)

 

NFTと暗号資産の大きな違いはトークンが代替可能か代替不可能かという点です。

 

暗号資産は他の暗号資産や現金と交換することができます。つまり、暗号資産は代替可能なFT(Fungible Token:代替性トークン)です。



一方、NFTは各作品の個別の識別情報も含めて資産価値をつけることで、他の作品とは交換できない(Non Fungible Token:非代替性トークン)です。

 

  NFT(Non-Fungible Token) FT(Fungible Token)
活用する分野 スポーツ分野/音楽分野/アート分野/トレカ分野/ゲーム分野/アニメ分野 暗号資産・独自トークンなど
代替性 代替不可能 代替可能
移動可能性 譲渡可能 譲渡可能

 

日本はアニメやゲームが世界的にも評価が高いので、アニメやゲーム作品をNFTアートにすることで世界中のファンからの支持を得ることができそうです。

 

sandboxサムネ
仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

NFTの将来性

NFTの将来性

 

続いて、NFTの今後の将来性について見ていきましょう。

 

①各分野におけるNFT導入

 

すでにスポーツやアート分野でNFTが導入され始めています。

 

プロ野球のパリーグはNFTコンテンツを扱うプラットフォームの運営を開始し、埼玉西武ライオンズの公式アイテムの販売をスタートさせています。

 

 

また、ロシアのエルミタージュ美術館はバイナンスマーケットでNFT販売を開始しています。

 

 

こうした流れを受けて、今後各分野におけるNFT導入の流れが加速すると見られます。

 

②デジタルアーティストの台頭


NFTは専門的な知識やスキルが無くても比較的簡単に作成できます。

 

アーティストはどのプラットフォームでNFTを販売するかを決め、あとは価格や数量、インセンティブ設定の選択をするだけで簡単にNFT作品を出品することができます。

 

NFTを活用することで、従来は発表の機会に恵まれなかったアーティストも多くの人に作品を公開でき、さらに作品が売れることで利益を得ることができます。

 

今後はNFTアートで生計を立てるデジタルアーティストが多く誕生すると考えられます。

 

③個人のビジネス利用

 

アーティストでなくても個人がNFT作品を作って売買することも可能です。

 

実際に小学生が描いたNFT作品が7千円~50万円で購入され話題になっています。

 

 

 

このように子供の描いた絵画や、趣味で作曲した音楽など、今まではマネタイズが難しかったレベルのものでもNFTにすることで容易に収益化できるようになります。

 

まだNFTは黎明期ですが、昨今の副業ブームもあり今後個人によるNFT分野への参入も増えてくると予想され、NFT需要が一気に増加すると見られます。

 

NFTの購入方法

仮想通貨を購入

 

続いて、NFTを購入できる主要なプラットフォームをご紹介します。

 

①コインチェック

コインチェック

 

コインチェックは2021年3月から、NFT売買のプラットフォームであるNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供しています。

 

 

最近ではSKE48のNFTトレカも取り扱うなど、NFTのラインナップを充実させており、多くの注目を集めています。

 

nft
【画像付き】コインチェックでSKE48の「NFTトレカ」を購入する手順を解説

続きを見る

 

何よりも信用のある日本の大手取引所なので、初めてNFTを購入する場合でも安心して利用することができます。

 

Coincheck NFT(β版)は口座を持っている人であれば誰でも利用できるので、NFTに興味がある方はこの機会に口座を開設しておきましょう。口座開設はもちろん無料です。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②OpenSea

opensea



Openseaは世界最大手のNFTマーケットプレイスです。

 

アカウントの登録から出品までがとても簡単にできるため、以下のように多くのアーティストが利用しています。

 

  • 村上隆氏
  • せきぐちあいみ氏
  • UVERWorldのTakuya∞氏

 

Ethereum上で有名なNFTアートの一つである「CryptoPunks」もこのOpenseaで取引されています。

 

また、日本語にも対応しているため日本人でも問題なく利用することができます。

 

対応するブロックチェーンはEthereum、Polygon(Matic)であり、Klaytn、Tezosについても今後対応の予定です。

 

PolygonTOP
仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

③Rarible(ラリブル)

ラリブル

 

Rarible(ラリブル)は2020年にオープンした比較的新しいNFTマーケットプレイスです。デジタルアート作品がメインですが写真やゲームアイテム等も取り扱っています。

 

RaribleにはNFTを取引するだけで独自トークンのRARI(ラリ)がもらえるという特徴もあります。

 

NFTの売買だけではなく、RARIの価格が上がればその売却益も期待できるので、注目を集めているNFTマーケットプレイスです。

 

まとめ:NFTは今後あらゆる分野で導入が進む可能性がある

まとめ:NFTは今後あらゆる分野で導入が進む可能性がある

 

今回はNFTについて解説してきました。

 

NFTを売買するためにはコインチェックなどでイーサリアムを購入し、マーケットプレイス内でイーサリアムを使ってNFTを購入するという流れになります。

 

コインチェックはイーサリアムの取り扱いもあり、Coincheck NFT(β版)も利用できます。

 

NFTを始めるには非常に便利な取引所なので、この機会に口座開設を行いNFTに触れてみてはいかがでしょうか。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

将来性のあるNFT銘柄についてはこちらで紹介しています。

nft
【将来有望】NFT関連のおすすめ仮想通貨5選!取引所も紹介

続きを見る

 

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5