NFT

RUN TOGETHERとは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

 

悩んでいる人
RUN TOGETHERというゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?RUN TOGETHERの概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • RUN TOGETHERの概要
  • RUN TOGETHERの特徴
  • RUN TOGETHERのゲーム内容
  • RUN TOGETHERの始め方
  • RUN TOGETHERの稼ぎ方
  • RUN TOGETHERの将来性
  • RUN TOGETHERに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「RUN TOGETHER」です。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、RUN TOGETHERの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでRUN TOGETHERの始め方がわかるので、ゲームで遊びながら稼げるようになるはずです。

なお、RUN TOGETHERを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

RUN TOGETHERを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

RUN TOGETHERの概要

ゲーム名 RUN TOGETHER
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン RUN
ブロックチェーン BSC
公式サイト RUN TOGETHER公式サイト

RUN TOGETHERは運動することでRUNが獲得できるMove to earnゲームです。

BSCチェーンを利用して開発されており、歩く・走るなどの運動をすることで稼ぐことができます。

>>バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

獲得したRUNはスニーカーの購入やリペア、新たなスニーカーのMINTに使用できます。

RUN TOGETHERは運動を通じて多くの人々が健康的なライフスタイルを手に入れることを目的に開発されており、友人と一緒に走ったり、コーチングなどSTEPNと比較して多機能な点が特徴です。

将来的にはメタバースへの進出も計画しているため、メタバース需要に後押しされ大きな注目を集めているゲームです。

メタバースの始め方については、【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しています。

RUN TOGETHERは健康になりつつ、仮想通貨を稼げるゲームとしてSNS等で大きな注目を集めているゲームの一つです。

 

RUN TOGETHERの特徴

RUN TOGETHERの特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーンにBSCを採用
  2. RUNトークンを採用
  3. NFTが売買可能
  4. 4種類のスニーカー
  5. 他のアプリと併用可

順番に説明します。

 

①ブロックチェーンにBSCを採用

RUN TOGETHERはバイナンススマートチェーン(BSC)を使用して開発されています。

BSCは海外大手取引所のBINANCEが開発したブロックチェーンであり、手数料が安い上に取引処理が高速という点が特徴。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

そのため、NFT売買などを格安かつ迅速に行うことができます。

実際に大手DEXであるPancakeswapなどもBSCを利用して開発されています。

>>PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方や使い方を徹底解説

RUN TOGETHERではNFTスニーカーを売買する機会が多いので、低コスト・高速処理のBSCを活用することによってユーザーの快適なNFT取引を実現しています。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②RUNトークンを採用

RUNはRUN TOGETHER内で使用されるゲーム内トークンです。

RUNは取引所で購入するか、運動をすること獲得することができます。

RUNトークンを使って保有するスニーカーのレベルを上げたり、ミントで新たなスニーカーを生み出すことが可能です。

RUNの発行上限は250,000,000に設定されています。

 

③NFTが売買可能

ユーザーはNFTをアプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

RUN TOGETHER内のスニーカーやバッジなどのアイテムが全てNFT化されており、自由に売買することができます。

レベルの高いスニーカーやレアリティの高いスニーカーは高値で取引されており、自分で育てたスニーカーを売却して利益を得ることができます。

 

④4種類のスニーカー

RUN TOGETHERには4種類のNFTスニーカーが用意されています。

  • Training Shoes:1 - 20(km/h)
  • Running Shoes:4 - 20(km/h)
  • Competitior Shoes:6 - 20(km/h)
  • Athlete Shoes:1 - 20(km/h)

それぞれ最適な速度が違うので、自分の歩く速度にあったスニーカーを選ぶことが重要です。

 

⑤他のアプリと併用可

RUN TOGETHERは他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoinなどと同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

このように系統が似ているMove to EarnゲームとRUN TOGETHERを同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

RUN TOGETHERのゲーム内容

RUN TOGETHERのゲーム内容について見ていきましょう。

  1. プレイモード
  2. スニーカー
  3. アクセサリー
  4. バッジ
  5. 紹介制度
  6. クエストシステム
  7. 不正防止
  8. マーケットプレイス

順番に解説します。

 

①プレイモード

RUN TOGETHERのプレイモードはソロモードやTOGETHERモードなど複数用意されています。

プレイモードの種類は以下のとおり。

  • ソロモード
  • TOGETHERモード
  • マラソントーナメント
  • 1vs1チャレンジモード
  • トレーナーモード
  • バックグラウンドモード

 

ソロモード

一人で走るモードです。

走ることでRUNを獲得することができ、一定の確率でミステリーボックスを入手できます。

 

TOGETHERモード

友達と一緒に走るモードです。

ミステリーボックスのドロップ率やユーザーごとの獲得RUN数は、一人で走るモードよりも友達と走るモードの方が高くなり、この比率は一緒に走る人数が多いほど高くなります。

2人、4人、6人、またはそれ以上の人数で走ることができ、招待リンクを送信して参加してもらいます。

 

マラソントーナメント

マラソントーナメントはトーナメント形式のモードで上位に入賞することで報酬を得ることができます。

ウィークリーおよびマンスリートーナメント開始の24時間前までに登録する必要があり、その際に登録料を支払います。

上位入賞者はRUNや、ブロンズ/シルバー/ゴールドのマラソンNFTバッジが獲得できます。

また、マラソン参加者全員にNFT参加バッジをプレゼントされます。

 

1vs1チャレンジモード

2人のプレイヤーが互いにレースを企画し、少額を賭け、勝った方が賭けた分の賞金を受け取るモードです。

ゴールまでの距離と制限時間を設定し、先にゴールした人が勝ちとなります。

 

トレーナーモード

トレーナーモードは他のユーザーに対し、毎日RUNの収益を最大化する方法を教えて報酬を得るモードです。

トレーナーになるためには、ユーザーは一定のノルマとメダルをクリアする必要があります。

 

バックグラウンドモード

RUN TOGETHERではアプリを起動しなくてもユーザーがアプリで靴を維持する限り、RUNを獲得することができます。

バックグラウンド・モードではスマホのHealthアプリから直接歩数をカウントし、1日の上限は3000歩です。

これらの収益は固定で、1日のRUNの上限には影響しません。

 

②スニーカー

RUN TOGETHERで報酬を得るためにはスニーカーが必要となります。

 

ステータス

スニーカーには以下のステータスが設定されており、値が大きいほどRUNの獲得効率などが上昇します。

  • Efficiency:RUNの獲得量が上昇
  • Luck:ミステリーボックスの取得率が上昇
  • Comfy:アクセサリーのアップグレード率が上昇
  • Sturdance:耐久力の低下速度が遅くなる

RUNを消費することで靴のステータスをリセットすることができるようになります。リセットの回数が増えるほどコストが高くなります。

 

種類

以下の4種類のスニーカーが用意されています。

  • Training Shoes:1 - 20(km/h)
  • Running Shoes:4 - 20(km/h)
  • Competitior Shoes:6 - 20(km/h)
  • Athlete Shoes:1 - 20(km/h)

それぞれの種類のステータス強化版も用意されています。

 

レベル

スニーカーにはレベルが設定されており、RUNを使ってレベルを上げることができます。

レベルアップには一定の時間がかかり、その時間は各レベルのシューズに必要なRUNの量に応じて長くなります。

追加でRUNを消費することで、より早くレベルアップすることができます。

靴はレベルアップすると、靴のレア度に応じて割り振られる「ステータスポイント」が追加されます。

 

③アクセサリー

スニーカーはアクセサリーでカスタマイズして価値を高めることができます。

 

アクセサリーの種類とレベル

靴が特定のレベルに達すると、アクセサリースロットが解放され、解放されたスロットにアクセサリーを装着することで靴のステータスを向上させることができます。

たとえば、効率スロットに装着できるのは効率に対応するアクセサリーのみです。

アクセサリーには4つの種類があり、それぞれ向上させるステータスが異なります。

  • トニック: Efficiency
  • シャツ:Luck
  • ズボン:Comfy
  • メガネ:Sturdance

 

④バッジ

バッジはミッションをこなすことで入手でき、難易度が高いほど良いバッジとなります。

バッジを取得するとゲーム内で有利になります。利用できる特典は以下の通りです。

  • Hydra追加
  • リーダーボードでポイント追加
  • ミントコスト割引

 

⑤紹介制度

ユーザーが新しいRUN TOGETHERのユーザーを紹介するための機能です。

紹介人数が多いほどパートナーレベルが上がっていき、特典を得ることができます。

また、レベルの高いパートナーをアンバサダーと呼び、アンバサダーになることでさらに大きな特典を得ることができます。

  • 高額な報酬支払
  • 開発チームから直接サポート、アドバイスをしてもらえる
  • オフラインのコミュニティイベントを開催するための資金援助

 

⑥クエストシステム

クエストは「靴のレベル」ごとに分かれており、靴のレベルに応じてさまざまなクエストに挑戦できます。

靴のレベルが高いほど、より多くのクエストに挑戦可能です。

 

デイリーミッション

  • ソロモード/TOGETHERモード/チャレンジをクリアする
  • ソロ/TOGETHERで目標距離をクリアする
  • サインインタイムを記録する
  • スロットのアンロック

 

ウィークリーミッション

  • トーナメントに参加する
  • チャレンジモードに参加する
  • ソロ/トゥギャザーで1週間のランニング目標を達成する
  • ソロ/トゥギャザーで1週間の走行距離目標を達成する
  • マーケットプレイスでシューズを購入する
  • シューズを磨く
  • ハイドロ消費量の週次カウント

 

マンスリーミッション

  • トーナメントに参加する
  • チャレンジモードに参加する
  • ソロ/トゥギャザーで毎月のランニング目標を達成する
  • ソロ/トゥギャザーで月間走行距離目標を達成する
  • ハイドロ消費量の月間カウント
  • リーダーボードに掲載される

 

ホリデーミッション

  • ホリデートーナメントに参加する
  • チャレンジモードに参加する
  • 5人以上のパーティーで走る

 

⑦不正防止

ゲーム内の不正行為を防止するため、3つの仕組みで対応しています。

  • GPSの追跡
  • デバイスのセンサーや健康状態の記録データ
  • データのシミュレーションを通じて、機械学習によりチートを検出することができます

RUN TOGETHERはJailbroken、Root化されたデバイス、またはOSが変更されたデバイスを使用すると、正常に機能しなくなります。

シューズをあるアカウントから別のアカウントに転送するとクールダウン期間に入り、その間ユーザーはシューズを使用することができません。

 

⑧マーケットプレイス

マーケットプレイスでは、ユーザーが所有するNFTスポーツシューズやバッジ、アクセサリーなどのレンタル/販売/購入が可能です。

 

取引

アプリ内のマーケットプレイスではNFTの靴、靴箱、アクセサリーを売買することができます。

 

レンタル

スニーカーのレンタル制度も準備されています。

レンタルを希望するユーザーはアプリ内のマーケットプレイスにアクセスし、レンタルを申し込むことができます。貸し手のレンタル条件に同意することでレンタルが成立します。

レンタル契約は24時間で、その後は修理のため所有者に返却されます。

レンタル契約は借り手のクレジットスコアに基づいて、最大7日間まで継続することができます。レンタル契約の条件に従わない場合、借り手の信用度が低下します。

借り手がソロモードのセッションを完了すると、スマートコントラクト機能によりレンタル契約に従って収益を分配します。

 

信用格付けシステム

信用度を上げるには、「Scholar」と呼ばれるクイズを何度も解く必要があります。

信用度が40%になれば、レンタルを開始することができます。

このプロセスによりアプリの基本をすべて理解することができ、アプリを十分に活用できずに報酬を受け取れない事態を防止しています。

 

RUN TOGETHERの始め方

RUN TOGETHERの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBNBを購入する
  6. Metamaskをインストールする
  7. Metamaskに入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBNBを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはBNBが必要になるので、BNBを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑦Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したBNBをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑧NFTを購入する

Metamaskへの送金が完了したら公式サイトでユーザー登録し、ウォレットを接続してNFTシューズボックスを購入すれば準備完了です。

シューズボックスはTOFUNETや公式マーケットプレイスで購入可能。

あとはアプリをインストールして歩いたり走ったりすることでRUNが獲得できます。

 

RUN TOGETHERの稼ぎ方

RUN TOGETHERの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. 運動して稼ぐ
  2. NFTで稼ぐ
  3. レンタルで稼ぐ

順番に解説します。

 

①運動して稼ぐ

まずは基本となる運動して稼ぐ方法です。

購入したNFTスニーカーを装着した状態で歩いたり走ったりすることでRUNが獲得できます。

NFTスニーカーにはレベルとレアリティが設定されており、高レベル・高レアリティの方がRUNをより多く獲得することができます。

 

②NFTで稼ぐ

NFTを売買して稼ぐことも可能です。

RUNのNFTスニーカーは以下のようにマーケットプレイスで購入することができ、レベルやレアリティによって価格が異なります。

レベルが上がるほどスニーカーの価格が高価になり、より多くのRUNを獲得できるようになります。

 

③レンタルで稼ぐ

NFTスニーカーを他のユーザーにレンタルして稼ぐことも可能です。

他のユーザーにレンタルすることで自分で歩かずにRUNを報酬として受け取れます。

スニーカーをレンタルするには、まずアプリにアクセスして自分のニーズに合ったスニーカーを選んで、保有者のレンタル条件に合意します。

レンタル契約が完了すると、24時間以内にスニーカーが借り手に送られます。レンタル契約は最長で7日間まで可能です。借り手がレンタル契約の条項に従わない場合、信用度が低下します。

借り手がソロモードでの歩行を終了するたびに、スマートコントラクト機能に基づいてレンタル契約に従った報酬を獲得することができます。

 

RUN TOGETHERの将来性

RUN TOGETHERの将来性についても見ていきましょう。

  1. 多数の企業と提携
  2. トークノミクスが理想的
  3. ロードマップが明確
  4. Move to Earnの普及

順番に解説します。

 

①多数の企業と提携

RUN TOGETHERはすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

JADE Labsやmoonlabなど有名プロジェクトが多数名を連ねています。

今後新たな企業・プロジェクトと提携する可能性もあるため、RUN TOGETHERの信頼性や実用性がより評価されそうです。

 

②トークノミクスが理想的

RUN TOGETHERはトークノミクス(配分割合)が理想的であると言えます。

具体的には以下のとおりの割合でトークンを分配しています。

コアチームの保有割合が15%であり、ユーザー収益等への配分が24%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますが15%なので理想的な割合と言えるでしょう。

 

③ロードマップが明確

RUN TOGETHERはロードマップを明確に示しています。

2023年第二4半期までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q3

  • TOGETHERラン
  • ランニング達成証明書
  • メインネット

 

2022.Q4

  • トーナメントモード
  • チャレンジモード
  • コミュニティのためのトーナメント開催
  • リアルシューズなどのスポーツアイテムのエアドロップ

 

2023.Q1

  • コーチングモード

 

2023.Q2

  • メタバースでのVRランニング

メタバースへの参入やエアドロップ等を予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

④Move to Earnの普及

今後Move to earnゲームは仮想通貨に関心が無い一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことにより、Move to Earnが現実的に可能であることが証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

このRUN TOGETHERをはじめ、calo runや5KMなどの多数の類似ゲームがリリースされ、実際に多くのユーザーが運動をしながら報酬を得ています。

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

>>5KMとは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

Move to earnゲーム人気に後押しされ、RUN TOGETHERZも今後多くのユーザーに支持される可能性が高いです。

 

RUN TOGETHERに関するよくある質問

最後にRUN TOGETHERに関するよくある質問に答えます。

  1. RUN TOGETHERの初期費用はいくら?
  2. RUN TOGETHERはスマホで遊べるの?
  3. RUN TOGETHERは他のアプリと同時使用できる?
  4. RUN TOGETHERの開発チームはどんな人たち?

順番に回答します。

 

①RUN TOGETHERの初期費用はいくら?

初期費用は約600円ほどで始められます。

Play to Earnゲームの中には初期費用が10万円近く必要なものもあるので、RUN TOGETHERは気軽に始めやすいでしょう。

 

②RUN TOGETHERはスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

iOSとAndoroid対応のアプリがリリースされているため、インストールするだけでOKです。

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③RUN TOGETHER他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

実際にSTEPNなどと併用しているユーザーが多いため、それぞれのゲームのトークンを獲得できます。

こんな感じでいくつものアプリを併用することで、トークンの獲得効率を何倍にも高めることができます。

特に歩いて稼ぐSTEPNとの相性が良いため、一緒にSTEPNを始めることをおすすめします。STEPNの始め方は以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

 

④RUN TOGETHERの開発チームってどんな人たち?

主要メンバーの8名が公式サイトで公表されています。

ブロックチェーンの開発者やWEBディベロッパーなど多彩な経歴のメンバーが参画しています。

 

まとめ:RUN TOGETHERは将来性に期待できる

今回はRUN TOGETHERの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

RUN TOGETHERはMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

RUN TOGETHERはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、RUN TOGETHERを始めるためにはNFTスニーカーを購入する必要があり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

NFTスニーカーの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して少額の10,000円くらいを入金しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5