NFT

Runnerland(ランナーランド)とは?始め方・稼ぎ方、将来性を徹底解説

runnerland

 

悩んでいる人
Runnerland(ランナーランド)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?Runnerland(ランナーランド)の概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Runnerland(ランナーランド)の概要
  • Runnerland(ランナーランド)の特徴
  • Runnerland(ランナーランド)のゲーム内容
  • Runnerland(ランナーランド)の始め方
  • Runnerland(ランナーランド)の稼ぎ方
  • Runnerland(ランナーランド)の将来性
  • Runnerland(ランナーランド)のよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「Runnerland(ランナーランド)」です。

今回は日頃からPlay to earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Runnerlandの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでRunnerlandの始め方がわかるので、楽しく遊びながら仮想通貨を稼げるようになるはずです。

なお、Runnerlandを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Runnerlandを始める事前準備として少額の1円から購入できるビットフライヤーに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 暗号資産を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

Runnerland(ランナーランド)の概要

runnerland

ゲーム名 Runnerland(ランナーランド)
対応言語 英語
対応機種 PC・iPhone・Android
ブロックチェーン BSC
トークン RLT・LPT
公式サイト Runnerland公式サイト

 

Runnerlandはプレイヤーが酒場のオーナーとなり、ランナーたちの冒険や仕事、そしてミッションを管理するPlay to Earnゲームです。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

ランナーでチームを作り、ゲームモードを選択し、すべての敵を倒すと報酬を獲得できます。

以下のプレイ動画をみると内容がざっくり理解できるかと。

当初はアドベンチャーモードのみでスタートし、ストーリーやPvPなどの他のモードは今後開発予定とのこと。

シンプルなゲーム性やどこか懐かしいレトロなグラフィックス、最先端のブロックチェーン技術の組み合わせにより、次世代のブロックチェーンゲームとして期待されています。

ゲームを楽しみつつ、報酬がもらえることもあって大きな注目を集めているゲームのひとつです。

 

Runnerland(ランナーランド)の特徴

Runnerlandの特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーンにBSCを採用
  2. 2種類のトークンを採用
  3. NFTが売買可能
  4. 他のアプリと併用可

順番に説明します。

 

①ブロックチェーンにBSCを採用

Runnerlandはバイナンススマートチェーン(BSC)を使用して開発されています。

BSCは海外大手取引所のBINANCEが提供するブロックチェーンであり、格安な手数料と高速処理が特徴。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

そのため、NFT売買などを格安かつ迅速に行うことができます。

実際に大手DEXであるPancakeswapや多くのMove to EarnゲームがBSCを利用して開発されています。

>>PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方や使い方を徹底解説

RunnerlandではNFTを取引する機会が多いので、低コスト・高速処理のBSCを活用することによってユーザーはストレスなく取引が可能です。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②2種類のトークンを採用

Runnerlandは2種類のトークンを採用しています。

Runnerland内で使えるトークンは以下の2つ。

  • LPT
  • RLT

 

LPT

RMTトークンは、Runnerland Tokenの頭文字をとったもので、PancakeSwapを通じて購入できるほか、すべてのゲームモードでの報酬として購入することができます。

 

RLT

LPTトークンは、Life Point Tokenの頭文字をとったものです。これはオフチェーン・トークンとして、アドベンチャー・モードで使用され、将来的にはゲームの他のモードでも報酬として使用される予定です。

 

③NFTが売買可能

ユーザーはNFTをアプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

Runnerland内のランナーやアクセサリーなどのアイテムは全てNFT化されており、ユーザー同士で自由に売買することができます。

レベルの高いランナーやレアリティの高いアイテムは高値で取引されており、自分で育てたランナーなどを売却して利益を得ることができます。

 

⑤他のアプリと併用可

Runnerlandは他のPlay to Earnゲーム系アプリと同時使用できます。

例えばMeta keeperやTitan huntersなどの放置系ゲームと同時起動しておけば、それぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>MetaKeeper(メタキーパー)とは?始め方・稼ぎ方を初心者向けに徹底解説

>>TITAN HUNTERS(タイタンハンターズ)とは?始め方や稼ぎ方、攻略法を徹底解説

このように系統が似ているPlay to EarnゲームゲームとRunnerlandを同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

Runnerland(ランナーランド)のゲーム内容

続いて、Runnerlandのゲーム内容の詳細について見ていきましょう。

  1. Game mode
  2. Monsters
  3. Tabern
  4. Breed
  5. Runner
  6. Upgrade
  7. Speed Power (SP)
  8. Daily Global Invested Reward
  9. Sticker Album
  10. Staking
  11. Referral Boost
  12. Marketplace
  13. War Shop

順番に解説します。

 

①Game mode

Runnerlandは3種類のゲームモードが用意されています。

  • Adventure Mode
  • Story Mode
  • PvP Mode

それぞれ説明します。

 

Adventure Mode

アドベンチャーモードはプレイヤーが1~5人のランナーを選んで森に送り込み、そこで多くのモンスターと戦うモードです。

ランナーは自動的に戦い、戦闘中にプレイヤーに複雑なアクションを求めないアイドルバトルシステムを採用しています。

モンスターを倒すと、プレイヤーは報酬として$LPTを受け取りますが、この報酬はモンスターによって異なります。

モンスターを倒すには、モンスターのライフカウンターをリセットする必要がありますが、最初の攻撃は常にモンスターから受けることになります。

ランナーがダメージを受けるたびにヘルスポイントが減少し、回復させるにはタバーン(酒場)で休ませる必要があります。

 

Story Mode

ストーリーモードはモンスターに立ち向かい、ランナーランドの住民を助け、ミッションをクリアするモードです。

ストーリーモードでは、各章をクリアするごとに初回報酬として$RLTが、もう一度プレイする場合は$LPTが報酬としてもらえます。

アドベンチャーモードとは異なり、ストーリーモードでは出現するモンスターがランダムではありません。このモードでは、ボスとの戦いの前に、$LPTを使ってランナーの体力を回復させることができます。

戦闘中にランナーのライフカウンターがリセットされると、村に戻り酒場で体力を回復します。

ミッションをクリアまたは敗北すると、そのチャプターは12時間の間ロックされ、プレイヤーは再挑戦するのを待たなければなりません。

 

PvP Mode

PVPモードは他のプレイヤーとの対戦モードです。

勝つたびに多くのポイントを獲得でき、逆に負けるとポイントを失うことになるので、対戦の際には戦略を練る必要があります。

月間ランキングシステムでは、毎月ランキングがリセットされ、最も良い順位のプレイヤーに報酬が与えられます。

報酬は常に$RLTとNFTで、新しいランナー、酒場の装飾、新しいスキルカードなどがあります。

 

②Monsters

冒険中、各モンスターを倒すと、プレイヤーは報酬として$LPTとスピードパワーを受け取ります。

報酬額はモンスターの強さによって異なり、モンスターはレベルによってランク付けされ、レベルが低いほど見つけやすく、倒しやすく、報酬も少なくなります。

すべてのモンスターは倒した後、宝箱の鍵を渡すチャンスがありますが、レベルによって渡す確率が異なります。

 

③Tabern

タバーン(酒場)は、戦いに敗れたランナーが休息する場所であり、酒場ではランナーの体力が回復します。

ストーリーモードでのミッションクリア、PvPモードでの高ランク、マーケットプレイスでの購入などで入手したNFTで装飾することができるようになる予定です。

酒場には以下の5つの大きさがあり、大きさはランナーの体力チャージ時間に影響するため、大きな酒場を利用すれば、ランナーを常に冒険に送り出すことができます。

  • Tiny
  • Small
  • Medium
  • Big
  • Giant

酒場は、マーケットで購入できる数量に制限があります。在庫がなくなると、マーケットプレイスからしか購入できなくなります。タバンのサイズが大きくなればなるほど、限界値が低くなり、希少価値が高くなります。

酒場がランナーのヘルスポイントを回復させるためには、常にビールのストックが必要です。そのため、酒場のビールの在庫は毎日更新する必要があります。酒場のビールは、ランナーの量とレアリティによって価格が変わります。

 

④Breed

ブリード(繁殖)は2頭のランナーが成体(15日)になるとブリードが可能になり、親の特徴を受け継いだ子を生み出すことができます。

また、繁殖には手数料がかかり、親の繁殖量とゲーム内の経済状況によって変動します。手数料は$RLTと$LPTで支払われます。

ランナーを選ぶと、それぞれの報酬額と繁殖量が表示されますが、どのランナーが生成されるかは繁殖が完了するまでわかりません。

生成されたランナーは75%の確率で両親から視覚特性を引き継ぎますが、25%の確率でランダムに特性が付与される場合もあります。

 

⑤Runner

ランナーとはランナーランドの特別な居住者のことで、他のランナーランドの居住者よりも高い属性を持っている居住者のことです。

ランナーはコモン、アンコモン、レア、エピック、レジェンドとランク付けされており、このランクによって冒険の成功率が決定されます。

ランナーは、頭、体、装備の3つのパーツで構成されており、810,000,000通りの組み合わせで生成されます。

ランナーが成人に達すると繁殖が可能になります。

 

ランナーの入手方法

ランナーの入手方法は以下の4つです。

  1. マーケットで購入する
  2. 他のプレイヤーから購入する
  3. 冒険中に救出する
  4. ブリードする

 

ランナーのステータス

ステータスとは、ランナーの階層を分類するための決定的な属性です。

このステータスは以下の通りです。

攻撃力はランナーが持つ破壊力で、大きいほど早くモンスターを倒すことができます。ライフはランナーがモンスターから受けるダメージの大きさを決めるポイントで、防御力は攻撃をかわすチャンスです。ステータスが高いほど、レアリティも高くなります。

 

ランナーの評価

パーツはディフェンス、アタック、サポート、ハイブリッドに分類され、その組み合わせでプレイヤーのランナータイプが決まります。

各パーツのタイプは完成したランナーによって決定され、各タイプのランナーが25人ずつ存在します。例えば、サポートパーツが2つで、アタックパーツが1つしかないランナーは、サポートとみなされます。

 

⑥Upgrade

ランナーはアップグレードすることで、その能力を最大限に発揮することができます。

アップグレードする場合、プレイヤーは他のランナーをアップグレード素材として選択し、そのランナーのレベルとレアリティに応じた$RLTと$LPTの手数料を支払うことになります。

素材となるランナーは、ベースとなるランナーと同等以上のレアリティで、同じレベルである必要があります。

ランナーのスタッツは合算され、ベースランナーはこの値を受け取ります。

 

⑦Speed Power (SP)

スピードパワーは、日々の$RLTを獲得するためのアカウントパワーの指標です。

スピードパワーはNFTやステーキングボーナスなどによる固定スピードパワーと、その日にプレイしたスピードパワーの合計です。

そのため、この数値はゲーム内の移動距離や倒したモンスターによって、毎日変動します。

 

⑧Daily Global Invested Reward

Daily Global Invested Reward(グローバル投資報酬)は、ボックスの購入、繁殖、アップグレードなど、プロジェクトに$RLTを費やしたすべての人に毎日$RLTを分配する仕組みです。

 

⑨Sticker Album

ステッカーアルバムは完走者を集めることで、アルバムの各ページを完成させるごとに報酬を獲得する仕組みです。

ただし、これにはルールがあり、コンプリートランナーのみが有効で、ミックスランナーはアルバムに入れることができず、リピートランナーも入れることができません。

現在80体の完全なランナーがあり、入手するには、ランダムで入ってくる$RLTでマーケットから直接購入する方法、マーケットで他のプレイヤーから購入する方法、同じような特性のランナーで交配する方法の3つがあります。

完成したページごとに報酬を獲得することができ、ゲーム中にバフやアドバンテージを得ることができます。

 

⑩Staking

Runnerlandでは$RLTをステーキングすることができます。

ステーキング量が多いほど、より多くの特典が得られます。

 

⑪Referral Boost

Runnerlandには紹介制度も用意されています。

紹介による報酬は以下のとおり。

  • 1人紹介:スピードパワーが3%上昇
  • 2人紹介:スピードパワーが6%上昇
  • 3人紹介:スピードパワーが9%上昇

ただし、ウォレットにランナーランドNFTを保有していない場合は、報酬を得ることができないので注意が必要です。

 

⑫Marketplace

ランナー、酒場、装飾品、鍵、ゲーム内で入手したNFTなど、ゲーム内アイテムをマーケットで他のプレイヤーと売買することが可能です。

この取引で使用される通貨はBUSDですが、これはチャートに直接大きな影響を与えないようにするためであり、取引で直接$RLTを使用する必要はありません。

マーケットでの取引には7%の手数料が発生し、この手数料で得た金額は開発やマーケティングに使用されます。

 

⑬War Shop

War ShopはRunnerLandの中の特別なお店です。

ここにアクセスすることで他のプロジェクトのトークンを使ってスペシャルオーブをオープンすることができます。

War Shopで意図しているのは、残念ながら今日では以前ほど価値がなくなってしまった他のプロジェクトのトークンに実用性を持たせることです。

そうすることで、RunnerLandのプレイヤーは古いプロジェクト・トークンを「リサイクル」することができるようになるのです。

 

Runnerland(ランナーランド)の始め方

Runnerlandの始め方は以下のとおりです。

  1. ビットフライヤーで口座開設
  2. ビットフライヤーでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBUSDを購入する
  6. Metamaskをインストールする
  7. Metamaskに入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①ビットフライヤーで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はビットフライヤーをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②ビットフライヤーでイーサリアムを購入する

ビットフライヤーで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

下記はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

  1. 仮想通貨取引所のコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBNBを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはBUSDが必要になるので、BUSDを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑦Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したBUSDをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑧NFTを購入する

公式サイトとウォレットを連携してNFTを購入すればプレイ可能になります。

 

Runnerland(ランナーランド)の稼ぎ方

Runnerlandの稼ぎ方は以下の3つ。

  1. ゲームをプレイして稼ぐ
  2. NFT売買で稼ぐ
  3. ステーキングで稼ぐ

順番に解説していきます。

 

①ゲームをプレイして稼ぐ

1つめがゲームをプレイして稼ぐ方法です。

以下のようなゲームモードをプレイすることで、報酬としてトークンなどが獲得できます。

  • Adventure Mode
  • Story Mode
  • PvP Mode

Play to Earnゲームは放置型も多いですが、Runnerlandはプレイヤー同士の対戦もあるため楽しみながら稼ぐことが可能です。

 

②NFT売買で稼ぐ

2つめがNFT売買で稼ぐ方法です。

Runnerlandのゲームを通じてランナーやアイテムなどのNFTを集めることができます。

集めたNFTは公式サイト内のマーケットプレイスで売却することができます。

レベルの高いランナーやレアなアイテムを売却することで大きな利益を手にすることも可能です。

NFT転売のコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているのでよかったら併せてご覧ください。

 

③ステーキングで稼ぐ

3つめがRLTトークンのステーキングで稼ぐ方法です。

>>仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

ステーキングとはトークンを一定期間預けることで、その報酬としてトークンが貰える仕組みのことです。

RLTはステーキングが可能なので、ゲームをプレイしなくても報酬を得ることが可能です。

ステーキングは一旦預けたら特にすることはないので、ゲームをプレイする時間がないユーザーにおすすめの稼ぎ方です。

 

Runnerland(ランナーランド)の将来性

Runnerlandの将来性についても見ていきましょう。

  1. 多数の企業と提携
  2. トークノミクスが理想的
  3. ロードマップが明確

順番に解説します。

 

①多数の企業と提携

Runnerlandはすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

Crypto lamenやNGNなど有名プロジェクトが多数名を連ねています。

今後新たな企業・プロジェクトと提携する可能性もあるため、Runnerlandの信頼性や実用性がより評価されそうです。

 

②トークノミクスが理想的

Runnerlandはトークノミクスが理想的と言えます。

トークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

運営チームの保有割合が7.26%であり、プレイヤーへの報酬が92.34%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがRunnerlandは理想的な割合と言えるでしょう。

 

③ロードマップが明確

Runnerlandはロードマップを明確に示しています。

2023/Q2までのロードマップを示しており、内容としては以下のとおりです。

 

2022.Q2

  • ソーシャルメディアマーケティングの拡大
  • ランナーNFTボックス先行販売
  • CGおよびCMCで発売
  • エアドロップ
  • マーケットローンチ
  • トークン販売開始 
  • ゲーム発売 

 

2022.Q3

  • ステーキング
  • ブリード
  • キャラクターのアップグレード
  • ハロウィーン版ランナー
  • ストーリーモード
  • プロモーションイベントの開始
  • ランナー用アイテムの作成
  • プロジェクト監査

 

2022.Q4

  • クリスマス版ランナー
  • ステッカーアルバム
  • 酒場のデコレーション
  • アドベンチャーモードの新エリア
  • PvPモード用スキルカード
  • PvPモードの開始 - マルチプレイヤー
  • デイリーイベント

 

2023.Q1

  • 新ランナー
  • ギルドシステム
  • ランキングシステム - PVP
  • PvPのバランス調整
  • 第1回PvP大会

 

2023.Q2

  • 新ランナー
  • 新しい機材
  • 新しい装飾品
  • グローバルチャット

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性に期待が持てそうです。

 

Runnerland(ランナーランド)のよくある質問

最後にRunnerlandに関するよくある質問に答えます。

  1. Runnerlandはステーキングできる?
  2. Runnerlandはスマホでプレイできる?
  3. Runnerlandの開発チームは公開されてる?

順番に回答します。

 

①Runnerlandはステーキングできる?

はい、ステーキングできます。

Runnerlandでは$RLTをステーキングすることができ、ステーキング量が多いほど、より多くの特典が得られます。

 

②Runnerlandはスマホでプレイできる?

いいえ、できません。

今のところ、PCのみの対応となっています。

 

③Runnerlandの開発チームは公開されてる?

はい、公開されています。

ピクセルアーティストやVCの代表などが名を連ねているため、今後の開発に期待が持てます。

 

まとめ:Runnerland(ランナーランド)は将来性に期待できる

今回はRunnerlandの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

RunnerlandはPlay to earnの普及に伴い、今後人気を集めることが予想されます。

RunnerlandRunnerlandはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Runnerlandで効率的に稼ぐためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるビットフライヤーです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ 暗号資産を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5