NFT

ソウルバウンドトークン(SBT)とは?概要・特徴、将来性を徹底解説

NFTTOP

 

悩んでいる人
ソウルバウンドトークン(SBT)について詳しく知りたい。ソウルバウンドトークン(SBT)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ソウルバウンドトークン(SBT)の概要
  • ソウルバウンドトークン(SBT)の特徴
  • ソウルバウンドトークン(SBT)の用途
  • ソウルバウンドトークン(SBT)の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

ソウルバウンドトークン(SBT)とは他社に譲渡できないNFTです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、ソウルバウンドトークン(SBT)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでソウルバウンドトークン(SBT)に関する理解が深まるはずです。

なお、NFTを始めるには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者の方にとってはコインチェックが使いやすいです。

コインチェックでは500円から仮想通貨が購入でき、さらに積立購入やレンディングサービスに対応しているため幅広い取引が可能です。

口座開設は無料なので、まずはサクッとコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

ソウルバウンドトークン(SBT)の概要

ソウルバウンドトークン(SBT)は他社に譲渡できないトークンです。

ソウルバウンドとは「魂に紐づいた」という意味であり、それが転じて譲渡不可のトークンという意味合いとして使われています。

ソウルバウンドトークン(SBT)はイーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏らが提唱した概念です。

アイデアとしては人気オンラインゲーム「World of Warcraft」の「SoulBound Item(魂に紐付いたアイテム)」をベースにしています。

これは、一度入手すると他社に譲渡できないという特徴を持ったアイテムです。

ブテリンらはこの特徴をトークンに付与し、新たな特性を持ったトークンとして誕生させたのです。

 

ソウルバウンドトークン(SBT)の特徴

ソウルバウンドトークン(SBT)の特徴は以下のとおり。

  1. 譲渡できない
  2. デジタルIDとして機能する
  3. BINANCEが導入
  4. シビルアタックを防げる

順番に解説します。

 

①譲渡できない

ソウルバウンドトークン(SBT)は、譲渡不可のNon-Fungible Token(NFT)のタイプです。

主にデジタルアートやブロックチェーンゲームのアイテムで使用されます。

一般的なNFTと異なり、SBTは市場での売買やエアドロップ品としての譲渡ができず、受け取った本人以外では利用することができません。

また、SBTは発行された後も本人のウォレット(Soul)から移動することができません。

SBTは、NFTマーケットプレイス(例えばOpenSea)などを通じて売買されることがありますが、一般的なNFTと異なり、市場価値を持たないことがあります。

 

②デジタルIDとして機能する

ソウルバウンドトークン(SBT)はデジタルIDとしても機能します。

企業や学校、公的機関など様々な組織における証明書や所属する組織、資格、経歴などを記録することができます。

例えば、大学が卒業生にSoulboud Tokenを発行することで、ブロックチェーン上で学歴を客観的に証明することができます。

こうすることで、従来のようにIDカードなどを常に携帯する必要が無いため、なりすましなどの被害を抑止可能です。

さらにソウルバウンドトークン(SBT)を活用してDAOやdAppsを開発可能であり、Web3.0の発展につながるとも期待されています。

専門的な知識やスキルがない方でも比較的容易にアプリ開発ができるようになります。

 

③BINANCEが導入

世界最大の仮想通貨取引所であるBINANCEがソウルバウンドトークン(SBT)を導入しています。

トークン名称は「Binance Account Bound」(BAB)であり、所有することで対象プロジェクトから様々な特典を受けることができます。

対象となるプロジェクトは以下の通り。

  • ApeSwap
  • PearDAO
  • Project Galaxy
  • X World Games
  • Cyberconnect
  • P12
  • Summoner’s Arena
  • Mathwallet
  • Liveart
  • OpenOcean
  • TinyWorld
  • The Harvest
  • Ultiverse
  • Appolox

限定NFTやトークンのエアドロップ(無料配布)、またSBT保有者限定のNFTゲームへのアクセスなどが可能となります。

 

④シビルアタックを防げる

ソウルバウンドトークン(SBT)はシビルアタックを防ぐことができます。

シビルアタックは一人の攻撃者が複数のコンピュータやデバイスを操作して、目的を達成するための不正な行動を行うことを指します。

ブロックチェーンは分散型台帳技術を採用しており、これにより、複数のノードが同じ台帳を保有しているため一つのノードが改ざんされることを防ぎます。

しかし、シビルアタックにより攻撃者が複数のノードを操作して同じ台帳を持つ他のノードと同期させることができるため、攻撃者が不正な取引を記録し、それを台帳に記録させることができます。

このようにして、攻撃者は支払い履歴を分散型台帳から消滅させ、ブロックチェーン上の取引履歴を削除することで自分のウォレットに資金を戻すことができるのです。

また、シビルアタックを利用することで、攻撃者はマイニングの攻撃や、 51% 攻撃なども行うことができます。

ソウルバウンドトークン(SBT)は個人に紐づいたトークンであるため、身元が明確であることから、こうしたシビルアタックの抑止につながると考えられています。

 

ソウルバウンドトークン(SBT)の用途

ソウルバウンドトークン(SBT)の使用用途は以下のとおり。

  1. 出生証明書
  2. 卒業証明書
  3. 各種許可証
  4. NFTアート
  5. ペーパーレス化

それぞれ解説します。

 

①出生証明書

出生証明書は、人間が生まれた日時や、出生地、および、生まれた人の関係する親の識別情報などを記載した証明書です。

出生証明書は、通常、出生した時に、医療機関や産婆などが作成します。その後、その証明書は、国や地域によって異なりますが、市役所や県庁などで登録され、証明書として発行されます。

出生証明書は、人が身分証明をするために必要な書類の一つであり、その人の生年月日や国籍、氏名などを確認するために用いられます。

また、学校や大学への入学や、公的な手役をするためにも、出生証明書が必要になることがあります。

意外ですが日本では出生証明書自体は存在せず、他の証明書である戸籍謄本(抄本)や出生届記載事項証明書、出生届受理証明書等で代替されています。

ソウルバウンドトークン(SBT)であればブロックチェーン上に出生情報を記録できるため、出生証明書としての役割が期待されています。

 

②卒業証明書

卒業証明書としての用途も考えられています。

卒業証明書は学校や大学などで、卒業生が卒業したことを証明するために発行される証明書です。

卒業証明書には以下のような情報が記載されています。

  • 卒業生の氏名
  • 卒業した学校や大学の名称
  • 卒業の科目や専攻
  • 卒業日
  • 卒業の種類(学士号や修士号など)

卒業証明書は、将来の就職や留学などをする際に必要になることがあります。また、卒業証明書は、自己啓発のためにも重要な証明書であるとされています。

現在、発行する場合は卒業した学校へ依頼をする必要がありますが、ソウルバウンドトークン(SBT)が卒業証明書代わりになると考えられています。

 

③各種許可証

その他の各種許可証としての用途も期待できます。

SBTは個人に紐づいており譲渡できないという特徴を持っているため、そのSBTの保有者に対して様々な形でサービス提供することが可能です。

そのため、個人や公共が管理する資源(データベースや不動産、金融資産)へのアクセス許可やクローズドのコミュニティへの参加権などを付与することができます。

また、SBT保有者にはNFTやトークンなどをエアドロップすることも可能です。

エアドロップとは、暗号通貨やトークンを指定されたユーザーに対して無償で配布することを指します。

これにより、SBTを保有する人がNFTやトークンなどを受け取ることができます。

エアドロップを行うことで、新しいプロジェクトやサービスを知ってもらうことができるため、マーケティング手法としても採用されています。

 

④NFTアート

ソウルバウンドトークン(SBT)は、NFTアーティストのコレクションに紐づけられるため、NFTコレクターはどのトークンが自分に属しているかを確実に知ることができます。

これにより、アーティストは有名なアーティストの名前を使って詐欺を行うユーザーを排除することができます。

また、アーティストはソウルバウンドトークン(SBT)を発行することで、さらに一歩進んで、コレクション内のNFTのメンバーシップを証明することができます。

これにより、SBTはアーティストが望む希少性を担保することができます。

一言で言えば、SBTはNFTコレクターやアーティストがNFTやデジタルアートコミュニティ内で評判を確立するのに役立ちます。

 

⑤ペーパーレス化

ソウルバウンドトークン(SBT)は文書の将来において非常に重要になる可能性を秘めています。

ソウルバウンドトークン(SBT)ドキュメントをデジタルネットワークに導入することで、紙からペーパーレスに変換する能力を持っています。

現在の大学などにおける学位証明書や学生証、そして各種公的書類をペーパーレス化する可能性を秘めています。

 

ソウルバウンドトークン(SBT)の将来性

続いて、ソウルバウンドトークン(SBT)の将来性について解説します。

  1. コミュニティごとの身分証明
  2. 分散化を促進
  3. dAppsの普及

それぞれ解説します。

 

①コミュニティごとの身分証明

近年、副業の一般化や個人の技術や知識をシェアするサービスの普及、分散型自律組織「DAO」の登場など、社会が大きく変化しています。

これらの変化に伴い、個人が属するコミュニティそれぞれの役割や個性を持つことが一般的になりました。

このような新しい社会では、参加するコミュニティごとに、どのような個性を見せるかを個人でコントロールすることが期待されます。

SBTによってコミュニティごとに役割などを紐づけることができるため、こうした新しい社会への貢献につながると考えられています。

 

②分散化を促進

ソウルバウンドトークン(SBT)はWeb3,0における分散化を促進すると考えられています。

現在のデジタル社会では譲渡可能なデジタル資産(トークン)を多く保有している人が社会的関係や、実績や評価、信頼関係に関係なく、大きな力を持つ傾向があります。

これにより、大口投資家であるVCやクジラなどが有利な状況になり、新しい参入者が発言権を得づらくなる可能性があります。

さらに、資産が集中してしまうことで、デジタル世界が中央集権的になり分散化に逆行していると指摘されています。

この問題は、現実社会で多くの実績を積んでいても、そのデータがデジタル社会に反映されていないことが原因です。

そこで、それを解決するために、「ソウルバウンドトークン(SBT)」が提案されました。

SBTは譲渡不可能な社会的関係をデジタルIDにも反映することで、この問題を解決し分散化を促進すると考えられています。

 

③dAppsの普及

ソウルバウンドトークン(SBT)はdAppsの普及に寄与する可能性が高いです。

dApps(Decentralized Applications)とは、データが分散型台帳に保存され、暗号通貨やブロックチェーンの技術を使って実行される、分散型のアプリケーションのことを指します。

SBTは、譲渡不可能な社会的関係をデジタル社会でも反映することで、dAppsの普及に寄与する可能性があるとされています。

dAppsは中央集権型のアプリケーションと比べて、中央集権的な機構や企業を介さないことが特徴。

そのため、ユーザー同士で直接取引やコミュニケーションをユーザー同士で直接取引やコミュニケーションを行えるようになることが期待されています。

 

まとめ:ソウルバウンドトークン(SBT)は将来性が期待できる

今回はソウルバウンドトークン(SBT)について解説してきました。

ソウルバウンドトークン(SBT)は今後のWeb3.0への移行に伴いさらなる普及が期待できます。

すでにBINANCEが導入していることもあり、実用性も高く評価されています。

ソウルバウンドトークン(SBT)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、早めに保有することで先行者利益を得やすくなります。

ソウルバウンドトークン(SBT)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5