NFT

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)とは?始め方・稼ぎ方を初心者向けに徹底解説

squidkingdomsTOP

 

悩んでいる人
SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の概要や特徴、始め方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の概要
  • SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の特徴
  • SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の始め方
  • SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の稼ぎ方
  • SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日STEPNなどの運動系アプリを使って仮想通貨を獲得しています。さらに、仮想通貨ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)」です。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)はNetflixで話題となった韓国ドラマ「イカゲーム」をモチーフにしたゲームです。

今回は日頃からNFTゲームで仮想通貨を獲得している僕が、SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでSquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)についてしっかりと理解することができます。

なお、SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)を始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)を始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、ビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の概要

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)は韓国ドラマの「イカゲーム」をモチーフにしたNFTゲームです。

ゲームの終盤に参加したユーザーが大きく稼げる仕組みであり、従来の先行者が利益を多く得られるNFTゲームとは一線を画しています。

後発組にも利益を得るチャンスがあるので、ゲーム参加のモチベーションを維持することができ、一定のユーザー数を確保できるというメリットがあります。

ドラマと同様にゲームで勝つことで賞金をGETできるため、Twitter等でも話題を集めています。

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の特徴

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の特徴は以下のとおり。

  1. イカゲームをコンセプトにしたNFTゲーム
  2. 後発でも大きく稼げる
  3. NFTマイニングが可能

順番に説明します。

 

①イカゲームをコンセプトにしたNFTゲーム

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)は大きな話題となった韓国ドラマ「イカゲーム」をコンセプトとしたNFTゲームです。

もとはNetflixでシリーズ配信されている韓国のサバイバルドラマであり、主人公のソン・ギフンが大金をかけた命がけのサバイバルゲームに参加し、他の参加者と共に生き残るために奮闘するというストーリーです。

ゲームの内容もドラマと同様にゲームの勝者が賞金をGETできる仕組みであり、まるで自分がイカゲームに参加しているようだとSNS等で話題となっています。

 

②後発でも大きく稼げる

後発でも大きく稼げることがこのゲームの大きな特徴です。ゲームルールは以下のとおり。

【参加方法】

  • Ticketの購入(開始価格45.6BUSDに価格が10%上昇)

【ゲームルール】

  • ゲーム時間は24時間からカウントダウン開始
  • Ticket購入ごとに制限時間が30秒延長される
  • 制限時間がゼロになった時点で、最後から5名のTicket購入者が勝利

【賞金】

  • ゲームの勝者はWinner bonusを分け合う
  • 先行者はPlayer Rewardを獲得

【その他】

  • Jackpot poolにはあらかじめ賞金が用意されている

賞金を獲得できるのはゲームに参加した最後の5名であり、さらに最後の1人はより多くの賞金を獲得できます。

もちろん早期購入者にも「チケットの販売総額の30%」が分配される仕組みであり、先発と後発どちらでも稼ぐことができるのが従来のNFTゲームとの違いです。

従来のNFTゲームは先行者が少ないコストでNFTなどを独占してしまい、後から参加するユーザーにはメリットがありませんでした。

その点、SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)は後発組にも平等に報酬が得られるチャンスが与えられるため、ゲーム参加へのモチベーションにつながります。

 

③NFTマイニングが可能

ゲームへの参加だけでなく、NFTマイニングで稼ぐことも可能です。

以下のスタンダード版とプレミア版いずれかをマイニングすることで、$SQWトークンが獲得できます。

ただ、すぐに全額を換金することはできず時間が経過するごとに少しずつ換金できる仕組みとなっています。

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の始め方

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. BINANCEで口座開設
  3. BINANCEに仮想通貨を送金する
  4. BINANCEで仮想通貨を購入する
  5. Metamaskをインストールする
  6. Metamaskに入金する
  7. 公式サイトとウォレットを連携する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設してイーサリアムやリップルなどの仮想通貨を購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

③BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

④BINANCEで仮想通貨を購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)はBUSDが必要になるので、BUSDを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑤Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑥Metamaskに入金する

無料でプレイできるゲームであれば必要ありませんが、ゲームをするためにキャラクターを購入する必要がある場合、仮想通貨ウォレットに必要な仮想通貨を送る必要があります。

BINANCEで購入したBUSDをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑦公式サイトとウォレットを連携する

公式サイトの「Connect Walet」をクリックし、Metamaskと連携できればゲームを始めることができます。

NFTを購入したり、Ticketを購入してゲームに参加してみましょう。

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の稼ぎ方

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の稼ぎ方は以下のとおり。

  1. ゲームに参加して賞金を獲得する
  2. NFTを売買する
  3. NFTをマイニングする
  4. ゲームを紹介する

順番に説明します。

 

①ゲームに参加して賞金を獲得する

1つめがゲームに参加して賞金を獲得する方法です。

以下のとおりチケットを購入して最後の5名に入ることができれば、他の勝者とWinner bonusを分け合うことができます。

ゲーム時間は24時間からカウントダウン開始され、Ticket購入ごとに制限時間が30秒延長されます。

制限時間がゼロになった時点で、最後から5名のTicket購入者が勝利するシステムです。

 

②NFTを売買する

2つめがNFTを売買する方法です。

購入したNFTをマーケットプレイス内で売ることで収益を得ることができます。NFTにはレア度が設定されており、レアなものほど高値で売れる確率が高くなります。

 

③NFTをマイニングする

3つめがNFTマイニングで稼ぐ方法です。

NFTをマイニングすることでSQWトークンを獲得することが可能であり、NFTのレア度によって得られるSQWトークンの量が変わってきます。

  • COMMON:1
  • UNCOMMON:3
  • RARE:10
  • SUPERRARE:32
  • EPIC:586
  • LEGENDARY:602〜

このようにレア度が高くなるごとに効率的に稼げるようになり、LEGENDARYであればCOMMONの602倍稼げる計算です。

マイニング期間内の1週間ごとにSQWトークンの割合が2%増加し、ロック分は50週目以降1年間かけて解除されます。

LEGENDARYをBurnすることでロック分の50%を解除することができます。

 

④ゲームを紹介する

最後がゲームを紹介して報酬を得る方法です。

紹介リンクを発行し、リンク経由で登録された場合、売上の10%がキックバックされます。

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の将来性

 

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の将来性についても見ていきましょう。

  1. 様々な企業と提携
  2. トークノミクスが理想的
  3. ロードマップが明確

順番に解説します。

 

①様々な企業と提携

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)はすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

CoinMarketCapやPancakeswap、そしてMetamaskなど有名プロジェクトが多数名を連ねています。

Twitterなどでも多くの口コミがあるので注目度の高さがうかがえます。

 

②トークノミクスが理想的

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)のトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

コアチームやアドバイザーの保有割合が11%であり、プレイヤーへの報酬が34%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますが11%なので理想的な割合と言えるでしょう。

 

③ロードマップが明確

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)はロードマップを明確に示しています。

 

フェーズ1

  • エアドロップキャンペーン
  • ミステリーパックローンチ
  • NFT販売開始

 

フェーズ2

  • NFTマイニング開始
  • 取引所へ上場
  • ゲームシーズン1開始

 

フェーズ3

  • ゲームシーズン2開始
  • ゲームオブスクイッズ開始

 

フェーズ4

  • ゲームギルド提携開始
  • ミステリーパック2ローンチ
  • スカラーシップ制度開始

 

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性に期待が持てそうです。

 

まとめ:SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)は将来性に期待できる

 

今回はSquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)の概要や特徴、始め方などについて解説しました。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)はPlay to earnの普及に伴い、今後人気を集めることが予想されます。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)はスタートして間もないので、今のうちから遊ぶ準備をしておくことで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ)で獲得したトークンを日本円に換金するためには、国内取引所の口座が必須となります。

そのため、スムーズに日本円で受け取るためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5