MONEY

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のStormX(ストーム/STMX)について詳しく知りたい。StormX(ストーム/STMX)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • StormX(ストーム/STMX)の概要
  • StormX(ストーム/STMX)の特徴
  • StormX(ストーム/STMX)の将来性
  • StormX(ストーム/STMX)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のStormX(ストーム/STMX)の概要や特徴が知りたい。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)は、ブロックチェーン上のマイクロタスクプラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、StormX(ストーム/STMX)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとStormX(ストーム/STMX)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、StormX(ストーム/STMX)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

StormX(ストーム/STMX)の概要

storm①

 

通貨単位 STORM
通貨名 Storm
日本語名 ストーム
公開月 2017年11月
発行上限枚数 100億枚
公式サイト https://stormtoken.com/
Twitter @Storm_Token

 

StormX(ストーム/STMX)とは、ブロックチェーンを活用した「マイクロタスクプラットフォーム」を提供する仮想通貨プロジェクトです。

 

クラウドソーシングや副業サイトのようなイメージに近く、企業などが個人へ仕事を発注し個人は仕事をして報酬を得ることができます。

 

報酬はビットコインやイーサリアム、StormX(ストーム/STMX)など複数の種類の暗号資産(仮想通貨)で受け取ることが可能。

 

2021年現在では、1000以上の店舗がStormXに対応しており、急速に普及しています。

 

StormX(ストーム/STMX)の特徴

StormX(ストーム/STMX)の特徴

 

StormX(ストーム/STMX)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 仲介手数料が安い
  2. 迅速な支払い
  3. エンターテイメント要素がある

 

①仲介手数料が安い


既存のクラウドソーシングでは、最大で40%ほどの仲介手数料を支払うケースもあります。

 

これでは10,000円の仕事をしたとしても6,000円しか受け取ることができません。

 

一方、StormX(ストーム/STMX)であれば余計な仲介業者がいないため、余計な仲介手数料を支払う必要が無く、その分をユーザーが多くの報酬を受け取ることができます。

 

②迅速な支払い


仕事を完了したらすぐに報酬を受け取りたいですよね。しかし既存のクラウドサービスでは支払いに数日を要することもあります。

 

一方、StormX(ストーム/STMX)であればブロックチェーンを活用しているため高速送金が可能であり、すぐに報酬を受け取ることができます。

 

③エンターテイメント要素がある

 

既存のクラウドソーシングは与えられた仕事をこなすだけなので、自分の成長を実感して楽しみながら仕事を続けるという感じではありません。

 

一方、StormX(ストーム/STMX)では仕事へのモチベーション向上を目的にゲームの要素を取り入れています。

 

仕事をするごとに「経験値(bolts)」を獲得しレベルが上がっていくイメージです。

 

この「経験値(bolts)」はStormX(ストーム/STMX)に交換できるためレベルが上がるごとに、高い報酬を得ることができます。

 

StormX(ストーム/STMX)の将来性

StormX(ストーム/STMX)の将来性

 

StormX(ストーム/STMX)の将来性を語る上でのポイントは以下の3つ。

 

  1. フリーランス産業の拡大
  2. 対応店舗の増加
  3. 大口投資家による購入

 

①フリーランス産業の拡大

 

今後、日本はもちろん世界中で会社に属さずに働くフリーランスが急増すると見られています。

 

そうしたフリーランス産業の拡大により、企業が個人に仕事を依頼することが増えるため、StormX(ストーム/STMX)の普及の後押しになる可能性があります。

 

②対象店舗の増加


2020年8月米最大級の大手スーパー「ウォルマート」がStormX(ストーム/STMX)での支払いに対応しました。

 

ウォルマートでStormXで支払いを行うと最大14%もの仮想通貨による還元を受けることができます。



その他にもStormXは、eBay(イーベイ)、Nike(ナイキ)、adidas(アディダス)などの大手ブランドと提携し、仮想通貨の還元キャンペーンを展開しています。

 

③大口投資家による購入

 

リップル社の最高技術責任者(CTO)のDavid Schwartz氏はStormXを保有することで知られています。


保有量順に見てみると、XRP、BTC、ETH、BAT、XLM、ADA、Polymath、BNT、KIN、Crypterium、StormX、Bitcoin Gold、EOSの順とのこと。

 

このようにリップル社の最高技術責任者が保有していることで、StormXの将来性を高く評価していることが伺えます。

 

StormX(ストーム/STMX)の購入方法

仮想通貨を購入

 

StormX(ストーム/STMX)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でStormX(ストーム/STMX)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでStormX(ストーム/STMX)を購入する

 

なので、StormX(ストーム/STMX)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:StormX(ストーム/STMX)は今後の需要増加が見込まれる

まとめ:Kava(カヴァ)は今後の価格上昇に期待が持てる

 

今回はStormX(ストーム/STMX)について解説してきました。

 

StormX(ストーム/STMX)は企業が個人へ仕事を依頼するためのプラットフォームなので、今後のフリーランス増加と共に需要が増えると見込まれます。

 

StormX(ストーム/STMX)は2021年9月現在で3くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

storm価格

 

繰り返しになりますが、StormX(ストーム/STMX)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、StormX(ストーム/STMX)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

IOSTのエアドロップについてはこちらで紹介しています。

IOST
仮想通貨IOSTのエアドロップはいつ?コインチェックの対応などを解説

続きを見る

 

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5