CRYPTO

歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

Sweatcoin

 

悩んでいる人
Sweatcoinって歩くだけで仮想通貨が貯まるらしいけど本当なのかな?Sweatcoinの特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Sweatcoinの概要
  • Sweatcoinは怪しい?
  • Sweatcoinの特徴
  • Sweatcoinの始め方
  • Sweatcoinの稼ぎ方
  • Sweatcoinの将来性

 

 

本記事の信頼性

 

筆者は実際に毎日Sweatcoinを使って仮想通貨を獲得しています。さらに、仮想通貨ブログで月7桁の収益を得ています。

 

ここ最近、歩くだけで暗号資産(仮想通貨)が獲得できるアプリ「Sweatcoin」が大きな注目を集めています。

 

 

Sweatcoinは歩くだけでSweatcoinがもらえるゲームで、無料で始められることが大きな特徴です。

 

今回は実際にSweatcoinで仮想通貨をGETしている僕が、Sweatcoinの特徴や将来性、始め方などを解説していきます。今回の記事を読むことでSweatcoinについてしっかりと理解することができます。

 

なお、Sweatcoinは将来的に仮想通貨SWCと交換可能になることを運営が発表しています。そのため事前準備として、今のうちに仮想通貨取引所の口座を開設しておくと安心です。

 

おすすめの取引所は少額の500円から購入できて、国内最大級の取り扱い数を誇るコインチェックです。

 

口座開設はもちろん無料。サクッと開設して1,000円くらいでいいので入金も済ませておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Sweatcoinの概要

出典:Sweatcoin公式サイト

 

Sweatcoinは歩くだけでSweatトークンがもらえるゲームです。

 

 

STEPNと違ってSweatcoinは無料で始められるのが大きな特徴であり、STEPNの初期費用に躊躇している方でも気軽に始めることができます。

 

 

1000歩ごとにSweatcoinが1枚獲得できる仕組みであり、STEPNのように大きく稼げるわけではありませんが日々こつこつとSweatcoinを貯めることができます。

 

獲得したSweatcoinはアプリ内での商品購入や寄付、そして将来的には仮想通貨SWCと交換可能です。

 

仮想通貨SWCがローンチされた際に価格が高騰する可能性もあるので、今から参入しておくと先行者利益が得られるかもしれません。なにより無料なのでデメリットが無いのが嬉しいですね。

 

Sweatcoinは怪しい?

 

無料で始められて仮想通貨が貯まるなんて怪しいと感じますよね。

 

ですが、Sweatcoinは日本では知名度が低いだけで、既に全世界で利用されているアプリなので一定の信頼性があります。

 

  • 世界中で6,400万人以上がSweatcoinに登録
  • 世界20ヶ国でアプリダウンロード数No.1
  • 2016年から運営するプロジェクト

 

世界中で6400万人以上がSweatcoinを利用しており、各国でダウンロード数No.1も記録しています。

 

さらにSweatcoin自体は2016年から継続している歴史あるプロジェクトと言えるでしょう。

 

Sweatcoinの特徴

 

Sweatcoinの特徴は以下のとおり。

 

  1. 初期費用は無料
  2. 「ヘルスケア」と連動
  3. STEPNと同時利用できる
  4. ユーザー数が多い

 

①初期費用は無料

 

Sweatcoinは無料で始められるので、初期費用が一切かかかりません。

 

アプリをダウンロードして歩くだけでSweatcoinが自然に貯まっていきます。

 

 

STEPNも稼ぎやすくて素晴らしいゲームですが、初期費用が最低でも15万円ほどかかってしまうため参入ハードルが高いんですよね。さらに原資回収までに少し時間がかかるのもネックです。

 

その点、Sweatcoinであれば無料なので原資回収する必要もないので、気軽に始めることができます。

 

②「ヘルスケア」と連動

 

SweatcoinはIOSアプリの「ヘルスケア」と連動し、歩数を計測しています。

 

そのため、アプリ起動しなくてもヘルスケア側で歩数が自動計測されてSweatcoinが貯まっていきます。

 

 

STEPNだと毎回歩く前に忘れずにアプリを起動する必要がありますが、Sweatcoinであればそのような心配はありません。

 

稼げる額は1000歩ごとに1Sweatcoinを獲得できて、一日あたり最高で9,5Sweatcoinを獲得できます。

 

③STEPNと同時利用できる

 

SweatcoinはSTEPNと同時利用することが可能です。

 

STEPNアプリとSweatcoinアプリを同時に起動することで、それぞれのトークンであるGSTとSweatcoinを獲得することができます。

>>仮想通貨Green Satoshi Token(GST)とは?概要や特徴、将来性について徹底解説

 

STEPNユーザーにとっては今までと同様に歩くだけで、獲得できる仮想通貨が増えるというメリットがあります。

 

なによりも無料なのでやらない理由はなさそうです。

 

④ユーザー数が多い

 

Sweatcoinのユーザー数は全世界で6,400万人を超えています。

 

アプリのダウンロード数は7,000万件を超えているため、ユーザー数も近いうちに7,000万人に達すると見られています。

 

2016年イギリスで発足したMoveToEarnの先駆者ともいえるアプリなので、今後もSTEPN人気などとも相まってユーザー数が増えていきそうです。

 

Sweatcoinの始め方

 

Sweatcoinの始め方は以下のとおり。ふつうにアプリをインストールして歩くだけなので、簡単です。

 

  1. アプリをインストールする
  2. アプリを起動して歩く

 

①アプリをインストールする

 

まず、Sweatcoinアプリをダウンロードします。

 

 

続いて、「Appleでサインアップ」をタップ。

 

Sweatcoin02

 

「モーションとフィットネスを許可」をタップ。

 

 

プッシュ通知の受け取り可否を選択。ぼくは受け取らない設定にしてますが、好きな方を選べばOKです。

 

Sweatcoinpush

 

以下の画面になれば登録完了です。

 

 

②アプリを起動して歩く

 

登録が完了したら、アプリを起動して歩くだけで自動で歩数計算し、Sweatcoinが付与されます。

 

Sweatcoinwalk

 

Sweatcoin単体でも稼げますし、STEPNをやっていれば併用可能なのでさらに稼げます。

 

なにより無料なので始めておいて損はないかと。

 

Sweatcoinの稼ぎ方

 

Sweatcoinの稼ぎ方は以下のとおり。

 

  1. 歩いて稼ぐ
  2. 広告を見て稼ぐ
  3. アプリ紹介で稼ぐ

 

順番に説明します。

 

①歩いて稼ぐ

 

1つめは歩いて稼ぐ方法です。

 

Sweatcoinアプリをインストールして普通に歩くだけでヘルスケアの歩数と連動してSweatcoinが貯まります。

 

 

2倍ブースト

2倍ブーストを利用することで、20分間だけ歩数×2倍のSweatcoinを稼ぐことができます。

 

方法はSweatcoinアプリ内の「2倍ブースト」をクリックするだけです。

 

 

2倍ブーストを使う際はアプリを起動して操作する必要があるので、忘れないよう注意してください。


②広告を見て稼ぐ

 

2つめがアプリ内の広告を見て稼ぐ方法です。

 

やり方はアプリ内のデイリーリワードで「獲得」をタップするだけ。

 

 

1つの広告を閲覧するとだいたい1Sweatcoinを獲得できるので、3つの広告で3Sweatcoin程度を獲得可能です。

 

③アプリ紹介で稼ぐ

 

3つめがSweatcoinアプリの紹介で稼ぐ方法です。

 

自分専用のリンク経由で1人登録するごとに5Sweatcoinを獲得できます。

 

やり方はアプリ内右下の人型をクリックし、リンクをコピーしてLINEやSNSなどに貼るだけです。

 

 

STEPN人気でSweatcoinもかなり注目を集めており、なおかつ無料なので登録されやすいかと。

 

Sweatcoinの将来性

 

続いて、Sweatcoinの将来性について解説します。

 

  1. Move to earnの浸透
  2. 有力なスポンサーからの出資
  3. 将来的に$SWCと交換できる

 

①Move to earnの浸透

 

身体を動かすことで報酬がもらえる「Move to earn」が今後さらに浸透すると見られています。

 

STEPNやこのSweatcoin以外にも多数のMove to earnアプリがリリースされており、注目を集めています。

 

  • Genopets(ジェノペッツ)
  • Fitmint(フィットミント)
  • THE SNKRS(ザ・スニーカーズ)
  • STEP(ステップ)
  • Dustland(ダストランド)
  • DEFY

 

上記のアプリは同時起動して併用できるため、1台のスマホで効率的に稼ぐことが可能です。

 

こうしたMove to earnゲームが今後さらに普及することで、Sweatcoinの認知度もさらに向上しユーザー数の増加につながります。

 

②有力なスポンサーからの出資

 

Sweatcoinはすでに多くの有力スポンサーからの出資を受けています。

 

sponcer

 

一例を出すと以下のとおり有名VCなどが名を連ねています。

 

  • OKEx
  • NEAR
  • SPARTAN
  • GSR

 

大手取引所Okexの投資部門やNEAR財団といった有力VCの他、Terra創設者であるDO KWON氏も出資しているため、Sweatcoinの将来性が高く評価されていることがわかります。

>>仮想通貨LUNA(テラ/Terra)とは?概要や特徴、購入方法を徹底解説

 

③将来的に$SWCと交換できる

 

Sweatcoinは2022年7月~9月の間に $SWEATという暗号資産(仮想通貨)をローンチすると発表しています。

 

 

ローンチ後は1Sweatcoin=1SWEATとして交換できます。

 

そのため、今のうちからできるだけSweatcoinを貯めておくことで、$SWEATローンチ時に利益を得られる可能性が高くなります。

 

Move to earnは先行者に対して様々なインセンティブを用意していることが多いので、早めに参入することで先行者利益につながります。

 

まとめ:Sweatcoinは将来性に期待が持てる

 

今回はSweatcoinの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

 

Sweatcoinは歩くだけでSweatcoinが獲得でき、なおかつ無料で始めることができるため、今後人気を集めることが予想されます。

 

さらにmove to earnが普及することにより、Sweatcoinのような運動系アプリの需要が増えるはず。

 

Sweatcoinはアプリをダウンロードするだけで無料で始められるので、少しでも興味があるならサクッと始めておきましょう。

>>Sweatcoinを無料で始める

 

また、重要なことなので繰り返しですがSweatトークンは将来的に仮想通貨$SWEATと交換可能になります。

 

$SWEATを将来的に日本円で受け取るためには、仮想通貨取引所の口座開設が必須です。

 

おすすめの取引所は少額の500円から購入できて、国内最大級の取り扱い数を誇るコインチェックです。

 

口座開設はもちろん無料。サクッと開設して今のうちに$SWEATを受け取る準備を済ませておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5