NFT

Walken(ウォーケン)とは?始め方・稼ぎ方、将来性について解説

 

悩んでいる人
Walken(ウォーケン)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?Walken(ウォーケン)の概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Walken(ウォーケン)の概要
  • Walken(ウォーケン)の特徴
  • Walken(ウォーケン)の始め方
  • Walken(ウォーケン)の稼ぎ方
  • Walken(ウォーケン)の将来性
  • Walken(ウォーケン)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「Walken(ウォーケン)」です。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Walken(ウォーケン)の特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでWalken(ウォーケン)の始め方がわかるので、遊びながら稼げるようになるはずです。

なお、Walken(ウォーケン)で効率的に稼ぐためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Walken(ウォーケン)を始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Walken(ウォーケン)の概要

ゲーム名 Walken(ウォーケン)
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン $WLKN
ブロックチェーン Solana
公式サイト Walken公式サイト

 

Walken(ウォーケン)は運動と対戦で$WLKNが獲得できるMove to earnゲームです。

Solanaチェーンを利用して開発されており、歩くだけではなく他のプレイヤーとの対戦要素があるのが他のゲームとの違いです。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

無料で始めることができ、ヘルスケアと連動しているのでアプリを立ち上げる必要がありません。この点は大人気アプリのSweatcoinと似ていますね。

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

Walken(ウォーケン)はCATthletesという動物のキャラクターNFTを使うことが特徴であり、CATthletesにはレア度が設定されています。

CATthletesはマーケットプレイスで売買することができ、二体を掛け合わせて新しいCATthleteを生み出すことも可能です。

Walken(ウォーケン)はSTEPNなどと同時使用できるので、歩く習慣のある方はインストールしておくことをオススメします。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

 

Walken(ウォーケン)の特徴

 

Walken(ウォーケン)の特徴は以下のとおり。

  1. Solanaチェーンを採用
  2. WLKNトークン
  3. Move to EarnとPlay to Earnを両立
  4. 様々なNFTを用意
  5. 他のアプリと併用可
  6. 無料で始められる

順番に説明します。

 

①Solanaチェーンを採用

Walken(ウォーケン)はSolanaチェーンを使用して開発されています。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

Solanaチェーンは取引処理が高速かつ低コストであることが特徴であり、ゲーム内でNFT売買を迅速に行うことが可能。

Solanaのトランザクション生成速度は毎秒5万件であり、Defi分野においても重宝されておりSTEPNのようなNFTゲームでも採用されています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

Walken(ウォーケン)では育てたキャラクターをNFTとして売買する機会が多いので、低コスト・高速処理のSolanaチェーンによってストレスなく取引を行うことができます。

 

②WLKNトークン

WLKNトークンはWalken(ウォーケン)内で使用されるゲーム内トークンです。

WLKNトークンはWalkenの略で取引所で購入するか、バトルに勝利することで獲得することができます。

WLKNトークンの保有者は、プロジェクトの運営方針などについて投票できるほか、トークンを賭けて報酬を得ることができます。獲得できるトークンの量は、プレイヤーの人数と獲得できるトークンの量に基づいて計算されます。

 

③Move to EarnとPlay to Earnを両立

Walken(ウォーケン)はPlay to Earn要素とMove to Earn要素を両立させた点が大きな特徴です。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

>>Move to Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説

CATthletes同士のバトルなどのPlay to Earn要素のほかに、歩くことでCATthletesを育成して利益を得られるためMove to Earn要素も併せ持っています。

単にCATthletesを育ててバトルさせるだけのゲームにとどまらず、収益を得られるようにした点が斬新と言えます。

従来のゲームはインドアで不健康なイメージがありましたが、CATthletes育成のために歩くことで健康にもつながります。

 

④様々なNFTを用意

様々なCATthletesのNFTが用意されており、楽しんで選びながらプレイすることができます。

CATthletesに装備できるNFTウェアラブルアイテムも用意されており、着せ替えて楽しむことができます。

これらのNFTはマーケットプレイスで売買可能なので、欲しいNFTを追加購入したり、保有するNFTを売却することで利益を得ることも可能です。

>>【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

 

⑤他のアプリと併用可

Walken(ウォーケン)は他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoin、Agletなど同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

>>【無料】Aglet(アグレット)とは?始め方・稼ぎ方を画像付きで解説

このように系統が似ているMove to EarnゲームとWalken(ウォーケン)を同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

⑥無料で始められる

Walken(ウォーケン)は無料で始めることができます。

通常のMove to Earnゲームは最初にスニーカーなどのNFTアイテムを購入する必要があり、STEPNなどではその初期費用のせいで始められないユーザーも数多くいました。

>>STEPNの初期費用はいくら?原資回収までの日数も紹介

その点、Walken(ウォーケン)は最初にNFTのCATthletesが貰えるので自分で購入する必要がありません。

そのため、誰でも気軽に始めることができ、自分に合った運動で健康になりながらトークンを貯めることができます。

 

Walken(ウォーケン)の始め方

 

それでは、Walken(ウォーケン)の始め方を画像付きで解説します。

まずは公式サイトからアプリをインストールします。

 

どのアカウントで作るかを選択。

 

注意事項を確認し、「Got it」をタップ。

 

シードフレーズを書き写す準備ができたら、「I´m Ready」をタップ。

 

シードフレーズを確認し、「Got it」をタップ。

 

3~12個めのシードフレーズを選択し、「Got it」をタップ。

 

「Get CAThlete」をタップ。

 

「Let's start!」をタップ。

これでNFTの入手まで完了したので、ゲームをスタートできます。

 

Walken(ウォーケン)の稼ぎ方

 

Walken(ウォーケン)の稼ぎ方は以下の3つです。

  1. 歩いて稼ぐ
  2. バトルで稼ぐ
  3. NFT売買で稼ぐ

順番に解説します。

 

①歩いて稼ぐ

まずは基本となる歩いて稼ぐ方法です。

Walken(ウォーケン)アプリを起動して歩くことで、歩いた歩数に応じて1000歩につき1GEMを獲得できます。

Apple HealthkitとAndroid Healthと連動させているので、自動で計測される点が非常に楽ですね。

GEMを使用することで自分のCATthleteのスピード、体力、スタミナをアップグレードすることができます。

CATthleteのステータスが上がるとバトルの勝率が上がり、WLKNトークンをGETしやすくなります。

 

②バトルで稼ぐ

2つめがバトルで稼ぐ方法です。

バトルはランダムに他のプレイヤーとマッチングされ、CATHleteのステータスの高い方が勝利します。

バトルに勝つとWLKNトークンを獲得することができ、獲得できるWLKNトークンの量はCAThleteのレベルが高くなるほど多くなります。

CAThleteは1日に使用できるライフ数に制限があり、1回のバトルにつき、1つのライフを消費します。

NFTマーケットプレイスでCAThleteを追加購入することがで、複数回のバトルに参加できるようになります。

より多くのバトルに勝利し、より多くのWLKNトークンを獲得するためにはNFTキャラクターをアップグレードし続ける必要があります。

これにより、ゲーム内でトークンを使用する機会が増え、トークンの売り圧力を軽減します。

 

③NFTで稼ぐ

3つめがNFTで稼ぐ方法です。

Walken(ウォーケン)で使うNFTはマーケットプレイスで売買できる予定であり、保有するNFTを売ることで収益を得ることが可能です。

レベルの高いCAThleteなどは高値で取引される可能性があるため、複数のCAThleteを育成してから売却することでまとまった利益を得られるかもしれません。

マーケットプレイスは現在開発中ですが、今の内からNFTを集めておくことで先行者優位に立つことができます。

 

Walken(ウォーケン)の将来性

 

Walken(ウォーケン)の将来性についても見ていきましょう。

  1. 多数の企業と提携
  2. ロードマップが明確
  3. Move to Earnの普及

順番に解説します。

 

①多数の企業と提携

Walken(ウォーケン)はすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

Huobi VenturesやOLIVEXなど有名プロジェクトが多数名を連ねています。

今後新たな企業・プロジェクトと提携する可能性もあるため、Walken(ウォーケン)の信頼性や実用性がより評価されそうです。

 

②ロードマップが明確

Walken(ウォーケン)はロードマップを明確に示しています。

2023年第一4半期までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q2

  • ver1.0に向けた開発
  • NFTマーケットプレイス
  • ステーキング機能
  • バトルのためのPvEアルゴリズム

 

2022.Q3

  • CAThletesミント機能
  • NFTプレゼント
  • 主要取引所への上場
  • フィアットマネーのNFT購入

 

2022.Q4-2022.Q1

  • プレイメカニズムの追加
  • プレイメカニズムのオープンなAPI
  • プレイヤーアビリティの能力強化
  • フィットネスとゲームの創造
  • 販売用地と居住用地の分配
  • Defiプラットフォーム

 

ステーキング機能や主要取引所への上場、そしてDefiプラットフォームの開発も予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

>>【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③Move to Earnの普及

今後Move to earnゲームは仮想通貨に関心が無い一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことにより、Move to Earnが現実的に可能であることが証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

実際にcalo runや5KMなどのMove to EarnゲームやこのWalken(ウォーケン)など多数の類似ゲームがリリースされ、実際に多くのユーザーが運動をしながら報酬を得ています。

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

>>5KMとは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

Move to earnゲーム人気に後押しされ、Walken(ウォーケン)も今後多くのユーザーに支持される可能性が高いです。

 

Walken(ウォーケン)に関するよくある質問

 

最後にWalken(ウォーケン)に関するよくある質問に答えます。

  1. Walken(ウォーケン)の初期費用はいくら?
  2. Walken(ウォーケン)はスマホで遊べるの?
  3. Walken(ウォーケン)は他のアプリと同時使用できる?

順番に回答します。

 

①Walken(ウォーケン)の初期費用はいくら?

Walken(ウォーケン)は無料で始めることができます。

アプリをダウンロードするだけで始められるので、初期費用は必要ありません。

ただし、新しいCAThleteやNFTアイテムを購入する場合には費用がかかるので注意が必要です。

 

②Walken(ウォーケン)はスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

iOSとAndoroid対応のアプリがリリースされているため、インストールするだけでOKです。

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③Walken(ウォーケン)は他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

実際にSTEPNなどと併用しているユーザーが多いため、それぞれのゲームのトークンを獲得できます。

こんな感じでいくつものアプリを併用することで、トークンの獲得効率を何倍にも高めることができます。

特に歩いて稼ぐSTEPNとの相性が良いため、一緒にSTEPNを始めることをおすすめします。STEPNの始め方は以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

 

まとめ:Walken(ウォーケン)は将来性に期待できる

 

今回はWalken(ウォーケン)の概要や特徴、始め方などについて解説しました。

Walken(ウォーケン)はMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

Walken(ウォーケン)はスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Walken(ウォーケン)で効率的に稼ぐためにはCAThleteやNFTへの投資が必要になります。

WLKNトークンの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して少額の10,000円くらいを入金しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5