NFT

WingStepとは?始め方や稼ぎ方、将来性について徹底解説

wingstep

 

悩んでいる人
WingStepというゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?WingStepの特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • WingStepの概要
  • WingStepの特徴
  • WingStepのゲーム内容
  • WingStepの始め方
  • WingStepの稼ぎ方
  • WingStepの将来性
  • WingStepに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「WingStep」です。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、WingStepの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでWingStepの始め方がわかるので、ゲームで遊びながら稼げるようになるはずです。

なお、WingStepを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

WingStepを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

WingStepの概要

wingstep

出典:WingStep

ゲーム名 WingStep
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン WST・WSS
ブロックチェーン BSC
公式サイト WingStep公式サイト

WingStepはさまざまな運動をすることでWSSトークンが獲得できるMove to earnゲームです。

>>Move to Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説

BSCチェーンを利用して開発されており、NFTスニーカーを購入して歩く・走るなどの運動や各種ミッションをクリアすることで稼げます。

>>バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

獲得したWSSはスニーカーの購入やリペア、新たなスニーカーのMINT等に使用可能。

WingStepは報酬額が一定であるため、後発でも問題なく稼ぐことができます。

健康的な運動習慣を身に付けながら、報酬がもらえるゲームとして多くの注目を集めています。

 

WingStepの特徴

WingStepの特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーンにBSCを採用
  2. 2種類のトークンを採用
  3. NFTが売買可能
  4. 5種類のスニーカー
  5. 他のアプリと併用可
  6. 様々な運動で稼ぐことができる

順番に説明します。

 

①ブロックチェーンにBSCを採用

WingStepはバイナンススマートチェーン(BSC)を使用して開発されています。

BSCは海外大手取引所のBINANCEが提供するブロックチェーンであり、格安な手数料と高速処理が特徴。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

そのため、NFT売買などを格安かつ迅速に行うことができます。

実際に大手DEXであるPancakeswapや多くのMove to EarnゲームがBSCを利用して開発されています。

>>PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方や使い方を徹底解説

WingStepではNFTスニーカーを取引する機会が多いので、低コスト・高速処理のBSCを活用することによってユーザーはストレスなく取引が可能です。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②2種類のトークンを採用

出典:WingStep

WingStepは2種類のトークンを採用しています。

WingStep内で使えるトークンは以下の2つ。

  • WST
  • WSS

 

WST

WSTはWingStep内のガバナンストークンです。

使用用途は以下のとおり。

  • 一定レベルへのレベルアップ
  • WingStep運営への投票

WSTの総供給量は500.000.000を上限に発行されます。

 

WSS

WSSはWingStepのゲーム内トークンです。

使用用途は以下のとおり。

  • スニーカーのレベルアップ
  • ソケット開放
  • ジェムのアップグレード
  • スニーカーの修理
  • スニーカーの購入

WSSの発行数は無制限に設定されています。

 

③NFTが売買可能

ユーザーはNFTをアプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

WingStep内のスニーカーやジェムなどのアイテムは全てNFT化されており、ユーザー同士で自由に売買することができます。

レベルの高いスニーカーやレアリティの高いアイテムは高値で取引されており、自分で育てた自転車を売却して利益を得ることができます。

 

④5種類のスニーカー

出典:WingStep

WingStepには5種類のNFTスニーカーが用意されています。

  • Trial
  • Special
  • Unique
  • Noble
  • Universe

それぞれ1日に移動できる距離が異なるので、自分のスタイルに合ったスニーカーを選ぶことが重要です。

自分のライフスタイルに合わせたスニーカーを選ぶことで、ゲームを楽しみながら無理なく稼ぐことができます。

 

⑤他のアプリと併用可

WingStepは他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoinなどと同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

このように系統が似ているMove to EarnゲームとWingStepを同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

⑥様々な運動で稼ぐことができる

WingStepは歩く・走る以外にも様々な運動で稼ぐことができます。

WingStepで対応している運動は以下のとおり。

  • サイクリング
  • ジム(ジム/自宅)
  • スイミング
  • ゴルフ
  • テニス
  • ランニング
  • ウォーキング

このように幅広い運動に対応しているため、自分の得意な運動で無理なく稼ぐことができます。

 

WingStepのゲーム内容

WingStepのゲーム内容について見ていきましょう。

  1. ゲームモード
  2. Social Fi
  3. Defi
  4. ハッピーボックス
  5. NFTスニーカー

順番に解説します。

 

①ゲームモード

出典:WingStep

WingStepには5種類のゲームモードが用意されています。

  • パーソナルモード
  • パーティモード
  • アリーナ
  • ミッション
  • ウィークリーパス

それぞれのモードについて解説していきます。

 

パーソナルモード

パーソナルモードはWingStepの基本的なトレーニングモードです。

NFTスニーカーによって1日のエナジー量と1日に獲得できるトークン量が異なります。

よりレアリティの高いNFTスニーカーや、より多くのNFTスニーカーを所有することで、より多くの報酬を獲得することができます。

 

パーティモード

パーティーモードは他のプレイヤーと一緒にランニングに参加するモードです。

パーティモードでは隊長が所有するNFTスニーカーの数に応じて、メンバー全員に対して報酬が支払われます。

メンバーと隊長の位置が100m以上離れた場合はパーティーモードがキャンセルされ、パーソナルモードとしての報酬を獲得できます。

隊長が保有するのNFTの数と報酬の関係は以下のとおり。

 

アリーナ

現在開発中です。

 

ミッション

ミッションはタスクをクリアして報酬を獲得するモードです。

ミッションには3つのタイプがあります。

  • 共有タスク:写真を撮る、チェックインする等のタスク
  • 実行タスク:宝物を探す、他のWingStepユーザーを探す等のタスク
  • その他のタスク:毎週、毎月のタスクなど

各タスクの難易度に対応し、受け取れるWSTトークンの量も異なります。難易度が高く、距離が長いほど、報酬も多くなります。

一度受けた任務はキャンセルすることができず、キャンセルした場合はWSSトークンを消費します。

 

ウィークリーパス

現在開発中です。

 

②Social Fi

出典:WingStep

WingStepのユーザーは自分の運動に関する記事を作成したり、他のユーザーが練習するためのチュートリアルを作成できます。

WingStepのソーシャルネットワークではコンテンツの共有に重点を置いており、作成した記事をNFT化して他のユーザーに共有することが可能です。

このソーシャルネットワークでは、コンテンツクリエイターをフォローすることができます。

ユーザーはクリエイターにトークンで報酬を与えたり、そのコンテンツを購入して自分のNFTコレクションにすることができます。

出典:WingStep

 

③Defi

WingStepにはDefi機能が実装されており、ステーキング等で収入を得ることができます。

そのため、ゲームをプレイして稼ぐだけでなく、トークンの運用でも稼ぐことができるため資産運用が効率化します。

WingStepでは以下の3つのDefiゾーンが儲けられています。

 

Big Man

WST/WSSを一定期間ステーキングすることで、利息が得られるモードです。

ステーキング期間は3ヶ月で、預けるトークン量により利息の額が変わります。

出典:WingStep

フレキシブルステーキングも用意されており、こちらだと毎日報酬が受け取れます。

出典:WingStep

 

Fat Man

WSSトークンを受け取るためのNFTステーキングエリアです。利息の割合はステーキングに投入されたNFTの総価値に対して算出されます。

出典:WingStep

 

Fleshy Man

WST/WSSトークンをロックして利息を受け取ることができるステーキングエリアです。

ミステリーボックスとNFTスニーカーを獲得できる場合があります。

出典:WingStep

 

④ハッピーボックス

出典:WingStep

ハッピーボックスはゲームをプレイしていると一定の確率で拾えます。

発見率はNFTスニーカーのLCKのステータスに影響を受けます。

ハッピーボックスの中身は以下の3種類のいずれかです。

  • ジェム:spd/cry/qck/lckやクールダウンなど様々な属性のジェム
  • チケット:リペアチケットとクールダウン減少チケットや性能アップチケット
  • トークン:WST/WSSトークン

 

⑤NFTスニーカー

出典:WingStep

NFTスニーカーはレアリティに応じて能力が異なります。

レアリティ 冷却期間 走行距離
Trial 24h 500m
Special 24h 500m
Unique 22h 1000m
Noble 20h 2000m
Universe 18h 3000m

NFTスニーカーの基本性能は以下のとおり。

レアリティ STR INT AGI LCI
Trial 0 0 0 0
Special 0 5 1→6 1→10
Unique 0→10 7 5→15 5→30
Noble 10→20 8.5 10→20 15→50
Universe 20→30 10 15→30 30→100

 

NFT抽選箱

初期費用を抑えてNFTスニーカーを利用できるようにNFT抽選箱が用意されています。

レアリティごとのドロップ率は以下のとおり。

レアリティ ドロップ率
Trial 45%
Special 25%
Unique 15%
Noble 10%
Universe 5%

 

ミント

所有する2足のスニーカーをもとに新たなスニーカーを生み出すことができます。

ミントするNFTスニーカーのランクとレアリティによって、ミント費用が異なります。

レアリティの異なる2つのNFTスニーカーをミントすることはできません。

レアリティ ミント可否 確率 費用
Trial
Special 39% Unique - 61% Special 500 WST
Unique 29% Noble - 71% Unique 1200 WST
Noble 19% Universe - 81% Noble 1500 WST
Universe 開発中 開発中

 

NFTアップグレード

NFTスニーカーをアップグレードするとステータスが上昇します。

NFTスニーカーはレベル0から始まり、レベル30までアップグレードすることができます。

アップグレードを行うと、STR/INT/AGI/LCIを含む4属性すべてのステータスが上昇します。また、アップグレード料金としてWSTが必要になります。

NFTスニーカーをアップグレードする際の指標と料金は下表のとおりです。

レベル ステータス 費用 トレード
Lv.1→5 全ステータス+0.5%上昇 100 WST
Lv.5→10 全ステータス+0.6%上昇 200 WST
Lv.10→15 全ステータス+0.7%上昇 300 WST
Lv.15→20 全ステータス+0.8%上昇 400 WST
Lv.20→25 全ステータス+0.9%上昇 400 WST
Lv.25→30 全ステータス+1%上昇 500 WST

 

エナジー

各NFTスニーカーにはエナジーが設定されており、パフォーマンスバーが充電されることでトークンを獲得できるようになります。

パフォーマンスバーを使い切ると、トレーニングを続けることはできても、報酬を獲得することはできなくなります。パフォーマンスバーを回復させるにはクールダウンの期間を設ける必要があります。

NFTスニーカーはそれぞれパフォーマンスバーとクールダウンの時間が異なっており、パフォーマンスバーの性能に見合った報酬を受け取ることができます。NFTスニーカーのステータスが大きいほど、パフォーマンスと報酬が多くなります。

 

耐久性

耐久性はNFTスニーカーの消耗度を決める要素です。

耐久度が=0%になると、そのNFTスニーカーは使用できなくなります。

使い続けたい場合はNFTスニーカーを修理する必要があり、NFTのレアリティによって修復にかかる費用は異なります。

 

AFKタイム

AFKタイムはゲームをプレイしないことによるペナルティ制度です。

一定時間NFTスニーカーを使用しなかった場合、AFKタイムのカウントダウンが開始されます。AFK Timeが0になると、そのNFTスニーカーの耐久度が25%減少します。

NFTスニーカーのレアリティによって、AFKタイムが異なります。

ハッピーボックスから入手できる「AFK Ticket」を使用すると、ペナルティなしでNFTの時計を24時間停止させることができます。

 

ステータス

NFTスニーカーには以下のステータスが設定されています。

  • 体力(STR):パフォーマンスバーの減少に影響
  • 知性(INT):数値が大きいと移動時の報酬が増加する
  • 敏捷(AGI):数値が大きいと耐久力の修理コストを下げる
  • 幸運(LCI):移動中にアイテムを拾う確率に影響

出典:WingStep

 

ジェムソケット

ジェムソケットは、ジェムをはめ込むための区画です。

デフォルトでは、NFTに応じて1-2セルが空いており、残りのセルはWSTトークンを使用してロックを解除する必要があります。

ジェムはNFTスニーカーのステータスを上昇させる石で、ジェムはマーケットプレイスで購入できるほか、シークレットボックスを開けて入手することも可能です。

ジェムの使用で得られる効果は以下のとおり。

  • STR/INT/AGI/LCI上昇
  • クールダウン減少
  • 性能アップ
  • WST取得率アップ

 

WingStepの始め方

WingStepの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBNBを購入する
  6. Metamaskをインストールする
  7. Metamaskに入金する
  8. PancakeSwapでBNBをWSSに交換
  9. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBNBを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはBNBが必要になるので、BNBを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑦Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したBNBをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑧PancakeSwapでBNBをWSSに交換

次に、パンケーキスワップでBNBをWSSに交換します。

NFTの購入には仮想通貨WSSが必要になるためです。

手順は以下のとおり。

  1. パンケーキスワップにアクセス
  2. 「Connect Wallet」でMetamaskを選択
  3. 「Trade」の「Swap」を選択し、上がBNB、下がWSSになっているのを確認
  4. 数量を入力し、スワップする

Pancakeswapの使い方の詳細は、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方や使い方を徹底解説で解説しているので参考にしてください。

 

⑨NFTを購入する

その後、アプリでユーザー登録し、ウォレットを接続してNFTスニーカーを購入すれば準備完了です。

 

WingStepの稼ぎ方・遊び方

WingStepの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. 運動して稼ぐ
  2. NFTで稼ぐ
  3. ステーキングで稼ぐ

順番に解説します。

 

①運動して稼ぐ

まずは基本となる運動して稼ぐ方法です。

購入したNFTスニーカーを保有した状態で走る・サイクリング・テニス等の運動をすることでWSSが獲得できます。

NFTスニーカーにはレベルとレアリティが設定されており、高レベル・高レアリティの方がWSSをより多く獲得することができます。

 

②NFTで稼ぐ

NFTを売買して稼ぐことも可能です。

WingStepのNFTスニーカーやジェムなどはマーケットプレイスで購入することができ、レベルやレアリティによって価格が異なります。

レベルが上がるほどNFTスニーカーの価格が高価になり、より多くの売却益を獲得できるようになります。

 

③ステーキングで稼ぐ

ステーキングで稼ぐこともできます。

WingStepのトークンであるWST/WSSをステーキングして利益を得ることも可能です。

ステーキングはトークンを預けておくことで、報酬としてトークンが獲得できる仕組みであり、基本的には預けた後は放置でOKです。

そのため、ステーキングはゲームが苦手な方にもおすすめの稼ぎ方と言えます。

 

WingStepの将来性

WingStepの将来性についても見ていきましょう。

  1. 開発チームが優秀
  2. ロードマップが明確
  3. トークノミクスが理想的

順番に解説します。

 

①開発チームが優秀

WingStepは開発チームが優秀であり、将来に期待できます。

出典:WingStep

ファウンダーのDanny Leeは韓国の暗号資産業界で活躍しており、複数のブロックチェーンと暗号資産のプロジェクトを立ち上げています。

もう一人のファウンダーであるPark Weonsikは6年間のゲームプランニングやモバイルビジネスのマネージャー経験を有しています。

このように経験豊富なメンバーが集結しており、将来性に期待が持てるでしょう。

 

②ロードマップが明確

出典:WingStep

WingStepはロードマップを明確に示しています。

2023年Q2までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q3

  • NFT販売
  • アプリ紹介
  • INO
  • IDO
  • 取引所への上場

 

2022.Q4

  • アプリバージョン1リリース
  • ミッションリリース
  • KOLコラボNFT販売

 

2023.Q1

  • アプリバージョン2リリース
  • 新機能アップデート
  • ランナークラブリリース
  • 限定NFT販売
  • メタバース対応

コラボNFT販売やメタバース対応等を予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③トークノミクスが理想的

WingStepはトークノミクスが理想的と言えます。

WingStepのトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

出典:WingStep

運営チームの保有割合が15%であり、エコシステムへの配分が49%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがWingStepは理想的な割合と言えるでしょう。

 

WingStepに関するよくある質問

最後にWingStepに関するよくある質問に答えます。

  1. WingStepの初期費用はいくら?
  2. WingStepはスマホで遊べるの?
  3. WingStepは他のアプリと同時使用できる?

順番に回答します。

 

①WingStepの初期費用はいくら?

WingStepの初期費用は1.5万円ほどです。

Play to Earnゲームの中には初期費用が10万円近く必要なものもあるので、WingStepは気軽に始めやすいでしょう。

 

②WingStepはスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

Andoroid対応のアプリが提供されており、インストールするだけでOKです。iOSについては対応未定です。

出典:WingStep

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③WingStepは他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

実際に多くのユーザーがSTEPN等と同時使用して、効率的に稼いでいます。

Move to Earnゲームは同時使用可能なものが多いため、併用することでそれぞれのゲームのトークンを獲得できます。

 

まとめ:WingStepは将来性に期待できる

今回はWingStepの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

WingStepはMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

WingStepはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、WingStepを始めるためにはNFTスニーカーを購入する必要があり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

NFTスニーカーの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5