NFT

WIRTUAL(ワーチャル)とは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
WIRTUAL(ワーチャル)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?WIRTUAL(ワーチャル)の概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • WIRTUAL(ワーチャル)の概要
  • WIRTUAL(ワーチャル)の特徴
  • WIRTUAL(ワーチャル)の始め方
  • WIRTUAL(ワーチャル)の稼ぎ方
  • WIRTUAL(ワーチャル)の将来性
  • WIRTUAL(ワーチャル)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月170万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「WIRTUAL(ワーチャル)」です。

WIRTUAL(ワーチャル)は様々な運動を通じてWIRTUALコインが獲得できるゲームです。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、WIRTUAL(ワーチャル)の特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでWIRTUAL(ワーチャル)の始め方をしっかりと理解することができます。

なお、WIRTUAL(ワーチャル)で効率的に稼ぐためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

WIRTUAL(ワーチャル)を始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

WIRTUAL(ワーチャル)の概要

ゲーム名 WIRTUAL(ワーチャル)
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン WIRTUAL
ブロックチェーン BSC
公式サイト WIRTUAL公式サイト

 

WIRTUAL(ワーチャル)は運動することでWIRTUALコインが獲得できるExercise to earnゲームです。

BSCチェーンを利用して開発されており、歩く以外にも水泳や筋トレなどの運動全般で稼ぐことができます。

>>バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

獲得したWIRTUALコインは店舗での商品やNFT購入に使用できるほか、イベントチケットやバーチャルスポーツイベントの開催にも活用できます。

このように、ゲームで楽しみつつ報酬を得られるため、現在世界中で注目を集めているタイトルのひとつです。

WIRTUAL(ワーチャル)はユーザーが運動習慣を身に付けることを目的に開発されており、最終的には現実世界とメタバースをつなぐことを目指しています。

メタバースは市場規模が数兆円にのぼると見られており、メタバース需要に後押しされてWIRTUAL(ワーチャル)のユーザー数も増加するかもしれません。

メタバースの始め方については、【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

WIRTUAL(ワーチャル)の特徴

 

WIRTUAL(ワーチャル)の特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーンにBSCを採用
  2. 数多くの運動に対応
  3. 様々なNFTを用意
  4. 他のアプリと併用可
  5. 無料でも始められる

順番に説明します。

 

①ブロックチェーンにBSCを採用

WIRTUAL(ワーチャル)はBSCを使用して開発されています。

>>バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

BSCは手数料が安い上に取引処理が高速という点が特徴であり、NFT売買などの取引を快適に行うことができます。

実際に大手DEXであるPancakeswapなどもバイナンススマートチェーン(BSC)を利用して開発されています。

>>PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方や使い方を徹底解説

WIRTUAL(ワーチャル)ではNFTスニーカーを売買する機会が多いので、低コスト・高速処理のBSCを活用することによってユーザーの快適なNFT取引を実現しています。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②数多くの運動に対応

WIRTUAL(ワーチャル)は数多くの運動に対応しています。

以下のように歩く・走るなどの基本的な運動以外にも様々な運動に対応。

  • Run(走る)
  • Walk(歩く)
  • Bike(サイクリング)
  • Swim(泳ぐ)
  • Workout(鍛える)
  • Dance(踊る)

このように多くの運動に幅広く対応しているため、自分の体力や趣味に合わせて無理なく稼ぐことが可能です。

ワークアウトやダンスにも対応しているため、楽しみながら仮想通貨をGETすることができます。

 

③様々なNFTを用意

WIRTUAL(ワーチャル)には様々なNFTが用意されています。

アバターに装備できるNFTウェアラブルアイテムには以下のようなものがあります。

  • ヘッドギア
  • 洋服
  • アクセサリー
  • ペット
  • メダル

さらに、NFTには以下のようなレアリティが設定されています。

 

レアリティ

  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Legendary
  • Mystic

MythicのNFTについてはオークションでの入手となり、支払いはWIRTUALコインで行われます。レアリティが高いNFTを装着することで、より効率的にWIRTUALコインを稼げるようになります。

 

④他のアプリと併用可

WIRTUAL(ワーチャル)は他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoin、Agletなど同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

>>【無料】Aglet(アグレット)とは?始め方・稼ぎ方を画像付きで解説

このように系統が似ているMove to EarnゲームとWIRTUAL(ワーチャル)を同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

⑤無料でも始められる

WIRTUAL(ワーチャル)は無料でも始めることができます。

通常のMove to Earnゲームは最初にスニーカーなどのNFTアイテムを購入する必要があり、STEPNなどではその初期費用のせいで始められないユーザーも数多くいました。

>>STEPNの初期費用はいくら?原資回収までの日数も紹介

その点、WIRTUAL(ワーチャル)は最初にNFTアイテムを購入しなくても始めることができます。

そのため、誰でも気軽に始めることができ、自分に合った運動で健康になりながらWIRTUALコインを貯めることができます。

無料のPlay to Earnゲームについては、【初期費用0円】無料で遊べるおすすめNFTゲーム10選で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

WIRTUAL(ワーチャル)の始め方

 

WIRTUAL(ワーチャル)の始め方は以下のとおりです。

  1. アプリをインストール
  2. 運動管理アプリと同期させる
  3. 運動する

順番に解説していきます。

 

①アプリをインストール

まずはアプリをインストールします。

 

「Register」をタップ。

 

氏名等を入力し、チェックを入れ「Submit」をタップ。

 

性別を選択し、「Next」をタップ。

 

誕生日を入力し、「Next」をタップ。

 

身長・体重を入力し、「Next」をタップ。

 

入力内容を確認し、問題なければ「Confirm」をタップ。

 

これでユーザー登録は完了です。続いて運動管理アプリと同期させましょう。

 

②運動管理アプリと同期させる

アプリ右下の「Menu」をタップ。

 

「My App」をタップ。

 

同期させるアプリを選んで「Connect」をタップしたら同期完了です。

 


③運動する

アプリの「Challenge」をタップして好きな運動を選択。

あとは運動をチャンレンジを達成することでWIRTUALコインが獲得できます。

 

WIRTUAL(ワーチャル)の稼ぎ方

 

WIRTUAL(ワーチャル)の稼ぎ方は以下の3つです。

  1. チャレンジで稼ぐ
  2. NFTで稼ぐ
  3. レベルを上げて稼ぐ

順番に解説します。

 

①チャレンジで稼ぐ

まずは基本となるチャレンジで稼ぐ方法です。

用意されたチャレンジに参加して、設定された条件をクリアするとWIRTUALコインが獲得できます。

チャレンジには無料と有料があり、有料チャレンジの方がWIRTUALコインをより多く獲得することができます。

 

②NFTで稼ぐ

WIRTUAL(ワーチャル)はアバターにNFTを装着することで、効率的にWIRTUALコインを獲得できます。

NFTアイテムは以下のようにマーケットプレイスで購入することができ、種類やレアリティによって価格が異なります。

NFTのレアリティは以下のように3段階あり、それぞれ獲得できる特性等が異なります。

 

Epic

  • 数量:限定
  • 特性:0~2Wirtual獲得可能

 

Legendary

  • 数量:100個以下
  • 特性:1~3Wirtual獲得可能

 

Mythic

  • 数量:10個以下
  • 能力:3~10Wirtual獲得可能

 

⑤レベルを上げて稼ぐ

WIRTUAL(ワーチャル)にはレベルの概念があり、高いレベルになるほど効率的にWIRTUALコインを獲得できるようになります。

レベルは以下の8段階が設定されており、WIRTUALコインの保有量が増えるごとにレベルアップしていきます。

  • Starter:最大0.5Wirtual/1日獲得
  • Silver:最大1.0Wirtual/1日獲得
  • Gold:最大1.5Wirtual/1日獲得
  • Business:最大2.0Wirtual/1日獲得・サービス内イベント作成
  • Platinum:最大2.5Wirtual/1日獲得・運営投票権
  • Emerald:最大3.0Wirtual/1日獲得
  • Master:未定

こんな感じで、レベルが高くなるほど1日に獲得できるWIRTUALコインの量が増えるので、同じ運動時間でより多くのWIRTUALコインを獲得できます。

 

WIRTUAL(ワーチャル)の将来性

 

WIRTUAL(ワーチャル)の将来性についても見ていきましょう。

  1. トークノミクスが理想的
  2. ロードマップが明確
  3. Move to Earnの普及

順番に解説します。

 

①トークノミクスが理想的

WIRTUAL(ワーチャル)はトークノミクスが理想的であると言えます。WIRTUAL(ワーチャル)のトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

運営の保有割合が25.5%であり、エコシステムへの配分が45%となっています。

さらにTreasuryにも24.05%もの割合を分配しており、ユーザーの利益も考慮されていることがわかります。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますが25.5%なので理想的な割合と言えるでしょう。

なお、$WIRTUALの発行上限は1,000,000,000に設定されています。

 

②ロードマップが明確

WIRTUAL(ワーチャル)はロードマップを明確に示しています。

2022年第三4半期までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q1

  • バージョン2.0発売
  • 全チャレンジ開始
  • スウェットマイニング
  • アバター1.0とバーチャルショップ(NFT)
  • ブランドショップ
  • ブランド&イベントパートナーシップ (グローバル)
  • ライブイベントとの連携
  • スマートウォッチと連動したトラッキングシステム
  • ワークアウト&ダンスで稼ぐ
  • WIRTUALコーチ
  • アバター2.0

 

2022.Q2

  • ギルド戦争
  • NFTアバター2.0ショップ
  • 健康機能
  • ソーシャルメディア&NFTプロフィール
  • 多言語対応
  • NFT育成+アバターフィットシステム
  • 健康ハードウェアの予約販売

 

2022.Q3

  • AR技術
  • メタバース参入
  • 健康システム
  • WIRTUAL LAB
  • WIRTUALキャピタル
  • アバターマスター

 

メタバースへの参入やARとの提携も予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③Move to Earnの普及

今後Move to earnゲームは仮想通貨に関心が無い一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことにより、Move to Earnが現実的に可能であることが証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

実際にcalo runや5KMなどのMove to EarnゲームやこのWIRTUAL(ワーチャル)など多数の類似ゲームがリリースされ、実際に多くのユーザーが運動をしながら報酬を得ています。

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

>>5KMとは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

Move to earnゲーム人気に後押しされ、WIRTUAL(ワーチャル)も今後多くのユーザーに支持される可能性が高いです。

 

WIRTUAL(ワーチャル)に関するよくある質問

 

最後にWIRTUAL(ワーチャル)に関するよくある質問に答えます。

  1. WIRTUAL(ワーチャル)の初期費用はいくら?
  2. WIRTUAL(ワーチャル)はスマホで遊べるの?
  3. 他のアプリと同時使用できる?

順番に回答します。

 

①WIRTUAL(ワーチャル)の初期費用はいくら?

WIRTUAL(ワーチャル)は無料で始めることができます。

アプリをダウンロードするだけで始められるので、初期費用は必要ありません。

ただし、有料チャレンジに挑戦する場合やNFTアイテムを購入する場合には費用がかかるので注意が必要です。

 

②WIRTUAL(ワーチャル)はスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

iOSとAndoroid対応のアプリがリリースされているため、インストールするだけでOKです。

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

実際にSTEPNなどと併用しているユーザーが多いため、それぞれのゲームのトークンを獲得できます。

こんな感じでいくつものアプリを併用することで、トークンの獲得効率を何倍にも高めることができます。

特に歩いて稼ぐSTEPNとの相性が良いため、一緒にSTEPNを始めることをおすすめします。STEPNの始め方は以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

 

まとめ:WIRTUAL(ワーチャル)は将来性に期待できる

 

今回はWIRTUAL(ワーチャル)の概要や特徴、始め方などについて解説しました。

WIRTUAL(ワーチャル)はMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

WIRTUAL(ワーチャル)はスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、WIRTUAL(ワーチャル)で効率的に稼ぐためにはWIRTUALコインやNFTへの投資が必要になります。

WIRTUALコインの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して少額の10,000円くらいを入金しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5