Defi

sudoswapとは?概要や特徴、使い方を徹底解説

 

悩んでいる人
sudoswapってどんな仕組みなんだろう?sudoswapの概要や特徴、使い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • sudoswapの概要
  • sudoswapの特徴
  • sudoswapの始め方
  • sudoswapの将来性
  • sudoswapに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から仮想通貨投資やDefiで資産運用をしています。さらに仮想通貨ブログによる情報発信で月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

sudoswap

今回は2017年から仮想通貨投資やDefi運用をしている僕が、sudoswapの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでsudoswapの特徴や始め方がわかるので、効率的に資産運用ができるようになります。

なお、sudoswap始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

sudoswapを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

sudoswapの概要

プラットフォーム名 sudoswap
サービス内容 NFT売買マーケットプレイス
チェーン イーサリアムブロックチェーン
ガバナンストークン SUDO
開発元 0xmons
ローンチ時期 2022年7月
公式サイト sudoswap公式サイト

sudoswapは分散型のNFTマーケットプレイスです。

sudoswapはNFTからトークンへのスワップを容易にする、最小でガス効率の良い自動マーケットメーカー(AMM)プロトコルです。

AMM(Automated Market Maker)とは決められたルールに従い、自動でマーケットメイクする仕組みのことを指します。

マーケットメイカーとは市場での取引をスムーズにするために流動性を提供する参加者のこと。

AMMはこの役割を自動で行い、市場に自動的に流動性が提供される仕組みを作り出しています。

AMMでは例えば、以下のような流れでトークンを売買することができます。

  1. ユーザーがAMMを利用して、トークンを購入するとします。

  2. AMMは、市場の取引履歴やトークンの価格情報などをもとに、自動的にトークンの価格を決定します。

  3. ユーザーが、AMMで決定された価格でトークンを購入することができます。

  4. ユーザーが、AMMで購入したトークンを売却する場合、AMMは、同様に、市場の取引履歴やトークンの価格情報などをもとに、自動的にトークンの価格を決定します。

  5. ユーザーは、AMMで決定された価格でトークンを売却することができます。

こんな感じで自動的に価格を決定してくれるので迅速に適正価格での取引が可能になります。

sudoswapはERC721 NFTおよびすべてのETHとERC20トークンをサポートしています。

流動性供給者(LP)は、シングルサイドの売買プール、またはNFTを売買できる取引プールに資産を預けて、取引手数料を獲得することができます。

 

sudoswapの特徴

sudoswapの特徴は以下のとおり。

  1. AMMタイプのNFTマーケットプレイス
  2. 数多くのNFTを取り扱う
  3. ガバナンストークンsudoを発行
  4. 取引手数料が安い
  5. NFTをまとめて売買可能
  6. 即座に取引が成立する
  7. 受動的収入が得られる

順番に説明します。

 

①AMMタイプのNFTマーケットプレイス

sudoswapはAMMタイプのNFTマーケットプレイスです。

AMMとはAuto Market Makerの略で、ルールどおりに自動で取引ができるシステムのこと。

DEXはユーザー同士の分散型取引を可能にするため、管理者を置かずに仲介プロセスを排除しています。

中央集権取引所であれば管理者が取引を適正化しますが、sudoswapでは管理者の代わりにAMMが取引を自動で適正化する仕組みです。

AMMはスマートコントラクトによって取引価格を調整し、流動性を最適なバランスに保ちます。

NFT AMMプロトコルであるSudoswapは、LPがNFTやETHを流動性プールに預けることで機能します。

まず、NFTを買うか売るか(または両方)を選択し、NFTやETHを預け、開始価格とボンディングカーブのパラメータを指定します。

ボンディングカーブには、価格と供給の関係を異なる方法でアルゴリズム的に設定する3つのタイプがあります。線形カーブ、指数カーブ、集中XYKカーブです。

プールからNFTを取引することができ、人々があなたのプールから取引を行うことで取引手数料を得ることができます。

NFTが売買されるたびに、選択したボンディングカーブに基づいて、別のNFTの価格がプールに対してアルゴリズム的に変更されます。

プールのパラメータを切り替えたり、資産を引き出したりすることはいつでも可能です。

LPの数だけプールが存在するため、ユーザーはさまざまなプールを検索して希望のNFTを希望の価格で見つけることができます。

sudoAMMのプロトコルは、シンプルで公平かつ効率的に設計されており、ユーザーは0.5%の最小取引手数料を課され、Suto treasuryに配分されます。

大量に売買する場合は、ガス料金を下げることができ、それによってさらにコストを削減することができます。

 

②数多くのNFTを取り扱う

sudoswapでは多くのNFTを取り扱っていることが特徴です。

AzukiやClone Xを始めとして、数多くのNFTが売買可能です。

具体的を挙げると以下のとおり。

  • CryptoKitties:ブロックチェーンを使用したデジタル猫をテーマとしたNFT
  • Gods Unchained:カードゲームのNFT
  • Cryptovoxels:仮想空間をテーマとしたNFT
  • CryptoSpaceX:宇宙開発をテーマとしたNFT
  • CryptoCollectibles:様々なテーマを持つNFTをまとめたコレクション

これらは、Sudoswapで取り扱われているNFTの一部にすぎません。

Sudoswapでは、様々なテーマを持つNFTを多数取り扱っており、ユーザーが求めるNFTを探すことができるようになっています。

ローンチ以来、Sudoswapではは111,000以上のNFTが取引され、約2,600 万ドルの取引高を達成しました。

ユーザー数も15,000人を超えており、順調に成長しています。

 

③ガバナンストークンSUDOを発行

sudoswapではガバナンストークンであるSUDOを発行しています。

Sudoswapは2022年9月1日、まだ開始されていないSUDOトークンの情報を公開しました。

SUDOトークンの初期数量は6,000万枚になる予定です。

ローンチ時には、初期供給量の44.9%がXMONホルダー(41.9%)、0xmonsホルダー(1.5%)、LPプロバイダー(1.5%)にエアドロップされる予定です。

XMONホルダーはロックドロップイベントに参加することができ、その間XMONトークンは3カ月間ロックされ、SUDOトークンを回収することができます。

1XMONがロックされるごとに、10,000SUDOトークンが放出されます。回収されなかったSUDOトークンは、Sudo treasuryに戻されます。

SUDOの保有者はsudoswapの今後の運営方針や開発方針等のガバナンスへの参加権が付与されます。

具体的にはSudoswapにおける投票やプロポーザルの提案などを行うことができます。

また、Sudoswapでのステーキングやフィードから得られる報酬を受け取ることができるトークンでもあります。

現在は未上場ですが、今後BINANCEなど新たな取引所に上場する可能性があります。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④取引手数料が安い

sudoswapは取引手数料の安さも特徴のひとつです。

マーケットプレイス 取引手数料
sudoswap 0.5%
OpenSea 2.5%
MagicEden 2%
LooksRare 2%

このように、他のマーケットプレイスよりも手数料が安いことがわかります。

例えばOpenSeaでは手数料が2.5%ですが、さらにクリエイターフィーが上乗せされます。

一方、sudoswapは取引手数料は0.5%であり、クリエイターフィーの上乗せもないため、他のマーケットプレイスよりも安くNFTに購入可能です。

取引手数料は、通常、トランザクションを処理するために必要なエネルギーやリソースを支払うために支払われます。

そして、sudoswapではロイヤリティ手数料が無いため、他のマーケットプレイスに比べて格安でNFT取引が可能になります。

 

⑤NFTをまとめて売買可能

sudoswapでは複数のNFTをまとめて売買可能です。

まとめ買い・まとめ売りができるため、ガス代を節約して売買の手間も減らすことが可能です。

まとめ売りやまとめ買いとは、複数の個別の取引をまとめて行うことを指します。例えば、複数のNFTを持っているユーザーは、それらをまとめて一度に売ることができます。

また、複数のNFTを欲しいと思っているユーザーは、それらをまとめて一度に購入することができます。これにより、ガス代を節約して売買の手間も減らすことができます。

Sudoswapでは、複数のNFTをまとめて売買することができるだけでなく、さまざまなNFTを取り扱っているため、幅広い選択肢を提供することができます。

Sudoswapでは、取引手数料が安いことも特徴であり、取引を行う上でのコストも低く抑えることができます。

Openseaなどはまとめ買い、まとめ売りはできないので、都度売買をする必要があるのでsudoswapの大きな利点と言えるでしょう。

 

⑥即座に取引が成立する

sudoswapは即座に取引が成立します。

SudoswapのAMMを利用したインスタント取引機能は、OpenSeaやRaribleなどの従来の NFTマーケットプレイスよりも大きな利点です。

通常、ユーザーは取引が完了する前に、リストされたアイテムの価格に誰かが同意するのを待つ必要があります。

結果として、この「待機ゲーム」は NFT の流動性を著しく制限します。

資産がこの相互価格協定に大きく依存している場合、NFTマーケットプレイスは常にユーザーが望む結果を実現できるとは限りません。

Sudoswapは、流動性プールを通じてこの問題を解決することを目指しています。

これにより、NFT が下限値で売却される可能性が高まる可能性があります。

 

⑦受動的収入が得られる

流動性プロバイダーになることで受動的収入を得ることができます。

独自の流動性プールを作成すると、流動性マイナーがトークン ペアに流動性を提供してお金を稼ぐのと同じ方法で、NFT/ETH 取引から生成された手数料から稼ぐことができます。

注意点としてSudoswapのLPであることは、一時的な損失を招きやすい点を認識しておきましょう。

LP(Liquidity Provider)とは、値動きの大きいトークンや、流動性の低いトークンに対して、流動性を提供するために、そのトークンを保有することを意味します。

LPを行うことにより、トークンの売買を容易にすることができるため、取引の手数料を得ることができます。しかし、LPを行うことには、リスクが伴います。

その一つが、トークンの値動きによる損失です。

LPを行うことでトークンを保有することになりますが、トークンの値動きが悪化した場合、それに伴い損失が生じることがあります。

このようなリスクを踏まえて、LPを行うことを検討する必要があります。

また、LPを行うことで生じるリスクとして、スマートコントラクトのハックやブロックチェーンの不具合などがあります。これらのリスクを踏まえて、LPを行うことを検討する必要があります。

 

sudoswapの始め方

sudoswapの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. Metamaskをインストールする
  4. Metamaskに入金する
  5. Metamaskとsudoswapを接続する

少し手順が多いですが、NFTマーケットプレイスは全てこうした手順を踏むので最初に登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

sudoswapを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

sudoswapを利用する際に暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

sudoswapを始める際にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③Metamaskをインストールする

NFTマーケットプレイスを利用するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

④Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにNFTマーケットプレイスを利用するために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、コインチェックで購入したイーサリアムをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑤Metamaskとsudoswapを接続する

続いて、sudoswapウォレットを連携すると取引可能になります。

NFTの売買方法は以下のとおり。

 

NFTの買い方

①コレクションページに移動し、コレクションを選択します。

②購入したいNFTを選択してカートに追加します。

③「sudo swap」をクリックしてスワップを開始します。

④ウォレットでトランザクションを確認して完了です。

 

NFTの売り方

①コレクションページを開き、コレクションを選択します。

②ページ中央の「Sell」タブを開く。

③売りたいNFTを選択し、「sudo swap」をクリックします。

④ウォレットの最初のトランザクションを確認することで、sudoswap に NFT へのアクセス権を与えます。

⑤ウォレットで 2 番目のトランザクションを確認し、販売を確定して完了です。

 

sudoswapの将来性

sudoswapの将来性についても見ていきましょう。

  1. NFT市場の拡大
  2. 持続可能なビジネスモデル
  3. ニーズを満たすサービス提供
  4. Openseaのシェアを奪う可能性

順番に解説します。

 

①NFT市場の拡大

NFT市場が今後拡大の一途を辿ると予想されています。

その理由として、以下のようなものが挙げられます。

・デジタルアセットの需要が高まっていること。近年、インターネットを利用する人口が増え、デジタルアセットの需要も高まっています。

・ブロックチェーン技術の普及に伴い、NFTを所有することが容易になったこと。ブロックチェーン技術は、NFTを安全に所有することを可能にしています。

・NFTにより、デジタルアセットの所有権を明確にすることができるため、投資家からの注目が高まっていること。NFTは、デジタルアセットの所有権を明確にすることができるため、投資家からの注目が高まっています。

これらの理由により、NFT市場は急速に拡大しており、SudoswapがNFTマーケットプレイスとして提供しているサービスは、将来的にも需要が高まると期待されます。

 


②持続可能なビジネスモデル

Sudoswapは持続可能なビジネスモデルを採用しています。

持続可能なビジネスモデルとは、環境、社会、経済の観点から、長期的に継続できるビジネスを意味します。

つまり、持続可能なビジネスモデルは、環境や社会を長期的に損なわず、また、長期的に利益を生み出すことができるビジネスを指します。

持続可能なビジネスモデルを実現するには、様々な観点から取り組む必要があります。

sudoswapでは取引手数料を徴収しているだけでなく、ステーキングやフィードからも報酬を得ることができるようになっています。

これにより、Sudoswapは、ロングテラーのビジネスモデルを採用しており、将来的にも持続可能なビジネスを展開することができると期待されます。


③ニーズを満たすサービス提供

Sudoswapはユーザーのニーズを満たすサービスを提供しています。

Sudoswapは、NFTマーケットプレイスとして、さまざまなNFTを取り扱っています。

また、取引手数料が安いことも特徴であり、NFTユーザーから高い評価を受けています。

このように、Sudoswapがユーザーのニーズを満たすサービスを提供していることにより、将来的にも需要が高まると期待されます。

 

④Openseaのシェアを奪う可能性

sudoswapはOpenseaのシェアを奪う可能性があります。

sudoswapの手数料は0.5%であり、Openseaの2.5%と比較しても圧倒的な安さが特徴です。

マーケットプレイス 取引手数料
sudoswap 0.5%
OpenSea 2.5%
MagicEden 2%
LooksRare 2%

そのため、SudoswapはNFTマーケットプレイスとして、優れたコストパフォーマンスを提供することができます。

また、SudoswapではSUDOトークンを使用することで、取引手数料が大幅に割引されることもあります。

これにより、Sudoswapでの取引がOpenseaよりもコスト的にも優位になることがあると考えられます。

 

sudoswapのよくある質問

最後にsudoswapに関するよくある質問に答えます。

  1. sudoswapは国内取引所で買える?
  2. sudoswapのデメリットやリスクはあるの?
  3. sudoswapの利益は税金がかかるの?
  4. sudoswapは合法ですか?

順番に回答します。

 

①sudoswapは国内取引所で買える?

いいえ、国内取引所では購入できません。

まだ、未上場ですが今後BINANCEなどの海外取引所に上場する可能性が高いです。

海外取引所へ送金する必要があるため、500円から購入できるコインチェックで口座を開設して送金用の仮想通貨を購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②sudoswapのデメリットやリスクはあるの?

はい、デメリットやリスクがあります。

sudoswapは以下のようなデメリット・リスクが考えられます。

  • ハッキングによる資金流出
  • 操作ミスで資産を失う
  • サポートが無い

sudoswapのような分散型マーケットプレイスはハッカーから狙われやすく、NFTユーザーがメタマスクなどが乗っ取られるハッキング被害が増えています。

>>【仮想通貨】真のリスクは「ハッキング」です【基礎知識を解説】

ウォレットへの送金時などに操作ミスをしてしまうと、資産が失われ戻ってきません。

そうした場合も通常の取引所のようなサポートが無い点がデメリットと言えます。

 

③sudoswapの利益は税金がかかるの?

はい、税金がかかります。

日本円換算で年20万円以上の利益があれば確定申告をする必要があります。

詳細は税理士や税務署に確認しておきましょう。

 

④sudoswapは合法ですか?

はい、Sudoswap は合法です。

かなり長い間使用されており、特筆すべき問題はありません。

それに加えて、業界で多くの使用が増えているため、安全と言えます。

ですが、Sudoswap の使用を検討している場合は、事前に十分に情報を集めるようにしてください。

 

まとめ:sudoswapは今後に期待できるNFTマーケットプレイス

今回はsudoswapの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

sudoswapは既に多くのユーザーが利用しており、NFTの普及に伴って今後さらに人気を集めることが予想されます。

ガバナンストークンのSUDOも今後の値上がりが予想されているので、今のうちに保有しておくことで先行者利益を得やすくなります。

なお、sudoswapを使うためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Defi
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5