CRYPTO

【長期保有】ビットコイン/仮想通貨は買ってほったらかしが正解

 

悩んでいる人
仮想通貨を買ってみたけどほったらかしでいいのかな?ほったらかしのメリット・デメリットや、おすすめの投資法を知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ビットコイン/仮想通貨をほったらかしにするメリット
  • ビットコイン/仮想通貨をほったらかしにするデメリット
  • ビットコイン/仮想通貨初心者は積立投資でほったらかしがおすすめ

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から実際にビットコインを購入し、約200万円ほどの収益を得ています。また、仮想通貨ブログで月330万ほどを稼いでおり、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

SNSなどで仮想通貨で儲かっている人の報告をよく目にするようになりました。

 

それを見て、「自分も仮想通貨で儲けたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、仮想通貨初心者にとっては、どのような買い方をすればよいのかわからなくて不安ですよね?そんな方におすすめなのが、ビットコインなどの仮想通貨を買ったあとにほったらかしにしておく方法です。

 

仮想通貨を購入してそのまま放置しておく方法で、いわゆるガチホなどとも呼ばれます。日々の値動きを気にしなくていいので、短期的な上げ下げに惑わされることがありません。

 

今回は仮想通貨をほったらかしにするメリットやデメリット、おすすめの投資法などを解説します。

 

今すぐにほったらかし投資をしたいという方は、1円から積立できるビットフライヤーのかんたん積立がおすすめです。口座開設は無料なのでサクッと開設しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

ビットコイン/仮想通貨をほったらかしにするメリット

 

ビットコイン/仮想通貨をほったらかしにするメリットは以下のとおり。

 

  1. トレードをする必要が無い
  2. 日々の値動きを気にしなくていい
  3. 需要増加による値上がりが見込める
  4. 少ない資金で始められる

 

順番に解説していきます。

 

①トレードをする必要が無い

 

1つめのメリットは、トレードをする必要が無いことです。

 

買ってほったらかしにしておくだけなので、売買をしなくていいからです。

 

具体的にはビットコインなどを好きな数量を購入し、数ヵ月~数年の単位でひたすら保有しておくだけ。

 

いわゆるガチホですが、短期的な価格の上げ下げに翻弄されることなく、価格上昇による利益を得ることができます。

 

トレードで利益を出すのは以下のように非常に大変です。

 

  1. 市場の不安定性: 仮想通貨市場は、政治的な要素や技術的な変化などによって、急激に変動することがあります。そのため、市場の変動に対応しながらトレードをすることが大変です。

  2. 情報の不足: 仮想通貨に関する情報は限られており、市場動向やプロジェクトの詳細などを調べることが難しいため、トレードの決断に役立つ情報を得ることが困難です。

  3. 高い競争: 仮想通貨トレードには多くのプロフェッショナルトレーダーや機関投資家が参入しており、競争が激しくなっています。そのため、トレードにおいて有利な立場を占めるためには高いスキルや知識が必要です。

  4. 高いリスク: 仮想通貨は高いリスクを伴う投資であるため、トレードにおいても大きな損失を被る可能性があります。

 

ぶっちゃけですが、素人が仮想通貨のトレードで利益を出すのは至難の業なので、長期保有が無難かと。

 

②日々の値動きを気にしなくていい

 

2つ目のメリットは、日々の値動きを気にしなくていいことです。

 

ほったらかしなので、もはやチャートを見る必要が無いからですね。

 

毎日チャートとにらめっこしながら売買タイミングを探るのは、正直メンタル的に辛いものがあります。

 

利益が出ていればいいですが、損失がどんどん膨らんでいるときはかなり不安ですよね。

 

その点、ほったらかしであれば日々の値動きを気にする必要が無いので、精神的にも楽です。

 

③需要増加による値上がりが見込める

 

3つめのメリットは、仮想通貨全体の需要増加による値上がりが見込める点です。

 

仮想通貨は今後さらに様々なサービスや決済などに導入されると見られており、需要が右肩上がりと予想されているからです。

 

海外では映画館の支払いや、飲食店、各種決済サービスに仮想通貨が導入さらえており、NY市長は給料をビットコインとイーサリアムで受け取っています。

 

 

仮想通貨は手数料が安い、送金が高速などのメリットがあるため、今後私たちの生活により一層浸透すると見られています。

 

そのため需要増加によって仮想通貨全般の値上がりが見込まれ、ほったらかしで長期保有することで利益を得られる可能性が高くなるでしょう。

 

④少ない資金で始められる

 

意外と知られていませんが、ビットコインは1円~500円程度の少額から買う事ができます。

 

最低購入金額は取引所によって異なりますが、ビットフライヤーなら1円から購入できます。そのため、1万円程度の少ない資金で気軽に始めることができます。

 

ビットコインを始めとする仮想通貨は価格変動が大きいため、リスクを最小限に抑える意味でも少額で始められる点がメリットです。

 

 

ビットコイン/仮想通貨をほったらかしにするデメリット

 

ビットコイン/仮想通貨をほったらかしにするデメリットは以下のとおり。

 

  1. 利益が出るまでに時間がかかる
  2. 含み損を抱える可能性がある
  3. 価値が無くなる可能性がある

 

①利益が出るまでに時間がかかる

 

1つめのデメリットは、利益が出るまでに時間がかかることです。

 

買ってすぐに利益が出るケースは稀なので、ある程度の期間は保有する必要があるからです。

 

なので、すぐに儲けたい!という方には向いていないでしょう。

 

②含み損を抱える可能性がある

 

2つめのデメリットは、含み損を抱える可能性があることです。

 

ほったらかしの最中に大きく値下がりすることで、長期間にわたり含み損を抱えるケースも少なくありません。

 

ビットコインや仮想通貨は、市場の変動や政治的な要素などによって価格が大幅に変動することがあります。これにより、ほったらかしにしていた投資先が急激に損失する可能性があります。

 

例えば、ビットコインが購入当時には高騰していたが、投資先をほったらかしにしていた間に市場の変動により価格が急落し、購入当時よりも低い価格で販売する必要に迫られることがあります。

 

そのため、含み損を許容した上でほったらかすことが重要です。

 

少しでも含み損があると心配になってしまう方はやめておいた方が無難です。

 

③価値が無くなる可能性がある

 

3つ目のデメリットは、価値が無くなる可能性があることです。

 

仮想通貨は数千種類に上ると言われており、中には実用性のない銘柄も数多く含まれているからです。

 

ビットコインやイーサリアムなどは実用性がありますが、その他のアルトコインや草コインなどは将来性が微妙なものも多数あります。

 

そのため、うっかり微妙な仮想通貨を購入してしまった場合は価値が0円になる可能性もあります。

 

こうしたリスクを減らすためにも、一番最初にガチホする銘柄はビットコインにしておくのが無難です。ビットコインの買い方については、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

 

ビットコイン/仮想通貨初心者は積立投資でほったらかしがおすすめ

 

著者は毎月コツコツと一定額のビットコインを積立投資しています。

 

これはドルコスト平均法と呼ばれる「毎月決まった額でその銘柄をコツコツ買い続ける」投資法です。

 

ドルコスト平均法

出典:zai online

 

この投資法はほったらかしでいい上に、初心者でもわりと高いパフォーマンスを出すことができます。ビットコインを普通にトレードして利益を出すのは至難の業ですからね…。

 

積立のシミュレーターによるとこんな感じです。

 

 

たとえば、毎月1万円を3年間にわたって積み立てていたら、以下のとおり。

 

  • 積立額 360,000円
  • 評価額 1,160,555円

 

+800,555円と凄いことになっていますw

 

最初に積立額を設定するだけで、あとは毎月ほったらかしで積立がされるだけなのでかなり楽ちんです。

 

自分はトレードには向いてなさそう…という方は素直に積立投資にしておきましょう。

 

積立投資を始めるためには、取引所の口座が必要なのでビットフライヤーでサクッと開設しておきましょう。スマホで5分くらいで開設できます。

>>ビットフライヤーで積立を始める

 

ビットコインのほったらかし投資を始める際の注意点

初心者がビットコイン投資を始める際の注意点

 

ビットコインのほったらかし投資を始める際は、様々な部分に注意が必要です。

 

投資を始める前に把握しておくと、失敗することなく取引ができるでしょう。

 

①少額の資産から取引を始める

 

初心者がビットコインのほったらかし投資を始める際は、少額の資産から取引を始めましょう。

 

仮想通貨市場は常に変動しているため、相場の動きが読めない状態でいきなり大きな金額を投資してしまうと、大きな損失を発生させる可能性があります。

 

そのため、投資初心者は少ない資産を少しずつ投資する「ドルコスト平均法」で取引を行いましょう。

 

お金
【積立投資】仮想通貨初心者にはドルコスト平均法がオススメな3つの理由

続きを見る

 

ドルコスト平均法とは、毎月決まった額を投資することで市場変動の影響を受けることなく、投資する方法です。

 

大きな損失を発生させるリスクを減らせるため、ぜひ利用してみてください。

 

②一定のリスクが存在することを把握しておく

 

仮想通貨投資には、一定のリスクが存在しています。特にビットコインは仮想通貨全体の中でも値動きが大きいため、価格が高騰する可能性もありますが、大きく市場が下落する可能性も高いです。

 

そのため、必ず価格が上昇すると信じて投資するのではなく、一定のリスクを把握した上で投資を行いましょう。

 

③余剰資金で取引を始める

 

初心者がビットコイン投資を行う場合、余剰資金で取引を始めましょう。

 

貯金や生活費を切り詰めて投資を初めてしまうと、価格が下落したときに精神的な余裕がなくなってしまいます。

 

精神の余裕がなくなると、正常な判断ができなくなり、大きな損失を引き起こしてしまいます。

 

そのため、ビットコイン投資を行う際は、貯金や生活費以外の余剰資金で始めることが重要です。

 

④分散投資を行う

 

初心者がリスクを減らしてビットコイン投資を続けるためには、分散投資が重要です。

 

分散投資とは、複数の取引所で仮想通貨投資を行うことを指します。

 

例えば、A社だけでビットコイン投資を行う場合、A社が経営破綻してしまうと自身が預けていた仮想通貨が全て消えてしまう可能性があります。

 

そのため、複数の取引所に登録し、分散して投資することで損失のリスクを減らしましょう。

 

おすすめの取引所はコインチェックビットフライヤーです。この2社は国内最大手であり、経営も安定しているのでまずはこの2つに無料登録しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

 

まとめ:ビットコイン/仮想通貨はほったらかしで長期保有が正解

 

長期的に見た場合、仮想通貨の価格は今後も上昇する可能性が高いと言えます。

 

なので、仮想通貨初心者にとっては短期的な価格変動を気にしないほったらかし投資が最適です。

 

仮想通貨のデイトレードで利益を出すのはプロでも難しいので、素人は手を出さない方が無難です。

 

リスクを抑えて仮想通貨に投資をしたい方は、まず毎月1万円ずつをドルコスト平均法で積立することから始めてみましょう!

 

その1万円が将来的に大化けする可能性があるかもしれません(^^)/

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5