Affiliate BLOG SEO

ブログに最適な画像サイズとは【おすすめの画像圧縮ツールも紹介】

鏡に向き合う

 

悩んでいる人
ブログの画像のサイズって気にしたほうがいいのかな?いつも画像を適当に貼ってしまってるけど不都合があるんだろうか…。ブログに最適な画像サイズがあれば教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ブログに最適な画像サイズとは?

  • ブログの画像サイズ変更におすすめの圧縮ツール

  • ブログの画像サイズを気にすべき理由

  • ブログ画像サイズにおけるQ&A

 

本記事の信頼性

筆者はブログ記事を160記事以上更新し、5桁以上の収益をあげています。SEOで上位表示の記事を複数作成しています。また、企業コラムの執筆も多数行っています。

AFFINGER順位

 

ブログに使う画像をなんとなくフリー素材サイトから選んで、そのまま添付しているという方も多いのではないでしょうか。

 

実は画像はそのままだとサイズにばらつきがあったり、容量が大きくてブログの表示速度が遅くなるなどの悪影響があったりします。

 

なので、あなたのブログにあった画像サイズを把握して、ちょうどいい大きさと容量に整えるようにしましょう。

 

本記事ではブログを160記事以上書き、企業コラムの執筆などで5桁以上の収益をあげている僕が、ブログの最適な画像サイズについて解説します。

 

無料で使える便利な画像の圧縮ツールについても、併せて紹介していますのでぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、ブログに最適な画像サイズや圧縮の仕方がわかるので、ブログを軽くして読みやすく改善できます。

 

記事は3分ほどで読み終わりますので、3分だけ僕にいただけると幸いです。以下の本を読んでおくと、初心者でも映えるブログデザインを実現できますので一読をおすすめします。

 

まだブログを開設していない、という方は初心者でも10分でできるWordpressブログの始め方【超簡単】をご覧ください。初心者でも10分でブログを開設する方法を紹介しています。
ふぁふぁ

 

ブログに最適な画像サイズとは?

ブログに最適な画像サイズとは?

 

まず、ブログに最適な画像サイズについて説明します。

 

  • ブログに最適な画像サイズを確認する方法
  • 画像容量はできるだけ小さくする
  • 画像の横幅を揃えると綺麗

 

順番に説明します。

 

①ブログに最適な画像サイズを確認する方法

 

まずは、ブログの最適な画像サイズを確認しましょう。

 

step
1
Googleクロームを開く

 

Googleクロームを立ち上げます。

 

クローム画面

 

step
2
あなたのブログにアクセス

 

自分のブログ記事を開いておきましょう。

 

自分のブログ記事

 

step
3
デベロッパーツールを開く

 

画面上でキーF12、または右クリック→検証を選択してデベロッパーツールを開きます。

 

検証

 

step
4
検証範囲を選択

 

デベロッパーツールの左隅にある矢印を選択します。

 

矢印選択

 

step
5
矢印を選択

 

記事部分が青色になるところでクリック。

 

青色

 

step
6
計測開始

 

「computed」を選択。

 

compted

 

step
7
画面のサイズを把握

 

四角い枠のうち、青い部分の数字を確認します。

 

サイズ確認

 

拡大したのがこちら。

 

記事コンテンツの幅

 

この場合は、画像の幅を694pxに設定すればちょうどいいことがわかりました。

 

ブログごとにコンテンツ幅が異なるので、上記の手順を参考に自身のブログ記事に合った幅を設定してください。

 

②画像容量はできるだけ小さくする

 

画像容量はできるだけ小さくしておきましょう。

 

なぜなら、画像容量が大きいとページの読み込みに時間がかかるため、ブログの表示速度が遅くなるからです。

 

ブログを読んでて表示が遅いサイトは、画像が重すぎることが主な原因であることが多いです。表示速度はユーザーの利便性にも関係するのでSEOに影響を与えます。

>>ブログでやるべきSEO対策とは?【上位表示を目指す】

 

取得した画像をそのまま使うのではなく、リサイズやこのあと紹介する圧縮ツールを活用してできるだけ容量を小さくして軽くしておくことが重要です。

 

③画像の横幅を揃えると綺麗

 

画像の横幅は統一して揃えておきましょう。

 

横幅がそろっていると、記事を見た時に整然として見映えがいいからですね。

 

当ブログも以下のように画像の横幅は694pxで統一しています。

 

画像幅

 

縦幅については、画像の用途によってばらつきがありますが、横幅を揃えることでデザイン的に統一感が出ます。

 

おしゃれなブログデザインのコツは以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【保存版】おしゃれなブログデザインを作るための20の方法【事例あり】

 

ブログの画像サイズ変更におすすめの圧縮ツール

ブログの画像サイズ変更におすすめの圧縮ツール

 

つづいて、ブログの画像サイズ変更におすすめの圧縮ツールについて説明します。おすすめツールは以下の3つ。

 

  • TinyPNG
  • JPEG圧縮
  • EWWW Image Optimizer

 

順番に説明します。

 

①TinyPNG

tinypng

 

Tinypngはオンラインの圧縮ツールです。圧縮したい画像をアップロードするだけで、自動で圧縮してくれるので重宝します。圧縮作業も軽いので快適です。

 

②JPEG圧縮

JPEG圧縮

 

JPEG圧縮もオンラインの圧縮ツールです。複数の画像を一度のアップロードして圧縮できるので、作業効率化につながります。JPEG以外にもPNGも圧縮できるので、当ブログでよく使っているツールですね。

 

③EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer-min

 

EWWW Image OptimizerはWordpressのプラグインです。

 

画像をアップロードする際に自動で圧縮してくれるので手間がかかりません。また、過去にアップロードした画像のサイズも一括で変更できるなど、かゆいところに手が届く仕様です。

 

デフォルト設定でそのまま使えるので、使い方はググればOKです。

 

WordPressでおすすめのプラグインについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>WordPressのおすすめプラグイン厳選7つ【これだけでOK】

 

ブログの画像サイズを気にすべき理由

ブログの画像サイズを気にすべき理由

 

つづいて、ブログの画像サイズを気にすべき理由について紹介します。気にすべき理由は以下の2つ。

 

  • 表示速度が速くなる
  • 記事が読みやすくなる

 

順番に説明します。

 

①表示速度が速くなる

 

1つめは表示速度が速くなることです。

 

なぜなら、適切な画像サイズを設定することで容量を小さくなり、ページの読み込みが速くなるからですね。

 

ブログは1つの記事内に何枚も画像を使うことが多いので、1枚1枚の画像サイズが大きいと容量が大きくなりページの読み込みが遅くなるため、記事の表示速度が下がります。

 

重たいブログはぶっちゃけイライラするので、読まれなくなってしまいます。Googleの発表によると表示速度に3秒かかるだけで、直帰率は約50%以上も上昇すると言われています。

 

「完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーはページを離れる」

「表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇」

引用元:Google

 

このように表示速度はアクセス数やページビュー、滞在率などに大きな影響を与えます。画像サイズを整えて、ページの読み込みが速くなるようにしておきましょう。

>>ブログのPVとは?PVを増やすための方法について解説

 

②記事が読みやすくなる

 

2つめは記事が読みやすくなることです。

 

画像サイズがきちんと揃っているこで、記事の見た目に統一感が出るからです。

 

画像サイズがばらばらだと、特にスマホでスクロールして見た時に見づらいんですよね。

 

読者の読みやすさを向上させる意味でも、画像サイズには気を使っておきましょう。見やすいブログレイアウトについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>見やすいブログレイアウトを実現する5つのコツ【参考サイトも紹介】

 

ブログ画像サイズにおけるQ&A

ブログ画像サイズにおけるQ&A

 

最後に、ブログ画像サイズにおけるよくあるQ&Aをご紹介します。Q&Aは以下の3つです。

 

  • 画像サイズの縦横比(アスペクト比)はどのくらいがいいの?
  • アイキャッチ画像のサイズはどのくらいがいいの?
  • おすすめのフリー素材サイトってどれ?

 

順番に回答していきます。

 

①画像サイズの縦横比(アスペクト比)はどのくらいがいいの?

 

結論、以下のいずれかであればOKです。

 

  • 16:9:PCのディスプレイ画面の比率
  • 4:3:コンパクトデジタルカメラなどに使用されている比率
  • 3:2:一眼レフやデジタルカメラなどに使用されている比率

 

どのサイズもバランスがいい比率なので、自分がしっくりくる縦横比を選べばOKです。

 

②アイキャッチ画像のサイズはどのくらいがいいの?

 

結論、横1200ピクセル×縦630ピクセルのサイズで作るのがオススメ。


比率は「1:1.91(縦:横)」となります。小さいサイズだと画像がぼやけて見える場合があるので、横1200ピクセル×縦630ピクセルで作成すると綺麗です。

 

③おすすめのフリー素材サイトってどれ?

 

結論、以下の7サイトがおすすめです。

 

  • Unsplash
  • GRATISOGRAPHY
  • Pixabay
  • Pexels
  • BURST
  • タダピク
  • いらすとや

 

いずれも無料で質のよい素材を入手できるので、うまく活用することで記事の質をUPできます。

 

「有料でもいいから質がめっちゃいい素材サイトを教えて!」という方向けには、以下のサイトがおすすめです。

 

  • PIXTA
  • Shutterstock
  • freepik

 

簡単に月額料金などについて説明しておきますので、参考にしてください。

 

①PIXTA

 

ひとつめは、PIXTAです。多くのプロブロガーが利用しています。

 

特徴は以下のとおり。

 

  • 丁寧なサポート
  • ダウンロード点数の繰越可
  • 安心保障制度あり

 

サポートが充実していると安心して使えますよね。画像もハイクオリティでレベルが高いものばかりです。

 

月額料金プランは以下のとおり。

 

PIXTA年間プラン

 

プランの目安

  • 1週間に1〜2本:画像100点/月(16,500円)
  • 1週間に3〜6本:画像350点/月(24,970円)
  • 1週間に7本〜:画像750点/月(29,480円)

 

当ブログは月350点のプランを利用しています。個人利用であれば十分な量です。サポートも丁寧なので満足しています。
ふぁふぁ

 

>>PIXTAの公式サイトを見てみる

 

②Shutterstock

シャッターストック

 

Shutterstockは有名ブロガーも使っている素材サイトです。特徴は以下のとおり。

 

  • 素材のクオリティが高い
  • 素材数が多い(6,000万点以上)
  • 日本語対応

 

とにかくセンスのいい写真・イラストが多いので、簡単に魅力的なサイトにできますよ。

 

料金プランは以下のとおりです。

 

シャッターストック

 

プランの目安

  • 1週間に1〜2本:画像50点/月(15,000円)
  • 1週間に3〜6本:画像350点/月(25,000円)
  • 1週間に7本〜:画像750点/月(30,000円)

 

個人利用であれば、月350点プランで十分です。

>>Shutterstockの公式サイトを見てみる

 

③freepik

freepik

 

最期がfreepikです。特徴は以下のとおり。

 

  • 関連画像も表示
  • 日本語検索OK
  • 無料素材あり

 

こちらもセンスの良い画像が多いです。一部無料で使えるのもうれしいところ。

 

料金プランは以下のとおり。

 

freepik月額-

 

プランの目安

  • 年間プラン:7.5EUR/月(約920円)
  • 月間プラン:9.99EUR/月(約1,230円)

 

有料サイトの中で利用料金が安いのが特徴ですね。年間プランが割安なのでおすすめです。

>>freepikの公式サイトを見てみる

 

素材サイトをうまく活用して、手間をかけずにブログの質をレベルアップさせましょう。
ふぁふぁ

 

まとめ:ブログ画像のサイズを整えて見やすい記事にしよう

まとめ:ブログ画像のサイズを整えて見やすい記事にしよう

 

今回は、ブログの最適な画像サイズなどについて、解説してきました。

 

ブログの画像サイズはつい軽視しがちですが、サイズや容量にまで気をつかうことで、ブログの見やすさや表示速度を向上させることができます。

 

この記事を参考に画像を最適化しつつ、記事づくりを継続していきましょう。

 

人気記事
金鉱を掘る
ブログ収入を稼ぐための仕組みと具体的方法を公開【徹底解説】

続きを見る

人気記事
手帳に記載
アフィリエイトで成果が出るライティング方法とは【成果を出すコツも解説】

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-Affiliate, BLOG, SEO
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5