Affiliate BLOG

ネタがない?ブログのネタ帳を作るべき3つの理由【ネタ切れ防止】

 

悩んでいる人
ブログのネタに困る。やっぱりブログのネタ帳を作ったほうがいいのかな?ネタ帳に使えるツールとか、ネタ帳に書いておくべきことがあれば教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ブログのネタ帳を作るべき3つの理由

  • ブログのネタ帳に使えるツール3選

  • ブログのネタ帳に書くべきこと3つ

 

本記事の信頼性

筆者は2020年8月にブログを開設し、370記事以上更新しています。

 

「ブログのネタ帳を作っておいた方がいいのかな…」こんな風に思って困っていませんか?

 

結論、ブログのネタ帳は作っておくべきです。どうしてかというと思いついたアイデアを残しておけるので、ネタ切れ防止になるからです。

 

本記事ではブログを370記事以上更新している僕が、ブログのネタ帳を作るべき理由について詳しく解説します。

 

ネタ帳に使えるツールなどについても、併せてご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、ブログのネタ帳を作ることができるので、ブログネタに困らず記事を効率的に書けるようになります。

 

記事は3分ほどで読み終わりますので、3分だけおつきあいください。

 

まだブログを開設していない、という方は初心者でも10分でできるWordpressブログの始め方【超簡単】をご覧ください。初心者でも10分でブログを開設する方法を紹介しています。
ふぁふぁ

 

ブログのネタ帳を作るべき3つの理由

ブログのネタ帳を作るべき3つの理由

 

まず、ブログのネタ帳を作るべき理由について説明します。理由は以下の3つ。

 

  1. ネタ切れ防止
  2. アイデアを残しておける
  3. ブログ作成が効率化する

 

順番に説明します。

 

①ネタ切れ防止

 

なによりもネタ切れ防止になります。

 

ブログネタに困ったときは、ネタ帳を見れば書くべきネタが見つかるからですね。

 

毎回記事を書くたびに「さてと、今日は何を書こうかな」という感じでネタを探すと、意外と書くネタ探しに時間がかかります。記事数が増えていくと、書いてしまったネタが増えるので、さらにネタを見つけにくくなります。ネタ切れはブログに挫折する大きな要因です。

>>ブログで挫折する原因と対策方法【挑戦に失敗はつきもの】

 

なので、ネタ帳に最低でも5記事分くらいのネタをストックしておくと、ネタ探しに無駄な時間を使わずに済みます。ネタを探している時間は収益に直結しないので、できるだけネタ探しに時間をかけずに記事作成に時間をかけて生産性をあげましょう。

>>ブログのネタ切れを解決する10の方法【具体例あり】

 

②アイデアを残しておける

 

アイデアを残しておけることも、ネタ帳を作るべき理由のひとつです。

 

何気なく頭に浮かんだアイデアを記録しておくことができるので、取りこぼしなくコンテンツにすることが可能だからです。

 

日常の中で「あ、これ書いたら読者の役に立つかも」というネタが思い浮かぶ時があったりしますよね。しかし、そのままにしておくと忘れてしまいがちです。

 

それだと勿体ないのでネタ帳に書き留めておいて、ブログ記事にして世の中に出しましょう。読んだ誰かの役に立つはずです。

 

日頃からアイデアをネタ帳に書きとめることによって、ネタをライブラリー化し、その時に旬なネタを取り上げてブログ記事を投下できるようになります。

 

③ブログ作成が効率化する

 

ネタ帳があるとブログ作成の効率があがります。

 

ブログのネタが見つからなくて悩む時間を解消できるので、すぐに記事の作成に着手できるからです。

 

 

ブログネタが見つかない時は1時間くらい悩んでいまうこともあるので、その1時間がそっくりそのまま無くなります。その分はやく記事作成に取り掛かれるので、1時間分早く作業が終わります。

 

ネタ帳に、タイトルや見出しなどの大まかな記事構成もメモっておくと、さらに記事作成の効率が爆上がりします。

>>ブログの文章構成を作る手順7つとポイント3つ【実例公開】

 

ブログのネタ帳に使えるツール3選

ブログのネタ帳に使えるツール3選

 

つづいて、ブログのネタ帳に使えるツールについて説明します。ツールは以下の3つ。すべて無料なので安心して使えますよ。

 

  1. スマホのメモアプリ
  2. Googleドキュメント
  3. Googleスプレッドシート

 

順番に説明します。

 

①スマホのメモ帳アプリ

 

一番手軽なのがスマホのメモアプリですね。

 

 

スマホにデフォルトで入っていて、機能もシンプルなのでネタ帳には十分です。

 

外出先でもさっと使えるので、時間と場所を問わずにネタをメモることができますよね。

 

まずは、スマホのメモ帳アプリをネタ帳にしてみましょう。

 

②Googleドキュメント

 

Googleドキュメントも便利です。

 

クラウド上にデータを保管するのでPC、スマホ、タブレットのデバイスで内容を共有できるからですね。

 

 

 

使い方もほぼWordみたいなものなので、すんなり使えると思います。普段からGoogleのサービスをよく使ってる人におすすめです。

 

③Googleスプレッドシート

 

Googleスプレッドシートもおすすめです。

 

GoogleドキュメントのExcel版みたいな感じです。こちらもクラウド共有です。

 

シートがセルになっているので、ネタ一覧を見やすく整理できます。WordよりもExcelが好きな方におすすめ。

 

 

Googleドキュメントと使用感を比べてみて、好きな方を使ってみてください。

 

その他のブログで使えるツールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>ブログアフィリエイトの必須ツール10選【収益化を実現】

 

ブログのネタ帳に書くべきこと3つ

ブログのネタ帳に書くべきこと3つ

 

つづいて、ブログのネタ帳に書くべきことについて、答えます。書くべきことは以下の3つ。

 

  1. キーワード
  2. タイトル
  3. 見出し

 

順番に説明します。

 

①キーワード

 

狙うキーワードを書いておきます。

 

なぜなら、キーワードはタイトルやディスクリプション、見出しなどに含める必要があるからです。

 

たとえば「ブログ 始め方」「アフィリエイト キーワード選定 方法」など、その記事で狙うキーワードを漏らさずに書いておきましょう。こうすることで、自分がどのキーワードで記事を書いたかという記録にもなり、その後に書く記事で内容が重複するのを避けることができます。

 

キーワードの選定方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【実例解説】アフィリエイトで稼げるキーワード選定方法【3つ公開】

 

②タイトル

 

案ベースでいいのでタイトルも書いておきましょう。

 

タイトルがあることで、どのような記事構成で書くか具体的にイメージがしやすくなるからです。

 

たとえば、以下のような感じで狙ったキーワードを入れてタイトル案を作っておきましょう。

 

  • 初心者でもわかるブログの始め方5ステップ
  • アフィリエイトで稼ぐためのキーワード選定方法

 

このように、メモ帳の段階でタイトルを作っておくことで、記事の方向性が固まります。効果的なタイトルの文字数やつけ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>SEOに最適なタイトルの文字数は?【タイトルの付け方も紹介】

 

③見出し

 

見出しもある程度作っておきましょう。

 

見出しを作ることで、おおまかな記事構成ができあがるからです。記事構成ができればブログ記事は完成したも同然です。

 

 

たとえば以下のような感じで、見出しを作っておきます。

 

  • ブログを始めるのに必要なもの
  • ブログを始めるための5つの手順
  • ブログを始めるときに心がけること

 

見出しを作っておくことで、あとは見出しにそって本文を書くだけなので、記事作成が楽になります。

 

ネタ帳に見出しも書いておいて、将来の自分の作業を手助けしておきましょう。見出しの作り方のコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>SEOに効果的な見出しタグ(hタグ)の付け方と作り方のコツ

 

まとめ:ブログのネタ帳を作って、効率よく記事を書こう

まとめ:ブログのネタ帳を作って、効率よく記事を書こう

 

今回はブログのネタ帳を作るべき理由について、解説してきました。

 

ぶっちゃけ、ブログネタに悩んでる時間はムダなので、ネタ帳を作っておいてムダな時間を省きましょう。

 

ネタ帳をこまめに書くことで、ネタを見つけるセンスを身に付けることができ、読まれるブログに育てることができます。

 

ネタに困らなくなったら、今度はブログで稼ぐための方法を身に付けましょう。

人気記事
仮想通貨ICOの仕組み
ブログで副収入を得る方法とは?手順やメリット・デメリットを解説

続きを見る

人気記事
アフィリエイトで月5万円稼ぐ具体的な方法【近道も紹介】

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-Affiliate, BLOG
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5