BLOG SEO

ブログ記事は1000文字以上は必要って本当?【結論:記事の質が重要】

ネムの概要

 

悩んでいる人
ブログ記事は1000文字以上は必要ってきいたけど本当なのかな?長い文章をうまく書けなくて困っています。長くまとまった文章を書くための方法を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ブログ1000文字以上は特に根拠なし
  • ブログで1000文字書けない場合の対処法
  • 上位のブログ記事は1000文字以上がほとんど

 

本記事の信頼性

筆者は2020年8月にブログを開設し、250記事以上更新しています。

 

「ブログ記事って1000文字以上は書いた方がいいのかな…」こんな風に思って困っていませんか?実際、僕自身もブログを始めたころは、文字数を気にしていました。

 

結論、ブログでは文字数よりも記事の質がなによりも重要です。ですが、質を担保するために、ある程度の文字数を要するケースが多いです。

 

本記事ではブログを120記事以上更新している僕が、ブログ記事は1000文字以上必要かどうかについて解説します。

 

ブログ記事を1000文字以上書くための方法についても、わかりやすく解説していますので、最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、ブログ記事で1000文字以上必要かどうかがわかり、ある程度の長さの文章が書けるようになります。

 

記事は3分ほどで読み終わります。ブログ記事で1000文字以上必要か知りたい方は、3分だけおつきあいください。

 

まだブログを開設していない、という方は初心者でも10分でできるWordpressブログの始め方【超簡単】をご覧ください。初心者でも10分でブログを開設する方法を紹介しています。
ふぁふぁ

 

ブログ1000文字以上は特に根拠なし

ブログ1000文字は特に根拠なし

 

ブログ1000文字以上は特に根拠はありません。理由は以下の3つ。

 

  1. 文字数はSEOに関係ない
  2. 検索意図をとらえることが重要
  3. むしろ1000文字以上必要

 

順番に説明します。

 

 

①文字数はSEOに関係ない

 

まず、文字数はSEO(検索エンジン最適化)に関係ありません。

 

Googleは記事の質を検証する際に、文字数については考慮していないからです。

 

以下のとおり、実際にGoogleの関係者が公言しています。

 

 

【翻訳】
私たちはあなたのページの単語を数えて100語までが悪い、100語から500語の間なら良い、また、500語以上なら5枚の写真が必要というアルゴリズムは持っていない。

私たちはページをそのように見ていない。ページ全体を見て評価し、ユーザーにとって本当に魅力的で関連性の高い検索結果にすることを試みている。そうであれば、長いか短いか、またはたくさんの画像があっても、全く問題ない。

 

このように、記事の質はあくまでもページ全体を見て評価されることがわかります。

 

②検索意図をとらえることが重要

 

記事の質を高めるには、ユーザーの検索意図をとらえることが重要です。検索意図とは、そのキーワードで検索した理由のこと。

 

なぜなら、検索意図をとらえることで、読者が知りたい情報を提供できるからです。

 

 

例えば、「ニキビ 治し方」で検索した読者は以下のような悩みを持っているはずです。

 

  • ニキビができて困ってる

 

そして、以下のようなニキビを治すための解決法などを知りたいはずですよね。

 

  • ニキビの原因
  • ニキビに効く薬
  • ニキビを防ぐための方法

 

この悩みと解決法がずばり検索意図です。なので、上記のケースではニキビの原因や、ニキビに効く薬、防ぐための方法などを記事にすることで、検索意図をとらえた記事になります。

 

このように、検索意図をとらえることが記事の質を高めるために必要になります。検索意図の調べ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>SEOでの検索意図の重要性とは【調べる方法・記事作成方法も解説】

 

③むしろ1000文字以上必要

 

検索意図をしっかりとらえた記事を書くと、1000文字では足りないことが多いです。

 

読者の悩みの解決法を丁寧に解説すると、2000字以上は必要になってくるからです。

 

例えば、当ブログの場合はテーマにより増減はありますが、1記事約4000文字で作成しています。文字数を意識しているわけではないですが、わかりやすさなどを心がけるとこのくらいの文字数に集約されてくる感じですね。

 

なので、1000文字は目安程度に認識でOKです。とにかく読者の悩みを解決できていれば、それが適切な文字数ということです。

>>【関係ない?】ブログの最適な文字数について【内容が重要】

 

ブログで1000文字書けない場合の対処法

ブログで1000文字書けない場合の対処法

 

つづいて、ブログで1000文字書けない場合の対処法について、説明します。対処法は以下の3つ。

 

  1. テンプレートを使う
  2. 型を使って本文を書く
  3. 自分の体験を盛り込む

 

順番に説明します。

 

①テンプレートを使う

 

記事構成はテンプレートを使いましょう。

 

テンプレートを使うことで、毎回同じ構成で書けるので効率がいいのと、品質が安定するからです。

 

 

例えば、当ブログの構成も以下のようなテンプレートに沿って作っています。

 

ブログ記事作成テンプレート

 

  • 導入パート
  • 記事本文パート
  • まとめパート

 

基本的には上記の3パートで構成すると、読者にもわかりやすい順序で解説できます。

 

このように構成をテンプレート化することで、記事のボリューム感をある程度確保することができます。記事のテンプレートについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>ブログが簡単に書ける記事作成テンプレートを紹介【初心者必見】

 

 

②型を使って本文を書く

 

本文は型を使って書くようにしましょう。

 

なぜなら、型を使うことで文章力が無くても、簡単に説得力のある文章を書くことができるからです。

 

代表的な型については、以下のとおり。

 

  • PREP法
  • AIDMAの法則
  • PASONAの法則

 

ちなみに、当ブログはPREP法をよく使っています。PREP法は以下の順序で書いていく方法です。

 

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論(Point)

 

まず結論を述べて、その後に理由と具体例を挙げるので説得力が増します。最後にもう一度結論を述べて、強く印象付けます。

 

【Point (結論) 】
私はブログを書くのが好きです。

【Reason (理由) 】
なぜなら、ブログを書くと頭の中を整理できるからです。

【Example (具体例) 】
例えば、考えていることを文章にすることで、もやもやしていたことが明確になるので、自分の考えを客観視できるようになります。

【Point (結論) 】
だから、私はブログを書くのが好きです。

 

上記の型を使うことで、文章作成が楽になります。型の使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【怪しくない】セールスライティングとは【基本の書き方+学習方法】

 

 

③自分の体験を盛り込む

 

記事を書くときに、自分の体験を盛り込んでみましょう。

 

あなたの体験を盛り込むことで、他の記事にはない独自性が生まれ、文章に厚みが出るからです。

 

例えば記事内で具体例を出すときに、以下のような感じであなたの体験を盛り込むと自然なうえに、説得力がありますよね。

 

  • ちなみに、僕が◯◯した時は~
  • 僕がこの◯◯を買おうと思ったきっかけは~

 

このようにあなた自身のエピソードを盛り込むことで、オリジナルのコンテンツとなり、それなりに文字数も増えますよね。書けそうなネタがあったら積極的に書いていきましょう。独自性があると他のブログと差別化できて、アクセスが増えるので収益UPにもつながります。

>>収益UPするブログアフィリエイト記事の書き方5つ【実例公開】

 

上位のブログ記事は1000文字以上がほとんど

上位のブログ記事は1000文字以上がほとんど

 

文字数はSEOに関係ないとはいえ、上位記事を見るとそれなりに文字数が多いのは確かです。

 

例えば、「ブログ 更新」で検索した結果は以下のとおり。

 

  • 1位:4,000文字
  • 2位:6,000文字
  • 3位:4,000文字
  • 4位:3,000文字
  • 5位:4,000文字

 

キーワードにもよりますが、Googleに質が高いと評価されている記事は、それなりの文字数でしっかり書かれていることがわかります。なので、もしキーワード「ブログ 更新」で上位を狙うなら、3,000文字以上は必要かもしれないということです。

 

自分が狙うキーワードの上位記事の文字数を把握して、どのくらいのボリュームが必要かを認識しておくことも重要です。なお、上位表示にはSEOライティングが欠かせません。SEOライティングのコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>SEOライティングとは?3つの原則とすぐに使える11のコツ

 

まとめ:ブログ1000文字は目安の一つ。記事の質が重要です

まとめ:ブログ1000文字は目安の一つ。記事の質が重要です

 

今回は、ブログ記事は1000文字以上必要かどうかについて、紹介しました。内容をおさらいすると以下のとおりです。

 

ブログ1000文字以上は特に根拠なし

 
  1. 文字数はSEOに関係ない
  2. 検索意図をとらえることが重要
  3. むしろ1000文字以上必要

 

ブログで1000文字書けない場合の対処法

 
  1. テンプレートを使う
  2. 型を使って本文を書く
  3. 自分の体験を盛り込む

 

上記のような感じでしょうか。

 

ブログは文字数の多さよりも、読者の検索意図をとらえた質の高い記事を書くことが重要です。

 

この記事を参考に、テンプレートと型を使って一定の質を保った記事を継続して書きましょう。

 

ブログ記事を書くことに慣れたら、次は収益化を検討してみてください。

人気記事
アフィリエイトで稼げない→稼げるに変える3つの方法
【月0万円→3万円】アフィリエイトで稼ぐコツ4つを解説

続きを見る

人気記事
仮想通貨ICOの仕組み
ブログで副収入を得る方法とは?手順やメリット・デメリットを解説

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-BLOG, SEO
-,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5