※本サイトにはプロモーションが含まれます

CRYPTO

Brave VPNとは?特徴や使い方、メリット・デメリットを徹底解説

 

悩んでいる人
Brave VPNについて知りたい。Brave VPNの特徴や使い方、メリット・デメリットを教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Brave VPNとは
  • Brave VPNのメリット
  • Brave VPNのデメリット
  • Brave VPNの始め方
  • Brave VPNの使い方・設定方法
  • Brave VPNと他VPNとの比較
  • Brave VPNが繋がらない場合
  • Brave VPNに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にBraveブラウザを利用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

BraveはPC、Mac、モバイル端末で使用できる高速で安全性の高いWeb3.0に対応したブラウザです。

今回は日常的にBraveを利用し、Web3.0ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、Braveが提供するBrave VPNのメリットや使い方について紹介します。

今回の記事を読むことでBrave VPNを使いこなすことができるはず。

なお、Braveを使用すると仮想通貨BATを受け取ることができます。

BATの受け取りにはビットフライヤーの口座が必須になるので、サクッと無料で口座開設を済ませておきましょう。

下記リンクで招待コード「tzoisnku」を入力すると、1,000円分のビットコインがもらえるのでかなりお得です。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 招待コード:「tzoisnku」の入力をお忘れなく!

 

Brave VPNとは

Brave VPNは、Brave Software社が提供するVPNサービスです。

料金 月9.99ドル
支払方法 クレジットカード
無料期間 7日間無料トライアル
同時接続 5台
対応デバイス Android
iOS
mac
Windows
サポート 24時間365日サポート
公式サイト https://brave.com/ja/firewall-vpn/
VPN運営会社 Guardian

VPNとは、インターネット接続やオンライン上のプライバシーを保護するための仕組みであり、特定ユーザーのみが利用できる仮想的なネットワークを構築することによって実現されます。

VPNはトンネリング技術によって、データの送信者と受信者の間に暗号化された通路(トンネル)を作ることで、データを盗み見られたり改ざんされたりする心配がなくなります。

VPNによってIPアドレスを偽装することもでき、地域制限されたコンテンツにアクセスすることも可能になります。

VPNは、オンライン上でのセキュリティとプライバシーを守るための有用なツールであり、ビジネスや個人利用において広く利用されています。

おすすめVPNについては、仮想通貨取引で話題のVPNとは?仕組みや選び方、おすすめVPNサービスを徹底紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

Brave VPNを提供するBrave Software社は、サンフランシスコに本社を置く会社であり、Braveブラウザの提供を主な事業としています。

Braveは、オンライン上でのプライバシー保護を重視しており、VPNサービスの利用に不安を感じる人でも安心して閲覧や検索を行うことができます。

現在、Brave VPNは世界中で5,000万人以上の利用者を持ち、高い知名度と信頼性があると言えるでしょう。

 

Brave VPNのメリット

Brave VPNを実際に使ってみて感じたメリットは以下のとおり。

  1. Braveブラウザと併用できる
  2. 高速&容量無制限
  3. Firewall機能あり
  4. 7日間の無料トライアル
  5. 24時間365日サポート付き

それぞれ解説します。

 

①Braveブラウザと併用できる

BraveブラウザとBrave VPNを併用することで、オンラインセキュリティ対策がさらに強化されます。

BraveVPNはBraveブラウザの内部に搭載されたVPN機能であり、Braveを使うごとに仮想通貨BATが貯まります。

BATは日本円や他の仮想通貨に換えることができます。

つまり、BraveVPNを使うことでオンラインプライバシーを保護しながら、思わぬお小遣いを得ることができます。

そのため、セキュリティ強化と収益化の2つを実現できるため、一石二鳥と言えます。

 

②高速&容量無制限

Brave VPNは高速通信だけでなく、容量も制限がないのが魅力です。

Brave VPNは最大100Mbpsの通信速度を誇り、高速にインターネットを利用することができます。

さらに、容量制限がないため、大容量のデータ転送やダウンロードもストレスなく行えます。

しかし、Brave VPNは動画視聴に対応していないサービスもあるため、動画を多く見る方は別のVPNサービス、例えばNordVPNなどを検討することをおすすめします。

 

③Firewall機能あり

BraveVPN契約をするとFirewall機能が自動的に適用され、外部からの不正アクセスやマルウェアからの保護が強化されます。

これにより、ユーザーは不正な攻撃から守られ、個人情報が盗まれることを防ぐことができます。

VPNが提供する匿名性と暗号化に加え、Firewallが提供する不正アクセスブロックとマルウェア対策は、オンライン上でのセキュリティを強化する上で必要不可欠です。

このように、BraveVPNはVPNとFirewallを両方提供することで、高いセキュリティレベルを実現しているため安心して利用できます。

 

④7日間の無料トライアル

実際に使ってみないとわからないことが多いですよね。

BraveVPNなら7日間の無料期間があるので、実際に利用して自分にあっているかどうか確かめることができます。

この7日間で確認すべきポイントは、次のようなものがあります。

  1. 使いやすさ:BraveVPNが自分の使いたいデバイスやOSに対応しているか、インストールや接続が簡単にできるかどうかなど、使い勝手について確認しましょう。

  2. 速度:VPN接続時の通信速度がどの程度になるか、遅くなりすぎないかどうか確認してください。

  3. 動画再生:BraveVPNがサポートする動画ストリーミングサービスや、自分がよく利用する動画サイトで、再生に問題が起きないか確認しましょう。

  4. 不具合:VPN接続時にトラブルが発生しないか、接続が不安定になったり、接続が切れたりしないかなど、不具合についても確認してください。

これらのポイントを確認することで、BraveVPNが自分にあっているかどうかがわかると思います。

 

⑤24時間365日サポート付き

Brave VPNの大きなメリットは、24時間365日サポートが付いていることです。

このようなサポート対応はVPNにとって非常に重要です。

項目 Brave VPN Nord VPN Millen VPN
24時間365日サポート

上記のとおり、NordVPNなどの代表的なVPNと比較しても、Brave VPNは24時間365日サポートが付いていることで遜色ないということが分かります。

そのため、Brave VPNを利用することで、トラブルが起こった場合でも迅速かつ丁寧なサポートを受けることができます。

また、日本語対応もされているため安心して利用できる点も魅力的です。

 

Brave VPNのデメリット

Brave VPNのデメリットは以下のとおり。

  1. 利用エリアが少ない
  2. 月額料金が割高
  3. 対応デバイスが限られる

それぞれ解説します。

 

①利用エリアが少ない

Brave VPNは利用エリアが少ないことが欠点です。

Brave VPNを利用できるエリアは以下のとおり。

  • 日本
  • アメリカ
  • イギリス
  • スイス
  • スペイン
  • シンガポール
  • オランダ
  • ドイツ
  • フランス
  • カナダ
  • オーストラリア

エリアをさほど気にしないのであれば問題ありませが、世界中で利用したいのであればNordVPNなどがいいでしょう。


②月額料金が割高

Brave VPNは、他のVPNサービスと比べると月額料金が割高と言えます。

プラン名 Brave VPN Nord VPN  Millen VPN
最安プラン 1,140円(1年) 630円(1年) 540円(1年)

長期利用の割引率が低いことが難点とされています。

そのため、コストパフォーマンスを重視するユーザーにとっては、MillenVPNなどの他のVPNサービスも検討することが重要となります。

 

③対応デバイスが限られる

BraveVPNは、Windows、Mac、Android、iOSのみでしか利用できないため、他社VPNと比べて接続可能なデバイスの範囲が限定的です。

VPNサービス BraveVPN Nord VPN  Millen VPN
対応デバイス
  • Android
  • iOS
  • macOS
  • Windows
  • Android
  • iOS
  • macOS
  • Windows
  • Linux
  • Google Chrome
  • Android TV
  • Amazon Fire TV Stick
  • Chromecast
  • Android
  • iOS
  • macOS
  • Windows

他社は、ルーターやその他のデバイスに接続することができるため、BraveVPNは不十分に見えるかもしれません。

対応デバイスでは圧倒的にNordVPNがおすすめ。

ですが、BraveVPNを有効にしたデバイスはインターネットに接続するあらゆるアプリを保護することができるため、Braveブラウザ以外のアプリも安全に使用することができます。

 

Brave VPNの始め方(登録・契約方法)

Brave VPNの登録・契約方法は以下のとおり。

  1. Braveブラウザをインストール
  2. BraveVPNをオンにする
  3. 契約するプランを選ぶ
  4. VPNプロファイルをインストール

順番に解説します。

 

①Braveブラウザをインストール

まずは以下のリンクからBraveアプリをインストールしましょう。

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ

Brave adblockで広告をブロックするブラウザ

Brave Software無料posted withアプリーチ

インストールの詳しいやり方については、【保存版】Braveブラウザの使い方・やり方・稼ぎ方を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②BraveVPNをオンにする

右下の「・・・」をタップ。

「Brave VPN」をONにする。

 

③契約するプランを選ぶ

サブスクリプションを承認します。

 

④VPNプロファイルをインストール

「VPNプロファイルをインストール」をタップ。

「許可」をタップ。

「VPN構成を追加」を承認。

画面上部に「VPN」を表示されていれば設定完了です!

 

Brave VPNの使い方

Brave VPNの使い方は以下のとおり。

  1. BraveVPNをオンにする
  2. 接続する国を選ぶ

順番に解説します。

 

①BraveVPNをオンにする

右下の「・・・」をタップ。

「Brave VPN」をONにする。


②接続する国を選ぶ

「設定」をタップ。

「Braveファイアーウォール+VPN」をタップ。

「ロケーションを変更する」をタップ。

利用する国を選択して完了です。

 

Brave VPNと他VPNとの比較

Brave VPNと他VPNとの比較についても見ていきましょう。

  1. 料金
  2. サーバー数
  3. 無料トライアルの有無

それぞれ解説します。

 

①料金

1年プランで比較すると以下のとおり。

項目 Brave VPN Nord VPN  MillenVPN
最安プラン 1,140円(1年) 630円(1年) 540円(1年)

VPNは長期的に利用すること多いため、年単位で考えるとMillenVPNがお得です。

 

②サーバー数

サーバー数は以下のとおり。

項目 Brave VPN Nord VPN  MillenVPN
サーバー数 14 5408 1300

サーバー数では圧倒的にNordVPNが勝っています。

安定稼働を求めるのであれば、NordVPNを選ぶのがおすすめです。

 

③無料トライアルの有無

無料トライアルの有無については以下のとおり。

項目 Brave VPN Nord VPN  MillenVPN
無料トライアル 7日間 30日間 無し

上記のように、BraveVPNとNordVPNは無料トライアル期間があるので、使ってみて合わなければ解約すればお金はかかりません。

 

Brave VPNが繋がらない場合

Brave VPNが繋がらない場合の原因と対処法は以下のとおり。

  1. ネット環境の不具合
  2. サーバーのエラー
  3. ウイルス対策ソフトにブロックされている

それぞれ解説します。

 

①ネット環境の不具合

ネット環境の不具合が発生した際には、Brave VPNが正常に動作しない可能性が高いです。

このような状況で最初に試すべき対策は、VPNサーバーのロケーションを変更することです。

特に、日本のサーバーを使用している場合、欧州のサーバー(例:フランス)に切り替えることで問題が解消されるケースがあります。

それでも接続問題が解決しない場合は、Braveのカスタマーサポートに問い合わせるか、インターネット回線の状態を確認してください。

 

②サーバーのエラー

Brave VPNで接続障害が発生した場合、多くのケースでサーバー側のエラーが原因です

このような状況に遭遇したら、以下の方法を試してみてください。

  • VPNの接続を一度切断し、再度接続する。
  • 現在接続しているVPNサーバーから別のサーバーに変更する。
  • コンピュータを再起動する。

特に、サーバーの切り替えは障害を解消する効果が高いとされています。

接続に失敗した際は、これらの手順をぜひ試してみてください。

 

③ウイルス対策ソフトにブロックされている

スマートフォンのウイルス対策アプリがインターネット接続をブロックしている可能性があります。

このような状況に遭遇した場合、ウイルス対策アプリのセキュリティ機能を一時的に無効にすることで、問題が解消されるケースが多いです。

ウイルス対策アプリによっては、機能の無効化手順が異なる場合があります。

そのため、使用しているアプリのマニュアルやヘルプガイドを参照してください。

 

Brave VPNに関するよくある質問

続いて、Brave VPNに関するよくある質問に答えます。

  1. 料金は仮想通貨BATで払える?
  2. 複数デバイスを保護できる?
  3. どのデバイスに対応してる?
  4. 対応エリアはどこ?
  5. 困った時はどうしたらいい?

それぞれ回答します。

 

①料金は仮想通貨BATで払える?

いいえ、BATでは払えません。

BraveVPNの支払いはクレジットカードのみの対応となります。

将来的にはBATでの支払にも対応する予定とのことなので、続報を待ちましょう。

 

②複数デバイスを保護できる?

はい、保護できます。

Braveブラウザがインストールされている端末であれば、最大5台まで保護することができます。

 

③どのデバイスに対応してる?

Brave VPNはAndroid、iOS、macOS、Windowsに対応しています。

ただし、Brave VPNを利用するためにはBraveのインストールが必要です。

Braveのインストール方法については、【保存版】Braveブラウザの使い方・やり方・稼ぎ方を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④対応エリアはどこ?

Brave VPNの対応エリアは以下のとおり。

  • 日本
  • アメリカ
  • イギリス
  • スイス
  • スペイン
  • シンガポール
  • オランダ
  • ドイツ
  • フランス
  • カナダ
  • オーストラリア

上記の11か国となります。

 

⑤困った時はどうしたらいい?

Brave VPNは24時間365日のサポートを実施しています。

日本語にも対応しているので、困った点をすぐに解消できます。

 

まとめ:Brave VPNでセキュリティを高めながら稼ごう

今回はBrave VPNについて解説しました。

Brave VPNはBraveブラウザをインストールするだけで簡単に利用可能です。

Braveブラウザは基本的に無料で使うことができ、広告ブロック機能と仮想通貨BATの付与により今後のさらなる普及が期待できます。

BATの付与などは将来的に打ち切りになる可能性もあるので、早めに利用しておくことで先行者利益を得られるでしょう。

BATの受け取りにはビットフライヤーの口座が必須になるので、サクッと無料で口座開設を済ませておきましょう。

下記リンクで招待コード「tzoisnku」を入力すると、1,000円分のビットコインがもらえるのでかなりお得です。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 招待コード:「tzoisnku」の入力をお忘れなく!

 

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, ,

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5