MONEY

Coincheck(コインチェック)の手数料はいくら?手数料を抑える方法・他社比較を解説

コインチェック

 

悩んでいる人
コインチェックの手数料ってどのくらいかかるんだろう?手数料を抑える方法や他社との比較が知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • コインチェックでかかる手数料一覧
  • コインチェックの取引手数料
  • コインチェックの出金手数料
  • コインチェックの手数料に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際にコインチェックを使って暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

コインチェックの手数料ってどのくらいなんだろう?

 

そう思って悩んでいませんか?

 

コインチェックは国内取引所の中でも特に人気があり、国内最多の16種類以上の仮想通貨を取り扱い、アプリダウンロード数No.1など多くの人に支持されています。

 

今回は実際にコインチェックを使って仮想通貨取引をして、200万円ほどの利益を上げている僕がコインチェックの手数料について解説します。

 

この記事を読むとコインチェックでの各種手数料の詳細がわかるので、安心してコインチェックを使えるようになります。

 

早速コインチェックで仮想通貨投資を始めたい!という方は、以下のリンクからどうぞ。口座開設はスマホで5分ほどで完了します。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

コインチェックでかかる手数料一覧

コインチェック

 

コインチェックでかかる手数料は以下の5種類です。

 

  1. 入金手数料
  2. 出金手数料
  3. 取引手数料
  4. 仮想通貨入金手数料
  5. 仮想通貨送金手数料

 

この5つの手数料について解説していきます。

 

①入金手数料

 

コインチェックの入金手数料は以下のとおりです。

 

振込手数料
(日本円)
各銀行ごとの振込手数料
コンビニ入金 ・3万円未満なら770円
・3万円以上30万円以下なら1,018円
クイック入金 ・3万円未満なら770円
・3万円以上50万円未満は1018円
・50万円以上の場合「入金金額×0.11%+495円」

 

それぞれ自分が使いやすい方法で入金してOKです。ネット銀行を使って口座振込が一番簡単かなと思います。

 

②出金手数料

 

仮想通貨を日本円にして、Coincheckから自分の銀行口座に出金する際には「出金手数料」がかかります。

 

コインチェックの場合、出金の上限額は一回あたり5,000万円。

 

出金手数料は一律407円かかります。

 

③取引手数料

 

コインチェックの売買には販売所と取引所の2つの形式があります。

 

販売所はコインチェックとユーザーが取引する場所、取引所はユーザー同士が取引する場所という違いがあります。

 

販売所と取引所の違い

 

販売所と取引所の手数料の違いは以下のとおりです。

 

  販売所 取引所
コインチェック 無料 Maker:0%
Taker:0%
GMOコイン 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
DMM Bitcoin 無料
bitFlyer 無料 無料

 

販売所の取引手数料は無料です。

 

一方、取引所の手数料はMakerとTakerで手数料が異なります。

 

  • Maker:注文を出した人
  • Taker:Makerの注文を受注した人

 

コインチェックはMaker、Taker共に0%

 

取引所は注文を出す人がいて初めて取引が成立します。そのため、GMOコインのようにMakerに報酬を与える「マイナス手数料」を導入する取引所が多いです。GMOコインについては、GMOコインとは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説で詳しく解説しています。

 

しかし、その割合は微々たるものなのでさほど気にしなくてよいでしょう。

 

④仮想通貨入金手数料

 

他の取引所から送金する場合などにかかるのが「仮想通貨入金手数料」です。

 

コインチェックの仮想通貨入金手数料は無料です。

 

仮想通貨の種類によっては処理が重複すると入金までに時間がかかる場合があるので、注意しておきましょう。

 

⑤仮想通貨送金手数料

 

送金手数料を他社と比較したものが以下のとおり。

 

  BTC ETH XRP
コインチェック 0.001BTC 0.01ETH 0.15XRP
GMOコイン 無料 無料 無料
bitFlyer 0.0004BTC 0.005ETH 無料

 

BTC送金の手数料は0.001BTCです。例えば1BTC=400万円の場合は約4,000円かかります。

 

そのため、コインチェックで仮想通貨送金を繰り返すと手数料がかさんできます。

 

送金手数料が気になる方は、送金手数料が無料のGMOコインなどを使うとよいでしょう。

 

コインチェックでコストを抑えて取引するコツ

仮想通貨

 

ここからは、コインチェックで手数料を抑えて取引をするコツについて説明していきます。

 

コツは以下の5つ。

 

  • しっかりと利益が出てから売却する
  • 販売所で頻繁に売買しない
  • できるだけ取引所利用する
  • 頻繁に入出金をしない

 

頻繁な売買や入出金をしているとその都度手数料がかかってしまうので、できるだけその頻度を減らすことが重要です。

 

売買は取引所を使ったり、販売所で買った仮想通貨は基本的に長期保有して十分な利益が出てから売却すると良いでしょう。

 

また、入出金をこまめにしたくなりますが、できるだけまとめて入出金することで手数料を抑えることができます。

 

コインチェックの手数料まとめ

投資

 

今回はコインチェックの手数料について解説してきました。

 

コインチェックの手数料は高いと言われることもありますが、工夫次第で手数料を低く抑えることもできます。

 

これから仮想通貨を始めたいと考える初心者にとっては、手数料も大事ですがアプリや取引画面の使いやすさも重要です。

 

その点、コインチェックは口座開設がとても簡単であり、わかりやすい画面で初心者でも簡単に仮想通貨を売買できます。

 

コインチェックは500円から仮想通貨を購入できるので、まずはお試しで10,000円分くらいのビットコインを買ってみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5