CRYPTO

仮想通貨(トークン)のコントラクトアドレスの調べ方を徹底解説

 

悩んでいる人
仮想通貨(トークン)のコントラクトアドレスってどうやって調べたらいいんだろう?コントラクトアドレスの調べ方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • コントラクトアドレスとは
  • コントラクトアドレスと送金アドレスの違い
  • コントラクトアドレスの調べ方
  • コントラクトアドレスを調べる際の注意点

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

コントラクトアドレスとはトークンの契約情報が書かれた固有アドレスのことです。

今回は仮想通貨の情報発信で月330万の収益を得ている僕が、コントラクトアドレスの調べ方を解説します。

今回の記事を読むことでコントラクトアドレスの調べ方が理解できます。

なお、仮想通貨を売買するには取引所の口座開設が必須です。あらかじめコインチェックで無料開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コントラクトアドレスとは

仮想通貨

コントラクトアドレスとは、仮想通貨を用いたプログラム取引(スマートコントラクト)を行う際に使用するアドレスのことです。

スマートコントラクトを行う際には、取引を行うコントラクトアドレスが必要になります。

このコントラクトアドレスは、ビットコインなどの仮想通貨を取引するためのアドレスとは異なり、プログラム取引(スマートコントラクト)を行うためのものです。

イーサリアム(Etherum)等のスマートコントラクトが活用できるプラットフォームでは、まずコントラクト(契約内容)をブロックチェーンに記録し、その後でコントラクトの内容を実行しています

そのコントラクトに付与されたアドレスがコントラクトアドレスとなります。

コントラクトアドレスがわかれば、トークンを管理することができるようになります。

ウォレットを使用してトークンを受け取ったり、送金したり、トークンの残高を確認することができるようになるため、取引の利便性が向上します。

コントラクトアドレスはトークンのホワイトペーパーや公式サイトなどで確認することができます。

 

コントラクトアドレスと送金アドレスの違い

コントラクトアドレスとは、その名の通り、スマートコントラクトを実行するために使用されるアドレスのことです。スマートコントラクトとは、プログラムのようなものであり、決定された条件を満たす場合にのみ、トランザクションを実行します。

一方、送金アドレスとは、他のユーザーや別のアドレスにコインを送るために使用されるアドレスのことです。送金アドレスは、他のユーザーにコインを送金するために使用されるだけでなく、コインを受け取るためにも使用されます。

コントラクトアドレスと送金アドレスは見た目が似ていますが、コントラクトアドレスあてに仮想通貨を送金することはできません。

うっかり仮想通貨をコントラクトアドレス宛に送金すると、資産が失われます。

そのため、送金時には間違いなく送金アドレスを入力してるかを忘れずに確認することが重要です。

 

コントラクトアドレスの調べ方

crypto

コントラクトアドレスは以下のサイトで調べられます。

  • CoinMarketCap:オススメ
  • CoinGecko:オススメ
  • BscScan:BEP20チェーンのコントラクトアドレスを確認できる
  • Etherscan:ETHチェーンのコントラクトアドレスを確認できる
  • polygonscan:Polygonチェーンのコントラクトアドレスを確認できる

今回はCoinMarketCapでコントラクトアドレスを調べる手順を解説します。

 

step
1
CoinMarketCapのwebサイトにアクセス

Coinmarketcapのサイトにアクセスし、右上の虫眼鏡をクリック。

 

step
2
調べたいトークン名を入力

検索ボックスに調べたいトークン名を入力し、該当のトークンをクリック。

例えばイーサリアムのコントラクトアドレスを調べたい場合は「ETH」と入力してください。

 

step
3
コントラクト一覧を確認

「コントラクト一覧」にあるアドレスがそのトークンのコントラクトアドレスです。

クリックするとコントラクトアドレスがコピーされます。

 

step
4
トークンを追加

メタマスクで「トークンをインポート」→「カスタムトークン」→「トークンコントラクトアドレス」にペーストし、「カスタムトークンを追加」をクリック。

これで、ウォレットにトークンが追加できたので、ウォレット内で管理できるようになりました。

上記以外にも、そのトークンのホワイトペーパーや公式サイトにコントラクトアドレスが掲載されている場合もあるので、確認してみてください。

 

コントラクトアドレスを調べる際の注意点

コントラクトアドレスを調べる際の注意点は以下のとおり。

  1. 偽トークンがある
  2. チェーンによってコントラクトアドレスが異なる

それぞれ解説します。

 

①偽トークンがある

名前だけ似せた偽物トークンがあるため注意が必要です。

偽物トークンを保有してしまうと、本来の意図した利益を得られない可能性があります。

また、不正な取引に巻き込まれる可能性があり、詐欺にあったり金銭的な損失を被ることもあります。

そのため、トークンのwebサイトやSNSを確認して、間違いなく公式サイトかどうかを確認しておきましょう。

さらに、トークンを購入する際には、公式サイトや公式指定の取引所のみで購入するようにし、不審なサイトや不審な取引を避けるようにしましょう。

また、トークンの評判や口コミなども調べて、信頼性の高いトークンを選ぶようにしてください。

 

②チェーンによってコントラクトアドレスが異なる

トークンはチェーンによってコントラクトアドレスが異なります。

例えばETHの場合チェーンごとに以下のようにコントラクトアドレスが違ってきます。

  • Solana:2FPyTwcZLUg1MDrwsyoP4D6s1tM7hAkHYRjkNb5w6Pxk
  • Tezos:KT19at7rQUvyjxnZ2fBv7D9zc8rkyG7gAoU8
  • Avalanche:0xf20d962a6c8f70c731bd838a3a388d7d48fa6e15

そのため、トークンを使用する際にはそのトークンが所属するチェーンと、そのチェーンのコントラクトアドレスを正確に確認し、使用することが重要です。

例えば、ETHのトークンはEthereumブロックチェーン上に存在し、Ethereumのスマートコントラクト上に実装されています。

そのため、Ethereumのブロックチェーン上でトランザクションを行うためには、Ethereumのスマートコントラクトのアドレスが必要であり、そのトークンが所属するチェーンのアドレスが必要であることになります。

同じく、SolanaやTezosなどのブロックチェーンも同様に各トークンが所属するチェーンに対応するアドレスが必要になります。

特に、デフォルトのブロックチェーンが異なる可能性もあり、トークンの名前だけでなくチェーンも確認することが重要です。

 

まとめ:コントラクトアドレスの調べ方を学んでサクッと稼ごう

仮想通貨

今回はトークンのコントラクトアドレスの調べ方について解説してきました。

コントラクトアドレスが分かれば、ウォレットでそのトークンを管理することができます。

もしトークンの取引や管理を行う予定があるのであれば、事前にコインチェックなどの取引所でアカウントを開設しておくことをお勧めします。

口座開設はもちろん無料なので、スマホでサクッと済ませておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5