※本サイトにはプロモーションが含まれます

CRYPTO

仮想通貨AGIX(SingularityNET)とは?特徴や買い方、将来性について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のAGIX(SingularityNET)について詳しく知りたい。AGIX(SingularityNET)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • AGIX(SingularityNET)の概要
  • AGIX(SingularityNET)の特徴
  • AGIX(SingularityNET)の買い方
  • AGIX(SingularityNET)のチャート・価格推移
  • AGIX(SingularityNET)の将来性
  • AGIX(SingularityNET)の今後の価格予想
  • AGIX(SingularityNET)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨AGIXはAI商品やAIサービスを売買できるAIマーケットプレイス「Singularity NET」で利用できるトークンです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、AGIX(SingularityNET)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでAGIX(SingularityNET)に関する理解が深まるはず。

なお、AGIX(SingularityNET)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要です。

少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

AGIX(SingularityNET)の概要

名称 AGIX(SingularityNET)
時価総額 93位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2023年5月時点) ¥43.60
時価総額(2023年5月時点) ¥53,184,011,333
公式サイト AGIX(SingularityNET)公式サイト

仮想通貨AGIXはSingularityNETというサービスで使用されるトークンです。

SingularityNETはAI分野における協力や協調を可能とするグローバルAIマーケットプレイスです。

SingularityNETを利用すると、AIのアップロードや他の参加者が作成したモジュールを組み合わせたりすることができます。

また、AGIXはSingularityNETの各種サービスを利用する際に必要となるトークンであり、利用料の支払いや報酬の獲得、ステーキングや組織運営への参加など、幅広い用途があります。

AGIX(SingularityNET)は2018年1月に立ち上がり、AI関連銘柄の中では比較的古参です。

また、時価総額という指標でAI関連銘柄を比較すると、AGIX(SingularityNET)はインデックス作成プロトコル「The Graph」のユーティリティトークン「GRT」に次いで大きな金額を示しています。

>>仮想通貨The Graph(GRT/グラフ)とは?特徴や将来性、購入方法を徹底解説

これは、この銘柄が需要があることや投資対象として人気が高いことを示しています。

AGIXは、このように実用性が高く、需要があるトークンです。

 

AGIX(SingularityNET)の特徴

AGIX(SingularityNET)の特徴は以下のとおり。

  1. 多彩なAIのサービスを購入できる
  2. オープンソースで提供
  3. SingularityNetに連動した需要がある
  4. 多数のAIプロジェクトをつなぐ架け橋
  5. AIロボット「ソフィア」開発者が創設

それぞれ解説します。

 

①多彩なAIのサービスを購入できる

SingularityNETはAIマーケットプレイスであり、ユーザーはAGIXというユーティリティトークンを使って、多彩なAIサービスを購入することができます。

2023年4月26日時点で、79種類のAIサービスが出品されています。購入する前には、無料のデモを利用してサービスの内容を確認することができます。

SingularityNETは開発者にとっても有益であり、自分たちが開発したAIサービスを出品し、マネタイズすることができます。

また、AIパブリッシャーを使用して、サービスの使用状況の分析や財務管理ができるようになっています。

 

②オープンソースで提供

SingularityNETでは、開発者向けにオープンソースで利用可能な人工知能アーキテクチャ「OpenCog Hyperon」を提供しています。

このアーキテクチャは、コンピューターやIT分野の専門用語で、システムの基本的な骨組みや概念構造を指します。

「OpenCog Hyperon」は、人工知能フレームワークを構築するプロジェクト「OpenCog」を継承しつつ、ブロックチェーンとの親和性を高めて再設計されたものです。

このアーキテクチャは、開発者がSingularityNETのマーケットプレイス上で、独自のAGIサービスを提供することを支援します。

「OpenCog Hyperon」を使えば、開発者はより柔軟に、かつ高度な人工知能アプリケーションを構築できます。

さらに、このアーキテクチャを使って開発されたサービスは、SingularityNETのマーケットプレイスで販売することができ、開発者は自分の作品を通じて収益を得ることができます。

 

③SingularityNetに連動した需要がある

AGIXはSingularityNetに連動した需要があることが特徴のひとつです。

AGIXは、世界中の人工知能(AI)サービスを取り扱うマーケットプレイスであるSingularityNETにおいて使用される仮想通貨です。

ユーティリティートークンとしての役割を果たし、AIサービスの購入や販売に使用されます。AGIXはまた、ガバナンストークンとして機能し、SingularityNETの方針を決める投票に参加することができます。

AGIXはステーキングも可能で、AI開発に直接関与していない人でも、SingularityNETの活動を支援するために流動性を提供し、報酬を受け取ることができます。

AGIXの価値は、SingularityNETが提供するAIサービスへの需要や、トークン保有者がSingularityNETの運営方針を決める投票に参加することで、裏付けられています。

つまり、AGIXはSingularityNETの生態系を支えるトークンであり、持続的な需要があることが期待されます。

AI技術の発展に伴い、SingularityNETの需要が高まり、それに伴いAGIXの需要も増加することが予想されます。そのため、AGIXはAI関連投資家にとって注目すべき仮想通貨の1つと言えます。

 

④多数のAIプロジェクトをつなぐ架け橋

SingularityNETは分散型プロジェクトであると同時に、多くのAIプロジェクトをつなぐ架け橋となるプラットフォームです。

過去には、AIを開発するためには自社でデータセットや各種分析機能を開発する必要がありましたが、SingularityNETでは必要なモジュールを購入してサービスに組み込むことが可能になります。また、自社が開発したモジュールをSingularityNETで公開することで、収益化することもできます。

SingularityNETは、AIの相互運用性の欠如を解消することで、より高度なサービスをより速く、そして効率的に生み出せる環境を創出することを目指しています。これにより、AI分野の成長に繋がり、それに伴って中長期的にAGIXの需要が高まっていくことが期待されています。

AGIXはSingularityNETにおいて、AIサービスの売買に使用されるユーティリティートークンであり、同時にガバナンストークンとしても使用されるため、保有者は投票に参加することが可能です。

また、AGIXはステーキングを行うことも可能であり、直接AI開発に関与していない人でもSingularityNETの活動をサポートし、報酬を得ることができます。これらの要素がAGIXの価値を裏付けていると言えます。

 

⑤AIロボット「ソフィア」開発者が創設

世界で話題を呼んでいる表情豊かな人型AIロボット、ソフィアをご存知の方も多いと思います。

彼女は自然な表情と身振り手振りを交えながら、インタビュアーとの多様な会話を繰り広げることができるという特徴を持っています。

また、サウジアラビアにおいて市民権を獲得したことや、国際連合でもスピーチを行ったことで注目されました。

実は、このソフィアを開発したHanson Robotics社の創設者であるベン・ゲーツェル博士は、SingularityNETの創設者の一人でもあります。

SingularityNETには、ベン・ゲーツェル博士をはじめとする多数の博士号取得者が参加しています。

SingularityNETのプラットフォームと統合することにより、ソフィアは様々なAIサービスにアクセスすることができ、より高度なAIエージェントとして学習することができます。

これにより、より進化したAI技術を提供することができるようになるため、今後のAI分野の発展に大きく貢献することが期待されています。

 

AGIX(SingularityNET)の買い方・購入方法

AGIX(SingularityNET)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

AGIX(SingularityNET)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでAGIX(SingularityNET)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでAGIX(SingularityNET)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでAGIX(SingularityNET)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

AGIX(SingularityNET)のチャート・価格推移

AGIX(SingularityNET)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年10月~12月

2022年10月のAGIXの価格は6.5875円から始まり、11月初めまで安定して推移していました。

しかし、11月初めにAGIXの価格が急激に上昇し、11月13日に最高値の10.2413円を記録しました。

この上昇は、SingularityNETが2022年11月8日に発表した重要なニュースによるものでした。

SingularityNETは、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceに上場することを発表しました。

この上場により、AGIXに対する需要が急増し、価格が上昇しました。11月後半には、AGIXの価格が下落し、12月初めには6.3418円まで下落しました。

この下落は、市場全体が下落したことに加えて、投資家たちが利益確定を始めたためです。12月中旬には、市場が安定しているため、AGIXの価格も比較的安定していました。

そして、12月末には再び下落し、12月31日には5.9755円で取引されていました。この下落は、仮想通貨市場全体が下落したためであり、特にAGIXに関連する特別な要因はありませんでした。

 

②2023年1月~3月

2023年1月から3月のAGIXの価格推移は、大きく波打つ形となりました。

2月中旬からは、価格が大幅に上昇し、最高価格である68.63円を記録しました。

3月末には、価格が56.09円となり、3月初めの価格とほぼ同じ水準にまで下落しました。

この価格変動の主な原因は、市場の様々な動きによるものでした。

2月中旬に価格が急騰した理由としては、企業や個人投資家がAGIXに関心を持ち始め、需要が急増したことが挙げられます。

また、一部のメディアがAGIXを推奨し、これにより投資家の関心が高まったことも影響している可能性があります。

しかし、その後、投資家たちは大量売却を行い、市場は暴落しました。この影響により、価格は急落しました。

また、ビットコインや他の主要な仮想通貨の価格変動もAGIXに影響を与え、価格変動につながりました。

 

③2023年4月~

AGIX(SingularityNET)は、4月に入ってから順調な上昇傾向を示しました。

4月初めには、価格は約54円で推移し、その後60円程度まで上昇。

価格が上昇した理由はいくつかあります。まず、4月19日には、AGIXがCoinbase Proに上場したことが発表されました。

これは、多くの投資家にとってポジティブなニュースでした。

Coinbaseは世界的に有名な仮想通貨取引所であり、上場することでAGIXに対する認知度が上がり、投資家からの需要が高まることが期待されました。

また、SingularityNETは多くの開発者から支持を受けており、AGIXプラットフォーム上で開発されたアプリケーションが増えることで、需要が高まることも期待されました。

しかし、最近の価格の下落には、暗号資産市場全体の下落が影響している可能性があります。

仮想通貨市場は依然としてボラティリティが高く、大きな価格変動が起こる可能性があることに注意する必要があります。

 

AGIX(SingularityNET)の将来性

続いて、AGIX(SingularityNET)の将来性について解説します。

  1. ロードマップ通りの順調な開発
  2. AIの需要増加
  3. 経済状況による後押し

それぞれ解説します。

 

①ロードマップ通りの順調な開発

現在、SingularityNFTはロードマップに基づいて順調に開発が進んでいます。

今後の大きなイベントとしては、イーサリアムチェーンからカルダノチェーンに移行することで、2023年中にプラットフォームの移行とステーキング機能の実装を予定しています。

カルダノチェーンは、高速で低コストな汎用プラットフォームとして知られており、移行によって利便性が向上することでAGIXの価格にもポジティブな影響をもたらす可能性があります。

そのため、さらなるユーザー増加が期待できるでしょう。

 

②AIの需要増加

AGIXは、AI関連銘柄として注目を集めています。

その背景にはAI技術の進歩によって、AIを活用したサービスや製品が急速に増えており、AI関連企業の成長が期待されていることがあります。

2022年には、画像生成AIやAIチャットボットなどの新しいAI技術が相次いでリリースされ、AI関連銘柄に強い関心が集まりました。この流れは今後も続くことが予想され、AI関連企業の成長が期待されています。

このように、AI関連銘柄全体に対する関心が高まる中で、AGIXはAI技術のプラットフォーム提供事業を展開していることから、大きな注目を集めています。

 

③経済状況による後押し

AGIXの価格に影響を与える要因は、AI業界の動向だけでなく、世界の経済動向の影響も受けます。

2021年後半から2022年末にかけて、世界各国が金融引き締め政策に舵を切ったことにより、AGIXは長い下落トレンドを形成しました。そのため、投資家たちは世界的な金融引き締めの影響を受けると予想し、安全な資産へのシフトを図りました。

しかし、金融引き締め政策の甲斐もあってインフレの勢いは徐々に減衰し、将来的には金利引き下げの動きも期待されています。2023年前半には、アメリカの政策金利が約5%前後まで上がり、その後は利下げに転じると予想されています。このような予想が市場に影響を与えることで、仮想通貨市場全体に注目が集まり、AGIXを含むAI関連銘柄の価格も上昇する可能性があります。

また、AI技術が普及する中で、AI関連銘柄への関心も高まっています。AI技術は多くの分野で活用され、今後ますます需要が拡大すると見込まれています。このような背景から、AI関連銘柄への投資が注目され、その影響力は今後も続くことが予想されます。

 

AGIX(SingularityNET)の注意点とリスク

AGIX(SingularityNET)の注意点やリスクは以下のとおり。

  1. 競合プロジェクトが多い
  2. 海外取引所は安全性が未知数
  3. ARB人気に乗じた詐欺に注意

それぞれ解説します。

 

①競合プロジェクトが多い

AIベースの仮想通貨プロジェクトは、以下のように多数の競合プロジェクトが乱立しています。

  • Ocean Protocol(OCEAN)
  • Numeraire(NMR)
  • Fetch.ai(FET)
  • Matrix AI Network(MAN)

これらのプロジェクトは、それぞれが異なる特徴や技術を持ち、AIを活用してデータや機能を提供することに注力しています。そのため、この市場で競合するためには、より優れた技術や機能を提供する必要があります。

しかし、競争が激化すると、AGIX(SingularityNET)が遅れを取る可能性があると言われています。これは、競合他社がより高度な技術やユーザビリティを提供する場合、AGIXの需要や利用者数が減少する可能性があるためです。

そのため、AGIXは、競合他社との差別化や強みを見出し、市場での存在感を確立することが必要です。AGIXは、カルダノチェーンへの移植などの新しい展開を進めることで、今後の競争に対応していくことが期待されています。

 

②海外取引所は安全性が未知数

現在、AGIX(SingularityNET)は日本の国内取引所では取り扱われておらず、購入するには海外取引所を利用する必要があります。

しかし、これらの海外取引所は、日本の法律に基づいて認可されていないため、利用する際には、リスクがあることを事前に十分に理解しておく必要があります。つまり、何らかのトラブルが発生する可能性があり、取引所に預けた資産が返ってこなくなる可能性があります。

これは、日本の法律が海外取引所を管理・監督することができないために起こる問題です。また、海外取引所には、日本の取引所と比べてセキュリティが脆弱な場合があるため、資産を預ける場合にはリスクが高くなることもあります。

そのため、海外取引所を利用する際には、十分な情報収集とリスク管理が必要です。安全性を確保するためには、複数の取引所を利用することが推奨されます。また、投資の前には、リスクを十分に理解してから行うことが重要です。

 

③AGIX(SingularityNET)人気に乗じた詐欺に注意

AGIX(SingularityNET)の人気に乗じた詐欺が報告されているため、十分に注意しましょう。

以下は、注意すべき詐欺の種類です。

 

1.偽のAGIX(SingularityNET)トークンを販売する詐欺

AGIXトークンは、SingularityNETから発行されており、一部の取引所でのみ取引が可能です。

偽のAGIXトークンを販売する詐欺があるため、公式取引所以外での購入には注意が必要です。

 

2.詐欺的な投資プロジェクト

AGIX(SingularityNET)の人気に乗じた詐欺的な投資プロジェクトがあります。

これらのプロジェクトは、高いリターンを約束し、投資家から資金を募りますが、実際には詐欺であり、投資家は資金を失う可能性があります。

 

3.フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、偽のウェブサイトを作成し、ユーザーの個人情報を盗む手法です。

AGIX(SingularityNET)に関連するサイトやアプリを使用する際は、公式サイトや公式アプリを使用するようにし、偽のサイトには注意しましょう。

これらの詐欺から自分を守るためには、公式の情報源からのみ情報を収集し、公式取引所でのみAGIXトークンを購入するようにし、投資に関しては信頼できる情報源を確認することが重要です。また、不審なメールやリンクには注意し、個人情報を入力しないようにしましょう。

 

AGIX(SingularityNET)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトによると、AIを使ったAGIX(SingularityNET)の今後の価格予想は以下のとおり。

年度 最低価格 平均価格 最高価格
2023 60円 75円 90円
2024 110円 125円 140円
2025 160円 175円 190円
2026 210円 225円 240円
2027 260円 274円 290円
2028 310円 324円 340円
2029 360円 374円 390円
2030 410円 424円 440円
2031 460円 474円 490円

2031年には約470円程度まで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

最近ではビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

>>中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは?仮想通貨との違いやメリット・デメリットを徹底解説

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

AGIX(SingularityNET)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

今後の仮想通貨の需要増加によりAGIX(SingularityNET)も成長していくでしょう。

 

AGIX(SingularityNET)に関するよくある質問

最後にAGIX(SingularityNET)に関するよくある質問に答えます。

  1. AGIX(SingularityNET)は国内取引所で買える?
  2. AGIX(SingularityNET)はステーキングできる?
  3. AGIX(SingularityNET)の発行上限はどのくらい?
  4. AGIX(SingularityNET)は安全なの?
  5. AGIX(SingularityNET)の創設者は?

順番に回答します。

 

①AGIX(SingularityNET)は国内取引所で買える?

AGIX(SingularityNET)は国内取引所では購入できません。

AGIX(SingularityNET)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②AGIX(SingularityNET)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③AGIX(SingularityNET)の発行上限はどのくらい?

AGIX(SingularityNET)の発行上限は2,000,000,000AGIXです。

そのため、上限があるため価値があがりやすい通貨として注目が集まっています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④AGIX(SingularityNET)は安全なの?

AGIXはERC-20トークンであり、Ethereumのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスアルゴリズムとバリデーターの実戦的なネットワークに支えられています。

このことから、AGIXのネットワークの安全性は、Ethereumのネットワークの安全性に依存しています。

Ethereumは、ブロックチェーン技術を用いた最初のアプリケーションプラットフォームの一つであり、世界中の多くの人々に利用されています。現在までに、Ethereumのネットワークに対して一度も攻撃が成功したことはなく、最も安全なブロックチェーンの一つとして認識されています。

AGIXの開発チームは、将来的にAGIXを他のブロックチェーンに移行する可能性を示唆しています。最近では、委任プルーフオブステーク(dPoS)を採用したCardanoブロックチェーンでのローンチも検討されています。これらの変更が実行される場合、AGIXのネットワークの安全性は、移行先のブロックチェーンに依存することになります。

総合的に、AGIXのネットワークの安全性は、現在はEthereumのネットワークの安全性によって支えられていますが、将来的に移行が行われる場合には、移行先のブロックチェーンの安全性に依存することになるでしょう。

 

⑤AGIX(SingularityNET)の創設者は?

SingularityNETはBen Goertzel博士(CEOであり、チーフサイエンティスト)、Simone Giacomelli氏、David Hanson博士によって設立されました。

Ben Goertzel博士は、AIやロボット業界では名の知られた人物で、Hanson Robotics社やOpenCog財団など、先端技術企業との協業における長い実績を持っています。また、Mozi Healthのチーフサイエンティスト、Humanity+の副会長を務めています。

Simone Giacomelli氏は、仮想通貨コンサルタント会社Cryptodexに勤務していた起業家兼投資家です。彼は、2019年3月にSingularityNETプロジェクトを離れ、現在は技術研究開発ラボVulpemに注力しています。

David Hanson博士は、SingularityNETの3人目の共同設立者であり、過去20年間にわたり、Human Emulation Robotics、Initiative for Awakening Machines、Hanson Roboticsなど複数のロボットスタートアップを設立してきました。彼は、1998年から2001年にかけてディズニーで働いた経験もあります。

SingularityNETの目的は、AIの研究や開発を促進することで、人類に利益をもたらすことです。プラットフォームには、AIに関する様々なサービスが提供されており、誰でもこれらのサービスを利用できます。また、SingularityNETは、ブロックチェーン技術を活用することで、AIの透明性や信頼性を高めることを目指しています。

 

まとめ:AGIX(SingularityNET)は将来性が期待できる銘柄

今回はAGIX(SingularityNET)について解説してきました。

AGIX(SingularityNET)はAIマーケットプレイスであり、AI需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

AGIX(SingularityNET)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

AGIX(SingularityNET)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5