MONEY

仮想通貨APENFT(NFT)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

APENFT_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のAPENFT(NFT)について詳しく知りたい。APENFT(NFT)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • APENFT(NFT)の概要
  • APENFT(NFT)の特徴
  • APENFT(NFT)の価格推移
  • APENFT(NFT)の将来性
  • APENFT(NFT)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

APENFT(NFT)世界中のアーティストの作品をNFT化して取引できるプラットフォームです。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、APENFT(NFT)の概要や特徴、将来性、そして購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとAPENFT(NFT)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、APENFT(NFT)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨APENFT(NFT)の概要

apenft

出典:APENFT公式サイト

 

トークン名称 APENFT
シンボル NFT
総発行枚数 999,990,000,000,000NFT
価格(2022年1月時点) ¥0.0003458
時価総額(2022年1月時点) ¥95,815,890,720
公式サイト APENFT公式サイト

 

APENFT(NFT)世界中のアーティストの作品をNFT化して取引できるプラットフォームです。

イーサリアムとTRONのブロックチェーンをベースに開発されており、そこで使われるガバナンストークンがNFTです。

APENFTの主な目的は以下のとおり。

 

  • NFTプラットフォームやアート作品への投資
  • NFTアーティストのインキュベーション
  • ギャラリーのスポンサー
  • アート展や出版物の企画
  • アート制作や評論を支援する賞の設立
  • アートコレクションの確立

 

APENFTはブロックチェーン技術をNFTの世界に応用し、NFTのさらなる普及を目指しています。

>>NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

APENFTはブロックチェーンのユースケースを拡大するためにAPENFT Fundを設立しています。このファンドは有名な伝統工芸品やNFTの作品を購入し、NFTの品質向上に取り組んでいます。また、政府機関、大学、弁護士、インフルエンサーに対して、NFTの健全な発展のための政策支援を行っています。

現在、ブロックチェーン業界では、価値交換、コラボレーション、記録管理の3つの主要なユースケースが存在します。独自のNFTは、この3つのユースケース全てに当てはまります。ブロックチェーン業界のホットなトレンドであるだけでなく、業界に革命を起こし、次のレベルへと導く可能性が非常に高い重要な要素なのです。

APENFTはブロックチェーン企業として、技術、市場、産業、政策研究などの強みを生かし、多様なユースケースへのブロックチェーン導入を目指し、アート作品への投資や伝統・デジタルアートの振興に取り組むことを目指しています。

 

仮想通貨APENFT(NFT)の特徴

apenft02

 

仮想通貨APENFT(NFT)の特徴については以下のとおりです。

 

  1. NFT取引を低コストで実現
  2. ERC721に準拠
  3. TRONチェーンを活用
  4. 開発者が優秀
  5. 美術業界の専門家集団

 

①NFT取引を低コストで実現

現在のNFT取引ではガス代(手数料)が高額であることがネックであり、NFT浸透の妨げになっていると言われています。

APENFTはこの問題を解決するために開発されました、APENFTプラットフォームを利用してNFTを取引すれば格安のガス代で取引が可能になります。

またAPENFTはNFTの保管・管理も可能であり、アーティストはAPENFTを自分のギャラリーとしても利用できるため、NFT普及の後押しになると見られています。

 

②ERC721に準拠

APENFTのNFTトークンはERC-20を発展させたECR721という規格に準拠しています。

ERC-721はNFTの取り扱いをするために設定されました。

ERC721ではNFTに関する所有者履歴などの記録が可能であり、アート作品の真贋や作成者の証明に役立つと言われています。

さらにECR721トークンはメタバースのような仮想空間の土地にも使用されており、今後さらに利用用途が広がる規格と言われています。

>>メタバース(仮想空間)とは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!

 

③TRONチェーンを活用

APENFTのNFTトークンはTRONのブロックチェーンを活用して開発されています。

>>暗号資産(仮想通貨)トロン(TRON/TRX)とは?特徴や展望を解説

TRONは高速処理をNFTトークンに搭載したことで、1秒あたり2000件もの処理が可能です。

NFTトークンは高速かつ手数料が安いため、運営者やユーザーにとっても重宝される暗号資産(仮想通貨)と言えます。

 

④開発者が優秀

APENFTの代表であるSteve Z. Liuは、浙江大学で電気工学の学士号を取得し、コロンビアビジネススクールで金融のMBAを取得しています。

国際資本市場で豊富な経験を持ち、過去20年以上、Fidelity International、Salomon Smith Barney、Nomura International、Ant Financial Groupなどの大手金融機関で勤務していました。

また、多くの中国証券会社で機関投資家向け株式ビジネスの立ち上げと運営を成功させています。

 

⑤美術業界の専門家集団

APENFTのチームメンバーのほとんどは、クリスティーズやサザビーズといった有名な美術機関で経験を積んだ伝統的な美術業界の専門家です。

コアメンバーには、BATなどの大手インターネット企業でブロックチェーンや暗号関連の経験を積んだプロのエンジニアが含まれています。

>>仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?概要・特徴を解説

APENFTは、チームと技術力の両面において、NFT分野のリーディングカンパニーと言えるでしょう。

 

仮想通貨APENFT(NFT)の将来性

 

仮想通貨APENFT(NFT)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. NFT市場の拡大
  2. NFTトークンのエアドロップ
  3. BINANCEへの上場見込み

 

①NFT市場の拡大

ここ最近NFT市場は海外を中心に流行の兆しを見せており、クリプトパンクスやBAYCなどが高額で取引され、著名人も購入し話題となっています。

さらにNikeやadidasといった大手スポーツメーカーを初め、多くの有名企業がNFTへ進出しています。

 

今後も様々な分野の企業がNFTに進出すると見られており、NFT市場は拡大の一途を辿ると見られています。

さらに個人でもNFTアートを売って利益を得る人が増えています。

>>NFTアートとは?特徴や将来性、購入・販売方法から作り方まで解説!

 

NFT市場の拡大に伴って、NFTを作成できるAPENFT(NFT)のニーズも上昇し、価格へ好影響があるでしょう。

 

②NFTトークンのエアドロップ

APENFT(NFT)はエアドロップを実施しています。

>>仮想通貨のエアドロップとは?今後行われるエアドロップや、受け取り方を解説!

 

2021年6月から2年間、BINANCEで100TRON以上保有しているユーザーにNFTトークンが付与されます。

2021年9月のエアドロップでは1TRONあたり6NFTトークンが付与されています。

さらにHuobi japanでもTRON保有者へエアドロップを実施しています。

エアドロップは投資家の間では人気の高い施策であり、無料でトークンがもらえることからNFTトークンの認知度が向上し価格上昇への後押しとなります。

Huobi japanは日本語にも対応しているので、APENETのエアドロップが欲しい方は無料で口座開設をしてTRONを買っておきましょう。

>>Huobi japanで無料で口座開設する

 

③BINANCEへの上場見込み

APENFT(NFT)はBINANCEへの上場する見込みが濃厚と見られています。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

APENFT(NFT)は未上場であるにも関わらずAPEトークンのエアドロップを行っており、共同でNFTイベントを開催しておりほぼ上場済のような状態です。

そのため上場は時間の問題と見られており、世界的に有名なBINANCEへの上場が実現すれば一気に価格が上がる可能性があります。

 

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

仮想通貨APENFT(NFT)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

apenftチャート

 

この1年間は¥0.000171~¥0.0008827のレンジ内で推移しています。

しかし、底値は徐々に上がってきており底堅い印象です。

今後NFTがさらに普及することによってAPENFT(NFT)のニーズが高まり、さらなる価格上昇が期待できます。

 

仮想通貨APENFT(NFT)の購入方法

 

APENFT(NFT)は国内の仮想通貨取引所では購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

なんと!当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でAPENFT(NFT)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. APENFT(NFT)を購入する

 

そのため、APENFT(NFT)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨APENFT(NFT)は今後需要が増す見込み

APENFT(NFT)

 

今回は、仮想通貨APENFT(NFT)について解説しました。

 

APENFT(NFT)はNFTを簡単に取引できるプラットフォームであり、NFTの普及とともに価格上昇が予想されます。

 

2022年1月現在、APENFT(NFT)の価格は約0.0003円と格安の価格です。

 

apenft価格

 

格安の今の段階で1万円分くらい購入しておくと、将来多いな利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、APENFT(NFT)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、APENFT(NFT)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

残念ながらこの記事を読んだ100人中97%は行動しません。まずは無料で口座開設という行動を起こして3%に入りましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5