※本サイトにはプロモーションが含まれます

CRYPTO

仮想通貨Arbitrum(アービトラム/ARB)とは?概要・特徴、買い方や将来性について徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のArbitrum(アービトラム/ARB)について詳しく知りたい。Arbitrum(アービトラム/ARB)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Arbitrum(アービトラム/ARB)の概要
  • Arbitrum(アービトラム/ARB)の特徴
  • Arbitrum(アービトラム/ARB)の買い方
  • Arbitrum(アービトラム/ARB)のチャート・価格推移
  • Arbitrum(アービトラム/ARB)の将来性
  • Arbitrum(アービトラム/ARB)の今後の価格予想
  • Arbitrum(アービトラム/ARB)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Arbitrum(アービトラム)はイーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンを開発するプロジェクトであり、ARBはアービトラムが発行する仮想通貨です。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、アービトラム(Arbitrum)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでアービトラム(Arbitrum)に関する理解が深まるはず。

なお、アービトラム(Arbitrum)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要です。

少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

もくじ

Arbitrum(アービトラム/ARB)の概要

名称 Arbitrum(ARB)
時価総額 37位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2023年4月時点) ¥179.31
時価総額(2023年4月時点) ¥228,535,501,074
公式サイト Arbitrum(ARB)公式サイト

Arbitrumは、Ethereumのスケーリング問題に対応するために作られたレイヤー2(L2)スケーリングソリューションです。

オプティミスティック・ロールアップを活用し、Ethereumのトランザクションの処理速度、拡張性、コスト効率を向上させることが目的です。

Arbitrumは、Ethereumの安全性と互換性を保ちつつ、高いスループットと低い手数料を提供しています。

これは、主に計算及びストレージの負荷をオフチェーンに移行することで実現しています。

ArbitrumのネイティブトークンであるARBは、ガバナンスに使用されます。

Arbitrum DAOに移行することが発表され、ARB保有者は以下の特典があります。

  • 安全性協議会の機能
  • プロトコルのアップグレード
  • 資金配分
  • 運営への投票権

2023年には、Arbitrumのロードマップには、開発者がより一般的なプログラミング言語でプログラムを展開できるようにするため、Stylusを使用することが含まれています。

また、バリデーターセットを拡張して、より独立した機関バリデーターを含めること、そしてプロトコルをArbitrum Oneとともにレイヤー2に移動することも予定されています。

さらに、Arbitrumは待望のARBエアドロップを発表しました。

トークンは、Arbitrum上で開発する初期ユーザーとDAOにエアドロップされ、総供給量の12.75%が配布されました。

受領者は、2023年3月1日までに、Arbitrumネットワークとのやり取りに応じてポイントベースで報酬が支払われました。トークン生成イベントは2023年3月23日でした。

 

Arbitrum(アービトラム/ARB)の特徴

アービトラム(Arbitrum)の特徴は以下のとおり。

  1. スケーラビリティ問題を解消
  2. EVMを利用可能
  3. 多くのサービスに対応済
  4. 2種類のブロックチェーンを提供
  5. 高速・低コスト
  6. DAOによる運営
  7. エアドロップを実施

それぞれ解説します。

 

①スケーラビリティ問題を解消

アービトラム(Arbitrum)はイーサリアムのスケーラビリティ問題(ユーザー増加によるシステム障害)を解決するために作られたブロックチェーン技術です。

イーサリアムは以下のように多くのサービスによって利用されています。

  • DeFi(分散型金融)
  • ブロックチェーンゲーム
  • NFT

しかし、その人気によってトランザクション処理に限界が生じています。

アービトラム(Arbitrum)は、スマートコントラクトの複雑な計算を処理し、複数のトランザクションを1つに統合することで、イーサリアムに負担が集中することを軽減します。

そして、送金スピードの向上と手数料の削減が可能になります。

このように、アービトラム(Arbitrum)はイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために生まれた技術であり、ブロックチェーンを利用する多くのサービスにとって、高速でコスト効率的なオプションとなることが期待されています。

 

②EVMを利用可能

アービトラム(Arbitrum)ではEVMを利用可能です。

EVMとは、イーサリアムのスマートコントラクトを実行するために必要な翻訳機のことであり、イーサリアムと互換性があるブロックチェーンで利用できます。

この機能によって、プログラマーはイーサリアムで使われるプログラミング言語を翻訳し、素早くコンピューターに指示を出すことができます。

EVMの利用によって、プログラマーの負担が減り、DAppsの開発が容易になり、リリースまでの時間が短縮されるメリットがあります。

アービトラム(Arbitrum)は、EVMの互換性を持つレイヤー2ブロックチェーンであり、イーサリアムのプログラミング言語で書かれたソースコードを修正なしに実行することができます。

Arbitrumは、低い手数料と高速なトランザクション速度を提供し、多くのDAppsが参入しています。

イーサリアムで開発されたDAppsは、Arbitrumに移植されて利用されることがあります。

実際に、ArbitrumにはUniswapやAaveなどのDAppsが移植されており、より高速・低コストな環境を求めて数多くのプロジェクトが参入している状況です。

 

③多くのサービスに対応済

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムチェーンに対応する多くのサービスを提供しています。

特に、DEX(分散型取引所)やDeFi(分散型金融)など、取引が多いサービスでは手数料が安いため、アービトラム(Arbitrum)を利用しているサービスが増えています。

2023年4月現在、以下のサービスがアービトラム(Arbitrum)で利用可能です。

  • Uniswap(ユニスワップ)
  • AAVE(アーべ)
  • Curve finance(カーブファイナンス)
  • Stargate(スタートゲート)

また、NFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)も、アービトラム(Arbitrum)に対応しています。Arbitrumのページで、NFTのコレクションを検索することができます。

今後も他のサービスやプラットフォームに採用される可能性もあり、アービトラム(Arbitrum)の利用シーンが拡大すると見込まれています。

 

④2種類のブロックチェーンを提供

Arbitrumには、2種類のレイヤー2ブロックチェーンがあります。「Arbitrum One」と「Arbitrum Nova」です。

それぞれの利用用途は以下のとおり。

  • Arbitrum One:Defi・NFT
  • Arbitrum Nova:ブロックチェーンゲーム・SNS

Arbitrumのポータルでは、これら2つのブロックチェーンを基盤としたプロダクトを一覧で確認することができます。

 

⑤高速・低コスト

アービトラム(Arbitrum)は、ロールアップを利用しているため高速かつ低コストで取引が可能なブロックチェーン技術です。

ロールアップ(Rollup)は、トランザクション(取引)の一部をメインチェーンの外で処理し、それをまとめてメインチェーンに記録する技術です。

この方法により、メインチェーンの負荷を軽減し、取引の処理を高速化することができます。

アービトラムのレイヤー2ブロックチェーンには、「オプティミスティック・ロールアップ」と呼ばれるロールアップの一種が採用されています。

オプティミスティック・ロールアップは、「基本的に不正は起こらない」という楽観主義に基づいています。つまり、不正が起こらないことを前提に処理を行い、その後、一部のセキュリティをメインチェーンに担保することで、高速かつ低コストでの取引を実現します。

ただし、不正が発覚した場合には、その時点までのデータを追跡して正しいデータに置き換える必要があるため、その処理に時間がかかるデメリットがあります。

 

⑥DAOによる運営

アービトラム(Arbitrum)はDAOによる運営に移行済です。

Arbitrumはこれまで、Offchain Labs社が運営してきたレイヤー2ブロックチェーンでした。

しかし、2023年3月16日に、Arbitrum財団はDAOによる運営に移行することを発表しました。これにより、今後はArbitrum DAOと呼ばれる分散型自律組織によってArbitrumが運営されます。

この移行に合わせて、ガバナンストークンであるARBが発行されることになりました。ARBの保有者は、DAOでの投票によって、Arbitrum OneとArbitrum Novaの運営に関わる意思決定に参加することができます。

つまり、Arbitrumは従来の中央集権的な運営から、分散型のDAOによる運営に移行することで、より透明性が高まり、コミュニティの意見が反映されやすくなるということです。

 

⑦エアドロップを実施

アービトラム(Arbitrum)はエアドロップを実施しています。

2023年3月23日、Arbitrumのネットワーク参加者に対してガバナンストークンのARBがエアドロップされました。

このエアドロップは、Arbitrumの個人ユーザーだけでなく、レイヤー2ブロックチェーンを使用するプロジェクトのDAOも対象でした。

ガバナンストークンは、持ち主がArbitrum OneやArbitrum Novaなどのレイヤー2ブロックチェーンの運営に関わる意思決定に参加できるものです。

エアドロップ後、ARBはBINANCEやCoinbaseなどの大手海外取引所に上場され、より多くの人々に知られるようになりました。

 

Arbitrum(アービトラム/ARB)の買い方・購入方法

アービトラム(Arbitrum)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

アービトラム(Arbitrum)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでアービトラム(Arbitrum)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでアービトラム(Arbitrum)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでrアービトラム(Arbitrum)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Arbitrum(アービトラム/ARB)のチャート・価格推移

アービトラム(Arbitrum)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

2023年4月~

2023年4月以降は仮想通貨の需要増加により、値を上げています。

さらに、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は180前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

アービトラム(Arbitrum)をMetaMask(メタマスク)に追加する方法

Metamask_TOP

アービトラム(Arbitrum)をMetaMask(メタマスク)に追加する方法を説明します。

まず、MetaMask(メタマスク)を起動し、上部のネットワーク部分をクリックします。

「ネットワークを追加」をクリックします。

「ネットワークを手動で追加」をクリック。

 

それぞれの項目を入力していきます。

入力する内容は以下のとおり。コピペするとスムーズですよ♪

ネットワーク名 Arbitrum One
新しいネットワークURL https://arb1.arbitrum.io/rpc
チェーンID 42161
通貨記号 ETH
ブロックエクスプローラーのURL https://explorer.arbitrum.io

入力後、「保存」をクリックしたらアービトラム(Arbitrum)の追加完了です。

保存ボタンを押すと、下記の画面になります。

右上のネットワークが【 Arbitrum 】となっていればOK!

なお、チェーンを間違えて送金すると、仮想通貨を失ってしまうので注意が必要です。

 

Arbitrum(アービトラム/ARB)の将来性

続いて、アービトラム(Arbitrum)の将来性について解説します。

  1. DAOによる透明性の高い運営
  2. 主要なプログラミング言語での開発に対応
  3. 新たな取引所への上場

それぞれ解説します。

 

① DAOによる透明性の高い運営

アービトラムは、分散型自律組織(DAO)による運営に移行することを発表しました。

これにより、開発元のOffchain Labsによる中央集権的な運営から、コミュニティによる透明性の高い運営に移行します。

Arbitrum DAOは、ガバナンストークンのARBの保有者によって運営され、Arbitrum OneとArbitrum Novaの運営に関わる意思決定に参加することができます。

これにより、コミュニティのニーズや要望を反映した、より効率的で使いやすいプラットフォームを開発することが期待されます。

また、DAOの運営により、より透明で公正な意思決定が可能になります。ガバナンストークンの保有者は、投票を通じて、プロジェクトの方向性や開発の優先順位などに関する決定を行います。

このような透明性の高い運営は、ユーザーにとって信頼性の高いプラットフォームとしてのアービトラムの価値を高めることが期待されます。

 

② 主要なプログラミング言語での開発に対応

アービトラムは、Solidityというイーサリアムのスマートコントラクト開発に使用される言語に加えて、EVM(Ethereum Virtual Machine)上で動作するほとんどのプログラミング言語に対応しています。

このため、開発者は、既存のスキルを活かしてアービトラム上での開発を行うことができます。

さらに、多言語対応のプログラミング環境「Stylus」も実装予定です。

また、アービトラムのAPIは、Web3.jsやEthers.jsといった一般的なウェブ開発フレームワークと互換性があり、アービトラム上でのアプリケーション開発を容易にします。

これにより、アービトラムは、既存の開発者が簡単にアクセスできるエコシステムを提供することができます。

将来的にはアービトラム上での新しいアプリケーションの開発や、既存のイーサリアムアプリケーションの移行が容易になり、アービトラムのユーザーベースの拡大が期待されます。

 

③ 新たな取引所への上場

Arbitrumはエアドロップ後、CoinbaseやBinanceなどの主要取引所に上場しました。

これにより、ユーザーはARBトークンを手軽に取引できるようになりました。

今後、より多くの取引所に上場されることが期待されています。その結果、より多くのユーザーが参加し、Arbitrumのネットワークの拡大につながると考えられます。

また、Arbitrumは他のレイヤー2ソリューションと競合しているため、競合相手よりも有利な条件で取引所に上場されることが期待されています。

取引所上場により、Arbitrumの認知度が上がることで、新しいプロジェクトがArbitrumを選択する可能性が高まります。その結果、Arbitrumのエコシステムがさらに成長し、ユーザーが利用することができるアプリケーションの数が増えることが期待されます。

Arbitrumの取引所上場は、より多くのユーザーが参加し、エコシステムの成長を促進することにつながります。

そして、競合相手よりも有利な条件で取引所に上場されることで、認知度の向上につながり、新たなプロジェクトがArbitrumを選択する可能性が高まることが期待されます。

 

アービトラム(Arbitrum)の注意点とリスク

アービトラム(Arbitrum)の注意点やリスクは以下のとおり。

  1. 競合プロジェクトが多い
  2. 海外取引所は安全性が未知数
  3. ARB人気に乗じた詐欺に注意

それぞれ解説します。

 

①競合プロジェクトが多い

イーサリアムのレイヤー2ソリューションは、以下のように多数の競合プロジェクトが乱立しています。

  • Polygon(ポリゴン)
  • Optimism(オプティミズム)
  • ImmutableX(イミュテイブルX)
  • dYdX(DYDX)
  • Boba Network(ボバネットワーク)
  • zkSync(ジーケーシンク)
  • Aztec(アステカ)
  • Stark Net(スタークネット)

このように競合多いため、競争が激化した場合はアービトラム(Arbitrum)が遅れを取る可能性があります。

 

②海外取引所は安全性が未知数

現在、アービトラム(Arbitrum)は日本の国内取引所では取り扱われておらず、購入するには海外取引所を利用する必要があります。

しかし、これらの海外取引所は、日本の法律に基づいて認可されていないため、利用する際には、リスクがあることを事前に十分に理解しておく必要があります。つまり、何らかのトラブルが発生する可能性があり、取引所に預けた資産が返ってこなくなる可能性があります。

これは、日本の法律が海外取引所を管理・監督することができないために起こる問題です。また、海外取引所には、日本の取引所と比べてセキュリティが脆弱な場合があるため、資産を預ける場合にはリスクが高くなることもあります。

そのため、海外取引所を利用する際には、十分な情報収集とリスク管理が必要です。安全性を確保するためには、複数の取引所を利用することが推奨されます。また、投資の前には、リスクを十分に理解してから行うことが重要です。

 

③ARB人気に乗じた詐欺に注意

Arbitrumの人気に乗じた詐欺が報告されているため、十分に注意しましょう。

以下は、注意すべき詐欺の種類です。

 

1.偽のARBトークンを販売する詐欺

ARBトークンは、Offchain Labsから発行されており、一部の取引所でのみ取引が可能です。

偽のARBトークンを販売する詐欺があるため、公式取引所以外での購入には注意が必要です。

 

2.詐欺的な投資プロジェクト

Arbitrumの人気に乗じた詐欺的な投資プロジェクトがあります。

これらのプロジェクトは、高いリターンを約束し、投資家から資金を募りますが、実際には詐欺であり、投資家は資金を失う可能性があります。

 

3.フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、偽のウェブサイトを作成し、ユーザーの個人情報を盗む手法です。

Arbitrumに関連するサイトやアプリを使用する際は、公式サイトや公式アプリを使用するようにし、偽のサイトには注意しましょう。

これらの詐欺から自分を守るためには、公式の情報源からのみ情報を収集し、公式取引所でのみARBトークンを購入するようにし、投資に関しては信頼できる情報源を確認することが重要です。また、不審なメールやリンクには注意し、個人情報を入力しないようにしましょう。

 

Arbitrum(アービトラム/ARB)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトによると、AIを使ったArbitrum(アービトラム/ARB)の今後の価格予想は以下のとおり。

最低価格 平均価格 最高価格
2023年 222.6円 278.6円 335.6円
2024年 408.8円 464.8円 520.8円
2025年 595.0円 650.6円 705.6円
2026年 779.8円 835.8円 891.8円
2027年 966.0円 1021.6円 1076.6円
2028年 1152.2円 1208.2円 1264.8円
2029年 1339.0円 1394.6円 1450.6円
2030年 1523.2円 1579.2円 1635.2円
2031年 1709.4円 1765.4円 1821.4円

2031年には約1800円程度まで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

最近ではビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

>>中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは?仮想通貨との違いやメリット・デメリットを徹底解説

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

Arbitrum(アービトラム/ARB)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

今後の仮想通貨の需要増加によりArbitrum(アービトラム/ARB)も成長していくでしょう。

 

Arbitrum(アービトラム/ARB)に関するよくある質問

最後にArbitrum(アービトラム/ARB)に関するよくある質問に答えます。

  1. Arbitrum(アービトラム/ARB)は国内取引所で買える?
  2. Arbitrum(アービトラム/ARB)はステーキングできる?
  3. Arbitrum(アービトラム/ARB)の発行上限はどのくらい?
  4. Arbitrum(アービトラム/ARB)は安全なの?
  5. Arbitrum(アービトラム/ARB)の創設者は?

順番に回答します。

 

①Arbitrum(アービトラム/ARB)は国内取引所で買える?

Arbitrum(アービトラム/ARB)は国内取引所では購入できません。

Arbitrum(アービトラム/ARB)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Arbitrum(アービトラム/ARB)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Arbitrum(アービトラム/ARB)の発行上限はどのくらい?

Arbitrum(アービトラム/ARB)の発行上限はありません。

そのため、上限があるため価値があがりやすい通貨として注目が集まっています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④Arbitrum(アービトラム/ARB)は安全なの?

Arbitrumは、Ethereumネットワークから安全性を取得し、Arbitrum取引の合意と最終性を提供するプラットフォームです。

Arbitrumは、ロールアップと呼ばれるオフチェーンの計算方法を使用して、複数の取引をまとめてEthereumメインネットワークに送信します。

このプラットフォームでは、楽観的ロールアップが使用されています。楽観的ロールアップは、オフチェーン取引が有効であると見なされ、有効性証明が提出されないことを意味します。

ただし、異議申し立てが行われた場合は、詐欺の証拠が提出されることで異議を申し立てることができます。

この仕組みにより、Arbitrumは高速でスケーラブルな取引を実現し、Ethereumネットワークのオーバーロードを解消することができます。

ArbitrumはEthereumの拡張機能として機能し、安全性を保証するためにEthereumネットワークから直接取得しています。

異議申し立てに対応するために設けられた期間によって、取引の安全性が確保されます。

 

⑤Arbitrum(アービトラム/ARB)の創設者は?

Arbitrum(アービトラム/ARB)はニューヨークを拠点とするOffchain Labs社が開発しました。

Offchain Labs社は業界で有名な大学の研究者であるEd Felten氏、Steven Goldfeder氏、およびHarry Kalodner氏によって設立されました。

Ed Felten氏は、オバマ大統領の副CTOを務めた経歴を持ち、Offchain Labsの共同創設者であり、チーフサイエンティストです。

Steven Goldfeder氏は、プリンストン大学で博士号を取得したコンピューター科学者であり、Offchain Labsの共同創設者であり、CEOです。

Harry Kalodner氏はコンピューター科学者であり、Offchain Labsの共同創設者であり、CTOです。

Offchain Labs社は、2021年に最新のシリーズB資金調達で1億2000万ドルを調達し、12億ドル規模の企業評価へと成長しました。

その資金調達には、Polychain Capital、Pantera Capital、Mark Cuban氏などの著名な投資家が参加しています。

 

まとめ:Arbitrum(アービトラム/ARB)は将来性が期待できる銘柄

今回はArbitrum(アービトラム/ARB)について解説してきました。

Arbitrum(アービトラム/ARB)はレイヤー2ソリューションプラットフォームであり、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Arbitrum(アービトラム/ARB)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

Arbitrum(アービトラム/ARB)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5