MONEY

仮想通貨BAND(Band Protocol)とは?特徴や将来性、買い方を解説

BAND_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のBAND(Band Protocol)について詳しく知りたい。BAND(Band Protocol)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • BAND(Band Protocol) の概要
  • BAND(Band Protocol)の特徴
  • BAND(Band Protocol) の将来性
  • BAND(Band Protocol)の購入方法

 

本記事の信頼性

 

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のBAND(Band Protocol)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

BAND高速処理・低コストが特徴の分散型プラットフォームを提供する「BAND PROTOCOL」のガバナンストークンです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、BAND(Band Protocol)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとBAND(Band Protocol)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、BAND(Band Protocol)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨BAND(Band Protocol)の概要

BAND①

出典:https://bandprotocol.com/

 

通貨名:Band Protocol
ティッカー:BAND
プラットフォーム:イーサリアム
コンセンサス:dPoS
取引所:Binance
公式ウェブサイト:https://bandprotocol.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/bandprotocol
ホワイトペーパー:https://bandprotocol.com/whitepaper-3.0.1.pdf

 

Band Protocolは、Cosmosブロックチェーンを利用し収集したデータを提供する分散型のプラットフォームです。

 

コンセンサスアルゴリズムにプルーフオブステーク(dPoS)を使用することで、データをチェーン上で容易に検索できるようにしています。

 

さらに、スマートコントラクトを正しく実行するためにBand Protocolは、バリデーターと呼ばれる特別なクラスのユーザーにサービスを提供します。

 

このように、Band Protocolは、「分散型オラクル」システムとして説明されることがよくあります。これは、Bandと同様に、検証可能なデータを提供するようにユーザーを動機付ける、Chainlinkなどのブロックチェーンと似ています。

 

Chainlinkロゴ
Chainlink(チェーンリンク:LINK)とは?特徴や展望を解説

続きを見る

 

BANDBand Protocolで使えるガバナンストークンであり、プラットフォームを利用したステーキングなどで報酬を得ることができます。

 

スマホでお金
仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

続きを見る

 

仮想通貨BAND(Band Protocol)の特徴

BAND②

出典:https://bandprotocol.com/

 

BAND(Band Protocol)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ブロックチェーンにとらわれない
  2. BANDトークン
  3. 優秀な開発チーム

 

①ブロックチェーンにとらわれない

 

BAND(Band Protocol)はブロックチェーンの種類に影響されることがなく、ほぼ全てのブロックチェーンにデータ提供できることが特徴です。

 

BAND(Band Protocol)はCosmosネットワーク上に構築されています。

 

Cosmos(ATOM)ロゴ
仮想通貨Cosmos(ATOM)とは?概要や特徴、将来性を解説

続きを見る

 

CosmosではTendermint Coreコンセンサスメカニズムを採用しており、他のPOW(プルーフオブワーク)のブロックチェーンと比較して高速かつ低コストな取引処理が可能です。

 

Cosmosを利用することでデータベースに正確なデータを蓄積できるため、BAND(Band Protocol)を利用することで他のブロックチェーンでも正しい情報を安く活用することができます。

 

②BANDトークン

 

BANDトークン(通称: BAND)はBand Protocolで使用できるガバナンストークンです。最大発行数は100,000,000であり、現在22,570,000ほどが発行されている状態です。

 

BANDトークンはステーキングの報酬としてバリデータとその委任者に付与されます。

 

BANDトークンはプラットフォーム内でステーキングされているトークン量に応じて、発行量を調整しています。

 

総ステーキング量が流通量の7割ほどになるように、発行量が調整されています。

 

③優秀な開発チーム

 

BAND(Band Protocol)は多彩な経歴を持った開発チームが率いています。

 

①ソラビス・スリナワクーン


CEO兼共同創設者のソラビス・スリナワクーンは以下のような経歴の持ち主です。

 

  • MS&EのMS、CSのBS
  • スタンフォード大学
  • ボストンコンサルティンググループ

 

②ソラビット・スリナワクーン



CTO兼共同創設者のソラビット・スリナワクーンは以下のような経歴の持ち主です。

 

  • EE&CSのM.Eng./SB
  • マサチューセッツ工科大学(MIT)
  • ハドソンリバートレーディング、Quora
  • ドロップボックス

 

③ポール・ナッタパツィリ


CPO&共同創設者のポール・ナッタパツィリは以下のような経歴の持ち主です。

 

  • トリップアドバイザー、Turfmapp
  • 2013年以来80万人以上のユーザーを持つ暗号ゲームの作成者

 

このように多彩な経歴を持つ開発チームを揃えているので、今後のプロジェクトにも期待ができるでしょう。

 

仮想通貨BAND(Band Protocol)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

BAND(Band Protocol)の将来性を語るポイントは以下の2つです。

 

  1. 数多くの企業からの出資
  2. Googleクラウドとの統合

 

①数多くの企業からの出資

 

Band Protocolは数多くの企業からの出資を得ています。

 

BAND③

 

出資している企業の例を挙げると、世界的なベンチャーキャピタルである Sequoia Capitalや、仮想通貨取引所最大手のBINANCEなどの有名企業が名を連ねています。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

こうした企業による出資があることで、プロジェクトへ一定の信頼性があることの証明となり、将来性に期待が持てます。

 

②Googleクラウドとの統合

 

Band ProtocolはGoogle Cloudのビッグデータ解析サービス「BigQuery」と統合しています。

 

この統合によってBand Protocolが提供する各種データについても、Google CloudのAI機能によって即時に分析され、BigQueryで利用することができるようになります。

 

誰もが知るGoogleのサービスとの統合をきっかけに、一気にBAND(Band Protocol)の知名度が上がると見られています。

 

仮想通貨BAND(Band Protocol)の購入方法

仮想通貨を購入

 

BAND(Band Protocol)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でBAND(Band Protocol)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでBAND(Band Protocol)を購入する

 

なので、BAND(Band Protocol)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:BAND(Band Protocol)は今後の価格上昇が期待できる

まとめ:BAND(Band Protocol)は今後の価格上昇が期待できる

 

今回はBAND(Band Protocol)について解説いたしました。

 

BAND(Band Protocol)は、ブロックチェーンにとらわれずデータを提供できるという高い利便性を持つDefi関連の注目トークンです。

 

BAND(Band Protocol)は2021年10月現在は約977円と非常に買いやすい金額ですので、試しに1万円分くらいを買っておくと将来利益が期待できるかもしれません。

 

BAND価格

 

繰り返しになりますが、BAND(Band Protocol)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、BAND(Band Protocol)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5