※本サイトにはプロモーションが含まれます

CRYPTO

仮想通貨Bitgert(BRISE)とは?特徴や買い方、将来性について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のBitgert(BRISE)について詳しく知りたい。Bitgert(BRISE)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Bitgert(BRISE)の概要
  • Bitgert(BRISE)の特徴
  • Bitgert(BRISE)の買い方
  • Bitgert(BRISE)のチャート・価格推移
  • Bitgert(BRISE)の将来性
  • Bitgert(BRISE)の今後の価格予想
  • Bitgert(BRISE)のリスク・注意点
  • Bitgert(BRISE)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Bitgert(BRISE)は低コスト・高速処理が特徴のプロジェクトです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、Bitgert(BRISE)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでBitgert(BRISE)に関する理解が深まるはず。

なお、Bitgert(BRISE)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要です。

少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Bitgert(BRISE)の概要

名称 Bitgert(BRISE)
時価総額 177位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2023年4月時点) ¥0.00005452
時価総額(2023年4月時点) ¥21,572,188,284
公式サイト Bitgert(BRISE)公式サイト

Bitgert(BRISE)は、2021年に開始されたプロジェクトで、ブロックチェーン製品と監査ソリューションに特化しています。

最初は、BNBチェーンで構築され、報酬の支払いにはネイティブトークンのBNBが使われていました。

しかし、2022年にはBRC20ブロックチェーンが発表され、ガス料金がゼロに近く、最大100,000TPSの高速なクロスチェーン取引を提供するようになりました。

Bitgertにはリーダーボードサポート付き監査ソリューション、BRISE dAppウォレット、BRISE staking、BRISE Swap、およびBitgert Bridgeなどの製品があります。特に、BRISE Wallet DAppは、暗号資産を安全に送受信、保管、交換するためのエコシステムへの主要なゲートウェイです。

BRISEはBitgertのネイティブトークンで、投資家はBUSDでステークして報酬を得ることで利益を得ることができます。また、Bitgertは、取引手数料の5%をバイバック、3%をマーケティング、4%をステーキングの報酬に振り向けるバイバックメカニズムを備えています。

BRISEはグローバルな決済システムになることを目指しており、P2PサービスとしてBRISE dApp Walletで利用可能です。買い手と売り手は、直接やりとりし、手数料ゼロで迅速かつ安全に取引が行われます。

 

Bitgert(BRISE)の特徴

Bitgert(BRISE)の特徴は以下のとおり。

  1. BNB上に構築
  2. BRISE dApp Wallet
  3. BRISE Swap
  4. ステーキングが可能
  5. Audit Solutions with Leaderboard Support
  6. Bitgert Bridge
  7. Proof of Staked Authority (PoSA)を採用

それぞれ解説します。

 

①BNB上に構築

Bitgertは、Binance Smart Chain(BNB Chain)上に展開されたDeFiプロトコルです。

DeFiは、分散型金融(Decentralized Finance)の略で、従来の中央集権型金融機関を必要とせず、ブロックチェーン技術を用いて借入や貸出、スワップなどの金融サービスを提供することができます。

また、NFT(Non-Fungible Token)やWeb 3.0、Metaverseなどの分野もカバーしています。

Bitgert Chainは、Ethereum Virtual Machine(EVM)と互換性があり、スマートコントラクトを実行することができます。

また、取引あたりのガス料金が0.00000001ドルと非常に低額であるため、ユーザーはコストを抑えて取引を行うことができます。

 

②BRISE dApp Wallet

BRISE dAppウォレットは、AndroidとiOSに対応しており、BRC20、ERC20、BEP20のサポートを提供しています。

このウォレットは、多数の暗号通貨をサポートしており、ユーザーは安全かつセキュアに送受信、保管、スワップすることができます。

ウォレットは、ブロックチェーン上の取引を処理するための秘密鍵を保持しており、これにより、ユーザーは自分の資産を完全に制御できます。

シンプルで使いやすいインターフェイスを備えており、ユーザーは簡単に資産を管理できます。

BRISE dAppウォレットは、暗号通貨の取引をより簡単で便利にするための優れたツールです。

 

③BRISE Swap

BRISE Swapは、BNB Chainを利用した分散型取引所(DEX)です。

高速かつ低コストで、ユーザーはBEP20トークンを交換することができます。

BRISE Swapは、PancakeSwapと同様に、BNB Chain上のトークンを交換するための分散型取引所として提供されています。

BRISE SwapはPancakeSwapと異なり、BRISEエコシステムに完全に統合されており、より高速で安全な取引を提供することを目指しています。

ユーザーはBRISE Swapでトークンを取引し、BRISEのEVM互換のブロックチェーンにスワップすることができます。

 

④ステーキングが可能

Bitgert(BRISE)では、BRISEステーキングが可能です。

このプログラムでは、BRISEトークンを保有するユーザーが、自分のトークンを一定期間ロックしてステーキングし、報酬としてBUSDを獲得することができます。

ステーキングはDeFiの分野でよく使われる仕組みで、トークンの保有者がプロトコルの運営に貢献することで報酬を得ることができます。

BRISEステーキングは、BRISE保有者に安定的な収益を提供するための手段の1つであり、BRISEトークンを保有しているユーザーにとっては魅力的なオプションです。

また、ステーキングに参加することで、ユーザーはBRISEエコシステムの発展に貢献し、BRISEトークンの流通量を減らすことで価格の上昇を促すことができます。

BRISEステーキングはBRISEの価値を高めるための重要な要素の1つであり、BRISEトークンを保有するユーザーにとって、有益な投資手段の1つとなっています。

ステーキングで稼ぐ方法については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑤Audit Solutions with Leaderboard Support

Audit Solutions with Leaderboard Supportは、ブロックチェーンのセキュリティに関するソリューションです。

Bitgert Auditは、最新のAIテクノロジーと手動のコードレビューを組み合わせて、スマートコントラクトを保護するための専門的な監査を行います。

さらに、Bitgert(BRISE)エコシステム内のスマートコントラクトに対して、安全性とセキュリティのレビューを行います。

これにより、BRISEユーザーがスマートコントラクトを安全かつ信頼性の高い方法で使用できるようになります。

この監査プログラムでは、AIテクノロジーを使用して自動化された監査が行われます。さらに、手動でのコードレビューも実施されます。

監査の結果は、リーダーボードに反映され、ユーザーは安全性が高いスマートコントラクトにアクセスできます。

BRISEユーザーは、安心してエコシステム内のスマートコントラクトを利用できるため、エコシステムの成長に寄与することができます。

 

⑥Bitgert Bridge

Bitgert Bridge(ビットゲートブリッジ)は、現在開発中ですが、将来的にはBNBチェーンからBitgertチェーンへの資産移転を可能にする機能です。

これは、異なるブロックチェーン間で資産を移動するための技術です。

例えば、BNBチェーン上でのトークンをBitgertチェーン上に移動させることができます。

これにより、ユーザーは異なるブロックチェーン上のトークンを簡単に移動させることができ、よりシームレスなトランザクションを実現できます。

また、この移転は安全かつ高速に行われ、トランザクションの手数料も削減されるため、より効率的な方法となります。

Bitgert Bridgeは、ブロックチェーン上で資産の流動性を向上させ、ユーザーにとってより使いやすいエコシステムを実現するための重要な機能となります。

 

⑦Proof of Staked Authority (PoSA)を採用

Bitgert(BRISE)のBriseチェーンが採用しているProof of Staked Authority(PoSA)というコンセンサスアルゴリズムは、ブロックチェーン上で合意を得る方法の一つです。

PoSAには、以下のような大きなメリットがあります。

 

①効率的で安全性が高い:

PoSAは、ブロックチェーンの速度を向上させ、安全性を高めることができます。

つまり、Briseチェーンはより高速で効率的に動作し、ユーザーがよりスムーズにトランザクションを行えるようになります。

 

②分散性が向上し、攻撃のリスクが減少

PoSAは、ステーキング(通貨を保持すること)と権限を組み合わせて、参加者がブロック生成やネットワークの運営に貢献することを促します。

これにより、Bitgert(BRISE)は分散化が向上し、攻撃のリスクが減少するため、より安全で信頼性の高いブロックチェーンになります。

 

③環境に優しい

PoSAはエネルギー消費が低いため、Bitgert(BRISE)は環境に優しいブロックチェーンとなります。

PoSAは、ブロック生成に必要なエネルギーの消費を最小限に抑え、地球環境に対する影響を低減することができます。

 

以上のように、Bitgert(BRISE)のBriseチェーンが採用しているPoSAは、効率的で安全性が高く、分散性が向上し、環境に優しいブロックチェーンになることができます。

これにより、ユーザーはよりスムーズかつ信頼性の高い取引を行うことができ、また、地球環境にも配慮することができます。

 

Bitgert(BRISE)の買い方・購入方法

Bitgert(BRISE)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

Bitgert(BRISE)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBitgert(BRISE)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBitgert(BRISE)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでBitgert(BRISE)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Bitgert(BRISE)のチャート・価格推移

Bitgert(BRISE)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年10月~12月

Bitgert(BRISE)は2022年10月~12月に大きな価格の変動がありました。

12月31日には、¥0.00003734から始まり、¥0.00004072の最高価格をつけた後、¥0.00003698の最低価格まで落ち込んで、¥0.00003958で終わりました。

この価格変動の背景には、BRISEをめぐる市場の状況があります。

12月に入り、暴落の懸念や政府による仮想通貨規制強化の懸念が広まったため、仮想通貨市場全体が下落したため、BRISEも影響を受けて価格が下落したと考えられます。

しかし、12月19日以降は、BRISEが上昇傾向を示し、12月24日には¥0.00004329の価格に到達しました。

この上昇は、一部の投資家が安い価格でBRISEを買い増すことによって引き起こされた可能性があります。

また、仮想通貨市場が落ち着きを取り戻したことも、価格上昇に寄与した可能性があります。

最後に、12月29日以降はBRISEの価格が再び下落傾向を示し、12月31日には前日終値よりも低い価格で終了したということが挙げられます。

この下落は、一部の投資家が利益確定のためにBRISEを売却したことによるものと考えられます。

 

②2023年1月~3月

Bitgert(BRISE)は2023年1月から3月にかけて価格が上昇しました。

しかし、この期間中の価格の変動は比較的小さかったようです。最高価格は0.00006909円、最低価格は0.0000564円で、価格差はかなり大きいように思えますが、このような変動は仮想通貨市場では珍しいことではありません。

Bitgertの価格上昇の原因ははっきりとは分かっていませんが、市場全体の上昇トレンドが背景にある可能性があります。

仮想通貨市場全体が徐々に回復し、多くの仮想通貨が価格を上げているため、Bitgertもその流れに乗って価格が上がった可能性があります。

また、Bitgert自体に何らかの重要なニュースやアップグレードがあったという可能性もあります。

一方、Bitgertの価格に影響を与える可能性のある要因には、仮想通貨規制や投資家心理などが挙げられます。仮想通貨市場全体に対する規制や投資家心理の変化は、Bitgertを含むすべての仮想通貨に影響を与えるため、価格変動につながることがあります。

 

③2023年4月~

Bitgert(BRISE)は、2023年4月には、価格が高く乱高下しました。

4月27日には、始値0.00005458円、最高値0.00005628円、最低値0.00005417円、終値0.00005493円となり、4月26日と比較して0.49%の上昇となりました。

これは、前日の高い取引量にも関係している可能性があります。ただし、過去のデータを見ると、Bitgertは価格が大幅に上下することがよくあります。

BitgertはBNBを基盤としたブロックチェーン上で、企業の取引を支援することが挙げられます。

そのため、Bitgertは企業の需要に影響を受ける可能性があります。また、仮想通貨市場全体の影響も受けます。

今後の値上がりが期待できる仮想通貨については、今後1000倍になる仮想通貨を紹介!購入のポイントやおすすめ取引所も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

Bitgert(BRISE)の将来性

続いて、Bitgert(BRISE)の将来性について解説します。

  1. ロードマップが明確
  2. 数多くの企業と提携済
  3. 開発が容易なプラットフォーム

それぞれ解説します。

 

①ロードマップが明確

Bitgert(BRISE)はロードマップを明確に示しています。

2023年までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2023年3月~6月

  • Web 3.0 Geo Data Map Core Filesの開発
  • 分散型フリーランサーフレームワーク
  • Web3.0ジオデータマップBETA発売のお知らせ
  • 分散型フリーランスのUIワイヤーフレーム
  • Web 3.0 Oracle Market Framework

 

2023年7月~11月

  • Web 3.0 ジオデータマップ メインネット発売のお知らせ
  • 分散型フリーランサーのコアファイル開発
  • 分散型フリーランサーBETAローンチ
  • Web 3.0 Oracle BitcoinとEthereumの統合について
  • 分散型フリーランサーのメインネット立ち上げ

 

2023年12月~2024年4月

  • レイヤー1のブロックチェーン統合をWeb3.0のオラクルで実現する
  • Web3.0オラクルでのDeFiインテグレーション
  • 分散型VPN市場の枠組み
  • Web 3.0 Oracle BETA発表会
  • マーケットプレイス・フォー・パブリック・ウェブ3.0オラクル

 

2024年5月〜8月

  • 分散型VPN UIワイヤーフレーム
  • 分散型VPNノードのセットアップ
  • Web 3.0 Oracle MainNetの立ち上げ
  • 分散型VPNコア開発
  • 分散型VPN BETA提供開始のお知らせ

 

2024年9月~2025年1月

  • 分散型VPNノード参加ドキュメント
  • 分散型VPNノード報酬プログラム
  • 分散型VPNメインネットの立ち上げ

 

ジオデータマップ販売や分散型VPNへの参入などを予定しており、利便性が増えそうです。

>>仮想通貨取引で話題のVPNとは?仕組みや選び方、おすすめVPNサービスを徹底紹介

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

②数多くの企業と提携済

Bitgert(BRISE)は既に多数の企業と提携を果たしています。

ChainlistやKucoinなどと提携しており、Bitgert(BRISE)の将来性の高さが評価されていることがわかります。

今後さらに提携先が増える可能性もあり、Bitgert(BRISE)のユーザー数の後押しとなるかもしれません。

 

③開発が容易なプラットフォーム

Bitgert (BRISE)の将来性が高い理由の一つに、Brise Chain上で容易にアプリケーションを開発できることが挙げられます。

開発者がBitgert (BRISE)を採用することで、以下のようなメリットを享受できます。

まず、Brise ChainはEthereumのツールと互換性があるため、Ethereumの開発環境で慣れ親しんだツールを使い続けることができます。

これにより、開発者は簡単にアプリケーションを開発することができ、時間と労力を節約できます。

さらに、Brise Chainは高速なブロック時間と低コストの手数料を提供しています。このため、開発者やユーザーは、コストを抑えて迅速なトランザクションを実行することができます。

最後に、Brise Chainは異なるブロックチェーン間での資産のやり取りを容易にするネイティブのクロスチェーン転送と通信機能を提供しています。これにより、開発者はさまざまなブロックチェーンの資産を利用したアプリケーションを構築することができます。

開発者がBitgert (BRISE)を採用することで、これらのメリットを享受できるため、より多くの優秀な人材や投資家がBitgert (BRISE)に集まりやすくなります。

その結果、Bitgert (BRISE)の価格が上昇する可能性があります。

 

Bitgert(BRISE)の注意点とリスク

Bitgert(BRISE)の注意点やリスクは以下のとおり。

  1. 競合プロジェクトが多い
  2. 海外取引所は安全性が未知数
  3. Bitgert(BRISE)人気に乗じた詐欺に注意

それぞれ解説します。

 

①競合プロジェクトが多い

低コスト・高速の仮想通貨プロジェクトは、以下のように多数の競合プロジェクトが乱立しています。

これらのプロジェクトは、それぞれが異なる特徴や技術を持ち、低コスト・高速処理を提供することに注力しています。そのため、この市場で競合するためには、より優れた技術や機能を提供する必要があります。

しかし、競争が激化すると、Bitgert(BRISE)が遅れを取る可能性があると言われています。これは、競合他社がより高度な技術やユーザビリティを提供する場合、Bitgert(BRISE)の需要や利用者数が減少する可能性があるためです。

そのため、Bitgert(BRISE)は、競合他社との差別化や強みを見出し、市場での存在感を確立することが必要です。

 

②海外取引所は安全性が未知数

現在、Bitgert(BRISE)は日本の国内取引所では取り扱われておらず、購入するには海外取引所を利用する必要があります。

しかし、これらの海外取引所は、日本の法律に基づいて認可されていないため、利用する際には、リスクがあることを事前に十分に理解しておく必要があります。つまり、何らかのトラブルが発生する可能性があり、取引所に預けた資産が返ってこなくなる可能性があります。

これは、日本の法律が海外取引所を管理・監督することができないために起こる問題です。また、海外取引所には、日本の取引所と比べてセキュリティが脆弱な場合があるため、資産を預ける場合にはリスクが高くなることもあります。

そのため、海外取引所を利用する際には、十分な情報収集とリスク管理が必要です。安全性を確保するためには、複数の取引所を利用することが推奨されます。また、投資の前には、リスクを十分に理解してから行うことが重要です。

おすすめの取引所については、仮想通貨おすすめ銘柄&取引所ランキング!今後伸びる可能性が高い通貨を紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Bitgert(BRISE)人気に乗じた詐欺に注意

Bitgert(BRISE)の人気に乗じた詐欺が報告されているため、十分に注意しましょう。

以下は、注意すべき詐欺の種類です。

 

1.偽のBRISEトークンを販売する詐欺

BRISEトークンは、Bitgert(BRISE)から発行されており、一部の取引所でのみ取引が可能です。

偽のBRISEトークンを販売する詐欺があるため、公式取引所以外での購入には注意が必要です。

 

2.詐欺的な投資プロジェクト

Bitgert(BRISE)の人気に乗じた詐欺的な投資プロジェクトがあります。

これらのプロジェクトは、高いリターンを約束し、投資家から資金を募りますが、実際には詐欺であり、投資家は資金を失う可能性があります。

 

3.フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、偽のウェブサイトを作成し、ユーザーの個人情報を盗む手法です。

Bitgert(BRISE)に関連するサイトやアプリを使用する際は、公式サイトや公式アプリを使用するようにし、偽のサイトには注意しましょう。

これらの詐欺から自分を守るためには、公式の情報源からのみ情報を収集し、公式取引所でのみBRISEトークンを購入するようにし、投資に関しては信頼できる情報源を確認することが重要です。また、不審なメールやリンクには注意し、個人情報を入力しないようにしましょう。

 

Bitgert(BRISE)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトによると、AIを使ったBitgert(BRISE)の今後の価格予想は以下のとおり。

最低価格(円) 平均価格(円) 最高価格(円)
2023 0.0669178837円 0.08379477438円 0.10067166506円
2024 0.1224400678円 0.13981962454円 0.14331335444円
2025 0.14067166506円 0.14067166506円 0.28022885182円
2026 0.28022885182円 0.28022885182円 0.28022885182円
2027 0.28022885182円 0.28022885182円 0.28022885182円
2028 0.28022885182円 0.42068605873円 0.42068605873円
2029 0.42068605873円 0.42068605873円 0.42068605873円
2030 0.42068605873円 0.42068605873円 0.56114326563円
2031 0.56114326563円 0.56114326563円 0.56114326563円

2031年には約0.5円程度まで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

最近ではビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

>>中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは?仮想通貨との違いやメリット・デメリットを徹底解説

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

Bitgert(BRISE)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

今後の仮想通貨の需要増加によりBitgert(BRISE)も成長していくでしょう。

 

Bitgert(BRISE)に関するよくある質問

最後にBitgert(BRISE)に関するよくある質問に答えます。

  1. Bitgert(BRISE)は国内取引所で買える?
  2. Bitgert(BRISE)はステーキングできる?
  3. Bitgert(BRISE)の発行上限はどのくらい?
  4. Bitgert(BRISE)は安全なの?
  5. Bitgert(BRISE)の創設者は?

順番に回答します。

 

①Bitgert(BRISE)は国内取引所で買える?

Bitgert(BRISE)は国内取引所では購入できません。

Bitgert(BRISE)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Bitgert(BRISE)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEでステーキングすることができます。公式サイトでも可能です。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Bitgert(BRISE)の発行上限はどのくらい?

Bitgert(BRISE)の発行上限は1,000,000,000,000,000BRISEです。

そのため、上限があるため価値があがりやすい通貨として注目が集まっています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④Bitgert(BRISE)は安全なの?

Bitgert(BRISE)チェーンは、高い安全性を持つProof of Staked Authority(PoSA)コンセンサスアルゴリズムを採用しています。

このアルゴリズムは、ステーキング(通貨を保持すること)と権限を組み合わせ、参加者がブロック生成やネットワークの運営に貢献することを促し、分散性が向上し、攻撃のリスクが減ります。

さらに、Bitgertチェーンは、Audit Solutions with Leaderboard Supportを通じて、高いセキュリティを提供しています。

このプラットフォームは、無料の監査を提供することで、スマートコントラクトやブロックチェーンの安全性を保護しています。

監査は、ビットガートネットワークの安全性を向上させるために、継続的に実施されています。最新のBitgert Auditは、2021年8月にリリースされました。

したがって、Bitgertチェーンは、PoSAアルゴリズムとAudit Solutions with Leaderboard Supportによって、高い安全性を確保しています。

これらの安全対策は、攻撃やセキュリティリスクからネットワークを保護し、参加者にとっても安心できる環境を提供します。

 

⑤Bitgert(BRISE)の創設者は?

Bitgertプロジェクトは2021年夏に開始され、その後、7月にプラットフォームが立ち上がったことが報告されました。

しかし、開発チームはずっと匿名で活動を続けています。

チームは身元を明らかにする予定とのことですが、具体的な期限はまだ発表されていません。

このような行動は、暗号コミュニティからの信頼構築や投資家の注目を集めるために必要不可欠であり、プロジェクトの評判とBRISEの価格にプラスの影響を与えることが期待されています。

さらに、チームは短期的には、取引所を開設する前に、Bitgertを法人として登録する予定であり、おそらくケイマン諸島に登録することが予定されています。

これにより、プロジェクトは法的に保護され、取引所に上場するために必要な手続きが進められることになります。

 

まとめ:Bitgert(BRISE)は将来性が期待できる銘柄

今回はBitgert(BRISE)について解説してきました。

Bitgert(BRISE)は低コスト・高速処理が可能なプラットフォームであり、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Bitgert(BRISE)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

Bitgert(BRISE)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5