MONEY

仮想通貨COTI(コティ)とは?特徴や買い方、将来性を徹底解説

COTI_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のCOTI(コティ)について詳しく知りたい。COTI(コティ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • COTI(コティ)の概要
  • COTI(コティ)の特徴
  • COTI(コティ)の将来性
  • COTI(コティ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のCOTI(コティ)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

COTI(コティ)は、時間とお金を節約するために仮想通貨をデジタル化し、組織が独自の支払いソリューションを開発することができるフィンテックプラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、COTI(コティ)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとCOTI(コティ)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、COTI(コティ)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨COTI(コティ)の概要

COTI01

出典:https://coti.io/

 

仮想通貨名 COTI(コティ)
シンボル COTI
価格 62円(2021年11月6日現在)
時価総額 53,971,226,860円(2021年11月6日現在)
ランキング 154位(2021年11月6日現在)
公式サイト COTI公式サイト

 

COTIは、時間とお金を節約するために仮想通貨をデジタル化し、組織が独自の支払いソリューションを開発することができるフィンテックプラットフォームです。

 

言い換えれば、COTIは、政府、売り手、ステーブルコインユーザー、および分散型アプリケーション(DApps)の使用向けに設計されており、分散型支払い用に設計された世界初のブロックチェーンプロトコルであると言われています。

 

このように、COTIは分散型支払いの処理に最適化された分散型プラットフォームであるため、政府や企業は独自の仮想通貨を開発して発行できます。

 

仮想通貨COTI(コティ)の特徴

COTI02

出典:https://coti.io/

 

COTI(コティ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. COTIプラットフォーム
  2. 自分のコインを発行可能
  3. 様々な課題を解決可能
  4. Proof-of-Trustを採用

 

①COTIプラットフォーム

 

COTIの大きな特徴はCOTIプラットフォームです。 COTIプラットフォームにより、企業やプロジェクトは高品質なフィンテック製品を簡単に開発することができます。その結果、かなりの開発コストを削減することができます。

 

さらに、支払い機能である「COTI Pay」は、クレジットカード、暗号通貨、ステーブルコインなどオンラインとオフライン問わずあらゆる種類の支払いに対応しています。

 

このプラットフォームでは資金調達も可能であり、ネット​​ワークに接続しながら、ローンや預金の利息を稼ぐことができます。買い手と売り手が仮想ウォレットやコインなどを使用して簡単かつ自由に取引することが可能です。

 

②自分のコインを発行可能

 

COTIは、価格が安定したステーブルコインの作成に最適化された世界初のプラットフォームであると言われています。

 

そのため、ユーザーは自分のデータとお金の両方を管理しながら、オリジナルの価格が安定したコインを発行することができます。

 

③様々な課題を解決可能

 

COTIは手数料、ハッキングリスク、処理遅延など従来の金融業界が抱えている課題に対応するために特別に開発されたエコシステムです。

 

DAGベースのプロトコルの採用と、非常に高速でスケーラブルで包括的かつセキュリティ性の高いインフラストラクチャの導入により、各種の課題を解決しています。

 

④Proof-of-Trustを採用

 

COTIプラットフォームのエコシステム全体は、Proof-of-Trustコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

 

さらに、DAGベースのブロックチェーン、Global Trust System(GTS)、multiDAG、支払いゲートウェイ、ユニバーサル支払いソリューションなど、さまざまな機能を実装しています。

 

仮想通貨COTI(コティ)の価格推移

COTI_chart

 

2021年の8月以降に価格が急上昇しました。

 

8月に米国の大手取引所Coinbaseに上場したことが価格高騰の要因と見られています。

 

 

さらに、2021年4月、カルダノ財団がADA Payの決済ゲートウェイプロバイダーとしてCOTIと提携したことも後押しとなっています。

 

 

暗号資産(仮想通貨)のカルダノについては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

カルダノロゴ
【仮想通貨】カルダノ(ADA)とは?特徴や今後の見通しを解説

続きを見る

 

今後も新たな取引所への上場や企業との提携により、さらなる価格上昇が期待できます。

 

仮想通貨COTI(コティ)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

続いて、COTI(コティ)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. 新たな取引所への上場
  2. COTIデビッドカードの発行
  3. 新たなライセンスの取得

 

①新たな取引所への上場

 

COTI(コティ)は今後、新たな取引所へ上場する可能性も十分に考えられます。

 

新たな取引所への上場時には、取引所による厳しいチェックが行われます。

 

そのため、上場した銘柄はそうしたチェックを通貨した将来性のある銘柄ということになり、一定の信頼感が得られます。

 

こうしたことから新規上場時には価格が高騰する可能性があるので、随時情報をチェックしておきましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)
【初心者向け】仮想通貨の買い方とおすすめ銘柄、取引所を解説

続きを見る

 

②COTIデビットカードの発行

 

COTI(コティ)は2021年9月30日に決済企業「Simplex(シンプレックス)」と提携し、仮想通貨に対応した銀行口座とVisaデビットカードを発行することを発表しました。

 

 

これにより、COTIユーザーは自分の名義で仮想通貨に対応した銀行口座を開設して、COTI Payウォレットに法定通貨を保管し、世界中のVisa加盟店で支払いに利用できるようになります。

 

visa加盟店は数多くあるので、COTIユーザーにとっては利便性があがり、COTI自体の需要増加にもつながると見られています。

 

③新たなライセンスの取得

 

COTIは他のいくつかの主要な取引所と同様に、現在の取引所ライセンスをアジアへも拡大する計画を立てています。特に、シンガポールでライセンスを取得する予定です。

 

このようなライセンスにより、法定通貨から暗号資産への交換を合法的に処理できます。COTIはすでにヨーロッパで交換ライセンスを取得しており、ライセンスをアジアに拡大することは、より多くの顧客獲得とグローバルサービスの拡大を意味します。

 

COTIは既に電子マネー研究所(EMI)のライセンス取得に精力的に動いています。これはPayPalのような大企業が持っている種類のライセンスであり、このライセンスを持つとCOTIがデジタルマネーと準通貨を発行することができるようになり、ローンを提供せずにデジタル銀行になることができます。

 

EMIライセンスを取得するのはかなりハードルが高いものの、2021年第二四半期中にはEMIライセンスの取得を目指すとのことです。

 

仮想通貨COTI(コティ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

COTI(コティ)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でCOTI(コティ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでCOTI(コティ)を購入する

 

なので、COTI(コティ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:COTI(コティ)は将来有望な銘柄のひとつ

まとめ:BAND(Band Protocol)は今後の価格上昇が期待できる

 

今回はCOTI(コティ)について解説いたしました。

 

COTI(コティ)は時間とお金を節約するために仮想通貨をデジタル化し、組織が独自の支払いソリューションを開発することができるフィンテックプラットフォームです。

 

COTI(コティ)は2021年11月現在で、61くらいと手ごろな価格なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

COTI価格

 

繰り返しになりますが、COTI(コティ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、COTI(コティ)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5