MONEY

仮想通貨Dovu(DOV)とは?特徴と将来性・今後の予想を解説

DOV_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のDovu(DOV)について詳しく知りたい。Dovu(DOV)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Dovu(DOV)の概要
  • Dovu(DOV)の特徴
  • Dovu(DOV)の価格推移
  • Dovu(DOV)の将来性
  • Dovu(DOV)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Dovu(DOV)地球上の二酸化炭素の吸収をサポートするために作られた暗号資産(仮想通貨)です。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、Dovu(DOV)の概要や特徴、将来性、そして購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとDovu(DOV)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Dovu(DOV)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Dovu(DOV)の概要

DOVU01

出典:DOV公式サイト

 

トークン名称 Dovu
シンボル DOV
総発行枚数 963,761,390DOV
価格(2021年12月27日時点) ¥1.61
時価総額(2021年12月27日時点) ¥1,147,515,111
公式サイト DOV公式サイト

 

Dovu(DOV)DeFiカーボンオフセットをトークン化できるプラットフォーム及びそこで利用される暗号資産(仮想通貨)です。

 

概要は以下の動画で確認できます。

 

 

炭素隔離を実施した土地所有者は、土地をトークン化し、分散型市場を通じて二酸化炭素排出量を簡単に相殺することができます。

 

Dovu(DOV)は炭素隔離に取り組んでいる土地所有者と、二酸化炭素排出量を相殺したい投資家や企業を結び付けます。

 

仮想通貨Dovu(DOV)の特徴

DOVU02

出典:DOV公式サイト

 

仮想通貨Dovu(DOV)の特徴については以下のとおりです。

 

  1. Dovuプロトコル
  2. 循環エコシステム
  3. スマートコントラクトを活用
  4. DOVトークン
  5. データ共有と消費を民主化

 

①Dovuプロトコル


Dovuプロトコルを使用すると、個人、組織、およびIoTデバイスが共有するデータを管理することができます。

 

さらにDovuプロトコルを使うことの報酬としてDOVトークンが付与されます。

 

②循環エコシステム


Dovuが適用している循環エコシステムとは、プラットフォームがデータとモビリティを発展させるのに役立つブロックチェーンテクノロジーを適用していることを意味します。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

また、ブロックチェーンは、個人や企業が目的を達成しているかどうかの検証のために使用されます。

 

③スマートコントラクトを活用


DOVUはイーサリアムの機能であるスマートコントラクトを活用しています。

>>【2021年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

 

これによりユーザーは自動でモビリティデータを共有および処理することが可能です。

 

さらにプラットフォームとプロトコルは、モビリティ関連のdAppsを容易に開発することが可能です。

 

④DOVトークン


DOVトークンは、Dovuエコシステムの中核です。DOVトークンによりDovuはユーザーへデータを提供し、データを共有する人々に報酬を与える循環型エコシステムを実現しています。

 

エコシステムをより活発化するために、Dovuの運営者はユーザーがDOVトークンを使用することを奨励しています。

 

⑤データ共有と消費を民主化

 

今後、輸送関連データの価値が上昇すると考えられています。

 

それらのデータの管理方法や使用用途を明確にし、データ共有者への報酬付与の仕組みを整える必要があります。

 

Dovuは、データ所有者と利用者を仲介しデータ共有と消費の「民主化」を実現します。

 

仮想通貨Dovu(DOV)の将来性

DOVU03

出典:DOV公式サイト

 

仮想通貨Dovu(DOV)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. Hedera Token Service(HTS)
  2. Hedera Consensus Service(HCS)
  3. Hedera Hashgraph

 

①Hedera Token Service(HTS)

 

DOVUは、Hedera Token Service(HTS)を利用して、土地所有者と持続可能性プロジェクトマネージャーのカーボンオフセットプロジェクトをトークン化する複雑さとコストを削減します。

 

たとえば、非代替トークン(NFT)として土地をトークン化するコストは、パブリックHederaネットワークの$ HBARで支払われる$ 1 USDであり、譲渡するのに$ 0.01USD未満です。 HederaでHTSを使用してトークンを作成するのは、常に低く予測可能な価格になります。比較すると、イーサリアムのガス料金は、現在のネットワーク使用量と$ ETHの価格に応じて変動する価格で、非代替トークンを作成するために$ ETHで支払われる約$ 80〜 $ 100USDの費用がかかります。これは適正価格より99倍高価と言われています。

 

DOVUはまた、公正なコンセンサスタイムスタンプとトランザクションの順序付けを厳格に行います。これにより、市場参加者が支払うガスの量ではなく、取引が送信された順序に基づいてビッドとアスクを処理する公正なマーケットプレイスが保証されます。

 

②Hedera Consensus Service(HCS)

 

Hedera Consensus Service(HCS)は、プロジェクトのメンテナンスの更新、ドキュメント、ラボレポートなどの公的に検証可能で不変のログ記録に使用され、財務上の意思決定プロセスを表示および支援します。

 

DOVUは、HCSとInterplanetary Filesystem(IPFS)を組み合わせることで、ラボレポート、写真、許可、または寄稿者が必要とする可能性のあるその他の種類のドキュメントを含む、土地所有者とプロジェクトマネージャーの更新のための分散型の信頼できるドキュメントストレージを確保することに成功しています。

 

③Hedera Hashgraph

 

土地所有者、企業、国、さらには個人でもHedera Hashgraphを搭載したDOVUを使用して、カーボンクレジットをリアルタイムで発行および交換し、二酸化炭素排出量の削減をサポートして、すべての人のより持続可能な未来を可能にします。

 

DOVUは、トークン化されたカーボンクレジットの迅速、公正、かつ安全な発行と交換を保証しながら、カーボンオフセットプロジェクトへの投資と最新情報の受け取りを検討しているすべての人の信頼を高めます。

 

DOVUは、プラットフォームユーザー間の固有の信頼に対する顧客の採用、維持、満足度が高まり、カーボンクレジット市場に参加する傾向が高まると考えています。

 

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移

仮想通貨RIFの価格推移

 

仮想通貨Dovu(DOV)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

DOVU04

 

2021年4月に仮想通貨の上昇トレンドに乗り、急上昇。

 

その後価格は一旦落ち着いて推移しています。

 

今後もにCO2排出量削減の取り組みは拡大すると見られており、Dovu(DOV)の需要も増すと見られています。

 

仮想通貨Dovu(DOV)の購入方法

Dovu(DOV)

 

Dovu(DOV)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でDovu(DOV)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Dovu(DOV)を購入する

 

そのため、Dovu(DOV)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Dovu(DOV)は今後の需要増加が期待できる

仮想通貨FUNToken(FUN)は価格上昇が期待できる

 

今回は、仮想通貨Dovu(DOV)について解説しました。

 

ブロックチェーンを利用したカーボンオフセットのプラットフォームとして今後も注目され、ユーザーが増えることが予想されます。

 

2021年12月現在、Dovu(DOV)の価格は約1.6円と購入しやすい価格です。

 

DOVU価格

 

格安の今のうちに試しに3万円分くらい購入しておくと、将来大きな利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Dovu(DOV)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Dovu(DOV)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5