MONEY

仮想通貨FIO Protocol(FIO)とは?概要や将来性、買い方を解説

FIO_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のFIO Protocol(FIO)について詳しく知りたい。FIO Protocol(FIO)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • FIO Protocol(FIO)の概要
  • FIO Protocol(FIO)の特徴
  • FIO Protocol(FIO)の将来性
  • FIO Protocol(FIO)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のFIO Protocol(FIO)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

FIO Protocol(FIO)は、暗号資産(仮想通貨)を送受信をより簡単にすることを目的とした分散型ブロックチェーンプロトコルです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、FIO Protocol(FIO)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとFIO Protocol(FIO)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、FIO Protocol(FIO)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨FIO Protocol(FIO)の概要

仮想通貨FIO Protocol(FIO)の概要

出典:https://fioprotocol.io/ja/

 

FIO Protocol(FIO)は、ウォレット、取引所、および暗号資産を簡単に接続できる分散型のプラットフォームです。

 

このプロジェクトは、すべてのブロックチェーンをより簡単に利用でき、リスクを軽減した上でユーザーの負担を減らすことを目的としています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

従来の送金方法では送金までの工程が少し複雑であるため送金時の操作ミスが起こりやすく、最悪の場合自分の資金が消失する恐れがあります。

 

FIO Protocol(FIO)はそうした複雑な手順を簡略化し、誰でも簡単に安心して暗号資産(仮想通貨)を送金できるようにしているのです。

 

そういう意味では国際送金の問題を解決するリップルと理念は似ていると言えるでしょう。

 

リップルロゴ2
リップル(XRP)は儲かる?今後の価格予想と将来性について解説

続きを見る

 

仮想通貨FIO Protocol(FIO)の特徴

仮想通貨FIO Protocol(FIO)の特徴

出典:https://fioprotocol.io/ja/

 

FIO Protocol(FIO)の特徴は以下のとおり。

 

  1. FIOアドレス
  2. FIOリクエスト
  3. FIOデータ
  4. 分散型プラットフォーム
  5. 高いセキュリティ性
  6. データは暗号化

 

①FIOアドレス

 

FIOアドレスFIOプロトコル上のユーザーが使用できるアドレスです。

 

FIOアドレスの構成はusername @ domainです。FIOアドレスの例は、「xxx @trustwallet」または「●●● @ ethereum」のように単純明快です。

 

FIOアドレスの登録は、FIOプロトコルを統合したアプリケーションで直接行うか、コミュニティに公開されている登録サイトを介して行うことができます。

 

FIOアドレスおよびその後のFIOプロトコルとのすべての取引は、ユーザー自身が所有するFIO秘密鍵によって安全に管理されています。

 

FIOアドレスには、FIOトークンのデフォルトの年会費が必要ですが、100回の無料トランザクションが含まれています。

 

ユーザーが翌年までに無料のトランザクション割り当てをすべて使い切った場合は、別のFIOトークンの支払いで年間サブスクリプションを契約するか、今後の取引の都度支払うかを選択できます。FIOアドレスの更新料が有効期限までに支払われない場合はアドレスは無効となります。

 

②FIOリクエスト

 

FIOリクエストを使用すると、受取人がFIOアドレスを使用して支払人に送金をリクエストする処理を開始できます。

 

このリクエストはオンチェーンで保存され、通貨、金額、受取人のパブリックアドレス、FIOデータなどのすべての取引データが暗号化された上で保存されます。

 

支払人のウォレットまたはアプリケーションは、関連するFIOリクエストについてFIOチェーンと通信し、ウォレット内の取引リスクエストを処理します。支払人は、要求の承認・拒否を選択できます。

 

③FIOデータ

 

FIOデータは、任意のブロックチェーントランザクションに記録できるメタデータです。

 

このメタデータは、単純なメモ(「ランチ代」など)から、請求書などの構造化したデータまでを記録できます。

 

FIOデータは、請求書、日付、連絡先情報などの従来のトランザクション情報を将来のためにチェーンに保存しておくことが可能です。 FIOデータには、トランザクションID、返金アドレス、オフチェーンデータのハッシュなど、あらゆるデータを記録できます。

 

④分散型プラットフォーム

 

FIO Protocol(FIO)分散型のパブリックブロックチェーンを利用しています。

 

非中央集権的なプラットフォームにすることにより、万が一ノードのひとつに不具合があった際でも他のノードで代替可能です。

 

⑤高いセキュリティ性

 

すべてのFIOプロトコルトランザクションには、ユーザー自身が制御するFIO秘密鍵が必要です。

 

そのため、悪意を持った第三者による取引を未然に防止することができます。

 

⑥データは暗号化

 

パブリックアドレスやメタデータなどの機密情報は、ブロックチェーン上で暗号化できます。

 

そのため、他人がデータを盗み見ることが困難であり、たとえ漏洩したとしても解読が難しいため安心して取引可能です。

 

仮想通貨FIO Protocol(FIO)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

FIO Protocol(FIO)は北米とヨーロッパでプロジェクトを試験的に稼働させた後、プロジェクトの成長に応じて他の地域での展開を計画しています。

 

FIOプロトコルの現在のコミュニティ成長戦略は以下のとおり。

 

  • コミュニティへの参加を促すため、報酬システムを構築
  • FIOプロトコルのすべてのアクティビティに関する継続的な改良
  • ユーザーの知識向上に活用できるプラットフォームの提供
  • FIOエコシステムパートナーとの共同キャンペーンを開催
  • 紹介制度による新規ユーザーの獲得
  • 参加者へのプレゼントおよびエアドロップの実施

 

FIOプロトコルの将来のコミュニティ成長戦略は以下のとおり。

 

  • 管理ツールをコミュニティメンバーに提供
  • 補助金、報奨金、契約金の導入
  • 多くの企業との提携

 

以上のように、現時点から将来にかけて様々な施策を計画しており、開発が順調に進めばFIO Protocol(FIO)のユーザーが増えるものと見込まれます。

 

仮想通貨FIO Protocol(FIO)の購入方法

仮想通貨を購入

 

FIO Protocol(FIO)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でFIO Protocol(FIO)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでFIO Protocol(FIO)を購入する

 

なので、FIO Protocol(FIO)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:FIO Protocol(FIO)は今後の値上がりが期待できる

まとめ:BAND(Band Protocol)は今後の価格上昇が期待できる

 

今回はFIO Protocol(FIO)について解説いたしました。

 

FIO Protocol(FIO)現在の複雑な仮想通貨送金の仕組みを解決することを目的としており、多くの取引所やウォレットがFIOの導入を検討しています。

 

FIO Protocol(FIO)は2021年11月現在で、21円くらいと手ごろな価格なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

FIO価格

 

繰り返しになりますが、FIO Protocol(FIO)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、FIO Protocol(FIO)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5