CRYPTO

仮想通貨フレア(FLR/旧Sparkトークン)とは?特徴・買い方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のフレア(FLR)について詳しく知りたい。フレア(FLR)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • フレア(FLR/旧Sparkトークン)の概要
  • フレア(FLR/旧Sparkトークン)の特徴
  • フレア(FLR/旧Sparkトークン)の買い方
  • フレア(FLR/旧Sparkトークン)のチャート・価格推移
  • フレア(FLR/旧Sparkトークン)の将来性
  • フレア(FLR/旧Sparkトークン)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

フレア(FLR)は分散型相互運用のためのシンプルな環境を開発者に提供するブロックチェーンとそこで使われるトークンです。

今回は仮想通貨ブログで月100万円以上の収益を得ている僕が、フレア(FLR)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでフレア(FLR)に関する理解が深まるはずです。

なお、フレア(FLR)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要なので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

フレア(FLR/旧Sparkトークン)がエアドロップで無料でもらえる

Flare NetworksはXRP保有者にフレア(FLR)をエアドロップすると発表しています。

>>【初心者向け】リップル(XRP)の買い方・購入方法を解説【画像付き】

2020年12月12日時点のXRP保有者に対して1:1でFLRトークンが付与されます。

まず、Flare Networksのネットワーク実装後、最初にXRP保有量の15%に相当するFLRトークンが付与されます。

その後、残りの85%のFLRトークンが一定期間の間毎月平均3%ずつ付与される予定。

FLRトークンを受け取るためには、2020年時点でXRPを保有している必要があります。

そのため、Spark(FLR)を購入する場合は、エアドロップ後に取引所で購入するようにしましょう。

国内取引所は仮想通貨が500円から購入できるコインチェックがおすすめです。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

フレア(FLR/旧Sparkトークン)の概要

名称 フレア(FLR)
時価総額 未上場
取引所 未上場
価格(2022年12月時点) 未上場
時価総額(2022年12月時点) 未上場
公式サイト フレア(FLR)公式サイト

フレア(FLR)は、分散型相互運用のためのシンプルな環境を開発者に提供するブロックチェーンとそこで使われるトークンです。

Flare Networksは、イーサリアムやXRP Ledgerなどの他のブロックチェーンとの連携を実現することを目的として開発されました。

フレア(FLR)は、Flare Networkのガバナンスコインです。

Flare Networkでは、FLRトークンを所有するユーザーがプロトコルのロードマップや投票に参加することができます。

FLRトークンは2020年12月に初めてローンチされました。

Flare Networksでは、イーサリアムやXRP Ledgerなどの他のブロックチェーンシステムとの双方向リンクを構築するために、Flareが提供するスマートコントラクトプラットフォームが頻繁に利用されます。

これにより、異なるブロックチェーン上で動作するアプリケーションやサービスを連携させることができます。

 

フレア(FLR/旧Sparkトークン)の特徴

フレア(FLR)の特徴は以下のとおり。

  1. すべてをつなぐ
  2. 複数のエコシステムを構築
  3. 開発が容易
  4. 堅牢な相互運用性
  5. 信頼性の高い分散型データ
  6. Layer Cakeによるブリッジ

順番に解説します。

 

①すべてをつなぐ

Flareは今日のブロックチェーンが直面している相互運用性の中核的な問題に対処済。

ブロックチェーン間で資産や情報を自由かつ安全に流通させることを可能にします。

あらゆるデジタル資産とオンチェーン情報を接続することで、ブロックチェーン利用を普及させることができます。

例えば、イーサリアム上で動作するDappsをXRP Ledger上でも動作させることができるようになります。

これにより、異なるブロックチェーン上で動作するアプリケーションやサービスを連携させることができ、ブロックチェーン利用の普及が促進されると考えられます。

 

②複数のエコシステムを構築

一度のデプロイで複数のエコシステムの価値にアクセス可能です。

業界標準のEVMにより、複数のブロックチェーンの価値、流動性、情報にアクセスできるアプリケーションをFlare上に簡単に構築することができます。

これにより、さまざまな要素が相互に連携し、より複雑で充実した生態系を作り出すことができます。

例えば、インターネット上に存在する複数のサービスやアプリケーションを組み合わせて、ユーザーが情報やサービスをより簡単に利用できるようなエコシステムを構築することが考えられます。

 

③開発が容易

Flare Networksはイーサリアムのスマートコントラクトプラットフォームです。

Flareにはイーサリアムの主要な構成要素である「イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)」が含まれているため、Flareではイーサリアムと同じようにスマートコントラクトを実行することができます。

そのため、イーサリアムで作成されたスマートコントラクトや、ETHツール(Ethereumを利用するためのツール類)をそのままFlareで利用することができるようになります。

これにより、ETHツールの移植が容易になり、Flareを利用する開発者がイーサリアムと同じように簡単にFlareでスマートコントラクトを開発・実行することができるようになります。

 

④堅牢な相互運用性

State Connectorという機能によって堅牢な相互運用性を保っています。

State Connectorは外部のブロックチェーンデータを取得することを目的に作られた、初のコンセンサスプロトコルです。

これにより、他のチェーンからの情報を安全かつ信頼性をもってFlare上で使用することができます。

例えば、イーサリアムやXRP Ledgerなどの外部のブロックチェーンから、トランザクションやスマートコントラクトの情報を取り込むことができます。

さらに、State Connectorを利用することで、Flare Networks上で安全かつ信頼性の高い情報を使用することができます。

具体的にはイーサリアムやXRP Ledgerなどの外部のブロックチェーンと連携することができるようになります。

また、Flare Networks上で実行されるスマートコントラクトは、外部のブロックチェーンから取得したデータを使用して、より複雑な処理を実行することも可能です。

 

⑤信頼性の高い分散型データ

時系列オラクルにより、信頼性の高い分散型データの取得が可能になります。

Flare Networksにおける時系列オラクルとは、分散型の価格情報を取得するためのシステムです。

これは、中央集権的なプロバイダー群に依存することなく、時系列データを取得することができるようになっています。

例えば、時系列オラクルを利用することで、BitcoinやEthereumなどの仮想通貨の価格情報を取得することができます。

また、株価や為替レートなどの様々な市場データも取得することができます。

時系列オラクルは、Flare Networks上で実行されるスマートコントラクト内で利用されることができます。

これにより、スマートコントラクトがリアルタイムな市場データを利用して処理を行うことができるようになります。

 

⑥Layer Cakeによるブリッジ

Layer Cakeはスマートコントラクトネットワーク間のブリッジングを支援するテクノロジーです。

これにより、スマートコントラクトネットワーク間でのトランザクションを安全かつスピードやスケーラビリティを高めることができます。

例えば、イーサリアムとXRP Ledgerという2つのスマートコントラクトネットワーク間でトランザクションを行う場合、通常は2つのネットワークを別々に扱う必要があります。

しかし、Layer Cakeを利用することで、このような分散型システム間でもスムーズなトランザクションが行えるようになります。

また、Layer Cakeは既存のアプローチが抱える脆弱性に対処し、主権ゾーンを超えるリスクを処理可能になります。

その結果、より安全でスケーラブルなスマートコントラクトネットワークの構築が可能になります。

 

フレア(FLR/旧Sparkトークン)の買い方・購入方法

フレア(FLR)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

フレア(FLR)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでフレア(FLR)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでフレア(FLR)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでフレア(FLR)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

フレア(FLR/旧Sparkトークン)のチャート・価格推移

現在のところ、FLRトークンは取引所に上場していません。

Flare Networksが提供するスマートコントラクトプラットフォームが正式にリリースされるまで、FLRトークンの取引が可能な取引所が提供されることはありません。

ただし、Flare Networksの正式リリースに合わせて、FLRトークンが取引所に上場される可能性があります。

その場合は、取引所でFLRトークンを購入することができるようになります。

具体的な情報は、Flare Networksの公式サイトや取引所の情報を確認するか、Flare Networksの公式アカウントなどで最新の情報を確認してください。

 

フレア(FLR)の将来性

続いて、フレア(FLR)の将来性について解説します。

  1. XRPの価格に連動する可能性
  2. Dappsの普及
  3. 仮想通貨を作成可能

それぞれ解説します。

 

①XRPの価格に連動する可能性

フレア(FLR)とXRPの価格は連動する可能性があります。

Flare NetworksはXRP Ledgerとの連携を目指すプラットフォームとして開発されており、XRP Ledger上で行われるトランザクションをFlare Networks上で利用することができるようになっているからです。

そのため、XRP Ledgerとの連携がFlare Networksの根幹を担うことから、XRPの価格に連動する可能性があると言われています。

仮にXRPの価格が上昇することがあれば、フレア(FLR)もそれに連動して価格を上げる可能性が高いということです。

しかし、実際にどのような関係性があるかは現時点では不明です。XRPとFLRの価格の関係については、市場の動向を注視しながら推測するしかありません。

 

②Dappsの普及

Dappsの普及により、Flare Networksの利用頻度が増す可能性があります。

これは、Flare Networksは、イーサリアムやXRP Ledgerなどのブロックチェーン上で動作するDappsを構築するためのプラットフォームとして開発されているためです。

例えば、イーサリアム上で動作するDappsをFlare Networks上でも動作させることができます。

Flare Networksは、イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)を採用しており、イーサリアムで実行されるスマートコントラクトをそのままFlare Networksで実行することができるためです。

そのため、Flare Networks上でもDappsが利用される可能性があり、Flare Networksの利用頻度が増すことが考えられます。

また、Flare Networksを利用して新しいDappsを構築することもできるようになります。

 

③仮想通貨を作成可能

Flare Networksは、「FAssets(Fアセット)」と呼ばれる仮想通貨の仕組みを提供しています。

この仕組みを活用してFlareブロックチェーン上で新たな仮想通貨(FXRP・FLTC・FDOGE等)を作成することができます。

FAssetsは、ステーブルコインとして知られる暗号資産の一種です。ステーブルコインとは、米ドルや日本円などの国際通貨(現金)と同等の価値を持つ暗号資産のことを指します。

FAssetsは、Flareブロックチェーン上で作成されるステーブルコインです。例えば、FXRPというFAssetsを作成することで、XRPに対応したステーブルコインをFlareブロックチェーン上で作成することができます。

これにより、Flareブロックチェーン上で他の暗号資産を利用することができるようになります。

また、ステーブルコインとしてのFAssetsは、通貨の価値の変動によるリスクが小さく、より安定した価値を保つことができます。

そのため、FAssetsは普通の暗号資産よりも、商品の価格やサービスの提供などで支払いに利用する場合に適していると言われています。

また、Flare Networksにおいては、FAssetsを作成する際には「トークンスワップ」と呼ばれる仕組みが利用されます。

トークンスワップとは、特定の条件を満たした場合に、FAssetsを交換してもらえるという仕組みです。

例えば、FXRPを作成する際には、XRPを提供することで、FXRPを受け取ることができます。

このように、トークンスワップを利用することで、FAssetsを簡単に取得することができるようになります。

 

フレア(FLR/旧Sparkトークン)に関するよくある質問

最後にフレア(FLR)に関するよくある質問に答えます。

  1. フレア(FLR)は国内取引所で買える?
  2. フレア(FLR)はステーキングできる?
  3. フレア(FLR)の開発チームは公開されてる?

順番に回答します。

 

①フレア(FLR)は国内取引所で買える?

フレア(FLR)は国内取引所では購入できません。

フレア(FLR)はまだ未上場なので、買える取引所はありません。

ただ、BINANCEなどの大手取引所では取り扱う可能性が極めて高いです。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②フレア(FLR)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

Flare Networksの公式サイトでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③フレア(FLR)の開発チームは公開されてる?

はい、公式サイトで公開されています。

主要メンバーは以下のとおり。

  • ヒューゴ・フィリオン:共同設立者兼CEO
  • ショーン・ローワン:Co-founder & CTO
  • Dr. Nairi Usher:共同設立者兼チーフサイエンティスト

チーム全員がそれぞれの専門分野で高い経験を持っており、一緒にチームを組んでいます。

このようにメンバーの顔写真と経歴が公開されているので、安心して利用できます。

 

まとめ:フレア(FLR/旧Sparkトークン)は将来性が期待できる銘柄

今回はフレア(FLR)について解説してきました。

フレア(FLR)は高い相互運用性とDappsの増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

XRPホルダーへのエアドロップが発表されているため、高い注目を集めている銘柄です。

さらに、今後追加のエアドロップがされる可能性も高いです。

フレア(FLR)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

繰り返しですが、フレア(FLR)を購入するためには海外取引所を使う必要があり、海外取引所への送金には国内取引所の口座が必須です。

フレア(FLR)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5