CRYPTO

仮想通貨Project Galaxy(GAL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

projectgalaxyLogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のProject Galaxy(GAL)について詳しく知りたい。Project Galaxy(GAL)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Project Galaxy(GAL)の概要
  • Project Galaxy(GAL)の特徴
  • Project Galaxy(GAL)の将来性
  • Project Galaxy(GAL)の買い方
  • Project Galaxy(GAL)の価格推移
  • Project Galaxy(GAL)のロードマップ

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Project Galaxy(GAL)ってどんな暗号資産(仮想通貨)なんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

Project Galaxy(GAL)はWeb3プロジェクトの開発者向けのクレデンシャルデータネットワークです。クレデンシャルとは「ユーザーの金融情報」を指しています。

今回は実際に暗号資産(仮想通貨)を運用中の僕が、Project Galaxy(GAL)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでProject Galaxy(GAL)に関する理解が深まるはずです。

なお、Project Galaxy(GAL)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して少額のビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Project Galaxy(GAL)の概要

出典:GAL公式サイト

 

Project Galaxy(GAL)は世界最大のWeb3開発者向けのクレデンシャルデータネットワークです。

クレデンシャルデータとはユーザー識別情報の総称であり、株や仮想通貨の売買に関する金融取引情報なども含まれています。通常このクレデンシャルデータは各金融機関や政府などが保有しており、開発者が活用することはできません。

しかし、Project Galaxy(GAL)はブロックチェーンを用いてこのクレデンシャルデータを誰もが利用できるようにします。例えば、以下のような単体では使いにくい情報を使いやすいように整理した上でデータとして提供。

  • Pancakeswapでステーキングしている
  • BAYCのNFTを購入
  • エアドロップでトークンを受領

こうすることで開発者はターゲットとなる顧客層へ向けて、適切なマーケティングを行うことが可能になります。

GALトークンのローンチ前でも100以上のプロジェクトがProject Galaxy(GAL)でキャンペーンを実施しており、注目度の高さが伺えます。

さらに各種SNS等のフォロワー等も以下のとおり順調に増え続けており、開発者はじめユーザーから支持されていることがわかります。

  • Twitterフォロワー:276,000人
  • Discordメンバー:137,000人
  • テレグラム加入者:23,000人
  • GalaxyID数:130万人以上
  • ユニークなオンチェーンユーザー:35万人以上
  • 対応ブロックチェーン:7つ
  • キュレーション済のクレデンシャルデータ:2000以上

なお、クレデンシャルデータの利用に際してはProject Galaxy(GAL)へ利用料を支払う必要があり、利用料金Project Galaxy(GAL)の運営資金に充てられます。

 

Project Galaxy(GAL)の特徴

 

Project Galaxy(GAL)の特徴は以下のとおり。

  1. クレデンシャルデータをキュレーション
  2. NFTを使ったキャンペーンを実施
  3. DEXの成長に関与
  4. ガバナンスを最適化
  5. Solanaと提携
  6. GALトークンを発行

順番に解説します。

 

①クレデンシャルデータをキュレーション

クレデンシャルデータは単体では使いにくいため、Project Galaxy(GAL)が使いやすいようにキュレーションしています。

例えるならWeb3におけるGoogle広告やFacebook広告のような感じでProject Galaxy(GAL)がブロックチェーン上のクレデンシャルデータを取得し、キュレーション済のデータを提供します。

これにより開発者は最適なターゲット層へのマーケティングが可能になります。

 

②NFTを使ったキャンペーンを実施

Web3ではコミュニティの活性化が最も重視されます。その際にもProject Galaxy(GAL)を活用すればNFTを用いたコミュニティ活性化のための適切なキャンペーンが可能になります。

>>NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

プロジェクトやDAOはアプリケーションによって提供されたオンチェーンのクレデンシャルデータとNFTを組み合わせて活用し、コミュニティ・エンゲージメントをさらに上へ引き上げることができます。

既に300以上のプロジェクトやDAOがProject Galaxyのクレデンシャルデータとアプリケーションを通じてコミュニティの活性化に成功。Project Galaxyは合計で2300以上のキャンペーンをを実施しており、毎月50万個以上のクレデンシャルベースのNFTが作成されています。

キャンペーンの実例については、公式ページで確認することが可能です。

さらに、NFTを用いることでコミュニティの成長に貢献したユーザーを把握できるため、そのユーザーへ報酬を与えることで継続的なコミュニティの発展を促すことができます。

 

③DEXの成長に関与

Project GalaxyはクレデンシャルベースのNFTを使用して、分散型取引所(DEX)であるHashflowのアクティブユーザー数を毎週3,000人から13,000人へと成長させています。

ユーザー数を増やすためにHashflowの初期のユーザーに報酬を与える必要があったため、すべてのHashflowユーザーが獲得できるHashbotGenesisと呼ばれるNFTを作成。

HashbotGenesisは通算で20,000を超えるNFTが作成され、このNFTの効果によりHashflowの月間取引量はわずか数か月で2,000万ドル未満から6億ドルへと急増しています。

 

④ガバナンスを最適化

Project GalaxyはBNBチェーンと提携して、MVBプログラム参加者とMVB委員会のためのNFTバッジを生成。

MVBプログラムは、BinanceエコシステムのDAppとビルダーを支援するプログラムであり、MVB委員会はBNBチェーンファンド、メディアとインフルエンサー、および投資機関で構成されます。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

Project GalaxyのクレデンシャルベースのNFTのおかげでMVB委員会の各メンバーはNFTバッジを受け取り、これに基づいてガバナンスが最適化されました。

 

⑤Solanaと提携

Project GalaxyはSolanaと提携し、「2022 is gonna be SOL Cool」というキャンペーンを実施しています。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

このキャンペーンにより27のプロジェクトやDAOがマーケティングの目標を達成できるよう支援。

キャンペーンには合計33,400人の新規ユーザーが集まり、Solanaで平均5つのプロトコルに新規登録しています。

これは、マーケティングキャンペーンの対象となるユーザーのチェーン上のアクティビティを記録したクレデンシャルベースのNFTを付与することで達成されました。

 

⑥GALトークンを発行

Project Galaxy(GAL)はガバナンストークンとしてGALを発行しています。

GALはGalxe DAOの投票とガバナンスに使用されます。

GALトークン保有者は、プロトコルによって徴収されるプラットフォームフィーの一部を報酬として受け取ることができます。

 Galxeのクレデンシャルデータをアプリケーションモジュールで利用することを目的とする開発者は、GALで課金されるPlatform Feeの対象となります。

プラットフォーム料金は、Galxeプロトコルとの相互作用ごとにGALで課金されるように設定されています。

手数料のほとんどはキュレーターに支払われ、残りはGalxe Community Treasuryが徴収します。

現在、すべてのアプリケーションモジュールの料金は、ベータテスト中は免除されています。

 

Project Galaxy(GAL)の将来性

 

続いて、Project Galaxy(GAL)の将来性について解説します。

  1. エアドロップを実施
  2. NFTを活用したキャンペーンの需要増加
  3. クレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクト

順番に解説します。

 

①エアドロップを実施

Project Galaxy(GAL)はエアドロップを実施しています。

>>【2022年】仮想通貨のエアドロップとは?今後行われるエアドロップや、受け取り方を解説!

一定のウォレットデータの履歴などの状況を満たした場合にNFTやGALトークンなどが付与されます。

NFTのエアドロップ例は以下のとおり。

これは仮想通貨解説サイトのCoinGeckoが発行するNFTで特定のCoinGeckoユーザーに付与されるものです。

さらに、Pancakeswapでステーキングした際にもGALがエアドロップされており、僕も受け取りました。

エアドロップで付与されたNFTやトークンの価値が高騰する例も多々あるので、こうしたエアドロップを目当てにProject Galaxy(GAL)を活用するユーザーが増えそうです。

 

②NFTを活用したキャンペーンの需要増加

近年NFTの資産価値が上昇し投資家の間でもNFTを保有する人が増えているため、今後各種キャンペーンにおいてNFTを活用するケースが増加すると考えられます。

適切なキャンペーン実施のために、Project Galaxy(GAL)のクレデンシャルデータを用いたNFT発行を選択するケースが多くなると予想されます。

実際にProject Galaxy(GAL)のオンチェーンデータを活用したNFT発行により、コミュニティの成長に成功しているプロジェクトが複数あるため効果は実証されています。

 

③クレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクト

Project Galaxy(GAL)はクレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクトであり、先行者優位に立っています。

実際に多数のプロジェクトでデータを活用されており、BINANCE等の大手取引所とも提携していることからも実用性については一定の評価を得ていると言えます。

さらに以下のとおりSNS等のフォロワーも順調に伸びています。プロジェクトの認知度向上によりユーザー数が増加する可能性が高いでしょう。

  • Twitterフォロワー:276,000人
  • Discordメンバー:137,000人
  • テレグラム加入者:23,000人
  • GalaxyID数:130万人以上
  • ユニークなオンチェーンユーザー:35万人以上
  • 対応ブロックチェーン:7つ
  • キュレーション済のクレデンシャルデータ:2000以上

こうした状況を見てもプロジェクトの認知度向上により、今後も継続してユーザー数が増加する可能性が高いでしょう。

 

Project Galaxy(GAL)の買い方・購入方法

 

Project Galaxy(GAL)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。BINANCEの使い方は【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説で詳しく解説しています。

 

BinanceTOP
【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

続きを見る

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でProject Galaxy(GAL)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

  1. コインチェックで仮想通貨を購入
  2. 海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金
  3. StreamCoin(STRM)を購入する

なので、Project Galaxy(GAL)を購入したいという方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。

 

\ 最短5分で開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

Project Galaxy(GAL)のトークン情報

NFT

Project Galaxyのホワイトペーパーによると、GALには合計2億のトークンがあります。CoinMarketCapによると、現在の循環供給は3,510万です。

暗号通貨取引所にGALが上場する前に、プロジェクトは資金を調達するためにいくつかのトークン生成イベント(TGE)を開催しています。

トークンの割り当て比率は以下のとおりです。

コミュニティへの報酬の割合が一番多いため、コミュニティの成長を第一に考えていることがわかります。

 

Project Galaxy(GAL)の価格推移

 

Project Galaxy(GAL)の直近の価格推移は以下のとおり。

最高値2334円を付けた後は、いったん落ち着き2022年5月21日現在では727円前後を推移しています。

今後のWeb3.0プロジェクトによるProject Galaxy(GAL)の活用や、仮想通貨全般の上昇トレンド転換などによりProject Galaxy(GAL)の価格上昇が期待できそうです。

 

Project Galaxy(GAL)のロードマップ

 

Project Galaxy(GAL)のロードマップは以下のとおりです。

 

2022年第2四半期

  • Galaxy DAO Launch
  • AutoDiscordAMA参加者のクレデンシャル作成のためのDiscordボット
  • キャンペーンジオフェンス機能の立ち上げ
  • GalaxyWebサイトのUIアップグレード

 

2022年第3四半期

  • アプリケーションモジュールダッシュボードV2の起動
  • クレデンシャルOracleLaunch
  • クレデンシャルデータタグシステムの立ち上げ

 

2022年第4四半期

  • クレデンシャルとキャンペーン作成の開始
  • プライベートクレデンシャルデータのサポート
  • Snapshot.orgOATキャンペーンプラグインの起動

 

まとめ:Project Galaxy(GAL)は将来性が期待できる銘柄

 

今回はProject Galaxy(GAL)について解説してきました。

Project Galaxy(GAL)はクレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクトであり、今後の需要増加による価格上昇が見込めます。

特にNFTを用いたキャンペーンの成功実績があることから、コミュニティの活性化を目的にProject Galaxy(GAL)を利用するプロジェクトが増える可能性が高いです。

Project Galaxy(GAL)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

繰り返しですが、Project Galaxy(GAL)を購入するためには海外取引所を使う必要があります。

Project Galaxy(GAL)に興味がある方は送金がスマホで簡単にできるコインチェックで無料で口座開設し、3,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 最短5分で口座開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5