CRYPTO

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

hedera_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)について詳しく知りたい。ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の概要
  • ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の特徴
  • ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の価格推移
  • ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の将来性
  • ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の創設者
  • ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)送金や分散型アプリケーション(DApps)の開発のために使用される暗号資産(仮想通貨)です。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の概要や特徴、将来性、そして購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の概要

hedera01

出典:hedera公式サイト

 

トークン名称 Hedera
シンボル HBAR
総発行枚数 50,000,000,000
価格(2022年5月23日時点) ¥13.28
時価総額(2022年5月23日時点) ¥275,455,362,924
公式サイト hedeta公式サイト

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)「インターネットのトラストレイヤー」とも呼ばれる、個人や企業が簡単に分散型アプリケーション(DApps)を作成できるようにするためのプラットフォームです。

 

従来のブロックチェーンで課題とされていた処理速度の低下や不安定さを解消し、より安定した効率的なシステムになるように開発されています。

 

2018年8月のICOで資金を調達し、その1年後の2019年9月にメインネットをローンチしました。ICOではプラットフォームのガバナンストークンであるHBARトークンを安価に購入することができました。

>>【初心者向け】仮想通貨のICOとは?仕組みや参加方法なども解説

 

HBARトークンは、Hederaエコシステム内で2つの役割を担っています。

 

1つめの役割はスマートコントラクト、ファイルストレージ、取引処理など、Hederaのシステムを動かすために使われます。

 

2つめの役割として、HBARのユーザーはトークンをステーキングして報酬を得ることができるため、ユーザーの保有率が高まりシステムの安定稼働につながります。

>>仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の特徴

hedera02

出典:hedera公式サイト

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の特徴については以下のとおりです。

 

  1. 独自のシステムを採用
  2. 高速処理・低コスト
  3. 複数のサービスを提供
  4. サステナブルである
  5. 新型コロナウイルス対策に採用

 

①独自のシステムを採用

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は他の暗号資産(仮想通貨)プロジェクトのように既存のブロックチェーン上に構築されているわけではありません。その代わりにHashgraphという独自のシステムを採用しています。

 

このシステムにより、速度、コスト、拡張性などを改善することが可能です。

 

②高速処理・低コスト


ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は高速処理・低コストであることも大きな特徴です。

 

処理能力は 10,000TPS以上にも上り、ビットコインが約3TPS、イーサリアムが約12TPSであることを考えると各段に速いことがわかります。

>>【初心者向け】ビットコインとイーサリアムの違いとは?特徴を解説

 

この処理能力はクレジットカード会社VISAの処理能力に匹敵すると言われています。

 

さらに、ビットコインの手数料は22.57ドル、イーサリアムの手数料は19.55ドルに対し、Hederaの手数料はわずか 0.0001 ドル程度と極めて安いのが特徴です。

 

③複数のサービスを提供

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)のプラットフォームでは、以下のとおり複数のネットワークサービスを提供しています。

 

  • 簡単にNFTを作成することができるトークンサービス
  • アプリやネットワークの承認サービス
  • Dappsを開発するためのスマートコントラクトツール
  • 分散型のファイルストレージサービス

 

このように多様なニーズに応えるサービスを提供しており、ユーザーの利便性が高いプラットフォームと言えます。

 

④サステナブルである

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は、環境に配慮したSDGsに適合した暗号資産(仮想通貨)です。

 

下の図はVISA、ビットコイン、イーサリアム、ヘデラの電力消費量などを比較した図です。

 

hedera表

出典:Can a Blockchain be Green?

 

図のとおりヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は電力消費量が突出して少ないことがわかります。

 

このように環境にも配慮した暗号資産(仮想通貨)であるため、今後のSDGsへ向けた世界的なニーズにも適合していると言えます。

 

⑤新型コロナウイルス対策に採用

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は新型コロナウイルス対策に活用されています。

 

蔓延が続く新型コロナウイルスのワクチンに関するデータの適切な管理のために、Hedera Hashgraphが使用されています。

 

新型コロナウイルスのワクチンは、厳格に保管する必要があります。もし不適切な保管がされたワクチンが接種された場合、ウイルスに対する抑止効果が期待できない上、副作用の影響もあります。

 

このようにワクチンの保管環境が適切であることを証明するために、Hedera Hashgraphが使われています。

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の将来性

hedera03

出典:hedera公式サイト

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. 高い実用性
  2. NFTの作成が可能
  3. 運営審議会による厳格な運営

 

①高い実用性

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)はその高い実用性から将来性が見込まれています。

 

DApps(分散型アプリケーション)はイーサリアムベースでの開発が活発に行われています。

>>【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

 

しかしイーサリアムは、スケーラビリティ問題(処理遅延・手数料高騰)という課題を抱えています。

 

そこで、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は安定した高速処理を低コストで提供し、この問題を解決しました。

 

そのため、高速処理が必要なDAppsや、コストを抑えてDAppsを開発する場合には、Hedera Hashgraphが選ばれる機会が増えていくはずです。

 

②NFTの作成が可能

 

ヘデラが提供するHedera Token Service(HTS)を活用することでNFTが簡単に作成できます。

 

NFTはここ最近でかなりの盛り上がりを見せており、各業界の企業がこぞってNFT・NFTアート分野に進出しています。

>>NFTアートとは?特徴や将来性、購入・販売方法から作り方まで解説!

 

今後もNFTの作成・販売のニーズは増え続けると見られており、ヘデラのネットワーク上でもNFTが作成できることから、ヘデラ利用者が増えると見込まれています。

 

ヘデラのネットワークは低コストで迅速にNFTが発行できるため、初めてNFTを始める初心者などにもヘデラが利用されることになり、ヘデラの知名度上昇につながります。

 

③運営審議会による厳格な運営

 

ヘデラハッシュグラフは運営審議会によって運営方針の意思決定を行っています。

 

この審議会には、20以上の組織・企業が参加しており運営方針を決定しています。

 

具体的な参加企業としては、GoogleやIBM、LGなどの世界的な有名企業、そして日本からは野村証券が参加しており関心の高さがうかがえます。

 

審議会メンバーは任期が決まっているため、定期的に参加企業が入れ替わり、透明性の高い組織運営が実現します。

 

このように外部からのメンバーを招き入れることによって、プロジェクトの公平性が保たれることから、安心して保有できる銘柄と言えそうです。

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の創設者

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の創設者

 

Hedera HashgraphはLeemon Baird博士Mance Harmon氏の2名によって開発されました。

 

Leemon Baird博士は、分散型コンセンサスアルゴリズム「ハッシュグラフ」の開発者であり、現在はHedera社のチーフ・サイエンティストに就任しています。

 

Hedera Hashgraphを開発する以前にBaird氏は様々なコンピューター工学とセキュリティ分野で10年以上の経験をつみ、さらにAcademy Center by Cyberspace Researchでシニアリサーチサイエンティストを歴任。また、DApps開発プラットフォームであるSwirlds Inc.の共同設立者兼CTOも務めています。

 

一方のMance Harmon氏はHederaのCEOであり、起業家としての顔も持っています。Harmon氏はITセキュリティの有名企業で20年間役員を務めています。Mance Harmon氏もLeemon Baird博士と同様に、Swirlds Inc.の共同設立者兼CEOです。

 

Hederaの開発チームは、創業メンバーとその他十数名の社員で結成されており、その多くが華麗なキャリアを持っています。

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の価格推移

仮想通貨RIFの価格推移

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

hederaチャート

 

2021年3月以降に新型コロナウイルス対策に活用されることが判明し、急上昇。

 

その後も新型コロナウイルスのニュースに併せてヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)が活用されることが報じられ、上昇トレンドを維持。

 

今後も新型コロナウイルス対策やSDGsへのニーズから需要も増すと考えられています。

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の購入方法

仮想通貨Augur(REP)の購入方法

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Hederaを購入する

 

そのため、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は今後需要が増える見込み

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は今後需要が増える見込み

 

今回は、仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)について解説しました。

 

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は新型コロナウイルス対策やSDGsのニーズなどから今後も注目され、価格上昇が予想されます。

 

2022年5月現在、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の価格は約13円と購入しやすい価格です。

 

格安の今のうちに試しに3万円分くらい購入しておくと、将来大きな利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5