MONEY

仮想通貨Hiveとは?概要・特徴や将来性、購入方法を解説

HIVE_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のHiveについて詳しく知りたい。Hiveの特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Hiveの概要
  • Hiveの特徴
  • Hiveの価格推移
  • Hiveの将来性
  • Hiveの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Hiveは会計監査から納品までの一連の流れを改善し、ブロックチェーンを活用して企業間の取引を効率化するためのプラットフォーム及びトークン(HVN)の名称です。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、Hiveの概要や特徴から、将来性、購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとHiveの概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Hive入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Hiveの概要

HIVE01

出典:Hive公式サイト

 

トークン名称 Hive
シンボル HIVE
総発行枚数 385,815,273Hive
2021年12月24日現在の価格 ¥187.23
2021年12月24日現在の時価総額 ¥72,235,140,249
公式サイト Hive公式サイト

 

2020年3月20日に発行されたHiveは、Delegated Proof of Stake(DPoS)プロトコルで構築されたブロックチェーンベースの金融台帳を作成する分散型情報共有ネットワークです。

 

Hiveは、さまざまなタイプの情報共有アプリケーションをサポートしています。無数のDapps、API、データ、取引、記録へアクセスでき、コンテンツクリエイター、消費者、投資家、建設業者などにとって重宝されています。

 

Hiveは、膨大な量のコンテンツを保存し、時間ベースのマネタイズに利用できるように開発されています。

 

利用例としては、コンテンツ制作者への報酬を収益化したソーシャルメディア、インタラクティブなゲーム、ID管理、投票システム、マイクロローンなどが挙げられます。

 

ブロックチェーンの性能は、通貨やプラットフォームの普及を念頭に置いて拡張できるように設計されています。光速の処理時間と手数料不要のトランザクションを組み合わせることで、Hiveは世界中の人々に利用される主要なブロックチェーン技術の一つになると位置付けられています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

仮想通貨Hiveの特徴

HIVE02

出典:Hive公式サイト

 

仮想通貨Hiveの将来性については以下のとおりです。

 

  1. 高速処理&低コスト
  2. スケーラビリティ
  3. 分散型プラットフォーム
  4. DPOSを採用

 

①高速処理&低コスト

Hiveは大量のトランザクションをサポートし、3秒の高速ブロックタイムと手数料不要のトランザクションを組み合わせています。

 

こうすることで、ほとんどのブロックチェーンネットワークだと処理が遅延してしまうような高度なシステムを構築するための理想的なプラットフォームとなります。

 

②スケーラビリティ

従来のスマートコントラクトネットワークの限界を超えるスケーリングを可能にするため、アプリケーションの負荷を異なるサイドチェーンに分散させて処理する方法を採用しています。

 

スケーリングの限界を緩和するために、アプリケーションの提案者は、ネットワーク内の他のアプリケーションからの混雑を心配することなく、必要に応じて追加のCPUリソースを第2層で割り当て、好みのアプリケーションに電力を供給することができ、なおかつ分散データの完全性を確保するために共通の第1層ブロックチェーンバックボーンの恩恵を受けることができます。

 

また、このスケーリング能力により、アプリケーション開発者にとってはユニークな競争環境となります。

 

③分散型プラットフォーム

Hiveは、分散化という共通の目標を信じたコミュニティメンバー、開発者、投資家といった様々な人々によって設立されました。

 

決まったチームもなければ、背後にいる企業もありません。Hiveは特定の管轄区域に拠点を置いておらず、世界中の多くの国にノード、ステークホルダー、コントリビューターが存在します。

 

④DPOSを採用

Hiveは、ソフトウェア開発とプロトコルのアップグレードの決定において、LISKやEOSと同様にDPOSコンセンサスプロトコルを採用し、分散型ガバナンスを採用しています。

>>仮想通貨EOS(イオス) とは?概要や特徴、今後の展望を紹介

>>【仮想通貨】リスク(LSK/Lisk)とは?特徴や今後の展望を解説

 

ステークホルダーによる投票を用いて、プロトコルを変更することに同意するための代表者を選出し、民主的な組織運営をする一方で、第2層のアプリケーションは自由度の高いテクノロジーを採用しています。

 

すべてのプロトコルの変更は、高い透明性の環境を通じて提案、開発、準備、実施されます。また、開発開始から最終的なリリースに至るまで、完全にオープンソースです。

 

仮想通貨Hiveの将来性

HIVE03

出典:Hive公式サイト

 

仮想通貨Hiveの将来性については以下のとおりです。

 

  1. 様々なアプリケーションとの互換性
  2. 改良を継続
  3. 初期投資が不要

 

①様々なアプリケーションとの互換性


Hiveでは、クロスプラットフォームやアプリケーションの統合が本質的にシンプルです。HiveではカスタムJSON(JavaScript Object Notation)で操作することができ、様々なテキストデータをエンコードしてDappsを開発可能です。JSONは現代のアプリケーションの大部分で一般的に使用されており、事実上すべてのアプリケーションと互換性があります。

 

つまり、ほとんどのアプリケーションがHiveブロックチェーンを利用することができます。カスタムJSONは、ダンプの明確なニーズに合わせてカスタマイズされた、変更可能なデータベースとして機能します。どんなデータでも文字列に含まれる可能性のあるものを一度にエンコードすることができます。

 

ユーザーが追加で公開する必要があるアプリの識別子は、特定のトランザクションの一部としてカスタムJSONで処理が可能です。

 

ブロックチェーンをリアルタイムで監視するスクリプトやHiveの柔軟性データストレージと簡単な統合により、実質的にあらゆる要件に対応することができます。

 

②改良を継続

 

Hiveは、広くバリアフリーな統合を促進するために今後も改良を続けていく予定です。 Hiveは設計上、スケーラブルで柔軟なブロックチェーンであり、大規模なデータベースをサポートできるように装備されています。

 

ほぼリアルタイムの取引が可能で、スピードを必要とするあらゆる用途に適応できるため他のブロックチェーンより優位性があります。

 

階層化されたレイヤーを活用することで、Hiveが有機的に成長しながら管理可能な速度で拡張することができます。

 

③初期投資が不要


Hiveを利用するための初期投資は不要です。

 

ユーザーはアカウント作成後すぐHiveに接続されたDappsを利用して取引を開始することができます。

 

テキストコンテンツの投稿と、それを通じた交流によってステーキングのような形で報酬を得ることが可能です。

>>仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

 

また、ブロックチェーンを外部消費者向けのデータ台帳として活用することもできます。

 

仮想通貨Hiveの価格推移

仮想通貨Hiveの価格推移

 

仮想通貨Hiveの直近1年のチャートを見てみましょう。

 

HIVEチャート

 

2021年11月に500人の次世代ビットコインマイナーの注文を確保価格したため、急上昇。

 

その後価格は一旦落ち着いて推移しています。

 

今後もブロックチェーンを活用した分散型台帳の需要は高まると見られており、Hiveの需要も増すと見られています。

 

仮想通貨Hiveの購入方法

仮想通貨Polymath(POLY)の購入方法

 

Hiveは国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でHiveを購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Hiveを購入する

 

そのため、Hiveを購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Hiveは今後需要が増える見込み

Polymath(POLY)

 

今回は、仮想通貨Hiveについて解説しました。

 

ブロックチェーンを活用した分散型台帳を作成するプラットフォームとして今後も注目され、ユーザーが増えることが予想されます。

 

2021年12月現在、Hiveの価格は約187円と購入しやすい価格です。

 

Hive価格

 

今のうちにお試しで3万円分くらい購入しておけば、将来利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Hiveは海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Hiveの将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

この記事を読んだ97%の人がページを閉じて行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら無料で口座開設をして一歩を踏み出しましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5