※本サイトにはプロモーションが含まれます

CRYPTO

仮想通貨Injective(INJ)とは?特徴・買い方、将来性について徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のInjective(INJ)について詳しく知りたい。Injective(INJ)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Injective(INJ)の概要
  • Injective(INJ)の特徴
  • Injective(INJ)の買い方
  • Injective(INJ)のチャート・価格推移
  • Injective(INJ)の将来性
  • Injective(INJ)の今後の価格予想
  • Injective(INJ)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Injective(INJ)はブロックチェーン技術の分散性を利用して金融界の問題を解決することを目的としたプロジェクトです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、Injective(INJ)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでInjective(INJ)に関する理解が深まるはず。

なお、Injective(INJ)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要です。

少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Injective(INJ)の概要

名称 Injective(INJ)
時価総額 80位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2023年4月時点) ¥933.82
時価総額(2023年4月時点) ¥74,710,589,535
公式サイト Injective(INJ)公式サイト

Injective Protocolプロジェクトは、分散型の通貨交換ネットワークを実現することを目的としています。

このプロジェクトは、INJトークンを保有している人たちだけで運営される取引所であるため、中央の統治機関は存在しません。

Injective Protocolプロジェクトは、2020年にパブリックオファリングを経て正式にスタートし、業界の名だたる企業がバックアップしていました。

また、Injective Chainは、このプロジェクトの基盤となるもので、完全に分散化された注文台帳をホストしています。

このプラットフォームには、双方向のトークンブリッジが組み込まれており、Ethereumエコシステムとリンクしています。

Ethereum仮想マシン(EVM)の要素を採用しており、ブロックチェーンプロジェクトの基盤としての役割を果たしています。

 

Injective(INJ)の特徴

Injective(INJ)の特徴は以下のとおり。

  1. クロスチェーン対応
  2. DAOによる運営
  3. 低コスト・高速処理
  4. 誰でも利用可能
  5. 供給量が多い

それぞれ解説します。

 

①クロスチェーン対応

Injective Protocolは、異なるブロックチェーン間のトークン交換を可能にするクロスチェーントランザクションに対応しています。

これは、ブロックチェーン技術が異なるプロトコルやアルゴリズムを使用しているため、互換性のないブロックチェーン間でトークンを取引することができるようにする革新的な技術です。

たとえば、BitcoinとEthereumは、異なるブロックチェーン技術を使用しています。

Injective Protocolのクロスチェーン技術を使用すると、Bitcoinで取引されるトークンをEthereum上で取引することが可能になります。

このような技術は、従来の中央集権型取引所がない場合でも、トークンの交換が可能になります。

これにより、より広範なユーザー層にとって、より安全かつ効率的なトークン取引が可能となります。

 

②DAOによる運営

Injective(INJ)は、コミュニティ主導のDAO(分散型自治組織)によって運営されています。

>>仮想通貨のDAO(自律分散型組織)とは?概要やメリット・デメリットを徹底解説

そのため、ユーザーが自由にプロジェクトの意思決定に参加し、Injectiveの発展に貢献することができます。

また、このDAOは、プロジェクトの透明性を高め、取引所の安全性を確保することにも貢献しています。

Injectiveの運営には、ガバナンストークンであるINJトークンが利用されます。INJトークンを保有している人々は、DAOに参加してInjectiveの運営に関わることができます。

INJトークンを保有することで、取引所の方向性や新機能の導入について意見を述べることができます。

また、INJトークンを利用することで、取引手数料の割引やステーキング報酬の受け取りが可能になります。

Injectiveは、従来の中央集権型取引所とは異なり、完全に分散化された取引所として、ブロックチェーン技術の利点を最大限に生かしています。

コミュニティ主導のDAOによる運営は、取引所の透明性や安全性を高めるだけでなく、ユーザーがプラットフォームの発展に貢献することができるようにもなっています。

 

③低コスト・高速処理

Injective(INJ)は、イーサリアムに比べて手数料が安く、高速に取引を処理できます。

最近では、イーサリアムの手数料の高騰や取引の遅延が問題視されていますが、Injectiveは2層プロトコルを採用しているため、これらの問題を解決することができます。

2層プロトコルとは、Injective Chainと呼ばれる独自のブロックチェーンとEthereumの2つのレイヤーで構成される仕組みです。

この仕組みによって、Injective上での取引はEthereumよりも高速で手数料が安くなります。

Injectiveのこの特徴により、新たな利用者が増えることが期待されます。

 

④誰でも利用可能

Injective(INJ)ブロックチェーンは誰でも利用可能であり、非中央集権性を実現しています。

このプロトコルにより、投資の規模に関係なく、誰もが同じレベルの影響力とパワーを持つことができます。

Injective(INJ)ブロックチェーンを利用することで、様々なデリバティブやCFDなどの取引が可能となります。

Injective Protocolは、取引所と取引の世界を分散化する革新的な技術を導入し、利益を確保するための方法で運営されています。

メイカーとテイカーがINJトークンで取引手数料を支払うことで、プラットフォームが分散して機能することができます。

そのため、誰もがこのプラットフォームを利用し、その恩恵を受けることができます。

 

⑤供給量が多い

Injective Protocol(INJ)トークンは、総供給量が100,000,000で、現在は約15,406,012 INJトークンが市場に流通しています。

ホワイトペーパーによると、トークン発行時にはノードがブロックチェーン上の取引を検証するために必要な報酬を得るために、インフレが発生しました。

現在のインフレ率は7%で、時間が経つにつれて徐々に減少し、最終的には2%に落ち着く予定です。

INJトークンの配布は、損益の集計に基づいて行われます。つまり、保有しているINJトークンの量が多いほど、再分配されるトークンの量が多くなり、ウォレットに入る金額が増えるという仕組みです。

これにより、取引所の分散性が確保され、プラットフォームの利用者が公平に報酬を受け取ることができます。

また、INJトークンは、投資家がInjective Protocolの成長に参加するための手段でもあります。

INJトークンを保有することで、取引所の開発や機能の改善に貢献することができます。

保有者はまた、投票や提案を通じてプラットフォームの運営に直接参加することもできます。

これにより、プラットフォームの方向性や戦略について、コミュニティがより大きな影響力を持つことができます。

 

Injective(INJ)の買い方・購入方法

Injective(INJ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

Injective(INJ)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでInjective(INJ)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでInjective(INJ)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでInjective(INJ)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Injective(INJ)のチャート・価格推移

Injective(INJ)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年10月~12月

Injective(INJ)の2022年10月から12月にかけての価格推移は、11月から12月にかけての急激な上昇が特徴的でした。

10月の終わりから11月の初めにかけて、INJの価格は横ばいで推移していました。しかし、11月上旬に急激な上昇を始め、11月中旬には過去最高値を更新しました。

この上昇は、INJがグローバルな仮想通貨市場で注目されたことによるものでした。

一方、12月に入ると、価格は急落し、月末には11月の高値を下回る水準まで落ち込みました。

この急落は、仮想通貨市場全体が下落したことによるものであり、INJはこのトレンドに追随しました

。最終的に、12月31日にINJの価格は、12月初めに比べてわずかに下落し、167.24円となりました。

 

②2023年1月~3月

Injective(INJ)の価格は2023年1月から3月にかけて大きく上昇し、3月末には1月の価格よりも約40%上昇したことがわかります。

この上昇の背景には、InjectiveがNFTの分野で注目を浴びたことが挙げられます。

Injectiveは、DeFiにおける様々な問題を解決するために設計された分散型取引プラットフォームで、高速かつ安全な取引が可能です。

Injectiveはまた、クロスチェーンの取引を可能にするために設計されており、他のプラットフォームと比較して柔軟性が高く、アプリケーションの多様性も提供しています。

このような特徴が、NFT分野でのInjectiveの需要を高め、価格上昇につながったと考えられます。

また、Injectiveのテクノロジーが他の分野でも注目を集めていることも、価格上昇の要因の一つとして挙げられます。

さらに、Injectiveの開発者たちは、新しい機能やアップグレードを継続的に発表しており、これらのニュースも価格上昇につながったと考えられます。

以上のような要因により、Injectiveの価格は上昇し、NFT分野を中心に投資家たちの関心を集めています。

 

③2023年4月~

Injective(INJ)は4月の初め頃から値動きが激しく、最高価格と最低価格の差が大きい動きをしています。

例えば、4月3日には急上昇し、最高値を記録しました。

その後、価格は下落し、4月8日には安値を記録しましたが、再び価格が上昇し、4月19日には最高値を更新しました。

この価格変動の原因は、市場全体の価格変動によるものだと考えられます。

ただし、INJは独自の価格変動要因を持っているため、市場全体とは異なる動きをすることもあります。

 

Injective(INJ)の将来性

続いて、Injective(INJ)の将来性について解説します。

  1. DeFi需要の増加
  2. 利用ユーザーの増加
  3. デリバティブ市場の成長

それぞれ解説します。

 

①DeFi需要の増加

ここ最近ではWeb3に対する注目が高まっていることから、DeFi市場は今後ますます拡大していくと予測されています。

このような状況の中で、Injective Protocolは大きな成長を遂げることが期待されています。

Injective Protocolは、ユーザーが自由に金融市場を作成し、トレードを活発化させることができる分散型取引プラットフォームです。

このような特徴から、多くのユーザーが利用することが予測され、INJの価格にも良い影響が反映されるでしょう。

 

②利用ユーザー数の増加

Injective Protocolは、使用用途に合わせた取引環境を構築できるため、利用ユーザー数が増加する見込みです。

この柔軟性により、各種アプリケーションの構築に対応でき、ディセントラルアプリケーション(DApps)の開発にも役立ちます。

また、Injective Protocolは、イーサリアムベースで稼働しており、イーサリアム上で稼働する他のシステムとの互換性が高いことが特徴の一つです。

そのため、Injective Protocolのシステムを利用することで、スマートコントラクトや他のDAppsとの連携も容易に行えます。

Injective Protocolが使用するINJトークンは、主に取引手数料の支払いに使用され、また、取引環境内での投票権も与えられます。

これにより、ユーザーは自由に金融市場を作成し、取引を活発化させることができます。

今後、Web3の注目度が高まることに伴い、Injective Protocolの成長にも期待が集まっています。

Injective Protocolが提供する柔軟性や互換性の高さは、多くのユーザーの利用を獲得し、成長につながる要因の一つとなるでしょう。

 

③デリバティブ市場の成長

デリバティブ市場とは、株式や債券などの金融商品の価格変動リスクを取引対象とする市場のことを指します。

仮想通貨取引においても、ビットコインやイーサリアムなどの価格変動リスクを取引対象とするデリバティブ市場が成長しています。

Injective Protocolは分散型取引所として、デリバティブ商品の取引が可能です。

これにより、ユーザーは価格変動リスクに対するヘッジが可能となり、投資戦略の多様化が促進されます。また、デリバティブ市場の成長に貢献することができるため、Injective Protocol自体の成長にもつながると考えられます。

Injective Protocolが提供する取引環境は、スマートコントラクトなどのシステムを利用できるため、より高度なデリバティブ商品の取引も可能となっています。

そのため、今後多くのデリバティブトレーダーが利用する可能性があります。

 

Injective(INJ)の注意点とリスク

Injective(INJ)の注意点やリスクは以下のとおり。

  1. 競合プロジェクトが多い
  2. 海外取引所は安全性が未知数
  3. ARB人気に乗じた詐欺に注意

それぞれ解説します。

 

①競合プロジェクトが多い

イーサリアムのレイヤー2ソリューションは、以下のように多数の競合プロジェクトが乱立しています。

  • Polygon(ポリゴン)
  • Optimism(オプティミズム)
  • ImmutableX(イミュテイブルX)
  • dYdX(DYDX)
  • Boba Network(ボバネットワーク)
  • zkSync(ジーケーシンク)
  • Aztec(アステカ)
  • Stark Net(スタークネット)

このように競合多いため、競争が激化した場合はInjective(INJ)が遅れを取る可能性があります。

 

②海外取引所は安全性が未知数

現在、Injective(INJ)は日本の国内取引所では取り扱われておらず、購入するには海外取引所を利用する必要があります。

しかし、これらの海外取引所は、日本の法律に基づいて認可されていないため、利用する際には、リスクがあることを事前に十分に理解しておく必要があります。つまり、何らかのトラブルが発生する可能性があり、取引所に預けた資産が返ってこなくなる可能性があります。

これは、日本の法律が海外取引所を管理・監督することができないために起こる問題です。また、海外取引所には、日本の取引所と比べてセキュリティが脆弱な場合があるため、資産を預ける場合にはリスクが高くなることもあります。

そのため、海外取引所を利用する際には、十分な情報収集とリスク管理が必要です。安全性を確保するためには、複数の取引所を利用することが推奨されます。また、投資の前には、リスクを十分に理解してから行うことが重要です。

 

③ARB人気に乗じた詐欺に注意

Injective(INJ)の人気に乗じた詐欺が報告されているため、十分に注意しましょう。

以下は、注意すべき詐欺の種類です。

 

1.偽のInjective(INJ)トークンを販売する詐欺

Injective(INJ)トークンは、Injective(INJ)から発行されており、一部の取引所でのみ取引が可能です。

偽のInjective(INJ)トークンを販売する詐欺があるため、公式取引所以外での購入には注意が必要です。

 

2.詐欺的な投資プロジェクト

Injective(INJ)の人気に乗じた詐欺的な投資プロジェクトがあります。

これらのプロジェクトは、高いリターンを約束し、投資家から資金を募りますが、実際には詐欺であり、投資家は資金を失う可能性があります。

 

3.フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、偽のウェブサイトを作成し、ユーザーの個人情報を盗む手法です。

Injective(INJ)に関連するサイトやアプリを使用する際は、公式サイトや公式アプリを使用するようにし、偽のサイトには注意しましょう。

これらの詐欺から自分を守るためには、公式の情報源からのみ情報を収集し、公式取引所でのみInjective(INJ)トークンを購入するようにし、投資に関しては信頼できる情報源を確認することが重要です。また、不審なメールやリンクには注意し、個人情報を入力しないようにしましょう。

 

Injective(INJ)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトによると、AIを使ったInjective(INJ)の今後の価格予想は以下のとおり。

年度 最低価格(円) 平均価格(円) 最高価格(円)
2023 1174.6 1468.6 1762.6
2024 2155.4 2448.6 2743.6
2025 3134.6 3427.2 3720.9
2026 1297.3 4407.2 4690.1
2027 5083.3 6787.2 7119.8
2028 6071.8 6362.1 6669.8
2029 7051.8 7346.2 7619.8
2030 8032.4 8324.4 8603.8
2031 9010.4 9304.4 9591.6

2031年には約9300円程度まで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

最近ではビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

>>中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは?仮想通貨との違いやメリット・デメリットを徹底解説

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

Injective(INJ)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

今後の仮想通貨の需要増加によりInjective(INJ)も成長していくでしょう。

 

Injective(INJ)に関するよくある質問

最後にInjective(INJ)に関するよくある質問に答えます。

  1. Injective(INJ)は国内取引所で買える?
  2. Injective(INJ)はステーキングできる?
  3. Injective(INJ)の発行上限はどのくらい?
  4. Injective(INJ)は安全なの?
  5. Injective(INJ)の創設者は?

順番に回答します。

 

①Injective(INJ)は国内取引所で買える?

Injective(INJ)は国内取引所では購入できません。

Injective(INJ)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Injective(INJ)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Injective(INJ)の発行上限はどのくらい?

Injective(INJ)の発行上限は100,000,000INJです。

そのため、上限があるため価値があがりやすい通貨として注目が集まっています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④Injective(INJ)は安全なの?

Injective(INJ)ネットワークはプルーフオブステーク(PoS)のコンセンサスメカニズムを採用しているため、高い安全性を誇っています。

これにより、マイニングに必要な電力を使用することなく、ネットワークの運営が可能となります。

また、PoSは、ユーザーが所有するINJトークンの数量に応じてブロックを生成するため、より多くのトークンを持っているユーザーほど重要な役割を果たすことができます。このため、ネットワーク全体の安全性を高めることができます。

さらに、Injectiveは、Ethereumブロックチェーンの仕組みを利用するために、Ethereumと同様のセキュリティ保護を享受することができます。

このため、Injectiveは、分散型アプリケーション(DApps)を開発する際に使用されるEthereumのスマートコントラクト技術を活用して、ネットワークの安全性を強化することができます。

Injectiveは、セキュリティを最優先に考えているため、ネットワークに新しい機能を追加する前に、セキュリティレビューを実施しています。

これにより、ネットワーク全体の安全性を高めることができます。

 

⑤Injective(INJ)の創設者は?

Injective Protocol社はEric Chen氏によって創設されました。

彼はニューヨーク大学スターン校で金融理学士号を取得し、2014年にプロのキャリアをスタートさせました。

AXA Advisorsでアナリストとして働いた後、2017年にInnovating Capitalの研究員に就任しました。

その1年後、Eric Chen氏はAlbert Chon氏とともにInjective Protocolを共同設立しました。

Injective Protocol社は、分散型取引所であり、さまざまなデリバティブ商品の取引が可能です。Eric Chen氏は、この分野の専門家であり、デリバティブ市場に精通していることが知られています。

Albert Chon氏は、Injective Protocol社のCTOであり、2018年から在籍しています。

彼はスタンフォード大学でコンピューターサイエンスの修士号を取得し、2017年にはLinc Globalのフルスタックエンジニアとして働いていました。

その後、Amazonでソフトウェア開発エンジニアの職に就きましたが、Eric Chen氏とInjective Protocolを設立することになりました。

Albert Chon氏は、分散型取引所の設計、開発、実装に深い知識を持っており、分散型取引所技術の専門家として認知されています。

Eric Chen氏とAlbert Chon氏は、両名とも分散型取引所におけるトレードオフとセキュリティに精通しており、INJの安全性に重きを置いた設計に取り組んでいます。

その結果、Injective Protocol社は、高度に安全な取引所を提供することができるようになりました。

両者の専門的な知識やスキルは、分散型取引所業界で高く評価されており、INJの成功に大きく貢献しています。

 

まとめ:Injective(INJ)は将来性が期待できる銘柄

今回はInjective(INJ)について解説してきました。

Injective(INJ) はレイヤー2ソリューションプラットフォームであり、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Injective(INJ)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

Injective(INJ)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5