CRYPTO

仮想通貨のレバレッジ取引とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

crypto

 

悩んでいる人
仮想通貨のレバレッジ取引について詳しく知りたい。仮想通貨のレバレッジ取引のメリット・デメリットも知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨のレバレッジ取引とは
  • 仮想通貨のレバレッジ取引のメリット
  • 仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット
  • 仮想通貨のレバレッジ取引のやり方
  • 仮想通貨のレバレッジ取引ができる取引所
  • 仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの銘柄
  • 仮想通貨レバレッジ取引時のポイント
  • 仮想通貨のレバレッジ取引に関するQ&A
  • 仮想通貨のレバレッジ取引まとめ

 

本記事の信頼性

筆者は実際に仮想通貨を運用中。さらに、仮想通貨に関する情報発信ブログで月300万ほどの収益を得ており、その経験を基にこの記事を執筆しています。

 

仮想通貨のレバレッジ取引は少ない元手でも大きな利益を狙える投資法です。

今回は仮想通貨の情報発信ブログで月330万の利益を得ている僕が、仮想通貨のレバレッジ取引について具体的に解説します。

この記事を読むと仮想通貨のレバレッジ取引が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、安全な暗号資産(仮想通貨)に投資したい方はコインチェックがおすすめです。

仮想通貨を500円から購入することができ、アプリは初心者でも直感的に使いやすいため安心です。

口座開設は無料なのでこの機会に登録しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

もくじ

仮想通貨のレバレッジ取引とは

仮想通貨のレバレッジ取引とは口座に預け入れた証拠金を担保にして、証拠金よりも大きな金額を取引することができる仕組みです。

これにより、元手が少ない状態でも証拠金を膨らませることで、投資の収益を高めることができます。

例えば、資金100万円に対して5倍のレバレッジをかけると、500万円分の仮想通貨が取引できるようになります。

そのため、同じ金額の取引でも利益を大きくすることができる点がメリットと言えます。

ただし、仮想通貨のレバレッジ取引にはリスクが伴います。証拠金を担保にして取引するため、証拠金よりも大きな損失が生じる可能性があります。

仮想通貨のレバレッジ取引をする場合は、自分が承受できるリスクの範囲内で取引することが大切です。

また、仮想通貨のレバレッジ取引では、証拠金が不足して取引を続けることができなくなる「ロスカット」が発生することがありますので、その点も注意が必要です。

 

仮想通貨のレバレッジ取引のメリット

暗号資産(仮想通貨)ホワイトリストの登録条件

仮想通貨のレバレッジ取引のメリットは以下のとおり。

  1. 少ない元手から利益が狙える
  2. 下落相場でも利益を出せる
  3. 24時間いつでも取引可能

それぞれ解説します。

 

①少ない元手から利益が狙える

レバレッジ取引は預け入れた証拠金を担保にして証拠金よりも大きな金額を取引できるため、少ない元手から利益が狙えます。

また、レバレッジ倍率が高い海外取引所を使うことで、さらに大きな金額を動かすことができるようになります。

ただし、レバレッジ取引はリスクが高い取引方法であることも覚えておく必要があります。

資産の価値が下落する場合には、証拠金を返済することができず、損失を被る可能性があるためです。

そのため、レバレッジ取引を行う際には、リスクを理解した上で、自己責任で行うようにすることが重要です。

 

②下落相場でも利益を出せる

レバレッジ取引は売り注文にも使えるため、下落相場でも利益を出すことができます。

現物取引の場合、仮想通貨の価格の下落相場では利益を出すことができません。逆に損失が出る可能性もあります。

しかし、レバレッジ取引であれば下落相場にあえて売り注文を出すことで、値下がり幅に対して利益を得ることも可能になります。

したがって、レバレッジ取引では価格が下がる場合でも上がる場合でも、自分が予想した方向に取引をすることができるため、取引チャンスが広がります。

 

③24時間いつでも取引可能

仮想通貨のレバレッジ取引は24時間いつでも取引可能です。

仮想通貨は仮想通貨やブロックチェーン技術を活用して、分散型で取引される資産です。そのため、取引所が休業しているということがありません。

一方、株式や為替などの金融商品は、物理的な市場や取引所があるため、取引ができる時間帯が限定されます。日本株の取引は基本的に日中のみ行われますし、為替は平日のみ取引されます。

このように、仮想通貨のレバレッジ取引は日中や平日だけでなく、土日も含めて24時間365日行われることが特徴です。

仮想通貨を取引する場合は日本株や為替などのように、取引ができる時間帯に限定されることがありません。

そのため、いつでも自分が好きな時に自由に取引ができるため、チャンスを逃さずに利益を得ることができるようになります。

 

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット

仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来性

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリットについても理解しておきましょう。

  1. 損失が大きくなる可能性がある
  2. 価格変動によるリスクがある
  3. 手数料が発生する

それぞれ解説します。

 

①損失が大きくなる可能性がある

レバレッジ取引は高いリターンを期待できる取引方法ですが、同時にリスクも高く、判断が誤ると損失が大きくなる可能性があります。

特に、仮想通貨は値動きが激しいため取引には慎重に取り組むことが必要です。

資産を取り返そうとするような焦りを持たず、慎重な取引を心がけましょう。

油断すると、思わぬ損失を被ることがありますので、注意が必要です。

 

②価格変動によるリスクがある

仮想通貨は株式や為替などの金融商品と比較しても、価格の変動が非常に激しい商品です。

つまり、短期間で高い利益を得ることができる一方で同様に損失も大きくなる可能性があります。

そのため、仮想通貨を取引する場合はリスクを十分に踏まえた上で取引を行う必要があります。

さらに、レバレッジ取引をする場合は借りた資金を使って取引を行うことで、自分が持っている資金を上回る取引をすることができます。

しかし、レバレッジを掛けることで、価格の変動によるリスクが倍増するため、価格の変動による損失も大きくなる可能性があります。

そのため、レバレッジ取引をする場合は、より慎重に取引を行う必要があります。

仮想通貨を取引する場合は、常にリスクを踏まえた上で取引を行うことが必要です。

特に、レバレッジ取引をする場合は、価格の変動によるリスクを十分に理解した上で、自分に適した取引を行うことが重要です。

 

③手数料が発生する

レバレッジ取引を行う場合は手数料が発生します。

具体的には以下の手数料です。

  • レバレッジ手数料:ポジションを保有していると発生する手数料
  • ロスカット手数料:ロスカット時に発生する手数料

特に、証拠金が不足するとすぐにロスカットが発生します。

ロスカットとは、借りた資金を返すことができず取引を強制的に手仕舞わなければならない状況のことを指します。

つまり、証拠金が不足した場合には借りた資金を返すことができず、取引が強制的に決済されることを意味します。

証拠金が不足すると、取引を強制的に手仕舞わなければならないだけでなく、自分が保有している資産も損失する可能性があります。

そのため、レバレッジ取引をする場合は十分な証拠金を入金しておくことが重要です。

 

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方について解説します。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設する
  2. 口座に入金する
  3. 売買注文をする
  4. 取引を決済する

順番に説明します。

 

①仮想通貨取引所で口座開設する

まずは仮想通貨取引所の開設を行います。

仮想通貨取引所を開設するには、まず、取引所の公式ホームページにアクセスして、必要事項を入力して申し込む必要があります。

申請内容は個人情報やメールアドレスなどが含まれます。申し込みが完了したら、取引所はアカウントの登録を審査します。

通常、誰でもアカウントを作成できますが、特殊な事情がある場合は審査の際に制限がかかることがあります。

アカウントを作成する前に必要事項を確認することで、問題が起きないようにすることが重要です。

レバレッジ取引を始める際のおすめはビットフライヤーです。レバレッジ2倍に対応しており、初心者でも簡単にレバレッジ取引が可能です。

口座開設は無料なのでサクッと口座開設しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

②口座に入金する

口座開設が完了したら、次に口座へ入金します。

入金額は基本的に1~1,000円単位で可能ですが、取引所によって最低入金額が異なります。

少額で始めたい方は、1円から仮想通貨が購入できるビットフライヤーを使いましょう。

すぐに取引をしたい場合はある程度の金額を入れておくことをおすすめします。

入金方法としてはたいてい取引所の場合、銀行入金・コンビニ入金・クイック入金などに対応しています。

取引所によって口座への入金反映の時間が異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

③売買注文をする

入金が完了したら、レバレッジを選択して売買注文を行います。

注文は自分が好きな銘柄を選べばOKで、最初は買い注文で取引に慣れておくのが良いでしょう。

取引出来る銘柄は取引所によって違うので、自分が取引したい銘柄を取り扱う取引所で口座を開設しておくと良いかと。

 

④取引を決済する

注文が通ったらどこかのタイミングで取引を決済しましょう。

自分の好きなタイミングで決済を完了させた時点で、利益や損失が確定します。

決済するタイミングで利益が出るか損失となるかが分かれるので、決済は慎重に行う必要があります。

決済は24時間いつでもできるので、焦らずに時間をかけてタイミングを計りましょう。

 

仮想通貨のレバレッジ取引ができる取引所

仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を2つご紹介します。

  1. ビットフライヤー
  2. GMOコイン

それぞれの特徴を解説します。

 

①ビットフライヤー

bitflyerlogo

取扱通貨 BTC、ETH、ETCなど
手数料 販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
販売所最低取引量 0.00000001BTC
取引所最低取引量 0.001BTC
取引通貨種類 14種類

ビットフライヤーは、2014年から続く仮想通貨取引所で、他の取引所に比べて長い歴史を持っています。

ビットフライヤーの主な特徴は以下のとおり。

  • 各種取引手数料が無料
  • ハッキングの被害無し
  • 1円から購入可能
  • 最短10分で口座開設
  • Tポイントをビットコインに交換
  • 自動で積立購入できる
  • ビックカメラで使える

ビットフライヤーでは、取引手数料と入金手数料が無料であり、1円から暗号資産(仮想通貨)を購入することができるので、まずは暗号資産(仮想通貨)を初めてみたいという方におすすめです。

 

\暗号資産を 1円から購入可能/

ビットフライヤーで口座開設する

 

 

②GMOコイン

GMOコインTOP

取扱銘柄 BTC、ETH、BCHなど
手数料 販売所:スプレッド
取引所:Maker-0.01%・Taker0.05%
販売所最低取引量 0.00001BTC
取引所最低取引量 0.0001BTC
取引通貨種類 20種類

GMOコインは、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っており、信頼性のある取引所です。

GMOコインの主な特徴は以下のとおり。

  • 国内最大級の取扱銘柄数
  • 各種手数料0円
  • 信頼と実績のGMOインターネットグループ
  • 堅牢なセキュリティ、管理体制
  • 最短10分で取引開始
  • 豊富な取引スタイル
  • 取引ツールも充実

「取引手数料」「出金・入金手数料」「送金手数料」が全て無料となっており、低コストで取引を始めることが可能です。

また、最大2倍までのレバレッジにも対応しており、高すぎない倍率の設定から、安心して取引を行うことができます。

 

\ 取引手数料無料/

GMOコインで口座開設する

 

コインチェックもおすすめ

取扱通貨 BTC、XRP、ETH等
手数料 取引所:0%
販売所最低取引量 円建てで500円相当額
取引所最低取引量 0.005BTC
(円建てで500円相当額)
取引通貨種類 18種類

コインチェックは一部上場企業「マネックスグループ」の子会社で、信頼性のある取引所です。

取り扱い通貨数も豊富であることが特徴です。主な特徴は以下のとおり。

  • 取り扱い通貨数が国内最大級
  • 取引画面が使いやすい
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得
  • 暗号資産交換業で初めてカスタマーサポート対応において最高評価の三つ星を獲得
  • サービスが多様

各種手数料もほとんどが無料で、500円から暗号資産(仮想通貨)を購入することが可能です。

画面も非常にわかりやすく、初心者におすすめの取引所と言えるでしょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの銘柄10選

仮想通貨

仮想通貨のレバレッジ取引におすすめの銘柄を紹介します。

将来性が有望なこれから伸びる可能性が高い仮想通貨は以下の10銘柄です。

  1. XRP(リップル)
  2. LTC(ライトコイン)
  3. ENJ(エンジンコイン)
  4. RAY(レイディウム)
  5. IOST(アイオーエスティー)
  6. ENJ(エンジンコイン)
  7. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  8. XLM(ステラルーメン)
  9. DOT(ポルカドット)
  10. ATOM(コスモス)

それぞれの概要を解説します。

 

①XRP(リップル)

リップル(Ripple)とは、2012年にアメリカ合衆国で設立された仮想通貨プロジェクトです。

分散型台帳技術(DLT)を採用し、世界中の法定通貨や仮想通貨を瞬時に交換することができるプラットフォームを提供しています。

決済や金融サービスの業界向けに特化した仮想通貨であり、速さや安定性、そして低コストを特徴としています。

また、リップルは自社の仮想通貨である「XRP」を採用しており、これを利用することで、異なる通貨間の相互決済が可能になります。

この機能により世界中の法定通貨や仮想通貨を瞬時に交換できることから、金融業界や決済業界から高い評価を受けています。

さらにリップルは、世界最大級の決済ネットワーク「SWIFT」と提携しており、業界内でも注目を集めています。

XRP(リップル)の買い方については、【初心者向け】仮想通貨リップル(XRP)とは?特徴や今後の動向を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②LTC(ライトコイン)

ライトコイン(LTC)は、2011年10月にビットコイン(BTC)をベースに、元GoogleのCharlie Lee氏によって開発された仮想通貨です。

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)が抱えていた、取引処理速度が遅延してしまう問題などを解決するために開発されました。

ビットコイン(BTC)よりも手軽に使いやすくするため、送金速度をビットコイン(BTC)の4倍にまで向上させていることが大きな特徴です。

ライトコイン発行上限はビットコインの4倍の 8,400万枚で設定されています。

ライトコインを取り扱っている取引所はコインチェックGMOコインなどであり、日本ではまだ認知度が低い状況ですが、今後認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

ライトコインの買い方については、【仮想通貨】ライトコイン(LTC)とは?概要や特徴、将来性を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③ENJ(エンジンコイン)

エンジンコインは、2009年創業のシンガポールの企業「Enjin」が運営するブロックチェーンプラットフォームの「Enjin Platform」で発行される仮想通貨です。

時価総額は2022年12月2日現在で、265,941,891,777円。ランキングは100位以内とかなりの人気。

上場当初は90位前後だったので、NFTが注目され始めて以降に急激に時価総額が増えていることがわかります。

エンジンコインを取り扱っている取引所はコインチェックGMOコインの2つであり、上場をきっかけに価格が高騰しました。

近年、NFT(非代替性トークン)マーケットが拡大を続けており、エンジンコインをNFT関連銘柄として購入する投資家が増え続けています。

エンジンコインの買い方については、仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?特徴や将来性、購入方法などを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④RAY(レイディウム)

Raydiumとは、Solanaブロックチェーン上に構築された分散型取引所(DEX)の一つです。

DEXにおける定番のイーサリアムやBSCのブロックチェーンを利用していないことが大きな特徴です。

BinanceTOP
バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

続きを見る

Raydium上で使用できる独自トークンがレイ(RAY)であり、トークンの保有者はRaydiumの手数料収入の0.03%を報酬として獲得できます。

2022年12月現在では、レイ(Ray)は国内取引所は購入できないため、海外取引所か分散型取引所(DEX)を使う必要があります。

なおRaydium/RAYは、Solanaブロックチェーンを活用しているので、Solanaについても理解しておくと良いでしょう。

Solanaについて詳しく知りたい方は、仮想通貨SOL(ソル)/Solana(ソラナ)とは?概要・特徴や今後の将来性などを解説をご参照ください。

RAY(レイディウム)の買い方については、仮想通貨Ray(レイ)/Raydium(レイディウム)とは?概要や特徴、将来性などを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑤IOST(アイオーエスティー)

IOSTとは、次世代のコンセンサスアルゴリズムである「POB(Proof of Believability)」を採用した分散型ブロックチェーンネットワークです。

IOSTは2018年1月に非営利財団であるIOST財団によってローンチされました。正式名称は Internet of service tokenの頭文字をとってIOSTと名付けられました。

PoBを採用したことにより、高速な処理能力と非中央集権性が高いのが特徴です。

もともと海外取引所でしか取り扱いがありませんでしたが、国内取引所のコインチェックが取り扱いを開始し、気軽に購入できるようになりました。

IOSTの買い方については、仮想通貨IOSTとは?今後の予想や将来性を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑥SAND(サンドボックス)

SANDはThe Sandboxというボクセルアートを使ったブロックチェーンゲームで使われる仮想通貨です。

The Sandboxは、ブロックチェーン上に存在するゲーム空間であるため、ユーザーがゲーム内でのポイントを仮想通貨で受け取ったり、アイテムを他のユーザーと売買することが可能です。

ちなみに、The Sandboxは「サンドボックスゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームで2012年からシリーズ化されています。

The Sandboxの始め方については、The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方と遊び方【収益化の方法も解説】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

また、The Sandboxではゲームのリリース前に以下の方法で資金調達を行っています。

  • ゲーム内の土地(LAND)を安く販売
  • ゲーム内通貨のSANDを仮想通貨取引所に上場

こうしたことが話題を呼び、多くの企業や投資家の注目を集めSANDの価格高騰につながりました。

特にLANDはメタバースの普及が後押しとなり、adidasなどの大企業も続々と購入したため、急騰しています。

>>【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説

SANDの買い方については、仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑦BAT(ベーシックアテンショントークン)

BATWebブラウザ「brave」上で利用されるトークンのことで、正式名称は「Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)」です。

デフォルトで広告がブロックされる仕様のブラウザ「Brave」をユーザーが使い、広告を見ることを選択すると報酬としてBATをもらえます。

BATのもらい方については、YouTube広告が多すぎて邪魔!広告を消して快適に視聴する方法3選で詳しく解説しています。

BATは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって作られ、イーサリアムブロックチェーン上のトークンとして発行されています。

日本ではまだ認知度が低い状況ですが、Braveユーザーが急速に増加しているため、認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

BATの買い方については、仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?概要・特徴を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑧XLM(ステラルーメン)

ステラルーメンはステラネットワークで使われる仮想通貨です。

ステラルーメンの母体であるステラネットワークは暗号資産(仮想通貨)の取引を高速で行えるプラットフォームの名称で、2014年7月にローンチされました。暗号資産リップル(XRP)をベースに開発されています。

ステラルーメンの開発は、Stellar Development Foundation(SDF:ステラ・ディベロップメント・ファンデーション)という非営利団体によって行われています。

従来の国際送金システムは、高額な手数料と決済に時間がかかるという問題を抱えています。

ステラネットワークは、デジタル資産の取引を高速かつ安価で行うことを目指して開発されています。

手数料を安価にすることで、主に経済的な理由から銀行口座を持つことができない人々に対して、少額決済サービスを提供することを目的としています。

ステラルーメンの買い方については、【仮想通貨】ステラルーメン(XLM)とは?特徴や将来性を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑨DOT(ポルカドット)

ポルカドット(DOT)は、イーサリアムの共同創設者であるGavin Wood博士を中心に設立された、公平かつユーザー主導の分散型ウェブ(Web3.0)の構築を目指す団体、Web3 Foundationが開発するブロックチェーンプロジェクトです。

プライベートチェーン、コンソーシアムチェーン、パブリックネットワーク、パーミッションレスネットワーク、オラクルといった新技術を活用して相互運用性を高めるために構築されています。

複数のブロックチェーンを1つのネットワークに統合して接続する次世代のブロックチェーンプロトコルとしての機能を持つポルカドットは、1秒間に数千回のトランザクション処理が可能であり、「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

ポルカドットの買い方については、【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴、将来性などを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑩ATOM(コスモス)

暗号資産(仮想通貨)Cosmos(ATOM)はTendermint Inc.によって開発された暗号資産(仮想通貨)です。

プラットフォームをCosmosと呼び、そこで使用される独自トークンがATOMです。

Cosmos(ATOM)のコンセンサスアルゴリズムはPoS(プルーフオブステーク)を使用しており、ブロック生成時間は1~3秒と高速です。

Cosmos(ATOM)は異なるブロックチェーン同士をつなげて相互運用するシステムの構築を目指しており、Cosmos(ATOM)独自のブロックチェーン技術に注目が集まっています。

コスモスの買い方については、仮想通貨Cosmos(ATOM)とは?概要や特徴、将来性を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

初心者ならレバレッジ取引以外の取引もおすすめ

初心者であればレバレッジ取引以外の取引もおすすめです。

  1. 現物取引
  2. 積立投資
  3. 長期保有

それぞれ解説します。

 

①現物取引

現物取引とは、仮想通貨を実際に購入したり、既に保有している仮想通貨を売却する取引のことを指します。

法定通貨(例えば円やドル)を対価として、仮想通貨を購入することができます。

現物取引では、仮想通貨を購入する方法として、「販売所」での取引と「取引所」での取引があります。

「販売所」での取引では、当社が提示する価格で購入や売却ができます。

「取引所」での取引は、取引市場に参加する各参加者間で行われます。参加者は、購入や売却を希望する価格と数量を提示し、売却や購入を希望する別の参加者が表示されている値で取引を行います。

取引所では、メイカー/テイカー手数料を導入しており、メイカー注文にはマイナス手数料が適用されます。

これにより、メイカーとして約定した場合、約定代金に応じて当社から日本円で還元されるメイカー手数料があります。

現物取引では基本的に手持ちの資金以上の購入はできないので、損失の上限が決まっているため、リスクを抑えた投資方法として初心者にもおすすめです。

 

②積立投資

仮想通貨の積立投資は、毎月や毎週定期的に少額を投資することです。これにより、大幅な価格変動に対して投資金額を分散することができます。

例えば、毎月1万円を仮想通貨に積立投資する場合を考えます。その月には、仮想通貨の価格が1万円で購入できる場合もあれば、1万円で購入できるよりも価格が安い場合もあるでしょう。そのため、積立投資をすることで、その月に購入できる暗号資産の数量が大幅に変化することを防ぐことができます。

また、積立投資をすることで、仮想通貨の価格が上昇した場合には、より多くの資産を保有することができます。例えば、最初に購入した1万円で購入できた暗号資産が、その後の価格上昇に伴い2万円になった場合、積立投資をしている場合は、1万円で購入できた暗号資産の2倍を保有することができるため、より大きな利益を得ることができます。

ただし、積立投資もリスクを伴います。仮想通貨の価格が下落した場合には、積立投資をしている場合でも投資元本が減少する可能性があります。そのため、積立投資をする前には、リスクを理解した上で投資を行うことが重要です。

また、積立投資をする際には、投資期間や投資金額を決めることが重要です。また、投資する仮想通貨の種類や、取引所や販売所を選ぶことも重要です。積立投資をする際には、自分の資産運用の目的やリスクに応じて、自分に合った投資プランを作ることが望ましいでしょう。

さらに、積立投資をする場合には、投資先を多様にすることも検討するとよいでしょう。仮想通貨市場は、大幅な価格変動が起こることがあります。そのため、仮想通貨だけでなく、株式や投資信託なども投資先として検討することで、投資リスクを分散することができます。

最後に、積立投資をする際には、常にマーケット情勢や投資先のパフォーマンスを注意深く見て、適切なタイミングで投資を行うことが大切です。積立投資は、長期的な視点で投資を行うことができるため、投資先を選び抜いた上で、常にマーケット情勢を見ながら、長期的な視点で投資を行うことが重要です。

積立投資のやり方については、仮想通貨の積立投資とは?メリットや始め方、おすすめの仮想通貨を解説!で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③長期保有

仮想通貨の初心者が長期保有をすることにより、様々なメリットがあります。

まず、仮想通貨は投資先として長期保有することで、投資元本を維持することができます。

仮想通貨の価格は、短期間で大幅に上下することがあります。

そのため、短期間で仮想通貨を買ってすぐに売却してしまうと、投資元本が減少する可能性があります。

しかし、長期保有をすることで、仮想通貨の価格の上昇に乗ることができます。例えば、ビットコインは、2021年には1BTCあたり700万円を超える価格まで上昇しました。

そのため、ビットコインを長期保有していた人はその後も価格の上昇に乗り続けることができ、大きな利益を手にしています。

さらに、特筆すべき点として仮想通貨を保有することで、新しい仮想通貨を無料でもらえる場合があります。

これはエアドロップと呼ばれており、最近では仮想通貨ネム(NEM/XEM)の保有者に対して同量のシンボル(Symbol/XYM)がエアドロップされました。

>>【2022年】仮想通貨のエアドロップとは?今後行われるエアドロップや、受け取り方を解説!

エアドロップされた新しい仮想通貨の価格が上がった際に売却することで、追加で収益を得ることができます。

 

仮想通貨レバレッジ取引時のポイント

仮想通貨レバレッジ取引時のポイントは以下のとおり。

  1. 証拠金維持率を意識する
  2. 損切りラインを徹底
  3. 情報収集や分析を行う
  4. 余裕資金で取引する

それぞれ解説します。

 

①証拠金維持率を意識する

レバレッジ取引をする場合は、証拠金維持率を高めることが重要です。

証拠金維持率とは、自分が保有する証拠金の割合のことを指します。

証拠金維持率は200%を超えるようにしましょう。そのレベルを保つことで、ロスカットを発生させるリスクを抑えることができるからです。

証拠金維持率を高めることで、追加で資金を入れる必要が生じにくくなります。また、証拠金を多めに保有することで、戦略的な取引が可能になります。

例えば、複数の注文を分散して入れることで、リスクを抑えることが可能です。

証拠金維持率については常に注意しておくことが重要です。

証拠金維持率を低くすると、追加で資金を入れる必要が生じやすく、ロスカットを発生させるリスクも高まります。

証拠金維持率を高く保つことで、レバレッジ取引を安全に行うことができるでしょう。

 

②損切りラインを徹底

損切りラインとは取引を途中で打ち切る価格のことを指します。

損切りラインを決めずに取引をしていると、損失が想定を超えて大きくなる恐れがあります。

損切りを実行しないと資金が拘束されてしまい、他の投資チャンスを逃すことにもつながります。また、損失が大きすぎると今後の取引にも影響を与えることがあります。

あらかじめ損切りラインを決めておくことで、大きな痛手を負わずに済むことができます。

また、損切りを実行することで今後の戦略を立てることができます。

損切りを実行したあとは、他の有望な銘柄に投資することもできるため、新たな投資チャンスを獲得することができるでしょう。

 

③情報収集や分析を行う

レバレッジ取引をするにあたり、常にチャート分析や情報収集を行うことが大切です。

米国雇用統計やFOMCなど、重要な指標の発表は相場に大きな影響を与えることがあります。そのような情報を事前に把握することで、より正確な取引を行うことができます。

また、TwitterやYouTube、Instagramなどで発信されているトレーダーの情報も参考にすることができます。

しかし、インターネット上には間違った情報や信頼性の低い情報もあふれているため、1人の発信者の情報をすべて鵜呑みにすることは危険です。

複数の発信者の情報を参考にして、レバレッジ取引のやり方を理解することをおすすめします。

複数の情報を比較して自分なりに取捨選択することで、より正確な取引を行うことができるでしょう。

 

④余裕資金で取引する

レバレッジ取引に限らず投資をするときには、常に余剰資金を使用することをおすすめします。

余剰資金とは、生活費や必要な支出を抑えた資金のことを指します。

これは、投資に失敗した場合にも、生活費を満たすことができるためです。

また、余剰資金を使用することで、自分が投資することで得られるリターンよりも低い利子を支払う必要がなくなります。

ただし、投資をする前には自分が持てる余剰資金を確認するだけでなく、投資する資産や投資の方法・リスクを考慮する必要があります。

また、投資には常にリスクが伴いますので自分が承受できるリスクの範囲内で投資することが大切です。

 

仮想通貨のレバレッジ取引に関するQ&A

?

仮想通貨のレバレッジ取引に関するQ&Aは以下のとおり。

 

Q1.レバレッジ取引の一番のメリットは?

少ない元手でも「利益を大きくできる」点が一番のメリットです。

さらにFX等と違い、レバレッジは最大2倍程度なので極力リスクが抑えられている点もポイントです。

 

Q2.レバレッジ取引のデメリットは?

リスク管理を怠ると、損失が予想以上に大きくなる点がデメリットです。

そのため、損切りライン設定し、早めの損切りを心がけることが重要です。

 

Q3.レバレッジ取引をするのにおすすめの仮想通貨取引所は?

国内仮想通貨取引所のなかでは、「ビットフライヤー」がおすすめです。

ビットフライヤーは、多くの銘柄でレバレッジ取引が可能であり、自分が好きな銘柄で取引することができます。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

Q4.現物取引とレバレッジ取引の違いは?

現物取引とレバレッジ取引は、投資方法の違いです。

現物取引は、資産を実際に所有しその資産を売買することを指します。

現物取引では、資産を購入するために必要な資金を支払わなければなりません。つまり、資産を購入するためには、資産の価値に相当する資金を支払わなければなりません。

一方、レバレッジ取引は資産を実際に所有しないで、資産の価格変動に応じて利益を得ることを指します。

レバレッジ取引では、資産を購入するために必要な資金を借りることができます。このため、資産の価値に相当する資金を支払わなくても、資産を購入することができます。

つまり、現物取引では資産を実際に所有し、レバレッジ取引では資産を実際に所有しないで、資産の価格変動に応じて利益を得ることができるという違いがあります。

 

Q5.レバレッジ取引で税金はかかる?

仮想通貨のレバレッジ取引で得た利益は、税金の対象となります。

日本では、仮想通貨のレバレッジ取引で得た利益は、所得税と住民税が課税されます。

所得税の税率は利益額に応じて異なりますが、一般的には20%程度です。

住民税の税率も利益額に応じて異なりますが、一般的には10%程度です。

このように、仮想通貨のレバレッジ取引で得た利益は所得税や住民税が課税されることを念頭においておきましょう。

詳細は、税務署や金融庁のホームページ等で確認することができます。

 

仮想通貨のレバレッジ取引まとめ

そもそも仮想通貨とは?

今回は仮想通貨のレバレッジ取引について解説してきました。

仮想通貨のレバレッジ取引は少ない資金でも多くの利益を狙えるため、後さらに普及していくと考えられています。

少ない資金でも始められるレバレッジ取引を活用して、より多くの利益を狙いましょう!

まだ口座をお持ちでない方は、仮想通貨を500円から買えるコインチェックでサクッと口座を無料開設しておきましょう。

この記事を読んだ97%の人が行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら行動することをおすすめします。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5