MONEY

仮想通貨Litentry(LIT)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

LIT_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のLitentry(LIT)について詳しく知りたい。Litentry(LIT)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Litentry(LIT)の概要
  • Litentry(LIT)の特徴
  • Litentry(LIT)の将来性
  • Litentry(LIT)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のLitentry(LIT)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Litentry(LIT)は、海外取引所BINANCEの「Binance launchpoolプロジェクト」で話題となったPolkadot(ポルカドット)のパラチェーンを活用して開発された暗号資産です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Litentry(LIT)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとLitentry(LIT)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Litentry(LIT)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

もくじ

仮想通貨Litentry(LIT)の概要

LIT01

出典:https://www.litentry.com/

 

名称 Litentry(LIT)
通貨単位 LIT
仮想通貨ランキング 402位(2021.11月現在)
価格 570円(2021.11月現在)
公式サイト 公式サイト

 

Litentry(LIT)は、分散型のIDデータ集約プロトコルであり、ポルカドットのパラチェーンを活用しています。

 

ポルカドットロゴ
【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説

続きを見る

 

Litentryは、分散型ネットワーク全体から分散型IDデータを集約することができます。

 

LitentryネットワークはSubstrate上に構築されており、Polkadotネットワークの一部であり、Web3 Foundationの助成金を受けています。

 

Web3を活用した高いセキュリティ性により個人情報などのセンシティブデータも安全に取得可能です。

 

プライバシーやセキュリティなどの個人情報を取り扱うため、データの整合性や信ぴょう性などに高い精度が求められますが、分散型自律組織(DAO)により改ざん不能な仕組みでデータ集約を実現しています。

 

扱うデータの信頼性が高いことから、国や地方自治体などの公共機関や、医療・金融分野からの需要が多く見込まれるため、注目の暗号資産(仮想通貨)と言えます。

 

仮想通貨Litentry(LIT)の特徴

LIT02

出典:https://www.litentry.com/

 

Litentry(LIT)の特徴は以下のとおり。

 

  1. コミュニティの統治
  2. 完全な非中央集権
  3. ブロックチェーン搭載
  4. プライバシー重視
  5. ポルカドットのパラチェーンを使用

 

①コミュニティの統治


レジットの計算アルゴリズム、データオリジン、IDレジストラは、すべてLITのステークホルダーによって管理されています。

 

コミュニティ・メンバーの関係や活動はチェーン上に記録され、コミュニティ・ガバナンス・クレジットを生成することができます。

 

ガバナンス・クレジットを持っていると議決権の投票権を獲得できます。

 

このようにガバナンス・クレジットを付与することでコミュニティへの活発な参加を促し、健全なコミュニティの統治につなげています。

 

②完全な非中央集権


Litentry Networkは、サービス要求者からのDID検証、集計、計算要求を処理し、信頼できる結果を返します。

 

このプロセスは、完全に分散化された透明性の高い方法で、ネットワーク内のランダムなバリデーターのセットによって実行されます。

 

③ブロックチェーン搭載


Litentryは、ブロックチェーン業界の優れた機能と技術を受け継いだSubstrateをベースに構築されています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

Litentryは、PolkadotネットワークのParachainとなり、活発なクロスチェーンエコシステムと共有セキュリティの恩恵を受けることを目指しています。

 

④プライバシー重視


プライバシー保護はLitentryネットワークの基本であり、ブロックチェーンネットワークは匿名性が保たれています。

 

Litentryはインコグニートでのオンチェーンデータ処理をサポートします。

 

⑤ポルカドットのパラチェーンを使用

 

Litentry(LIT)はポルカドットのパラチェーンを使用して構築されています。

 

ポルカドットはパラチェーンのオークションを開始するなど、ブロックチェーンの総合運用に精力的な活動を行っています。

 

 

今後、ポルカドットの取り組みが注目を集めれば、関連してLitentry(LIT)にも注目が集まり開発が活発化すると見込まれます。

 

ポルカドットに興味がある方は、以下の記事を参考に購入をおすすめします。

 

ポルカドットロゴ
Polkadot(DOT)の購入方法は?おすすめの取引所も紹介

続きを見る

 

仮想通貨Litentry(LIT)の価格推移

LITチャート

 

2021年10月以降は価格が上昇トレンドにあります。

 

今後もDefi需要の増加とポルカドットのパラチェーンオークションの話題性などから好調に推移すると予想されています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

仮想通貨Litentry(LIT)の将来性

LIT03

出典:https://www.litentry.com/

 

続いて、Litentry(LIT)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. 様々なサービスで利用可能
  2. Defi拡大による需要増加
  3. DAOへの貢献

 

①様々なサービスで利用可能

 

Litentryで最も利用機会が多いケースは、様々なプラットフォームで使用できる個人IDを持てるようになることです。

 

Litentryの基本理念はプライバシーの保護であり、ハッキングされる可能性のある中央集権的なプラットフォームに個人情報を登録する代わりに、Litentryは暗号プロジェクトが低コストで本人確認を実施し、効率的かつ正確な方法でエアドロップを行うことが可能になります。

 

今後はID認証や重要情報のデジタル化の流れが加速するので、情報を的確に集約することができるLitentryが重宝される可能性が高いです。

 

②Defi拡大による需要増加


この1年でDeFiサービスが爆発的に増加しています。高利率を目当てにPancakeswapやPancake bunnyなどの利用者が急増している状況です。

 

PancakeswapTOP
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説

続きを見る

Pancake bunny
【自動複利運用】PancakeBunny(パンケーキバニー)とは?概要と使い方を解説

続きを見る

 

Litentryの特徴の一つは、分散化されたIDデータを瞬時に集約して処理できることです。

 

Litentryにはプライバシーメカニズムが組み込まれており、ゼロプルーフ技術を用いてユーザーのプライバシーデータが他の人に公開されないように保護されています。

 

信用スコアは、以下のようにブロックチェーンネットワーク上で分散化されたアイデンティティデータを集約して計算されており、DeFiの融資サービスに個人のクレジットスコアを連携することが可能です。

 

  1. 複数のプラットフォームに点在するアイデンティティスコアを集約する
  2. 評価アルゴリズムに従って、集約したアイデンティティスコアを評価する
  3. データを暗号化しセキュリティ性を強化する

 

つまり、DeFiの融資サービスのために担保を必要とする古典的な方法の代わりに、クレジットスコアを使ってユーザーのDeFi融資の適格性を判断することができるようになります。

 

③DAOへの貢献


最近のトレンドとして、DAO(Decentralized Autonomous Organizations:分散型自律組織)の出現があります。

 

Mantra DAO、Maha DAO、Badger DAO、Duck Duck DAOなどのDAOが人気を博しています。さらに最近高騰して大注目のSHIBA INU(SHIB)もプラットフォームにDAOを取り入れています。

 

SHIBAINUrogo
【高騰】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)とは?今後の将来性や高騰の理由、購入方法を解説!

続きを見る

 

これらのDAOが成熟するにつれ、コミュニティのガバナンスと投票が重要な要素になってきます。しかし現在、多くのプロジェクトでは、ガバナンスやオンチェーンの投票に関して、エンゲージメントのレベルが低いことが課題となっています。

 

そこでLitentryでは、オンチェーン投票に関する分析を行い、分散型アイデンティティに関連したスコアを割り当てることができます。このスコアを利用して、アクティブな参加者の投票率を高めることができます。

 

さらに、Litentryはモバイルアプリを年内にリリースする予定であり、新たな取引所への上場可能性も秘めています。

 

暗号資産(仮想通貨)とは
暗号資産(仮想通貨)は今後どうなる?将来性やおすすめ銘柄、取引所などを紹介

続きを見る

 

仮想通貨Litentry(LIT)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Litentry(LIT)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でLitentry(LIT)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでLitentry(LIT)を購入する

 

なので、Litentry(LIT)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Litentry(LIT)は今後のDefi需要で価格上昇の可能性

まとめ:Tidal Finance(TIDAL)は今後の需要増加が期待できる

 

今回はLitentry(LIT)について解説いたしました。

 

Litentry(LIT)は、分散型のIDデータ集約プロトコルであり、今後のDefi拡大による需要増加などが見込まれます。

 

Litentry(LIT)は2021年11月現在で、1くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

LIT価格

 

繰り返しになりますが、Litentry(LIT)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Litentry(LIT)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5