CRYPTO

仮想通貨Livepeer(LPT)とは?特徴や将来性、購入方法を徹底解説

JST_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のLivepeer(LPT)について詳しく知りたい。Livepeer(LPT)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Livepeer(LPT)の概要
  • Livepeer(LPT)の特徴
  • Livepeer(LPT)の価格推移
  • Livepeer(LPT)の将来性
  • Livepeer(LPT)の購入方法

 

本記事の信頼性

 

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のLivepeer(LPT)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

Livepeer(LPT)は、初の分散型生配信ビデオストリーミングネットワークプロトコルです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、Livepeer(LPT)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとLivepeer(LPT)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Livepeer(LPT)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Livepeer(LPT)の概要

LPT01

出典:https://livepeer.org/

 

仮想通貨名 Livepeer
ティッカーシンボル LPT
現在の価格(2022年5月22日時点) ¥1,983
時価総額(2022年5月22日時点) ¥47,285,262,674
時価総額ランキング(2022年5月22日時点) 105位
購入できる主な取引所

Binance
Coinbase 他

 

Livepeerは、イーサリアムブロックチェーン上に構築された初の生配信ビデオストリーミングネットワークプロトコルです。

 

このプラットフォームは、新規および既存のすべての放送会社にとって、中央集権的な放送ソリューションに代わる経済的に効率的なブロックチェーンベースのソリューションとなることを目指しています。

 

LivepeerはYouTubeなどの従来の動画ストリーミングサービスとは異なります。むしろ、Livepeerは高度な処理能力を利用して、放送局から消費者に動画コンテンツをより効率的に共有するテクノロジーを構築しています。  

 

オープンソースソフトウェアの力、計算機や帯域幅などの十分に活用されていないリソースの活用、そしてブートストラップや参加のための暗号経済的なインセンティブの使用により、ビデオストリーミングアプリケーションを非常に効率的な価格で、かつ無限のスケールで動かすことのできるインフラを提供することが可能です。

 

高画質なカメラやユビキタスな帯域の普及に伴い、従来の中央集権的なコスト構造では実現できなかったビデオアプリケーションの開発が可能になると考えられています。

 

Livepeerはこの機会を捉え、プロジェクトの使命である「世界のオープンなビデオインフラを構築する」ことを実現したいと考えています。

 

Livepeer(LPT)の特徴

LPT02

出典:https://livepeer.org/

 

Livepeer(LPT)の特徴は以下のとおりです。

 

  1. GPU Cryptocurrency Miners
  2. ビデオストリーミングプラットフォーム
  3. トークン保持参加者

 

①GPU Cryptocurrency Miners

 

既存のGPUには、ハッシュ中にアイドル状態にあるビデオエンコーディングチップがあります。

 

この既存のGPUマイナーを利用して、マイニング収入を妨げることなく、Livepeerでビデオをトランスコードすることで追加の収益を得ることができます。


②低コストで利用可能

 

トランスコーディングのコストを、クラウドプロバイダーが請求する1時間あたり3ドルから、オープンなLivepeerネットワークで10〜100倍安くします。

 

Livepeerは、大規模なDevOps作業を必要とせずに、スケーラブルなストリーミングを提供することを目的としています。

 

③ステーキングで報酬が得られる

 

Livepeerユーザーはステーキングを通じてネットワークにセキュリティとQAを提供し、提供された作業と引き換えにネットワーク収入とインフレトークン報酬の一部を獲得します。

 

トレードをせずにLPTトークンを預けるだけで報酬が得られるので、初心者にもおすすめの運用方法です。

 

スマホでお金
仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

続きを見る

 

Livepeer(LPT)の価格推移

LPTチャート

 

Livepeer(LPT)はこの1年は価格が上昇傾向にあります。

 

既存のクラウドプロバイダーに比べて低価格で従来のビデオストリーミングとweb3ビデオストリーミングの両方を強化しており、ユーザー数が増えていることが要因のひとつです。

 

今後の5Gの浸透によりストリーミングサービスはより拡大する可能性が高いので、今後もより一層Livepeer(LPT)の利用者が増える可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、Livepeer(LPT)の価格の後押しとなるでしょう。

 

Livepeer(LPT)の将来性

LPT03

 

続いて、Livepeer(LPT)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. LPTトークン
  2. 分散型サービス
  3. 柔軟にスケーリングが可能

 

①LPTトークン

 

Livepeerネットワークのネイティブトークンとして、LPTはネットワーク全体のさまざまなユースケースにとって重要です。 

 

LPTは、調整と報酬を合理化するLivePeerエコシステムのネイティブトークンです。オーケストレーターはシステムへの貢献度に応じてLPTを取得します。ラウンドはエコシステムで24時間ごとに実行されます。これらのラウンド中に、新しいLPTが作成されます。これらのLPTは、LivePeerシステムの経済性を促進します。ビデオ放送局やストリーミング会社は、集中型サーバーに多額の料金を支払ったり、広告を掲載したり、顧客データを販売して維持したりする必要がないため、LivePeerの恩恵を受けています。

 

②分散型サービス

 

Livepeerは分散型サービスであり、youtube、Twitch、Vimeoなどの既存の集中型サービスとは対照的です。Livepeerチームは、これらのサービスは、特定のビデオの公開を変更、削除、または拒否するように企業または政府からの圧力を受ける可能性があると指摘しています。ただし、バックエンドテクノロジーとして、Livepeerは、システムを利用する放送局とアプリケーション開発者にこの責任を任せています。

 

さらに、Livepeerの従量課金制のコンテンツ消費の精神は、ユーザーが使用しないサービスに対して定期的なサブスクリプション料金を支払う必要がないことを意味します。Livepeerシステムでは、放送局から最終消費者に動画を共有する際に費用のかかる仲介者の必要性が減るため、コンテンツ作成者は自分の作品でより多くの収入を得ることができます。

 

③柔軟にスケーリングが可能

 

アプリケーション開発者は、Livepeerのメリットを享受することもできます。

 

ネットワークの分散性により、アプリケーションでのネットワーク使用量の急増をより効率的に処理し、さまざまなデバイスやネットワークのビデオをスケーリングしながら、より高価なトランスコーディングサービスの必要性を減らすことができます。

 

Livepeer(LPT)の購入方法

仮想通貨MANAは今すぐ買うべき?

 

残念ながら、Livepeer(LPT)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でLivepeer(LPT)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Livepeer(LPT)を購入する

 

そのため、Livepeer(LPT)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

まとめ:Livepeer(LPT)はストリーミングサービス需要による価格上昇が期待できる

まとめ

 

今回はLivepeer(LPT)について解説いたしました。

 

Livepeer(LPT)は生配信ビデオストリーミングネットワークプロトコルであり、今後のストリーミングサービス需要の拡大伴うユーザー数増加が見込まれます。

 

2022年5月現在で2,000くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Livepeer(LPT)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Livepeer(LPT)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5