CRYPTO

仮想通貨MovieBloc(MBL)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

MBL_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のMovieBloc(MBL)について詳しく知りたい。MovieBloc(MBL)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • MovieBloc(MBL)の概要
  • MovieBloc(MBL)の特徴
  • MovieBloc(MBL)の価格推移
  • MovieBloc(MBL)の将来性
  • MovieBloc(MBL)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のMovieBloc(MBL)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

MovieBloc(MBL)は、分散型の映画およびコンテンツ配信プラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、MovieBloc(MBL)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとMovieBloc(MBL)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、MovieBloc(MBL)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

MovieBloc(MBL)の概要

MBL01

出典:https://www.moviebloc.com/

 

仮想通貨名 MovieBloc
ティッカーシンボル MBL
ブロックチェーン オントロジー
現在の価格(2022年5月21日時点) ¥0.646
時価総額(2022年5月21日時点) ¥8,736,533,753
時価総額ランキング(2022年5月21日時点) 342位
購入できる主な取引所

Binance
gate.io 他

 

MovieBloc(MBL)は、分散型の映画およびコンテンツ配信プラットフォームです。

 

コンテンツクリエーターに公平に収益を分配し、視聴者データ、および平等なスクリーニングの機会を創出することを目的としています。

 

データを分散管理できるontologyブロックチェーンを活用しており、誰もが平等に動画コンテンツを配信し、そして楽しむことが可能になっています。

 

ontTOP
仮想通貨Ontology(ONT/オントロジー)とは?概要や特徴・将来性を解説

続きを見る

 

既存のコンテンツ配信プラットフォームは高い手数料をとられてしまい、クリエイターに適切な報酬が支払われていないという側面がありました。

 

MovieBloc(MBL)はブロックチェーンを活用し、クリエイターやコンテンツ利用者へ公平な報酬を支払う仕組みを整え、エコシステムの発展を目指しています。

 

なお、同様の動画配信サービスを展開するVRA(ヴェラシティ)という暗号資産(仮想通貨)も最近注目を集めています。VRA(ヴェラシティ)については以下の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

 

VRAlogo
仮想通貨VRA(Veracity/ヴェラシティ)とは?概要や特徴・将来性について解説

続きを見る

 

MovieBloc(MBL)の特徴

MBL02

出典:https://www.moviebloc.com/

 

MovieBloc(MBL)の特徴は以下のとおりです。

 

  1. コンテンツを利用して報酬を得られる
  2. 3つのレイヤーで構成
  3. Ontologyブロックチェーンを活用

 

①コンテンツを利用して報酬を得られる

 

視聴者はさまざまなコンテンツにアクセスでき、エコシステムにキュレーションとマーケティング資料を提供することで報酬を得ることができます。

 

MovieBloc(MBL)は、プライベートおよびパブリックトークンの販売を通じて約400万ドルを調達しています。

 

②3つのレイヤーで構成

 

MovieBlocエコシステムは、.Bloc、Market、Fundraisingの3つのレイヤーで構成されています。

 

.Blocはすべての参加者をつなぐ分散型コミュニティレイヤーであり、Marketはコンテンツと才能を取引できるレイヤーであり、資金調達レイヤーはコンテンツ作成者をサポートしてインセンティブを与えます。

 

③Ontologyブロックチェーンを活用

 

MovieBlocプラットフォームはOntologyブロックチェーン上で実行され、そのユーティリティトークンMBLはOEP-4トークンです。プレミアムコンテンツ、翻訳、MovieBlocエコシステム内など、すべての支払い関連サービスに使用されます。

 

MBLトークンは、サービスの支払いに加えて、違法なコンテンツの報告や映画のレビューに対してユーザーに報酬を与えるためにも使用されます。

 

MovieBloc(MBL)の価格推移

MBLチャート

 

MovieBloc(MBL)はこの1年間で価格が急騰しています。

 

アーティストをはじめとするクリエイターが適正な報酬に魅力を感じてMovieBloc(MBL)を選択していることが要因のひとつです。

 

ユーザーの評価に応じてクリエイターは収益を得ることができるため、今後もより一層MovieBloc(MBL)のニーズが増す可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、MovieBloc(MBL)の価格の後押しとなるでしょう。

 

MovieBloc(MBL)の将来性

Origin Protocol(OGN)の将来性

 

続いて、MovieBloc(MBL)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. トークン買戻しによる価格維持
  2. 各企業との提携
  3. アルゴリズム予想が強気

 

①トークン買戻しによる価格維持

 

2020年8月、MovieBlocは755,000ドル相当の3億2,200万MBLトークンを買い戻しました。彼らの公式声明によると、これはトークンの循環供給を制御することでした。

 

トークンの循環供給用を調整することにより、一定の希少性が保たれるため価格の下落を防止し、価格を維持することができます。

 

②各企業との提携

 

Movie Blocは、最新のMLBコインニュースを学ぶことができるニュースレターを毎月発行しています。そのニュースレターの中でヨーロッパを拠点とする短編映画配給会社Radiator IPとのパートナーシップを発表しました。これにより、プラットフォームにさらに60本の短編映画がラインナップに加わりました。

 

そして韓国の大手航空会社であるAsianaとも提携し、国内最大の短編映画祭であるAsiana International Short Film Festival(AISFF)を共同で開催しています。

 

Movie Blocプラットフォームで利用可能な映画数は、2021年5月末時点で318本であり、4月に報告された229本から89本増えています。

 

③アルゴリズム予想が強気

 

アルゴリズム予測ツールであるWalletInvestorは、MBLコインの長期価格予測に強気です。

 

MBLの最低価格は2021年末までに0.0167ドルになると見込んでいます。その後の数年間、Wallet Investorは、2022年末までに0.0348ドル、2023年末までに0.0497ドル、2023年末までに0.0618ドルの最低価格を報告しています。 2024年、2025年末までに0.0721ドル、2026年6月に0.0784ドル。

 

Wallet Investorの予測によると、MBLコインの価格は今後5年間で少なくとも337%上昇し、最良のシナリオでは731%近く上昇します。

 

MovieBloc(MBL)の購入方法

仮想通貨MANAは今すぐ買うべき?

 

残念ながら、MovieBloc(MBL)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でMovieBloc(MBL)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. MovieBloc(MBL)を購入する

 

そのため、MovieBloc(MBL)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

まとめ:MovieBloc(MBL)はクリエイター需要が増加する見込み

まとめ

 

今回はMovieBloc(MBL)について解説いたしました。

 

MovieBloc(MBL)は、分散型の映画およびコンテンツ配信プラットフォームであり、今後のクリエイターによる作品公開プラットフォームとしての需要増加が見込まれます。

 

2022年5月現在で、0.6くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

繰り返しになりますが、MovieBloc(MBL)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、MovieBloc(MBL)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5