MONEY

仮想通貨OceanProtocol(OCEAN)とは?特徴や買い方、将来性を徹底解説

OCEAN_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のOceanProtocol(OCEAN)について詳しく知りたい。OceanProtocol(OCEAN)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • OceanProtocol(OCEAN)の概要
  • OceanProtocol(OCEAN)の特徴
  • OceanProtocol(OCEAN)の将来性
  • OceanProtocol(OCEAN)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のOceanProtocol(OCEAN)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

OceanProtocol(OCEAN)は、ブロックチェーンを活用して信頼性・透明性を保ちながらデータ共有を可能にする分散型プラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、OceanProtocol(OCEAN)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとOceanProtocol(OCEAN)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、OceanProtocol(OCEAN)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨OceanProtocol(OCEAN)の概要

OCEAN01

出典:https://oceanprotocol.com/

 

OceanProtocol(OCEAN)は、分散型データ共有プラットフォームです。ブロックチェーンを活用することでトレーサビリティ、透明性、信頼性を担保した上でデータ共有が可能になります。

 

イーサリアムブロックチェーンの上に構築されたOceanProtocol(OCEAN)は、「データトークン」を使用してデータへのアクセスが可能です。トークンは、情報へのアクセスを必要とするユーザーによって使用されます。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

OceanProtocol(OCEAN)は、プラットフォーム上のデータを保有者だけではなく企業や研究者が自由に利用できるようにすることを目指しています。

 

OceanProtocol(OCEAN)のソフトウェアは、このデータ交換を容易にするように構築されており、データを必要とするユーザーやデータを保存するためのリソースがないユーザーと、余裕のあるリソースがあるユーザーを結び付けます。リソースを提供する報酬としてネイティブトークンであるOCEANが付与されます。

 

OCEANトークンはガバナンスへの参加権やデータを売買など幅広い用途で利用できます。

 

仮想通貨OceanProtocol(OCEAN)の特徴

OCEAN02

出典:https://oceanprotocol.com/

 

OceanProtocol(OCEAN)の特徴は以下のとおり。

 

  1. データの公開が容易
  2. マーケットプレイスを提供
  3. プライバシーを保護し収益化

 

①データの公開が容易

 

OceanProtocol(OCEAN)を使用すると、データサービスの公開と利用が容易になります。

 

ユーザーは、ユーザーが交換できるデータとサービスで構成される分散型マーケットプレイスを作成できます。

 

マーケットプレイスは、データプロバイダーとコンシューマーを接続し、データ自体にリンクします。誰がデータを所有し、誰がデータを購入して共有したかをチェーン上で記録します。

 

②マーケットプレイスを提供

 

OceanProtocol(OCEAN)はデータ売買が可能となるマーケットプレイスを提供しています。

 

マーケットプレイスで交換されたデータは、Ocean Protocolネットワーク自体には保存されません。

 

ユーザーはさまざまなマーケットプレイスでデータセットを検索し、特定の条件(支払いなど)が満たされた場合にのみロックを解除できる暗号を入手できます。

 

そのため、データの所有者はデータに何が起こったのか、誰がデータを購入したのかを気にするころなくデータを完全に制御できます。

 

③プライバシーを保護し収益化

 

OceanProtocol(OCEAN)で採用されているCompute-to-dataは、ユーザーのプライバシーを保護しながらデータ共有を可能にするOCEANの機能です。

 

OceanProtocol(OCEAN)において最も価値のあるデータは個人データです。個人データの活用により研究とビジネスの成果を向上させることができます。しかし、プライバシー保護と情報流出のリスクがあるため、厳重なアクセス管理が要求されます。 Compute-to-Dataを使用すると、プライベートデータは直接共有されるのではなく、特定のアクセスだけを許可することができます。

 

この技術はプライバシーを保護しながら個人データを安全に販売できるため、企業が所有するデータを収益化する手段として利用できます。

 

個人データが増えると、最新の人工知能(AI)モデルの予測精度が向上します。個人データは入手が非常に難しいため、価値が高くなっているため販売によって大きな収益をあげることも可能です。

 

仮想通貨OceanProtocol(OCEAN)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

続いて、OceanProtocol(OCEAN)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. 自動運転車の開発協力
  2. 病気治療への活用

 

①自動運転車の開発協力

 

OceanProtocol(OCEAN)はBMW、ゼネラルモーターズは協力して、AI駆動の自動運転車を製造するための市場を構築することを検討しています。自動車事故で毎年約135万人が死亡しているため、自動運転車の開発は自動車を利用する人とってより安全な未来につながる可能性があります。

 

しかし、自動車メーカーは安全な自動運転車に必要なAIを構築するための十分なデータを持っているとは言えません。そのため、BMWとゼネラルモーターズは、自動運転車市場への進出を目指す他の自動車メーカーと協力してOceanProtocol(OCEAN)でデータを共有し、開発を加速させたいと考えています。

 

②病気治療への活用

 

OceanProtocol(OCEAN)は、より価値のあるデータへのアクセスを容易にすることで慢性疾患の解明にも役立っています。

 

例えばパーキンソン病についてはごくわずかなことしか判明していないため、現在、パーキンソン病などの状態を治療する方法は非常に非効率的です。これは、病気に関連するデータが不足していることが原因と言われています。

 

そこでOceanProtocol(OCEAN)が提供する膨大な医療データと組み合わせることで、医師は数多くの治療法の中でより良い方法を選択できるため、患者は自分に合った最適な治療を受けることができます。

 

病気の治療法解明という点ではステムセルコインも同じような目的の通貨です。ステムセルコインについては以下で詳しく解説しています。

 

SCC①
仮想通貨ステムセルコイン(SCC)とは?特徴や将来性、購入方法を解説

続きを見る

 

仮想通貨OceanProtocol(OCEAN)の購入方法

仮想通貨を購入

 

OceanProtocol(OCEAN)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でOceanProtocol(OCEAN)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでOceanProtocol(OCEAN)を購入する

 

なので、OceanProtocol(OCEAN)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:OceanProtocol(OCEAN)は今後の需要増加が見込まれる

まとめ:BAND(Band Protocol)は今後の価格上昇が期待できる

 

今回はOceanProtocol(OCEAN)について解説いたしました。

 

OceanProtocol(OCEAN)はデータ共有を容易にし、付与されるデータトークンによって収益化も可能です。

 

また、マーケットプレイスでデータの売買ができるため、従来では入手困難だったデータを利用しやすくなり、より多くのデータを必要とするAI・医療などの分野でニーズが高まるはずです。

 

OceanProtocol(OCEAN)は2021年11月現在で、115円くらいと手ごろな価格なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

OCEAN03

 

繰り返しになりますが、OceanProtocol(OCEAN)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、OceanProtocol(OCEAN)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5