MONEY

仮想通貨Origin Protocol(OGN)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

OGN_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のOrigin Protocol(OGN)について詳しく知りたい。Origin Protocol(OGN)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Origin Protocol(OGN)の概要
  • Origin Protocol(OGN)の特徴
  • Origin Protocol(OGN)の価格推移
  • Origin Protocol(OGN)の将来性
  • Origin Protocol(OGN)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のOrigin Protocol(OGN)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

Origin Protocol(OGN)NFTとDeFiを提供するプラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、Origin Protocol(OGN)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとOrigin Protocol(OGN)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Origin Protocol(OGN)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Origin Protocol(OGN)の概要

ogn01

出典:https://www.originprotocol.com/ja/

 

仮想通貨名 Origin Protocol
ティッカーシンボル OGN
プラットフォーム名 イーサリアム
現在の価格(2021年11月30日時点) ¥116.98
時価総額(2021年11月29日時点) ¥116.98
時価総額ランキング(2021年11月29日時点) 170位
購入できる主な取引所

Binance
Kucoin 他

 

Origin Protocolユーザーがピアツーピア(P2P)ネットワークを通じて商品やサービスを共有することができるネットワークです。

 

P2Pを使った暗号資産(仮想通貨)は以下のようなものがあります。

 

 

Origin Protocol(OGN)のプラットフォームは、イーサリアムブロックチェーンとIPFSを活用して、中間業者を必要としない分散型のオンラインマーケットプレイスの構築を目指しています。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

Origin Protocolは手数料の高騰、処理速度遅延、革新性の低下など既存のオンライン金融プラットフォームが抱える課題を解決します。

 

Origin Protocolには800人以上の投資家がいますが、世界中のトップベンチャーキャピタルや暗号通貨ファンドが名を連ねています。Originトークン(OGN)は、現時点で37,000人以上のトークンホルダーに保有されています。

 

Origin Protocol(OGN)の特徴

ogn02

出典:https://www.originprotocol.com/ja/

 

Origin Protocol(OGN)の特徴は以下のとおりです。

 

  1. 手数料が格安
  2. パーミッションレス・ブロックチェーン
  3. データ保護と利便性を両立

 

①手数料が格安

 

Origin Protocol(OGN)は手数料が格安であることが一番の特徴です。

 

音楽やアートの集中管理型プラットフォームは、信じられないほど高い手数料を請求することが多く、クリエイターは生み出された価値のほんの一部しか得ることができず、消費者は商品や体験に対して過剰な支払いをすることになります。また、従来の決済代行会社も多額の手数料を請求しています。

 

非中央集権的な商取引では、中間業者の力が弱まり、高額な手数料を請求される可能性が低くなります。購入者と販売者の両方がその節約分を共有することができます。

 

Origin Protocol(OGN)のガバナンストークンのOUSDにより、Originは高額な決済手段を変革します。一般の人々や企業は、コストを削減し、OUSDが提供する優れた利回りの恩恵を受けることができます。

 

②より高い報酬

 

Origin Protocol(OGN)はより高い報酬を得られる仕組みを採用しています。

 

一元化されたプラットフォームと金融機関は、しばしば顧客と対立する関係にあります。これらの企業が収益を得るためには、手数料が必要だからです。

 

そのため、ユーザーは経営には参画することができず、自分が得た利益を100%受けとることができません。それに対してOriginは、誰もがネットワークの一部を所有することができます。

 

ファンやコレクターは、NFTを使って自分の好きなコミュニティの成功に直接関与することができます。OUSDで生成された利回りは、すべての保有者に公平に分配されます。

 

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

 

Originトークン(OGN)の保有者は、ネットワークの将来のルールや方向性を決めるガバナンスに参加することができ、また、Originの製品の成功にも出資することができます。誰もがネットワークの一部を所有することで、誰もがネットワークの成長と成功に貢献する動機付けとなります。

 

③誰でも口座が持てる

 

Origin Protocol(OGN)を利用することで誰でも簡単に口座を持つことができます。

 

現在、世界で20億人の人々が銀行口座を持っていません。彼らは、当座預金やクレジットカード、AliPay、Apple Payなどを持っていません。

 

暗号通貨が登場し、安価なスマートフォンが普及している今こそ、銀行口座を持たない人々が分散型の商取引や金融に参加できるようにする必要があります。

 

暗号資産の口座を持っていれば、誰でもNFT経済に参加することができます。世界中のユーザーが、OUSDの優れた利回りを持つ安定した通貨にアクセスできるようになりました。

 

④分散型による安定稼働

 

分散型マーケットプレイスは、オープンで自由な商取引を促進します。中央集権型の市場とは異なり、分散型市場は単一障害点ではなく、禁止されたり閉鎖されたりすることはありません。

 

分散型の商取引は回復力が高く、効率的な市場を促進します。分散型金融では、ユーザーは自分のお金をコントロールすることができます。

 

ユーザーは、どの資産でビジネスを行い、どの資産に貯蓄を保管するかを選択できるようになります。

 

従来の中央集権的なシステムとは異なり、資金を差し押さえることも、口座を閉鎖することもできません。DeFiは、スマートコントラクトとコードにより、信頼の必要性を最小限に抑え、人間の介入や誤操作を制限します。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

Origin Protocol(OGN)の価格推移

ognチャート

 

Origin Protocol(OGN)はこの1年間で価格が急騰しています。

 

Defiの需要増加やNFTの盛り上がりにより、アーティストをはじめとするクリエイターがOrigin Protocol(OGN)を選択していることが要因のひとつです。

 

NFTTOP
【イケハヤ氏に学ぶ】NFTを売る際に重要なことは「マーケティング」です

続きを見る

 

DefiやNFTは今後も利用者が増えることが明白なので、低い手数料・高いインセンティブのOrigin Protocol(OGN)のニーズが増す可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、Origin Protocol(OGN)の価格の後押しとなるでしょう。

 

Origin Protocol(OGN)の将来性

Origin Protocol(OGN)の将来性

 

続いて、Origin Protocol(OGN)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. NFT Launchpad
  2. 多くの取引所に上場済
  3. 著名投資家が投資している

 

①NFT Launchpad

 

NFT Launchpadによりクリエイターが自分の作品をNFTとして出品し、収益を得ることができます。

 

ognnft

出典:https://www.originprotocol.com/ja/

 

手数料が低いため、クリエイターはより多くの利益を得られるメリットがあります。

 

また、ファンにとってもクリエイターの作品を気軽に購入することができたり、クリエイターとコミュニケーションを図ることができるため、活動の応援にもつながります。

 

以下のような機能があるため、ユーザーにとって利便性が高いNFTプラットフォームです。

 

  • カスタマイズ可能で、独自のドメインに対応
  • 自社ブランドの管理が可能
  • 収益を最大化する独自のオークション方式
  • クレジットカードと暗号通貨の両方をサポート

 

上記のように高い自由度でNFTを売買できることが特徴なので、今後ユーザーが増えていく可能性が高いでしょう。

 

②多くの取引所に上場済

 

Origin Protocol(OGN)は既に以下のような大手暗号資産(仮想通貨)取引所に上場を果たしています。

 

  • BINANCE
  • Huobi
  • Coinbase

 

BINANCEなどの暗号資産(仮想通貨)取引所に上場する際は、取引所による厳しい審査が行われます。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

上場したということは、実用性や将来性について取引所による一定のお墨付きが得られたようなものです。

 

そのため、今後新たな取引所に上場する可能性も極めて高いため、その場合にはOrigin Protocol(OGN)の価格がさらに高騰することも考えられます。

 

③著名投資家が投資している

 

Origin Protocol(OGN)は800以上の投資家達から、40億円以上もの出資を受けており、以下のような著名投資家も含まれます。

 

  • Sophie Liao:Oyster VC 設立パートナー
  • Rodolfo Gonzalez:Global Pacifico Consultants設立者
  • Paul Veradittakit:Pantera Capital投資責任者

 

Paul Veradittakitは「Originは、我々が投資した他のどの分散型アプリケーションよりも際立っています。なぜならば、彼らはこれまで見た中で最高のコミュニティを構築したからです。私たちにとって、これは革命的でした」と述べています。

 

このように著名投資家からも高い評価を得ているため、Origin Protocol(OGN)の将来性には期待が持てるでしょう。

 

Origin Protocol(OGN)の購入方法

仮想通貨MANAは今すぐ買うべき?

 

残念ながら、Origin Protocol(OGN)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でOrigin Protocol(OGN)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Origin Protocol(OGN)を購入する

 

そのため、Origin Protocol(OGN)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

まとめ:Origin Protocol(OGN)は今後のDefi・NFT需要が見込まれる

まとめ

 

今回はOrigin Protocol(OGN)について解説いたしました。

 

Origin Protocol(OGN)は、ユーザーがピアツーピア(P2P)ネットワークを通じて商品やサービスを共有することができるネットワークであり、今後のDefiやNFT拡大による需要増加などが見込まれます。

 

2021年11月現在で、116くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

ogn価格

 

繰り返しになりますが、Origin Protocol(OGN)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Origin Protocol(OGN)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5