MONEY

仮想通貨Polymath(POLY)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

POLY_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のPolymath(POLY)について詳しく知りたい。Polymath(POLY)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Polymath(POLY)の概要
  • Polymath(POLY)の特徴
  • Polymath(POLY)の価格推移
  • Polymath(POLY)の将来性
  • Polymath(POLY)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨Polymath(POLY)とは、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)を行うためのプラットフォームで使用される通貨です。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、Polymath(POLY)の概要や特徴から、将来性、購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとPolymath(POLY)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Polymath(POLY)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Polymath(POLY)の概要

POLY01

出典:Polymath公式サイト

 

トークン名称 Polymath
シンボル POLY
総発行枚数 10億枚
2021年12月22日現在の価格 ¥57.39
2021年12月22日現在の時価総額 ¥51,589,964,996
公式サイト Polymath公式サイト

 

Polymath(POLY)STOを行うためのプラットフォームを提供するプロジェクトです。

 

以下の動画で概要が理解できます。

 

 

STOとは「Security Token Offering(セキュリティ・トークン・オファリング)」の頭文字をとったもので、Polymath(POLY)で発行した暗号資産(仮想通貨)で資金調達を行う方法です。

 

既存の資金調達方法であるICOでは、プロジェクトの信ぴょう性に疑問があるものや、返金されないなどの課題を抱えていました。ICOについては以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【初心者向け】仮想通貨のICOとは?仕組みや参加方法なども解説

 

一方でSTOは、有価証券をトークン化して資金調達を行うため法律に準拠していることが特徴です。これによりスキャム(詐欺)案件の排除につながります。

 

仮想通貨Polymath(POLY)の特徴

POLY02

出典:Polymath公式サイト

 

仮想通貨Polymath(POLY)の特徴は以下のとおり。

 

  • SECに登録済
  • 投資家にKYCを実施
  • ST-20トークン

 

①SECに登録済


Polymathは2018年1月に資金調達を実施しており、既にSEC(米国証券取引委員会)の認可を取得しています。

 

STOを行うためのプラットフォームを提供するプロジェクト自体がSECの認可を得ているため、信頼性の高いプロジェクトであることがわかります。

 

②投資家にKYCを実施


PolymathはKYC(本人確認)を実施した投資家しか利用できません。

 

Polymathのトークンを支払うことでKYCが実施されますが、厳格な本人確認が実施されます。

 

Polymathで発行されたトークン自体は法規制に準拠しているため信頼性が高く、投資家自身も厳格な本人確認を通過した人しか利用できないため安全性が高いと言えます。

 

③ST-20トークン

 

Polymathは、「ST-20」と呼ばれる独自トークン規格に準拠したセキュリティートークンを発行します。

 

ST-20トークンはPolymathプラットフォーム内で発行されたトークンであり、法律等の規制に沿った証券取引が行われます。

 

従来のERC20トークンは必要最低限のルールがあるだけですが、ST-20トークンは厳格なルールに基づいてプログラミングされています。

 

仮想通貨Polymath(POLY)の将来性

POLY03

出典:Polymath公式サイト

 

仮想通貨Polymath(POLY)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. 数多くの企業と提携
  2. Polymesh Blockchain
  3. STO需要の増加

 

①数多くの企業と提携

 

Polymathは数多くの企業と提携を果たしています。

 

  • Blocktrade:スイスの取引所
  • seriesOne:資金調達プラットフォーム
  • MintHealth:分散型医療プラットフォーム

 

上記のような有名企業と提携しており、今後も新たな企業と提携することが予想されています。

 

企業と提携することでPolymathの実用性が担保されるので、今後のPolymathの需要が増すと見られます。

 

②Polymesh Blockchain

 

Polymathは独自のブロックチェーンであるPolymesh(ポリメッシュ)の開発に着手しています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

Polymathはイーサリアム上でセキュリティトークンを発行していましたが、発行されたセキュリティトークンがその時のニーズに対応できていないことがありました。

>>【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

 

さらに、イーサリアムは規制やコンプライアンスに準拠することを念頭に作られておらず、停止しないことを目的として作られています。

 

一方で、Polymathは法規制に準拠したSTOを提供するプラットフォームを提供することを目的としているため、独自のブロックチェーンでコンプライアンスに準拠したセキュリティトークンを発行できるようになります。

 

③STO需要の増加

 

今後STO需要は増加していくものと見られています。

 

なぜなら、今後各国において暗号資産(仮想通貨)の法規制が整備されていくからです。同時に法規制に基づいて発行されたSTOトークンの需要が高まるはずです。

 

PolymathはSTOトークンを発行するためのプラットフォームなので、上手くニーズを捉えることができればシェアを占めることができ、POLYトークンの価格も上昇する可能性が高いです。

 

仮想通貨Polymath(POLY)の価格推移

仮想通貨Mina Protocol(MINA)の直近のチャート

 

仮想通貨Polymath(POLY)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

POLYチャート

 

2021年3月に暗号資産(仮想通貨)全体の上昇トレンドに乗り価格が急上昇。

 

その後価格は一旦落ち着きましたが、9月~11月にかけて再度価格が急騰一時89円を記録しました。

 

その後は暗号資産(仮想通貨)全体が調整局面に入り、下落トレンドに転じたためPolymath(POLY)は価格が安定して推移しています。

 

今後STOが行えるプラットフォームの需要は高まると見られており、Polymath(POLY)の需要も増すと見られています。

 

仮想通貨Polymath(POLY)の購入方法

仮想通貨Polymath(POLY)の購入方法

 

Polymath(POLY)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でPolymath(POLY)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Polymath(POLY)を購入する

 

そのため、Polymath(POLY)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Polymath(POLY)は今後需要が増える見込み

Polymath(POLY)

 

今回は、仮想通貨Polymath(POLY)について解説しました。

 

STOを実施できるプラットフォームとして今後も注目され、ユーザーが増えることが予想されます。

 

2021年12月現在、Polymath(POLY)の価格は約57円と購入しやすい価格です。

 

POLY価格

 

お試しで3万円分くらい購入しておけば、将来利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Polymath(POLY)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Polymath(POLY)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

この記事を読んだ100人のうち97人が行動しません。行動するだけで上位3人になれるので、迷っているなら無料で口座開設をして行動しましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5