MONEY

仮想通貨QuarkChain(QKC)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

QKC_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のQuarkChain(QKC)について詳しく知りたい。QuarkChain(QKC)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • QuarkChain(QKC)の概要
  • QuarkChain(QKC)の特徴
  • QuarkChain(QKC)の価格推移
  • QuarkChain(QKC)の将来性
  • QuarkChain(QKC)の購入方法

 

本記事の信頼性

 

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のQuarkChain(QKC)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

QuarkChain(QKC)とは、高い汎用性が特徴のDApps(分散型アプリケーション)プラットフォームを提供する仮想通貨プロジェクトです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、QuarkChain(QKC)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとQuarkChain(QKC)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、QuarkChain(QKC)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

QuarkChain(QKC)の概要

QKC01

出典:https://quarkchain.io/

 

仮想通貨名 QuarkChain
ティッカーシンボル QKC
現在の価格(2021年12月8日時点) ¥2.84
時価総額(2021年12月8日時点) ¥18,218,985,997
時価総額ランキング(2021年12月8日時点) 358位
購入できる主な取引所

Binance
gate.io

 

QuarkChainとは、高い汎用性が特徴のDApps(分散型アプリケーション)プラットフォームを提供するプロジェクトです。

 

イーサリアムが抱えているスケーラビリティ問題(処理遅延・手数料高騰)を、中央集権的な管理が不要のまま解決することを目指しています。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

イーサリアムのプラットフォームを活用しているため、イーサリアム上で稼働するDApps等を簡単にQuarkChainに移行することが可能です。

 

なお、プロジェクトの競合先としてはZilliqa(ZIL)があり、こちらも高い評価を得ており以下の記事で詳しく紹介しています。

 

zil_TOP
仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)とは?特徴や買い方、将来性を徹底解説

続きを見る

 

QuarkChain(QKC)の特徴

QKC02

出典:https://quarkchain.io/

 

QuarkChain(QKC)の特徴は以下のとおりです。

 

  1. シャーディングによる高速処理
  2. イーサリアムから容易に移行できる
  3. 大規模なコミュニティが存在

 

①シャーディングによる高速処理

 

QuarkChainは、「シャーディング」という技術を導入しており、処理速度が高速なのが特徴です。

 

シャーディングとは、トランザクション(取引)の処理を複数のグループで平行して行い、処理を高速化する技術です。暗号資産(仮想通貨)のIOSTやARPAも採用しています。

 

IOST
仮想通貨IOSTとは?今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

ARPAlogo
仮想通貨ARPA(アーパ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説

続きを見る

 

1秒間に処理できるトランザクションの数は100,000件以上であり、クレジットカード会社のVISAを上回る処理速度を誇っています。

 

②イーサリアムから容易に移行できる

 

QuarkChain(QKC)のエコシステムは、Ethereum Virtual Machine(EVM)というプログラムを活用したスマートコントラクトを導入しています。

 

この仕組みによって、イーサリアム上で作成されたDAppsを、容易にQuarkChain(QKC)のプラットフォームに移行することができます。

 

イーサリアムでは既に多数のDAppsが開発されており、用途に応じてそれらを簡単にQuarkChain(QKC)上で使えるようになります。

 

イーサリアムはDefiプラットフォームやNFTでのガス代支払いに重宝されており、その実用性が高く評価されています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

NFT_TOP
NFTアートとは?特徴や将来性、購入・販売方法から作り方まで解説!

続きを見る

 

イーサリアムが広く普及するにつれて、QuarkChain(QKC)も発展していくと言えるでしょう。

 

③大規模なコミュニティが存在

 

QuarkChain(QKC)自体は日本ではあまり知名度が高くありません。

 

しかし金融やDefi、ゲーム業界など100個近くのプロジェクトがQuarkChainを採用していると言われています。

 

また、QKCホルダーらによって作られたQuarkChainのコミュニティは、世界中で延べ10万人以上が参加しています。

 

さらに、QuarkChainの投資家には、8Decimal Capital、Bixin Capital、Fenbushi Digital、Bitrise Capitalなどの有名な投資会社が含まれており、実用性の高さを評価されています。

 

QuarkChain(QKC)の価格推移

QKC03

 

QuarkChain(QKC)はこの1年は価格が上昇傾向にあります。

 

Defiの拡大によるdapps開発の活発化とQuarkChain(QKC)の高速処理がユーザーに評価されたことが要因です。

 

今後もDefiユーザー数が増加することは確実であり、より一層QuarkChain(QKC)の利用者が増える可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、QuarkChain(QKC)の価格の後押しとなるでしょう。

 

QuarkChain(QKC)の将来性

QKC04

 

続いて、QuarkChain(QKC)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. Defi市場の拡大
  2. 大手取引所に上場済

 

①Defi市場の拡大

 

DeFiは中央集権型の管理者を持たず、分散型組織によって管理され、高利率が期待できることからその預かり資産は2020年に1000億ドル(10.9兆円)の大台を超えています。

 

こうしたDefiユーザーの増加に伴い、Defiで利用できるDappsの需要が高まっています。

 

QuarkChain(QKC)はDapps開発プラットフォームであり、高速処理と低コストが特徴なのでそうしたニーズに応えることができます。

 

このようにDefiが今後も普及していくことにより、QuarkChain(QKC)の需要が高まり、価値が上昇していくと考えられています。

 

②大手取引所に上場済

 

QuarkChain(QKC)は2018年6月5日にBinanceに上場を果たしています。

 

BinanceTOP
【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

続きを見る

 

Binance上場後は価格が急騰し、ICO価格からは10倍以上もの値を付けました。

 

Binanceは上場時の審査が厳しいことで知られており、審査に通過した銘柄しか上場することはできません。そのため、取引所によるQuarkChain(QKC)は一定のお墨付きを得たと言えるでしょう。

 

さらに、今後新たな取引所に上場する可能性もあるため、その際にはさらなる価格上昇が期待できます。

 

QuarkChain(QKC)の購入方法

仮想通貨MANAは今すぐ買うべき?

 

残念ながら、QuarkChain(QKC)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でQuarkChain(QKC)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. QuarkChain(QKC)を購入する

 

そのため、QuarkChain(QKC)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

まとめ:QuarkChain(QKC)はDefi普及による価格上昇が期待できる

まとめ

 

今回はQuarkChain(QKC)について解説いたしました。

 

QuarkChain(QKC)は高い汎用性が特徴のDApps(分散型アプリケーション)プラットフォームであり、Defiの拡伴うユーザー数増加が見込まれます。

 

2021年12月現在で2.8くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

QKC価格

 

繰り返しになりますが、QuarkChain(QKC)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、QuarkChain(QKC)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5