MONEY

仮想通貨RIFとは?特徴や将来性、購入方法を徹底解説

RIF_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のRIFについて詳しく知りたい。RIFの特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • RIFの概要
  • RIFの特徴
  • RIFの価格推移
  • RIFの将来性
  • RIFの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

RIFとは、仮想通貨プロジェクト「RSK Infrastructure Framework」によって発行されたトークンのことです。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、RIFの概要や特徴から、将来性、購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとRIFの概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、RIF入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨RIFの概要

RIF01

出典:RIF公式サイト

 

トークン名称 RSK Infrastructure Framework
シンボル RIF
総発行枚数 1,000,000,000RIF
2021年12月25日現在の価格 ¥24.99
2021年12月25日現在の時価総額 ¥20,180,709,090
公式サイト RIF公式サイト

 

RIFRSK Infrastructure Frameworkが発行するトークンです。

 

ビットコインにサイドチェーンを接続し、スマートコントラクト機能を活用してDAppsの開発を容易にするプラットフォームです。

 

2020年にはChainlink やMakerDAOと提携し、順調にエコシステムを拡大し続けています。

>>仮想通貨Chainlink(チェーンリンク:LINK)とは?特徴や展望を解説

 

さらに、RIFは2021年1月7日に海外の大手仮想通貨取引所BINANCEに上場しており、今後の将来性が期待されています。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

なお、2018年にRSKはRIFを販売し、約157億円の資金調達に成功しておりプロジェクトの実用性の高さを示しています。

 

 

仮想通貨RIFの特徴

RIF02

出典:RIF公式サイト

 

仮想通貨RIFの特徴については以下のとおりです。

 

  1. RIFアイデンティティ
  2. RNFディフィニション
  3. rLogin

 

①RIFアイデンティティ


RIFアイデンティティは、RIFエコシステム内のアイデンティティとレピュテーション層で、RNSをその重要なコンポーネントの1つとしています。

 

ユーザーとノードに統一されたAPIとライブラリを提供し、すべての主要なIDプロトコルと接続することができます。

 

RIFアイデンティティは、ユーザー、特に従来の金融システムを使用することができない人々が、将来の分散型デジタル経済に参加できるようにするため、分散型エコシステムにおけるIDを簡単に付与することを目的としています。

 

RIFアイデンティティの主な目標は、プライバシーを尊重した方法でユーザーの個人データを保護し、誰がアクセスできるかを管理する権限をユーザーに与え、自分の評判を完全に制御できるようにすることです。

 

これにより自身の個人情報を公にすることなく、複数の市場やプラットフォームを自由に使うことができます。

 

②RNFディフィニション


RIFネームサービス(RNS)は、ユーザーが任意のブロックチェーンで読み取り可能なドメインを持つことを可能にする分散型サービスです。

 

支払い、ID、ストレージ、通信アドレスなど、他の個人リソースを識別するために使用することができます。

 

③rLogin


rLoginは、Self-Sovereign Identityを実現しながらDeFiの世界にアクセスするための最初のステップです。

 

Web3とIdentity 3.0 (SSI)の両方のプラットフォームにアクセスするためのアカウントを容易に管理できるようになります。

 

仮想通貨RIFの将来性

RIF03

出典:RIF公式サイト

 

仮想通貨RIFの将来性については以下のとおりです。

 

  1. BINANCEに上場済
  2. SNS「Taringa」を買収
  3. NXTP Labsとの提携

 

①BINANCEに上場済

 

RIFは、海外の大手仮想通貨取引所BINANCEに上場を果たしています。

 

BINANCEは世界最大級の取引所であり、世界中ののユーザーがRIFを購入することが可能になっています。

 

今後他の仮想通貨取引所に上場する可能性もあり、新規上場は価格上昇の一番の要因です。

 

②SNS「Taringa」を買収

 

RIFの発行元である「IOVLabs」は2019年にスペインのSNS「Taringa」を買収しています。

 

Taringaはスペイン内ではよく知られており、ユーザー数3000万人を誇る巨大SNSサービスです。

 

Taringaのユーザーベースを分析することで、RSK / RIFプラットフォームを活用した新しい分散型アプリの貴重なデータが取得できるので、大規模なテストや配信を行うことが可能です。

 

IOV LabsはTaringaとの提携を通じて、RSKおよびRIFの分散型インフラストラクチャを使用して、コミュニティに対して革新的な消費者向け製品およびサービスを生み出すことを予定しています。

 

③NXTP Labsとの提携

 

2019年10月、NXTP Labsとの提携によるRSKアクセラレーションプログラムを発表しました。

 

これはブロックチェーン製品の開発、または「オフチェーン」から「オンチェーン」への移行に関心のある新興企業や企業を対象にしたプログラムです。

 

RSKのブロックチェーンスタックテクノロジーを活用することでより良いサービス・製品を開発できそうな企業に焦点を当てています。

 

このプログラムには100社を超える企業が応募し、関心の高さを示しました。

 

また、日本最大のブロックチェーンアクセラレータであるBinaryStarやシンガポール政府系のアクセラレータであるTribeとも提携を果たしており、アジア市場も視野に入れています。

 

仮想通貨RIFの価格推移

仮想通貨RIFの価格推移

 

仮想通貨RIFの直近1年のチャートを見てみましょう。

 

RIFチャート

 

2021年4月に分散型ファイルストレージサービスをローンチし、急上昇。

 

その後価格は一旦落ち着いて推移しています。

 

今後もスマートコントラクト機能を活用したDapps開発プラットフォームの需要は高まると見られており、RIFの需要も増すと見られています。

 

仮想通貨RIFの購入方法

仮想通貨RIFの購入方法

 

RIFは国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でRIFを購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. RIFを購入する

 

そのため、RIFを購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨RIFは今後需要増加が期待できる

仮想通貨RIFは今後需要増加が期待できる

 

今回は、仮想通貨RIFについて解説しました。

 

ビットコインにサイドチェーンを接続し、スマートコントラクト機能を活用してDAppsの開発を容易にするプラットフォームとして今後も注目され、ユーザーが増えることが予想されます。

 

2021年12月現在、RIFの価格は約24円と購入しやすい価格です。

 

RIF価格

 

格安の今のうちにお試しで3万円分くらい購入しておくと、将来利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、RIFは海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、RIFの将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

この記事を読んだ97%の人がページを閉じるだけで行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら無料で口座開設をして一歩を踏み出しましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5